October 02, 2014

T1418発達急ピッチ。明夜には大東島300km圏に

2014100205東京実況14100203ASAS
週明けトラフ深まりがカギ
 みなさま、こんにちは。昨日は北東気流卓越型の典型となって、昼間気温は19度前後で昼過ぎまで小雨模様。今朝まで雲は取れずじまいでした。夜間も気温はほぼ横這いでしたが、北多摩地方寄りで幾分冷え込んでいます(Tn15〜16度台)。

 九州西方、日本海、関東東方で前線が次第に明瞭化し、関東南部視点では明日は高温型、夜に前線通過、週末は楔状に下層寒気が進入し、長袖+合服上着が好適な肌寒さへ向かいます。北海道では4日一時的に冬型となり、峠などでの降雪が見込まれます。

201410020600-00全球水蒸気1418-00台風予報
 T1418はSTSから急速にTY、STYへのプロセスへと発達中で、昨夜21時GSMでは日本縦断コースを示唆するなど、5日(沖縄)、6日(西日本・東日本)、7日(東方海域)で厳重監視を要することになります。

 下段に週間予報資料のENSも並列運用しました。5日大陸東岸、6日130E帯へと東進する偏西風トラフと台風進行との関連性がカギで、ENSを敷くと、メアンダはさほど広がらないものと想定されます。週末のサブハイ表現がやや過大にも映ることから、現時点発表の台風予報の中心軸に近い進路と進行速度の確度は高まったように思われます(資料解説では予想はGSM基本だが48時間後から先は不確か。と、有り)。

fxxn519_r201410012100週間予報支援図fzcx50_r201410012100週間ENS
 昨日記事ご投稿に5日から6日朝までの新幹線移動判断へのお問合せがありました。現在の台風予報どおりに事が進めば、5日のコンサートまでは問題はないかと判断されます。6日朝にかけて東海道で大雨が始まっているかどうか。ここは判断が難しいところです。関東地方への最接近は6日夜から7日朝かと見られ、現時点では伊豆諸島北部付近の通過かと想定されます。

 上述しましたが、偏西風トラフの深まり具合と週末のサブハイの西方への張り出し加減に台風進行は左右されます。縦断コースは可能性は低いものと現時点は見ていますが、大東島から沖縄本島、奄美地方では直撃、西日本太平洋岸でも直接影響、前面下層寒気が強まるため西日本、中部日本、東日本広範囲に大雨の週明けが見込まれます。常に最新の情報をご入手のうえ、各種ご判断ください。

 なお、更新時刻から一カ月予報資料の反映はありません。T1419候補が衛星画像からはトラック諸島付近に形成されつつあります。サブハイの鞍部をT1418後追いで北上するか、低緯度帯を西進するか。週明けの判断になります。

October 01, 2014

関東南岸にシアライン。はっきりしない空模様

2014100105東京実況14100103ASAS
今日明日昼間は平年並み
 みなさま、こんにちは。都環境局の気温分布図色分けが冬仕様になりました。それに加え、昨夜来5時までの降温が鈍く、暖色に染まっています。昼間へ向けては気温変化は横這い傾向で、衣替えも苦痛にはならない見通しです。

 午前中は南岸シアライン付近で対流性の雲が発達する可能性もあり、局地的に驟雨となる地点もありそうです。午後は一旦やや回復、夜以降は移動性高気圧張り出しが北偏気味のため雲が増え、さほど冷え込まないものと見られます。

201410010600-00全球水蒸気1418-00台風予報
 T1418はマリアナ北部海域で水平規模を一気に拡大し、今夜にかけて急発達する懸念があります。3時発表台風予報では、日曜日に大東島地方付近、週明け早々に西日本南岸へ近づくとしています。月曜日に南北走向のトラフが130E帯に近づくタイミングで、火曜日には急加速と東寄り進路を見せる可能性も感じられますが、現時点では不確実性が高いとする資料解説コメントもあり、明後日前後の起算資料から最接近時間帯や影響の度合いを判断したいものです。

 関東甲信地方には4日頃以降からの週間に対して「低温注意情報」が発表されています。台風進路とそれを演出する周囲の気圧配置がカギとなりそうで、不発となる可能性があります。同期間、北日本と本州日本海側でこの低温傾向がより明瞭になるかも知れません。

September 30, 2014

傾圧帯が南下。日本海側で北風強まり、太平洋側で驟雨

2014093005東京実況14093003ASAS
北海道で降霜級の冷え
 みなさま、こんにちは。昨日昼間Tx28度級の高温が発現しました。が、陽気は変わり目に来ており、温度場の傾きがきわめて大きい部分が、大陸高気圧の張り出しとともに日本海を南下中です。一方、日本の南にはサブハイが粘っており、水蒸気画像の暗域として明瞭に把握ができます。

