2020年08月10日

瀬戸内旅行 第5日 その3(多々羅大橋)

ここからが本格的なサイクリング。
「尾道・しまなみサイクリングきっぷ」のモデルコースに従い,
瀬戸内しまなみ海道の多々羅大橋(たたらおおはし)を渡ります。

DSC_8346
時刻は14時40分。
生口島に上陸してから4時間半が経っていますが,移動距離はほぼゼロ(笑)

瀬戸田港から海沿いの県道81号線を南下。
自転車ルートを示す青い線が路側帯の脇に引かれているので,
それに沿って走ります。

DSC_8349 DSC_8347
3kmほど行った場所にある瀬戸田サンセットビーチに立ち寄りました。
ここも,STU48(当時)の藤原 あずささん(あーちゃん)が
「せとチャレ!」のロケで来た場所だそうです。
今の時期は海水浴客が大勢います。

DSC_8348
左に見えるのが大三島(おおみしま)かな。


DSC_8350 DSC_8351
斜張橋が見えてきました。多々羅大橋です。
海と空が綺麗です。

DSC_8352
橋の近くまで来ました。

DSC_8353
有料道路の入り口です。
原付・軽車両は100円,自転車・歩行者は無料。

DSC_8354
この辺はレモンの木が多く,「レモン谷」と呼ばれています。

DSC_8355
この道,緩い上り坂になっています。
自転車で登るのは結構つらい。
なんだか高速道路のミニチュアみたい。

DSC_8356
「国産レモン発祥の地」碑。

DSC_8358
遮断機がありました。
悪天候で通行止めになるときは「カンカン」という警報音が鳴って閉鎖されるそうです。
その先で原付と自転車・歩行者の通路が分岐します。

DSC_8359
無人の料金所がありました。
先述の通り,自転車は無料なので支払う必要はありません。

DSC_8360
いよいよ多々羅大橋の上へ。
向かって左が自転車・歩行者の通路。
中央が自動車専用の西瀬戸自動車道。
原付の通路は右側に設置されています。

DSC_8361
主塔の真下から見上げた図。
ここで手をパンパンと叩くと,「多々羅大橋鳴き龍」と呼ばれる現象が起こります。
2本の塔の間に反響するのです。

DSC_8362 DSC_8363
橋の上は景色が良い上に,涼しくて気持ち良いです。
苦労して登った甲斐がありました。

DSC_8364 DSC_8365
橋の南側の景色がよく見えます。

DSC_8367
広島県と愛媛県の県境。

DSC_8369
大迫力の主塔。

DSC_8371
1480mの多々羅大橋を渡り終え……

DSC_8370
大三島に入るとすぐに自転車道は左に分岐します。

DSC_8372
こちら側も長ーい下り坂で迂回して地上へ。

「道の駅 今治市多々羅しまなみ公園」に立ち寄りました。

DSC_8381
「サイクリストの聖地記念碑」。
愛車と一緒に記念撮影をするスポットとなっているようです。

DSC_8376
左に見えるのが,多々羅大橋と生口島。

DSC_8377
右手には,「伯方の塩」で有名な伯方島(はかたじま)。
博多じゃないよ 伯方だよ

DSC_8378
売店で,柑橘類のジュースとゼリーを買いました。
きよみジュースと,デコタンゴール(不知火)ゼリーです。
前者はその場で飲みました。やっぱり美味しい!

DSC_8379
「でこたんソフト」も食べました。うまい。
通常価格350円のところ,イオンカード割引料金で300円。
きちんと地元産のジュースで味をつけているように見えました。

時刻は既に17時。
大三島はここだけにして,折り返します。

ぐるぐる回りながら高さを稼ぎます。
上り坂がきつい。

DSC_8382
中央の高架橋は車道,右の高架橋は原付の通路。

DSC_8383
今度はノンストップで渡りました。

DSC_8384
下り坂は楽ちん。
広島県に戻ってきました。

DSC_8385
有料道路の脇にある駐車場。
藤原 あずささん(あーちゃん)と信濃 宙花さん(そらは)が
朝日新聞の取材でサイクリングしたときに撮影していた場所です。


朝日新聞
STU48の藤原あずささんと信濃宙花さん、しまなみ海道をサイクリング

雲行きが怪しい。
先を急いだものの,途中で雨が降ってきました。
瀬戸田サンセットビーチの脇を通りますが,夕焼けどころではありません。
ノンストップで進みます。

「汐待亭」に着いたのは17時40分。
自転車を返却。
カフェの営業時間は終了していたのが残念ですが,
かなり強い雨なので,少し雨宿りさせてもらいました。

DSC_8386
ジジみたいな黒猫。

DSC_8387
15分ほどすると雨が上がりました。

DSC_8388
しおまち商店街を通って,瀬戸田港に戻ります。
日中に行われていた道路工事は「道路美装化工事」だそう。
そういえば,路面のコンクリートにカッターで筋を入れる作業をしていました。
石畳のように見えるようにするのかな。

DSC_8390 DSC_8389
港に着いたのは18時。
船の最終便の出航は30分後。
もう少し時間があれば島内で食事していけたのですが,
おとなしく尾道へ戻ることにしました。



国仲 涼太|14:48|再読み込みコメント(0)
カテゴリー: 旅行記(中国)  旅行記(四国)

※ 以下の広告はライブドアが設置しているもので,制作者の収入はありません。