n500_anlmod_pb4_2018080100axfe578_r20180801090000Latestsurf_2018080100
西日本はS風フェーン
 みなさま、こんにちは。本日は早朝から昼間昇温の兆しがあった。モヤっとした空の色、塔状に発達しやすい積雲、陸風海風交代が不明瞭な移流の停滞感・・・。14時までに練馬アメダス以西ではTx36度超してきた。今夏なにかと高温観測しやすい青梅アメダス。デジタル計測は不具合発生が多い傾向から、少々疑念を抱かせるが、本日も都下極値を叩き出している。
 舘野9時850T21.2度で、一連の超高温期間の22度連続には届かないものの、都心Tx35.1度が発現して当然の下層高温である。各層の風を見ると東日本では北海道CF暖域側のN風主導。フェーン状況にある。西日本はT1812外周を吹き上がるS風主導で、Tx37〜38度台は日本海側シフト。ここ数日と同様だ。
 東日本は明日、CF南下による隠れた前線帯。N風フェーンの懸念継続とともに、局地降雨懸念も増大する。昨日記事にしたように、週末週明けに幾分暑さは和らぐ期待はある。本日になって50N帯付近の偏西風帯強風軸も明瞭化はしてきた。この領域南下先頭にCFを次々に描かせる展開が始まるか否か、ひとつの注目点。一方で、台風発生の本来的な緯度経度帯のマリアナ南東方付近に雲域が纏まる機運。これもまた注目点だろうか。
 ところで、NHK朝のニュースお天気番組コーナーで、数日前はクマゼミ単体、今朝はクマゼミ単体+ミンミンゼミ複数体の鳴き声が聞こえた。クマゼミに関しては昨夏も効果音疑惑が浮上した。渋谷区神南であんなに声高に鳴くものだろうか。小職は昨夏、東京ドームシティ近傍でクマゼミ単体の鳴き声は聞いた。数年ぶりのことだった。今夏はどこからも一度も聞こえてこない。