2020年01月02日

TARGET frontier JVをアップデートしました

 新年あけましておめでとうございます。本年もターゲット共々よろしくお願いいたします。

 早速ですが、TARGET frontier JV Ver5.90 Rev004を公開いたしました。追加・改善した機能は最後に一覧で記載しています。本年分の最終週以外のJRAプレミアムに対応していますが、金杯から適用されますので、必要な場合には速やかにアップデートして下さい。

 また、こちらでサンプルとして提供しているチェック種牡馬データと外部指数用ZIデータも更新いたしました。

 それから、ZI算出時のリステッドレースと非リステッドのオープンクラスとのクラス比較が不完全でしたので、このバージョンからそちらを改善しています。そのため、前走または今走がリステッドレース時のZIの算出値が多少変化しているケースがあります。

 また、昨年末にもお知らせいたしますが、IPATGOについては、本年からはVer3.21以降のみしか動作しなくなります。IPATGOに関する機能をご利用で、それ以前のバージョンのIPATGOをご利用の場合には、IPATGOのサポートサイトでアップデートしてからご利用下さい。

 ただ、まだ旧方式のIPATでの投票機能も利用可能なようですので、何かトラブルが発生した場合には、一時的にそちらを利用しての対応も可能です。



・現在までに発表済みの2020年のJRAプレミアムに対応(有馬記念の前まで/予定)
・出馬表の過去走項目に「出走頭数(R頭=実際にゲートインした頭数)」を追加
・出馬表分析の抽出機能で、馬番の奇数・偶数の指定が可能
・本日集計画面で、人気別・着順別・馬番別一覧の各タブに「騎手」、「調教師」を追加
  →整形テキスト・CSV・HTML出力にも対応
  →その日の全騎手・調教師の着順・人気等が一覧できます
  →騎手名、調教師名をクリックすると、ハイライト表示になります
・出馬表レース選択画面のリスト表示形式時の設定可能項目に「年齢限定」と「重量種別」を追加/ソート可
・成績メニュー画面の設定可能項目に「年齢限定」と「重量種別」を追加
・レース検索で、ワークデータに前の着順の馬との着差タイムの読み込みが可能(前走も可)
・重賞レース一覧画面で、レースID出力(CSV形式)が可能(確定成績が登録済みのレースのみ)
・レース名及び短縮レース名表記等の改善
・その他細かい改善とデバッグ



Posted by kunezaki at 14:02