昨日は八丈島料理♪第2回串駒トリスキーの会

2010年09月16日

昨日はフードジャーナリスト会議

魚柄さんのラー油の話。前回の擬装の話も面白かったけど、昨日の手作りラー油も聞き入ってしまうほどの面白さ。さすがだなあと思います。理屈が通ってるから、聞いていて心地いいんですよね。

野菜や調味料で「~の~がいいよ」とはよく聞く話。でもその理由は特にないことが多い。宗教みたいなもんだと言う人もいるけれど、それも違うみたい。根拠がないんですよね。

たどっていくと、「~さんがブログに書いてた」とか、そんな話だったり。それってビジネスなのに。ブログに、分からないように宣伝を入れることはよくあります。そのブロガーと卸業者との関係が見えていれば、なんの事はない。その業者が卸しているレストランを誉めてるだけだったりする。そんなものに踊らされることはないのに、ブログをやらない人には見えない部分なのかも。

理由がないなら、自分で食べてみて、よければいい、悪ければ悪いでいいんではないか。人が何と言おうと、理由がなければ信じるに足りない。

魚柄さんの話は理由がはっきりしています。何がよくて何が悪いかが明確。ただそれは魚柄さんの考えだから、盲信することはないけど、理屈が通っているから一つの判断基準として今後の役に立つ。油については、はっきりした選び方がありますね。名前で選ぶのは危険かもと、改めて思いました。本もいただいたので、じっくり読んで家でラー油作ってみようと思います。あと魚柄流の見方で油を見比べてみようかな。




kunilog at 07:29│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
昨日は八丈島料理♪第2回串駒トリスキーの会