2023年02月07日

円安を手がかりに続伸!

★☆★☆【有料メルマガ】お申込受付中!!

「損を減らし、焦らず無理なく細かく儲ける」をコンセプトとした有料メルマガお申込受付中!
(注:ブログ本文で紹介している【ポートフォリオ銘柄】とは別のものです)

▼その他「じょうしょうダルマ」HPより有料メルマガの成績などご確認後、お申し込みください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html

1ヶ月当たり3,300円〜
(※春以降値上げを計画しています。現在であれば、旧料金体系でのご契約となります)

相場が続く限りチャンスは無限大!
是非一度お試しください。

※リスク・手数料などにつきましては以下の契約締結前交付書面を参照してください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/teiketumae.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経平均は本日続伸。前日のNYは先週末の好調過ぎる経済指標を受けてタカ派懸念が再燃し、3指数揃って軟調。長期金利が3.64%に上昇しNASDAQが1%の下落に。中小型株指数のラッセル2000は1.4%の下落。半導体関連株指数のSOX指数は1.7%の下落。VIX指数は19.4ポイントに上昇。WTI原油先物は74ドル台を回復。

それらを受けた日経平均は朝方から買いが先行。ドル円が昨晩133円に接近し、円安圧力が下支えしました。ただ昨日高値を意識して上値が重く。売買代金は10時半時点で1兆円台とそこそこ。REIT指数は反落。


投資判断は「中立」。IMFの世界経済見通しが出て前回10月見通しから世界全体では0.2%上方修正。アメリカは0.4%、日本も0.2%とそれぞれ上方修正されました。なお先進国では日本が一番成長するとされ、1.8%の経済成長が見込まれています。株式市場にはその効果が出たようには思えませんが、とりあえず売り材料になるようなものが出なかっただけ由としましょう。

アメリカでVIX指数が落ち着いており、それは株価の安心感に繋がっていますが、逆説的に「下がったら上がるしかない」というのが怖いところ。実際、昨年は12/2に19.1ポイントを付けると、そこからS&Pは一ヶ月間株価が下落。その前は8/16前後に20ポイント割れが続いていたのですが、そこから株価は2ヶ月程下がり続けました。今回も嫌な予感はします。
https://jp.tradingview.com/symbols/CBOE-VIX/

先週の話題としては佐川急便の値上げがありました。それが他社にも値上げ連鎖が波及するという思惑から運送業が揃って買われましたが、これでまた小売業のコスト増に繋がりますから、やはりインフレ要因になってくると見られます。電気代に続き輸送費と、産業のベースになる部分の値上げは回避が難しく、各社のコストアップは避けられません。

とりあえずそれらが上場企業から個人まで日本企業全体の収益を悪化させる一因になり、目先はそれが世の中の景気悪化懸念に繋がりそうですが、個人的には一巡後の株高に繋がるような印象は持っています。基本的にインフレは株高要因であるというのが大前提であること、また上場企業という大企業にまた優位性が出てくるので、小さなゾンビ企業的なところが倒れ、大きなところは人材が集めやすくなり・・・と色々理屈をこねることは可能です。

日本企業にこれまでできなかったのが「値上げ」。それが今免罪符を得て色々な企業が値上げに動けています。その辺りが外国人投資家などの日本企業見直しにも繋がりそうです。一度値上げしたものはなかなか値が下がらないでしょう。実際、体力の無い企業が白旗を揚げてゾンビ企業が無くなれば残存者メリットで価格競争力を保ちやすくあります。

いずれにせよ、それは長い目で見た場合の話であって、明日明後日にどうこう言う問題ではありません。そう市場全体が割り切るには半年くらいかかってしまうかも知れませんが、将来的に株価のプラス要因には繋がっていきそうです。

