[今日は首都圏平野部以外、各地で降雪・積雪]
 おはようございます。強い上空寒気、下層寒気を伴った冬型がピークを迎えました。夕刻以降は急速に冬型は崩れてくるものの、日中までは各地で降雪・積雪への警戒が必要です。
 首都圏平野部については、季節風の北分が大きくなって、西風領域とのシアは海上主体となります。強い正渦移流通過に伴って、関東北部山沿いに雪雲は一時的に北部平野部にも広がる懸念はありますが、中南部平野部での日射対流による雲の発生、風花はその有無が微妙です。

<9時実況>西日本でも一部強い降雪
●昨夜21時観測では稚内、秋田で500T−40度以下。同−30度以下の強い寒気が日本広範囲を覆い、日本海側では850T−9〜−12度となっている。南東進する寒気トラフはこの時刻西日本を通過中。下関で0度台・6mm/hなど、四国西部や九州各地を含めて各地で降雪中。季節風の北分が大きくなっており、近畿地方でも滋賀県中心に積雪中。情報によればJRAトレーニングセンターがある栗東で既に積雪10cmを越した。
●首都圏平野部では他エリアと比べると凌ぎやすい気温。他は冬本番の寒さ。西日本でも山間内陸で氷点下。

<短期予想>寒気トラフは今夜東海沖へ
●西から急速に上空、下層とも昇温ステージに移行する。4日には南北位相を揃えたリッジが東進し、移動性高気圧は30N帯を東進。太平洋側で暖かな晴天となる。
●沿海州から北海道へは次の寒気トラフが南下し、3日から4日、北海道北を低気圧が発達しながら東進。強い寒気がショットで北日本に入る。北陸以北では荒れた天気となる懸念がある。

<七日予想>高温ステージが卓越
●500Z移流ゾーナルで、冬型は解消。移動性高気圧と気圧の谷が交互する。日本海付近を中心に500Z正偏差が顕著。南西諸島を除いてほぼ全国的に、平年値+2〜3度台の高偏差が見込まれている。
●期間後半に本州上あるいは南岸を低気圧が通過し、その後、ステージは冬型移行。翌週へかけて平年並みあるいはやや負偏差(気温低め傾向)となる。

<四週予想>高温傾向、依然続く
●アンサンブル平均図を見ると、期間全般では日本付近は500Z高度の弱い正偏差。上記したが一週目は高度・気温とも正偏差極大。北半球全体では波数3循環で、北米大陸中東部から大西洋海域、ヨーロッパからアフリカ大陸北部、北太平洋北部海域付近が寒気強い。極付近は正偏差傾向となり、寒気放出型。
●二週目は北米大陸東部から大西洋、極東付近主体波数2循環に転換し、北日本中心に寒気の影響を受けやすくなる。冬型主体。
●三週目以降は500Z高度は再び弱い正偏差傾向となり、地上では大陸高気圧張り出しが北偏して南岸低気圧が頻発する予想傾向が見える。今冬全体では記録的な暖冬で季節を春へバトンタッチする公算がきわめて大きい。日本海側少雪、東日本太平洋側以西の多雨傾向は続く。

<東京では>3日朝は冬日地点多い
。夏(金):冬晴れ。Tnは成蹊気象観測所調べでは平年比+1度の0.2度だった。Txは9度前後だが、日中は北寄り季節風が強く、体感的には寒い。風花はないと見るが、午後対流雲が広がる時間帯はあって、その際わずかに可能性はある。
■各(土):季節風の名残がある湾岸部以外、都心部の多くを含めて氷点下Tnか。多摩では一部−5度以下に。日中は南西風が入り込む可能性もあって、Tx11度前後。
4日(日):多摩ではTn氷点下だが、武蔵野以東は正転予想。移動性高気圧に覆われて晴天。北寄り移流で晴天の明るいイメージほどにはTxは上がらない。10度までか。