K-UNIT 情報局

K-UNITのライブ情報と、昭和の高度成長&バブル時代を回想、検証してるK-UNITバンマスのブログです。

林家木久蔵師匠(現、木久翁)の ♪いや~ん ばか~ん そこはお尻なの~ で有名な「セントルイス・ブルース・マンボ」



ロリポップ!なら大人気のWordpressも簡単インストール!
あなたもWordPressでブログデビューしちゃおう!!

林家木久蔵師匠(現、木久翁)がTV「笑点」で ♪いや~ん ばか~ん そこはお尻なの~ とやっていたので有名な(笑)「セントルイス・ブルース」。

「セントルイス・ブルース」1914年に作られた曲だそうで、サッチモことルイ・アームストロングはじめ色々なミュージッシャン、バンドがとりあげ、大東亜戦争後、日本でもとても流行った曲で、こちらは1950年代にアメリカでマンボを流行らせたペレス・ プラード楽団が、得意のマンボにアレンジしてるヴァージョン。

その名も「セントルイス・ブルース・マンボ」(ST. LOUIS BLUES MAMBO)。

面白いのがこの曲、1954年の紅白歌合戦で、後に作曲家になった巨匠!浜口庫之助氏が、未だミュージッシャンだった頃、自身のバンド「アフロ・クバーノ」で演奏してる所で、ペレス・ プラードは日本でも大人気でしたから、こちらも随分と流行ったようですね。

で、ジャズは大東亜戦争後、日本を占領統治にきたアメリカGHQが日本に持ち込んだわけではなく、大東亜戦争中はアメリカは敵国だったので、適性音楽としてジャズは禁止されていただけで、既に戦前から日本にジャズは入っており、戦前からジャズを演奏していたミュージッシャンもいれば、ダンスホールで踊ってたモダンボーイ、モダンガールも存在していたわけで(都市部だけかもしれませんが)、浜口庫之助氏もそんなミュージッシャンの一人で、大東亜戦争勃発の数年前から、新宿の「帝都ダンスホール」でバンドのギタリストとして活動していたそう。


というわけで、大東亜戦争前に覚えたジャズの腕が当時の日本人ミュージッシャン達にはありますから、日本を占領統治にやってきたアメリカGHQの米兵達は、焼け残った日本の建物の中から使えるソレを占領摂取、自分達の娯楽施設とした米兵将校クラブで日本人ミュージッシャン達にジャズを演奏させたら、あまりの演奏力の高さに舌を巻いたという「伝説」が残っているわけであります。

混乱と貧困とハイパーインフレの戦後のどさくさ時代、米兵相手に演奏し歌を唄った、この後、日本の歌謡芸能を築くミュージッシャン、歌手達は、1ドル=360円の米ドルでギャラをもらっていたわけですから、当時の日本の物価指数やサラリーマンの平均給与を思うと、正に!破格の大金を手にしていたわけで、浜口庫之助氏もご多分にもれず「進駐軍」周りをやり稼いでいたとか。

で、浜口庫之助氏が「セントルイス・ブルース・マンボ」(ST. LOUIS BLUES MAMBO)で紅白歌合戦に出演した前年、1953年の紅白歌合戦では、三味線豊吉が、江利チエミさんのカヴァーで有名な「カモン・ナ・マイ・ハウス」(家へおいでよ)を歌っており、林家木久扇師匠この頃、ティーンエイジャー真っ盛り!!

 ♪いや~ん ばか~ん そこはお尻なの~

 のルーツは、この頃にあると思えますねー。

ザ・ビートルズの原型となったのは、1950年代後半アメリカで大ブレイクしたR&R(R&B)と、イギリスのスキッフルブーム





日本上映は2010年、イギリスでは2009年上映の、ザ・ビートルズ結成前の若きジョン・レノンを描いた伝記映画「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」(Nowhere Boy)↑の中の、若きジョン・レノン率いるクォリーメンのライブシーンと、ジョンとポール・マッカートニーが出会った時を描いたシーン。

