kunio0027

K.ARIMORIのお天気日誌

東京・山手から更新!! 都民生活とお天気との日々を綴っています。

25 Sep

前線活動一旦不明瞭に。陽射しが断続し昼間昇温

00Latest1617-0016092503
四国南斜面で大雨懸念
 みなさま、こんにちは。6時までの北の丸公園観測記録では20.3度〜21.2度で経過し、2時前後に弱い降水がありました。小職自身の目視では4時台、世田谷上空からは星空部分も覗けましたが、6時現在天気は靄です。地上近くまで雲に覆われており、その上は晴れていることが透けて見えます。

 前線活動は首都圏では弱まっており、昼間は久しぶりに陽の目を見る時間帯がありそうです。また、25度超時間帯があって、Txは平年値を上回りそうです。

 但し、MSMでは山沿い、内陸主体に随所に驟雨通過を見込んでおり、外出の際には念のため折り畳み傘携行がベターなようです。また、溜まりに溜まった洗濯物も干し放しはお勧めできません。

n500_anlmod_pb4_2016092412surf_2016092412sfc3_2016092418
 下層暖湿流が大きく作用しやすいのは四国地方(主に太平洋側)で、最大200mm/24hの大雨ポテンシャルが見込まれています。この不安定場は高空の寒気トラフ接近から明日は本州日本海側と東北地方南部に広がって、関東地方も前線近傍で曇ベースに戻りそうです。

 もっとも前線南側なので、南岸ではTx30度超の可能性もあります。850T18度周辺期間が週明け前半見込まれています。降水帯表現とセットとなっており、総観場の前線表現暖域に位置しても、関東地方特有の沿岸前線潜在は想定され、沿岸でのムシムシ感と内陸での視程悪化、局地的な大降りが気にかかります。

 T1617は比較的大柄な台風で、スパイラル構造がいちだんと明瞭化しており、沖縄地方では強風と高波、断続驟雨から影響が出始めます。
24 Sep

明日から戻り残暑。空模様の不安定は続く

00Latest1617-0016092403
台湾には災難な台風予報
 みなさま、こんにちは。北の丸公園の観測履歴では0時から6時まですべて21.0〜21.4度範囲という推移。5時台から相対湿度も100%で、ここ世田谷区内でも靄ないしは窪地などで霧に覆われています。

 雨は時折ポツポツ落ちてくる程度でしたが、MSM示唆は本日昼間、秋雨前線尻尾が首都圏平野部北上フェーズによるそれなりの降水量を見込んでいます。東京地方周辺視点では下層下部まで暖気優勢となる展開ではあまり降られないことが多い傾向にありますが、今回はどうでしょうか。

 T1617は、ここ一連の台風とは異なって、水平規模がかなり広く、本来的な南洋産熱帯擾乱の有り様を体現して見えます。よって、南西諸島広範囲に明後日頃から影響を強く受けていく懸念があり、進路と見られる台湾南部から華南南東部にとっては度重なる災難です。

fzcx50_r201609232100n500_anlmod_pb4_2016092312surf_2016092312
 このT1617と南鳥島海域付近1500km四方サイズの明瞭な寒冷渦がその北側のサブハイを強めつつあり、来週は日本海側までその範囲が広がるとするモデルが主軸になっています。週間予報表示は「晴マーク」が印象的です。週間予報支援図ENSを引用したのには訳があります。北方へ向かって特定高度線の密集傾向、日本列島沿いに降水高頻度場の維持、内在するニュアンスに日本谷への指向性。こうしたことが感じられないでしょうか?

 つまり、週間予報表示は多くの地方でぬか喜び、残暑気味ではあるものの、発現地帯は比較的晴れ間が出やすい一帯(九州西岸部など)に際立って、多くの地方では吃驚させられるほどでもない。但し、Tn値は下がりにくい。札幌表示は850T寒暖差が大きく、舘野も著しい正偏差表現のなかに札幌と同期した負エラーバーが含まれている(上述した日本谷含み)。一筋縄では行かない月替わり週間の兆しです。
23 Sep

秋雨前線活動、徐々に減衰へ。不安定降水は活発化

00Latestsfc3_201609222116092303
飛騨地方や房総で日100mm超
 みなさま、こんにちは。秋分の日を過ぎて、次第につるべ落としの時季へと向かいます。北米大陸周辺と日本周辺でサブハイが頑張りを見せており、一方、ユーラシアでは極渦の一端が断続的に東シベリア付近へと影響範囲を広げ、また、カスピ海北西に寒冷渦が定着するように変わり、大陸高地の組織だった季節変化を示しています。寒暑の狭間にある日本本土は、顕著な秋雨が続きました。

 東京地方周辺では昨日、13時前後まで強雨断続で連続降水、15時前後は雲間から僅かに陽の目もありましたが、夜からは再び小雨模様で、深夜以降はやや強い降りの時間帯もありました。19〜20度台ベースで経過してきました。

