2019年06月07日

 テスト版をアップデートいたしました(Ver5.84b Rev001)

 テスト版をアップデートいたしました(Ver5.84b Rev001)。

 先日IPATGOがVer3.10にアップデートされて、即PATの入出金機能とWIN5でのfileモード投票機能が追加されました。今回のテスト版のアップデートでは、この中の即PATの入金機能にのみ対応となります。

 実行は、IPATボタンのメニュー内から各口座それぞれで実行できます。ただし、環境設定のIPAT連動機能設定のIPAT口座の設定のところで、当該口座の即PAT口座にチェックが入っていないと、このメニュー自体も表示されません。また、旧入金メニューも引き続き残してあります。

 本機能の実行時の前後には自動的に残高を取得しますので、実行後に残高の推移が表示され、同時に残高も確認できます。


 また、出金機能につきましても同時に対応することも検討いたしましたが、あまり利用する機会は無いと思われる機能ですし、入金機能は7月以降には旧仕様のものは利用できなくなると思われますので、こちらを優先して、まずは確実に対応するようにしたためです。出金機能への対応については、今後検討いたします。

 また、WIN5のファイルモードにつきましても、現状でもWIN5の投票は、多件数の場合以外は可能ですので、こちらは正式版公開後の対応を予定しています。

 即PATの入金機能を利用する場合に一番注意していただきたいのは、IPATGOのバージョンがVer3.10以降である必要があるという点です。ターゲットをアップデートしただけでは、IPATGOは自動的にはアップデートされませんので、必ず事前にIPATGOのサイトからアップデートを実行する必要があります。IPATGOのバージョンは、ターゲットのIPATボタンのメニュー内から確認できます。


Posted by kunezaki at 20:20