時は1957年、アメリカではR&R(R&B)ブームが大爆発してた時期で、イギリスはリヴァプールにもその余波はやってきていたようで、1942年生まれのポール・マッカートニーこの時14~15才。

1940年生まれのジョン・レノンは16~17才。多感な思春期時代です、、、。

ジョン・レノンが率いていたクォリーメンは、当時イギリスで流行っていたと伝わるジャズ、ブルース、フォーク、カントリー・ミュージックなどの影響を受けたフュージョン(融合)ミュージック、スキッフルという音楽スタイルのバンドで、ロニー・ドネガンという人がイギリスで人気を博していたそう。↓



スキッフルは元々、20世紀初期のアメリカ南部で発展した音楽のようで、日本でも1935年結成の元祖「ボーイズ」「コミックバンド」と伝わる「あきれたぼういず」の坊屋三郎氏が、「あきれたぼういず」解散後、一人でも「あきれたぼういず」時代からの芸、洗濯板を改造した楽器演奏をやられていたので、「あきれたぼういず」を知らない2015年現在、還暦前後から40代後半ぐらいの人でも、TVでご覧になられた方もいる事でしょう。↓



ジョン・レノン率いるクォリーメンと同じように、スキッフルに影響をうけ初めて手にした楽器は洗濯板だったそうなジョージ・ハリスンがギターを手にするのは、エルヴィス・プレスリー大ブレイクの1956年、13才の時と伝わっていますから、当時のイギリスのスキッフル人気とアメリカのR&R(R&B)大ブームの影響こそ、ザ・ビートルズの音楽的ルーツと言えますね。

1988年秋から1990年秋の、後にバブルと命名された時代、真っ盛りに放映されていたトーク番組「たけしのここだけの話し」



あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

1980年代初頭に起きた漫才ブームも、1982年頃になると終焉し、ツービートの北野武氏の、これから今に至る迄のソロでの快進撃がはじまるわけですが、思えば随分と時は流れたもので、未だに北野武氏が第一線にいるというのは、凄い事だなーと、つくずく思いますね。

トーク番組「たけしのここだけの話し」は、漫才ブーム末期にブレイクした「オレたちひょうきん族」が、そろそろ飽きられた1988年秋から1990年秋、正に!後に「バブル」と命名された時代のド真ん中に放映された番組でした。

で、この映像の大原麗子さんと山口美江さん、、、

既にお亡くなりになってますからねー。大原麗子さん享年62才、山口美江さん享年51才。

大原麗子さんは二度の結婚離婚を経験してますが、山口美江さんは生涯独身。共に最後は孤独死だったようですが、あれだけ長い間人気者だった大原麗子さん、この時期はもの凄い人気だった山口美江さんの、久々のニュースが孤独死というのは、共にそれほどの年齢ではなかったので、やはりショッキングだった記憶がありますね。

北野武氏はこの放映頃は、43才になるかならないかの頃で、30才も数年過ぎてから漫才ブームで大ブレイクしてから10年ぐらいでしたが、今も昔も10年も売れ続ける芸人、芸能人というのは稀で、ボクは当時も今も北野武氏のファンですが、10年どころか、まさか70才になる今の今迄、その人気がこれほど持続するとは思わなかったですねー。