アクティビストも虎視眈々と割安株を狙っています。NISA拡充の話もあり、本質的に個人投資家にチャンスを与えてくれる施策です。低PBRの小さな銘柄は外国人投資家や機関投資家はあまり相手にできません。その時価総額が上がってくる前に仕込んでおくことができるのが個人投資家。しかもNISAなどでしばらく放置できるのであれば、少しだけ買っておいて配当や優待を得ながらあとジッと待つという作戦もとりやすいです。

日銀が買ってくれないので、次は個人に株を引き受けてもらおうという意図もあるのでしょうけれど、どちらかといえばこれまで日銀があまり買わなかった小型株の方を個人で引き受けてくれというようなニュアンスだろうと思います。

実際、水戸証券(8622)が配当水準を底上げして大きく買われましたし、岩崎電気(6924)もPBR1倍を意識したMBO。今決算シーズンも様々なTOB、MBOの話が出てきます。こういう話が今後3年間ドンドン出てくると見られます(ただしイオン北海道(7512)のように逆に売られるバターンもありますが)。個人的にはこの辺りが特にスタンダード市場の優位性に繋がっていくと見ています。

しかし外国人投資家などが嫌いそうなのは、日本の内需の弱さです。賃金が上がらないので、物価高にそのまま負けてしまう。しかも賃金が多少上がったところで、社会保険料や増税で可処分所得が上がらないのは目に見えてしまいます。特に日本は電力料金の高騰が、国内製品や販売の原価高に繋がり→今後更に様々な製品の値上げ圧力に繋がっていくと見られ、今の政権の最重要課題になってくると見られます。

コロナの5類移行により医療費負担は幾分抑えられるかも知れませんが、それでも増税は不可避。更に金利上昇で住宅ローン金利が上昇すれば、働く世代の可処分所得は更に減少。人口も減少していく中で課題だらけの日本には、なかなか投資し辛いというのが実情でしょう。ただこれらの現象をそれぞれ追い風とできる業態も当然あるわけで、そういった銘柄を選んでいくことが長期的な視点では重要になってくるのは言うまでもありません。


新興市場も「やや売り」。本日の東証グロース市場指数は反発。グロース市場に関しては、低PBR改革や上場基準適合などの改革圧力が働き辛いのは難点で、昨日は軟化しました。日本の方は(非常に緩慢ながら)金利上昇局面という点も逆風です。ただアメリカでグロース市場が見直されていますし、昨年あれだけ売り込まれていたので、大きくグロースが割負けるとも思っていません。


【ポートフォリオ銘柄】

ブロードメディア(4347)は続伸。決算を受けた昨日初動は売りでのスタートでしたが、その後グイグイ買い戻されて大陽線に。実に今年の足をほぼ全て包み込む強烈な逆襲線になりました。こうなってくると、一般的に出来高を伴った大陽線は大相場の入り口とされるので、ここからの上昇トレンドスタートに期待できそうです。


トヨタ(7203)は反落。アメリカの好調及び金利上昇で円安に振れ、外需産業には改めてプラスメリット。ただ昨日は75日線に押し戻されて上値が重くなっています。デンソー(6902)こそ決算後は買われる動きになっていますが、その他の自動車部品会社は総じて決算後も売られる動きが目立っており、この辺り警戒感が先行しています。


・・・と、また好き勝手書いていたら文字数制限にかかってきたので今回はこの辺で。いつも長々とした駄文をお読みいただき、誠にありがとうございます。


なお、上記内容は一部前日以前に既発の有料メルマガからの抜粋を含んでいます。


その他有料メルマガの成績は下記「じょうしょうダルマ」URLから確認の上、お申込ください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html


※株式投資は自己責任でお願いします。文中の内容は現時点で予測できる範囲で想定されたものであり、正確性や投資成果を保証するものではありません。


kunisawa at 10:35コメント(0)

