n500_anlmod_pb4_201808130000Latestsurf_20180813001815-00
不安定も継続
 みなさま、こんにちは。ここ本郷にいると、熱雷の発生は足立区あたりから南下してくる印象を持つことが多い。サブハイのひとつのコアが大陸東岸から西日本へと移動。南東海上のサブハイ本体と繋がろうとしている。が、本州上は随所に鞍部というのが実態。首都圏では栃木県周辺の山沿い、丹沢周辺から山梨県まで覆う広大な対流雲域。それに加え、平野部彼方此方で熱雷発達中。
 週末は、東海地方から箱根などの東京から見れば西の地方に対流性の大降りが目立った。本日は平野部に大々的に下りてきている印象。各層の風も北分が大きく、しかも弱風。地点によっては大雨となる懸念を孕む。また、落雷や突風に用心されたい。