2006年04月30日

コーヒーとキンモクセイ

c4e2e1ac.jpg












「手の鳴る方へ」
(作詞・作曲 伊藤俊吾/編曲 キンモクセイ)


(抜粋)
「さぁみんな手の鳴る方へ
たかおになら高い方へ登るさ
いろおになら同じ色に染まるさ
みんな同じ服を着て歩くのが好き
あんな事をしたらみんなに嫌われる
外したら叩かれるそんな世界 されど恋し

僕は程々にて帰り路を急ぐよ
明日走れるようにサラダでも食べるよ

今日もみんな汗水を流して
ベルトコンベアー流れ作業捗るさ
みんな同じ物を沢山作るのが好き
壊れたなら新しいのと取り替える
人々は流れてくそんな世界 されど恋し

さぁみんな手の鳴る方へ 鬼に食べられるぞ
僕は程々にて帰り路を急ぐよ
さぁみんな手の鳴る方へ その隙に僕らは
誰も見た事ない所へと急ぐよ」


・・・いやぁ〜ドライヴするには「キンモクセイ」が
良いかもですね(^6^v

今日の名古屋は少々朝から曇り空ですが
今日はプチドライヴを計画しています!!
え?何処へ行くかって?

「ナ・イ・シ・ョ、くすっ。」
(う〜ん・・・)

・・・そんなことを思いながら「キンモクセイ」を聴きながら
僕はコーヒーを飲んでいた。

我輩は龍一である。

11e6cfa9.jpg











・・・我輩は龍一である。

「わぁお〜〜〜ん!!」

ただいまテスト中である・・・

・・・我輩は龍一である。