2023年08月03日

【重要】8月8日にデータの仕様が一部変更されます(追記あり)

JRA-VANのサイトのお知らせにも記載されていますように、8月8日のメンテナンス明けからDATA Labサービスのデータの仕様が一部変更されます。
データの内容が変更等されるのではなく、JRA-VANのデータのさらに上流のデータの桁数が一部増えるため、それに合わせた変更のようです。

今後新しく提供されるデータだけではなく、過去のデータも同様の仕様に合わせるということですが、仕様が変更されるデータは複数ありますが、ターゲットでは、基本的にそれらを全て扱っていますので、正常動作させるためには、事前にそれらの過去のデータも全て新しい仕様に合わせる必要があります。

ターゲットは、そのメンテナンス明け後、できるだけ速やかに対応版を公開する予定です。
(**追記** 先ほど、Ver6.20を公開しましたので、「更新確認」からアップデートしてご利用ください)


そのため、これらへの対応の流れとしては、以下の通りになります。

◆JV-Linkのアップデート
  →この時点で古いターゲットでは正常にデータ登録はできませんので、実行しないで下さい。

◆ターゲットを「更新確認」からVer 6.20にアップデート

◆アップデート完了後にターゲットを実行

起動後、最初に新仕様データの再構築画面が表示されます。
こちらは、仕様が変更されたデータの過去のデータを自動的に再構築するための画面で、再構築されるデータは画面下部の表示通り4区分(6種類)ありますが、基本的には「開始」ボタンを押すだけで、上から順に自動的に再構築されます(再構築中の画面は4回表示されます)。
これらが終われば、ターゲットは通常通り利用できます。
開始直後に、「DVD-ROMの有無」を尋ねられますが、こちらは「持っていない」を選択してください。

ただ、この再構築にはかなり時間がかかります。ご利用の環境等にもよりますが、一般的なスペックであれば1時間弱から遅いと4・5時間程度はかかります。3時間半の場合の配分としては、上から順に40分、10分、30分、120分程度といったところです。

処理の中断は可能ですが、中断した場合には、再開時には、その箇所の区分の最初から再度実行されます。再構築が全て完了しないと「データ登録」は実行できず、新規のデータが登録できませんので、できるだけ速やかに完了させてください。これらの処理が完了すれば通常通り利用可能です。

また、これらの処理の過程で、もし「JV-Linkの認証エラー」が表示された場合には、
そのまま再度その処理を実行して下さい。それでエラーがでなければ基本的には問題ありません。

基本的には以上です。


また、新規インストールからのセットアップの途中の状態等、特殊なケースでは、この再構築処理でのデータの状態が正常に判定できない場合もあり、再構築が正常に完了していなくても「完了?」と表示される可能性があります。あるいは画面等で、それらのデータの表示等が正しくない場合には、
「個別データの再構築」でそのデータを指定して直接再構築を実行して下さい。
  

Posted by kunezaki at 14:46