2012年08月31日

アイ・ワナ・ビィ・ジェントリィ。

dd06706c.jpg











先日、友人たちと「焼肉」を
シバキに行ったんですけど
(※お召し上がりに行きましたんですけれど)

で、僕らのテーブルの側で
他のお客さんの“子供さんたち”が
「きゃっきゃ、きゃっきゃ」言いながら
遊んでたんですよね

で、僕ゎ何気なく、その“子供さんたち”を
見ていたつもりだったんすよ。

ところがどっこい(?)
一緒にいた友人ゎ・・・


(友)「今、子供欲しいなぁって思っていたでしょ?」

(俺)「へ?・・・なんで?」

(友)「今、やさしい顔で(子供さんを)見てたよ」

(俺)「え?・・・(そうかなぁ?)」


話ゎ変わって(?)

この、世間で言う「夏休み期間中」ゎ
仕事をしているときゎ
「AM・NHKラヂオ」の「夏休み子供科学電話相談」
(東海地区でゎ周波数ゎ「729」です)
をトラックで移動中ゎ
必ずといっていいほど聞いてましたよ。

ところがどっこい(?)
今日で「今年の番組ゎ終了」だったんすよ(T6Tかなしい。
(来年、また楽しみにしています!)

毎年、毎年、「夏休み子供科学電話相談」を
楽しみにしているんですけれどね

なんか、各々の専門分野の著名な先生方と
子供さんたちの「かけあい」が
面白くてしかたがないんですよね。

なんていうか、純粋に「なぜ?何で?どうして?」と
質問してくる子供さんたちと
子供さんたちに、わかるように
目線を下げながら説明をしている先生方の様を聞いていると


“ほっこり”(微笑む+にっこり(?))
してしまうんですよねぇ。


で、僕のブログの記事で
「あいこうかおにいさんからよいこのみんなへ。」って
記事を時々、更新しているんですけれど
(ほんとにほんとだよ!)

やっぱり「あの記事」っていうのも
その「目線を下げる」っていうことを意識していて

なんか、やっぱり「あの記事」を
書いている時っていうのゎ
今思えば“ほっこり”してるんですよねぇ。


で、「あの記事」を書いている時ゎ

「まだ子供だった頃の自分」に書いているような
(一時期、僕に隠し子がいて(いません)
「その子に書いてる記事なんじゃないの?」なんて
疑いが、かけられたりもしましたが)

「もし、子供さんたちが読んでいたら」わかりやすく
読めるように書いているような

「もし、自分に子供さんがいたら(日本語変だなぁ)」
「こんな口調になりながら
“ほっこり”してしまうんだろうなぁ」って
書いているような・・・


    ・・・


ああ、子供が欲しいなぁ・・・


    ・・・あ?


kuni1030hiko at 11:50│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字