 
最新記事
ギャラリー
  • 林家木久蔵師匠(現、木久翁)の ♪いや~ん ばか~ん そこはお尻なの~ で有名な「セントルイス・ブルース・マンボ」
  • ザ・ビートルズの原型となったのは、1950年代後半アメリカで大ブレイクしたR&R(R&B)と、イギリスのスキッフルブーム
  • ザ・ビートルズの原型となったのは、1950年代後半アメリカで大ブレイクしたR&R(R&B)と、イギリスのスキッフルブーム
  • ザ・ビートルズの原型となったのは、1950年代後半アメリカで大ブレイクしたR&R(R&B)と、イギリスのスキッフルブーム
  • 1988年秋から1990年秋の、後にバブルと命名された時代、真っ盛りに放映されていたトーク番組「たけしのここだけの話し」
  • ザ・ビートルズカヴァーの「アンナ」(Anna)は知っていても、そのオリジナルのアーサー・アレキサンダーを知る日本人は少ない
  • ある世代以下には、アニメ「魔女の宅急便」で有名なユーミンの「ルージュの伝言」は、オールディーズブームの先駆けの曲でした
  • ある世代以下には、アニメ「魔女の宅急便」で有名なユーミンの「ルージュの伝言」は、オールディーズブームの先駆けの曲でした
  • 世界の大国の定義はGDPではなく、核と軍事力だと、ロシアをみてるとつくづく思うよな〜
  • 内閣支持率がまた上がった不思議な長期政権、安倍内閣。野党第一党の民進党が勝手にずっこけてるのが、その一番の原因かもね
  • 2017年、死刑が確定した木嶋佳苗死刑囚のルックス、やっぱり今更ながら思う所ある爺、、、
  • 2017年、死刑が確定した木嶋佳苗死刑囚のルックス、やっぱり今更ながら思う所ある爺、、、
  • 戦争映画ファンとして見逃していた、ブラッド・ピット主演の期待の!「フューリー」やった観たけど、私的には微妙だったな〜
  • 戦争映画ファンとして見逃していた、ブラッド・ピット主演の期待の!「フューリー」やった観たけど、私的には微妙だったな〜
  • 後に「バブル」と命名される時代に向って一直線の、浮かれ気分の1982年2月、ホテルニュージャパン火災、日航機逆噴射事故が連続して起きた
  • 後に「バブル」と命名される時代に向って一直線の、浮かれ気分の1982年2月、ホテルニュージャパン火災、日航機逆噴射事故が連続して起きた
  • 渦中の山尾志桜里先生に限らず、弱者の味方、女性の味方を売りにしてる政治家を、ボクが信用できない理由
  • 渦中の山尾志桜里先生に限らず、弱者の味方、女性の味方を売りにしてる政治家を、ボクが信用できない理由
  • ミラクルズを脱退した当時のモータウンの副社長、スモーキー・ロビンソンのセカンドソロアルバムからのシングルカット「バージンマン」
  • 少年チャンピオン連載の「ブラックジャック」のヒットで、冬の時代を脱した天才!手塚治虫先生
  • 少年チャンピオン連載の「ブラックジャック」のヒットで、冬の時代を脱した天才!手塚治虫先生
  • 2006年、故中川昭一氏が日本も核議論をすべきだと発言した時、国中が大騒ぎになったが、あれから僅か10年強の今、ワイドショーでひな壇芸人までもが核議論してる
  • 2006年、故中川昭一氏が日本も核議論をすべきだと発言した時、国中が大騒ぎになったが、あれから僅か10年強の今、ワイドショーでひな壇芸人までもが核議論してる
  • 2006年、故中川昭一氏が日本も核議論をすべきだと発言した時、国中が大騒ぎになったが、あれから僅か10年強の今、ワイドショーでひな壇芸人までもが核議論してる
  • プロ8年目にして初の二桁勝利を達成した阪神タイガースの秋山投手で、1968年の阪急ブレーブスの「10年目の新人」矢野清氏を思い出した
  • ドリーマーとリアリストの二極分化が、日本の若者はすすんでるような気がする爺であった。その2
  • ドリーマーとリアリストの二極分化が、日本の若者はすすんでるような気がする爺であった。その2
  • ドリーマーとリアリストの二極分化が、日本の若者はすすんでるような気がする爺であった。その1
  • ドリーマーとリアリストの二極分化が、日本の若者はすすんでるような気がする爺であった。その1
  • 1970年代の洋画「女子学生㊙レポート」は、そのタイトルとポスターだけで、蒼き少年はどきどきしたものだった(笑)
K-UNIT バンマス Twitter
記事検索
プロフィール&問い合わせ
注意事項
当サイトはYouTubeにアップロードされている動画を紹介しておりますが、 著作権の侵害を目的とするものではなく、また、当サイトからYouTubeに動画のアップロードもしておりません。 YouTubeにアップロード、保存されている動画は、全ての責任をアップロードした本人が負い、また著作類に関わる権利も保有しているものと承諾しております。
QRコード
QRコード