 今後一週間は30N帯で勢力を誇示するサブハイが北側の偏西風リッジの東進に際して、日本南岸まで接岸する機会があること。極点付近にあった寒気団コアが東シベリアに範囲拡大しながら下りてくること。実況でマリアナ西方海域に位置する熱帯擾乱が台風昇格すること。これらが大きなファクターとなっていきます。

n500_anlmod_pb4_2016092212surf_2016092212
 中層下層の南西流または西南西流維持は、上層流がゾーナル場へと近づくことから不規則となって、広範囲での秋雨現象は途切れ気味へと向かいます。但し、地上気圧配置は北高センスが根強いことから、首都圏周辺に限ってはすっきり晴れる機会も望み薄です。また、残暑気味になることはありそうです。

 熱帯擾乱は衛星画像では次第に円形度を増しており、現時点では西進予想が主ながら、サブハイに鞍部が生じた場合、北進接近の可能性はあり、今後の実況推移に注目です。
22 Sep

墓参には生憎。新潟県では降り出しは夕刻

00Latestsfc3_201609212116092203
東日本+近畿、雨量多し
 みなさま、こんにちは。平年値との比較ではTnは並、Txは−5度程度の秋雨陽気が続いています。昼間まずまずの空模様が想定される本州日本海側や西日本西部では汗ばむ地帯もありそうですが、雨の時間帯が殆どの東北南部、関東、甲信では秋冷が本日も続き、東海や近畿も秋冷気味となります。

 T1616残滓の暖湿気がわだかまる場に、高空300T−36〜−39度の寒気が西日本に接近し、地上では東日本の南北海上に低気圧が発生しやすくなります。土曜日前半までぐずつきは残り、東寄りから湿った気塊が入りやすいことから、総雨量が増える一帯が出てきそうです。

n500_anlmod_pb4_2016092112surf_2016092112fxxn519_r201609212100
 マリアナ南部海域のTDは台風昇格が確実視されており、擾乱という意味では華南沖とハワイ諸島南西海域にも萌芽が認められます。サブハイが日本の南東海域に500Z5940m等高度線で囲まれたコアを形成して根強く、今後一週間は次第に西南西方角へと伸長予想です。台風候補の西進傾向を助長し、台風シーズン直後の中秋期動向特徴を見せるようです。

 極渦のひとつも東シベリアから北日本へと影響範囲を拡大させる兆しが見られます。札幌850T予想は28日頃から大きな負偏差を予想するモデルが散見され、ベクトルとしては次第に負へとなびく時期に差し掛かるようです。舘野予想への反映は期間内はイニシャル毎に見え隠れ状態ながら、29日頃を棹尾とする残暑気味の期間後、140E帯括りでは全般的な陽気ベースが変化する可能性があります。一か月予報資料も旬間気圧配置変化はその可能性を示唆して見えます。高度、温度場、流線指数へのそうした反映は見られません。
21 Sep

東進南岸Lはぐずつくの鉄則どおり。北東気流も続く

00Latestsfc3_201609201816092103
降水中17度台まで降温
 みなさま、こんにちは。T1616は上層渦は東日本陸域縦断モードを見せた時間帯もありました。が、紀伊山地で中層以下高度の渦は不明瞭になり、地上気圧は昇圧モードに入り、三陸海岸から関東地方へは北東冷気進入が著しく、18時過ぎには三宅島付近の低圧コアにワープしました。とともに温帯低気圧解析へと変更されました。

 台風進行の北東側に際立った豪雨の程度は、九州地方で150mm/h、四国と淡路島で100mm/h、近畿と東海で80mm/h、伊豆半島と房総半島で50mm/h、関東平野部と甲信では20mm/hでした。降水時間が長きに及んだため、河川増水と溢水、土砂崩れなどの発生には今後も要警戒です。

n500_anlmod_pb4_2016092012surf_2016092012
 東京地方では一昨日以来、20度割れの秋雨らしい風情が続き、一昨日昼頃までのひんやりムシムシといった微妙さは失せて、夜には都心も17度台時間帯が長くなりました。

 小職は所用から最も降水強度を感じていた18時〜19時台は文京区、千代田区内を徒歩移動でした。北北西から伊豆諸島付近の低圧コアへと吹き下りる風を伴い、しばし歩行に難渋しました。北の丸公園の観測値経過を追尾すると、18時頃から気圧値が乱高下気味で、「雷雨の鼻」に相当するCbの通過影響や、台風から温L変化に相当する副低気圧の随所での盛衰などが関与していたようです。

 さて、台風一過は西日本の一部限定の模様。四国以東では雲が取れにくいまま、秋雨前線の北上を迎え、北東気流も卓越状態が続くため、それも遠因となって局地的に大雨へと向かう地点(たとえば尾鷲周辺)もありそうです。
月別アーカイブ
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