kunio0027

K.ARIMORIのお天気日誌

東京・山手から更新!! 都民生活とお天気との日々を綴っています。

9 Feb

今夜の寒気到達前に一時昇温。杉花粉飛散初日か?

00Latest16020903
広域で発雷、突風にご用心
 みなさま、こんにちは。北の丸公園で0.6度、新宿御苑で0.1度(毎正時)でしたが、東京地方の過半では冬日となりました。一方、日本海に位置する低気圧(上空に500T−36度を伴う)暖域となった北海道では西岸部から正転中です。

 今夜には山陰地方東部以東へ850T−9度が進入し、引き要素が強い季節風型ですので、山地から内陸部で降雪量が増えやすいパターンです。また、暖域に位置した一帯で不安定現象発現の懸念があります。

n500_anlmod_pb4_2016020812surf_2016020812
 関東平野部では短時間、地形性の昇温が想定されます。が、夕方頃からは急速に降温し、今夜以降は再び時季相応の陽気に舞い戻ります。
 MSMは東海地方西部や兵庫県中部付近での降雪を示唆しています。卓越風向に北寄り成分が強いと、京都盆地付近でも雪化粧が見られる明朝かも知れません。
 谷川岳南麓にドカ雪が降りやすい気圧配置でもあります。各層寒気が明日昼間まで強いため、同様な傾向性を見せる奥羽山脈東麓一帯にかけて、最新の降雪情報にご留意ください。
8 Feb

10日にかけて次第に季節風型へ

00Latestsfc3_2016020806
案外暖まらずに日の入り
 みなさま、こんにちは。週初めは朝の更新が難しく、本日は17時台更新です。速報地上天気図、各層解析図なども現時点での最新のものを掲出しました。

 強い上層寒気が日本海沿岸部に進入し、首都圏では下層にも寒気が居座っています。西・東日本の太平洋沿岸部へは所々暖気進入もあって、不安定な空模様になった地点がありました。

 本日Txは関東北部中部では6〜7度台、都心も9.3度止まりで、予報値を下回り傾向でした。

n500_anlmod_pb4_2016020800surf_2016020800
 明日は次第に季節風が強まっていく局面で、地形性下降流による昇温があるかどうかといった昼間が想定がされますが、日の入り以降はぐんと寒くなりそうです。

 シベリア高気圧は上空の気圧配置の大きな変化から、急速に萎んできました。週末には全国的に強い暖湿流の北上があり、各種荒天が想定されます。
7 Feb

北寄り季節風が凍みる日曜日。明日明後日やや不安定

00Latestsfc3_2016020621
ボンネットに雪を抱いた車も
 みなさま、こんにちは。北の丸公園、成蹊気象観測所の観測記録を一覧すると、昨夜22時台から降水観測時間帯があり、吉祥寺では日界前後から、都心でも日付が変わると雪に変わったようです。

 昨日記事に記したとおり、降雪有無は局地性を帯び、秩父や熊谷で積雪を観測しましたが、南部官署では観測しませんでした。往来を走る車には雪を抱いたものも見受けられます。

 本日は季節風走向が南北に立って、日照とは裏腹に季節風の冷たさをことのほか感じそうです。

n500_anlmod_pb4_2016020612surf_2016020612
 先週半ば時点の予報では、明日明後日は雪主体でした。日本付近は500T−30度以下が大きく南下した谷場。不安定降水が生じやすいことに変わりありません。が、明瞭な地上低気圧発生は北海道以外回避され、太平洋側での纏まった降雪の可能性は消えています。

 週半ばはかなり暖かくなって、南西日本ではTx20度超地点も出てきそうです。なお、昨日コメントに暖地での降雪は3月までとの内容がありました。東・西日本の多くの地点で4月も雪日数の記録はあり、関東地方平野部では南岸低気圧記録が殆どです。庶民の記憶にあるところでは、東京ドーム杮落としの公式戦初日、その前日21時前後から当朝早くまで大雪が降り、高円寺にその当時はあった気象研究所で最深15cm。国立住まいでしたが当夜に驟雪もありました。
6 Feb

やや暖かい曇天の後、明朝まで小雪模様

feas502_r201602052100sfc3_2016020521
明日昼間はかなり寒い
 みなさま、こんにちは。銚子沖に低気圧が解析され始め、東京地方上空の層積雲雲向はSW(低い層の風向はNE)となっています。Tn時間帯は4〜5度、9時台は6〜7度台でした。

 MSMは関東平野部所々に15時まで10度超を示唆していますが、日照の実況推移とリンクしそうで、タイトル程度の印象かと思われます。21時前後から明朝6時前後まで、雪主体の範囲が平野部広範囲に予想されており、予報マークにずらり雪だるまが並んでいます。

n500_anlmod_pb4_2016020512surf_2016020512
 500T−30度以下、850T−6〜−9度寒気がシアラインの南下東進とともに、関東平野部にも明瞭に影響するだろうというのが予報根拠です。
 対流性を帯びており、発現の実際はかなり局地性が高いかとも想定され、空中降雪で遣り過ごす地点も多いかとも見ます。
 体感的には首都圏の寒さは2月、それも中旬までが最も強烈に感じられがちです。明日昼間は強い北寄り季節風のもと、そういった一日になりそうです。週半ばには雪予報主軸だった週明け。曇天ベースでときに小雪も舞う空模様は想定され、週半ば以降にぐんと暖かくなっていくまでの「産みの苦しみ」が待ち受けています。
5 Feb

週明けの降雪。量的懸念は回避方向へ

00Latestsfc3_2016020421
本日昼間陽気、やや緩む
 みなさま、こんにちは。気象庁GSMにも海外気象機関の数値モデルは参考値ファクターとして取り込まれており、8日の三陸沖高気圧、首都圏850T−6度前後、南西日本への各層寒気南下は確かそうながら、東日本南方から東方エリアでの低気圧活動は今一歩不明瞭なニュアンスです。

 東京地方周辺で雪が舞う確率は高いものと見ますが、積雪有無はなんとも言えず、大雪発現の懸念はごく小さいようにモデルからのニュアンスは変化しました。

n500_anlmod_pb4_2016020412surf_2016020412
 昨日昼間までは戸外を歩くと底冷え感が否めないでいました。850T−6度周辺が維持され、昨日前半までは500T−30度以下だった影響です。今朝のTnは沿岸部ではかなり高緯度側まで正転しています。明日前半まで850T−3度前後の昇温局面で、本日Txは10度超しそうです。

 都心では6時台後半の0.6度が朝までのTnになりそうです。成蹊気象観測所調べでは7時台前半までのTnは−0.9度です。両地点ともにほぼ平年並みでした。
月別アーカイブ
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