 北海道へは昨日後半から寒気が波状的に進入して、今朝は降霜級の冷え込みを見せた地点が多く、東北北部にも入り込み始めています。沿海州から中国東北区、内モンゴルにかけて昨夜以降強烈に冷え込んでおり、下層気温<中層気温の逆転が21時高層解析では確認できました。

201409300600-00全球水蒸気1418-00台風予報
 強い北風の吹き下ろしが想定され、日本海側(本州中部以東で北風、山陰から九州北部で北東風)で強風と高波に要注意です。

 太平洋側ではサブハイ暖気との衝突が想定され、九州西方には低圧部があることから、西日本では比較的広範囲に、また、東海と関東甲信では今夜から明朝に驟雨発現が見込まれます。北海道ではさらに強い各層寒気進入から日本海側で時雨気味となります。

 TS1418はマリアナ北部海域を西北西進予想で、週後半にはサブハイ循環が東西に分離して、その合間を日本の南海上指向で北上予想です。日曜日以降、東日本南岸主軸に直接的影響を受ける可能性があり、今後の台風予報にご留意ください。

September 29, 2014

北風卓越型が持続。温度場は高めで昼間夏日

2014092906東京実況14092903ASAS
北海道へ次第に850T0度
 みなさま、こんにちは。STS1417は日本本土への影響は殆どなく、関東遥か東方海上を北東進加速中です。上層の温度場は500T0〜−3度にまで高まっており、空がやや白っぽく見えるのはその影響かと見られます。また、御嶽山噴煙の遠い影響もあるのかも知れません。

 MSMガイダンスによれば、本日も名古屋周辺では一時的に30度前後となるものと示唆されています。関東平野部も概ねTx25度超しそうです。なお、今朝までのTnは都心と城南湾岸で20度前後、23区全般には16〜19度台、多摩地方では13〜15度台でした。

axfe578_r201409282100各層解析fxxn519_r201409282100週間予報支援図
 アムール川河口域付近の500Tは−40度前後となっており、バイカル湖付近に850T−0度以下が大きく広がっています。二段構えのシアライン通過後、北海道へ寒気団は進入していきます。

 一方、30N以南のサブハイは東西に広がっており、日本の南西側ほど温度場は高くなっています。北海道寒気は北風卓越場を断続的に、西日本日本海側や中部日本以北に弱く影響はします。日較差の大きい陽気変化を暫く現出しそうです。

 昨日記事にご投稿を戴いたようにT1418候補の発生と日本域への接近が想定されます。サブハイと大陸トラフとの位置関係が接近を後押しする気圧配置が予想されているため、次週明けにかけてその動向に要注視です。

September 28, 2014

東日本沿岸で高波、北海道へ波状寒気進入

2014092806東京実況14092803ASAS
モンゴルで降雪開始
 みなさま、こんにちは。昨日は予報値を下回る陽気経過に終始し、東京地方のTxは22〜23度台。平年値は都心で24度台ですので、多少低めだったことになります。本日もMSMガイダンスでは関東西部では25度超示唆はあるものの、TS1417外周を北東風が卓越し、吹き方も強まってくることから、そこまで昇温しないかも知れません。風下の東海西部や西日本太平洋岸で一部真夏日地点はありそうです。

 昨日昼前、(木曽)御嶽山<最高峰3000m超>が予兆乏しく、急に噴火し、従前に特別の入山規制は敷かれていないかったこともあり、多くの被災者を生んでいる様子です。また、中層上層の偏西風や下層の卓越風に乗って、噴煙の拡散が広域に及ぶ兆しです。

sfc3_2014092721速報天気図1417-00台風予報
 TS1417は父島東方近海を北上し、転向点に達して、進行速度が遅くなっています。今後は北東進へと転じ、傾圧帯を発達しながら日本の遥か東方海上へ離れていきます。一方、オホーツク北方を低気圧が進み、強力な大陸寒気先端の寒冷前線が二段構えで北海道に影響します。

 地上天気図は3時JMAのアジア太平洋図と6時KMAの速報図を引用しました。後者によれば、バイカル湖東方一帯で実況気温が−10〜−15度、イルクーツクとモンゴル2地点で実況天気が雪です。北海道はこの寒気団に組み入れられて、明後日以降、低温ベースが続きます。

 日本南部はTS1417号が離れた後も、T1418候補が日本の南海上へと接近予想で、高度場温度場が高い状況が続く予想です。東日本は北日本への寒気進入が周期的に及びますが、中部日本以西では当面、地上陽気も歩みが停滞気味となりそうです。