2023年02月05日

ゲレンデが溶けるほど その4

娘のスキー話の続きです。

スキーレッスン2日目。その日も娘は元気で、朝8時に車に乗せて出発。無事牛岳温泉スキー場に到着します。この日は私も滑ろうと決意し、インストラクターの方やお友達のお母さんに娘を託すと、スキーレンタルに足を運びました一日中娘を見ているだけではつまらない。私も楽しみたいレッツエンジョイスキーライフ

10年ぶりくらいにスキー板を装着し、いざリフトに乗ります。本当は随分とブランクがあるので、まずは低いところから練習したかったのですが、麓から稼働しているリフトは一基のみ。一番上のコースまで連行されるもののみでした。途中までのリフトは利用者が少ないので、経費削減なのでしょうね。

仕方無いので一番上まで行きます乗りながら「おいおい、ドコまで行くんだ」と不安に駆られます。スキー場に流れるスタイリッシュな洋楽をBGMを聞きながら、心中穏やかならざる。しかし最近のゲレンデは広瀬香美は流れないんですね・・・。

問答無用の10分程の空中浮遊の後に辿り着いたのは標高650mとされる頂上眼下に富山湾を見はるかすことができますが、当日はやや霞がかっていて、残念ながら絶景とまではいきませんでした

324348780_1675713599546315_4683579997832028697_n



では覚悟を決めていざ発進まずはボーゲンでゆっくりと・・・ズザーいてててあっさり転ぶと何とか立ち上がり、他のスキーヤーやボーダーがある程度滑り降りて空いた頃を見計らい、また滑り始めます。しかし間も無く滑ってまたズザーッいててて・・・

えぇ、ワシ全然滑れなくなっとるやん麓まで全長2kmもあるロングコースを前に、まるで遭難したかのような絶望的な気持ちになりました(つづく)

kunisawa at 15:48コメント(0)

2023年02月04日

1月の成績発表

★☆★☆【有料メルマガ】お申込受付中!!

「損を減らし、焦らず無理なく細かく儲ける」をコンセプトとした有料メルマガお申込受付中!
(注:ブログ本文で紹介している【ポートフォリオ銘柄】とは別のものです)

▼その他「じょうしょうダルマ」HPより有料メルマガの成績などご確認後、お申し込みください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html

1ヶ月当たり3,300円〜
(※春以降値上げを計画しています。現在であれば、旧料金体系でのご契約となります)

相場が続く限りチャンスは無限大!
是非一度お試しください。

※リスク・手数料などにつきましては以下の契約締結前交付書面を参照してください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/teiketumae.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は1月の成績発表です。1月は大発会こそ売られて始まったものの、その後はアメリカ株と並んで一貫した下値切り上げの動き。ただ27500円到達後は日銀総裁人事を警戒して上値が重くなっています。そんな中、私のポートフォリオは一体どうなったでしょうか。早速検証してみましょう!


【買い銘柄】

アニコムHD(8715)
580円→585円(22営業日保有 上昇率1.0%)

1月は戻れず。まあ保険株が1月弱かった割にはしっかりしていたとは言えそうですが、市場全体の戻りや前月が20%下落した反動としては物足りません。チャート形状は丁度3ヶ月前の決算発表前にそっくりな動き。であれば来週の決算後はまた上ブレて欲しいところ。全国的に寒波で動物病院への通院が減っていることを考えると、損害率は低く抑えられそうですが。


ブロードメディア(4347)
1018円→1023円(22営業日保有 上昇率0.5%)

一時1100円を超える順調な戻りが見られましたが、結局200日線まで押し戻される動き。そして金曜に出た決算では3Q単独が若干の営業減益に。スタジオコンテンツと放送事業の減益が、教育事業の増益分を食いつぶした格好。ただ成長が期待される教育事業は日本語教育の準備を進めているということですし、事業セグメントは大きく変化。もう社名の変更も検討した方が良いレベルですね。


BlueMeme(4069)
1889円→1700円(22営業日保有 下落率10.0%)

今月はグロース市場が好調だったのに反して売られる動き。うーん、やはり昨年のうちに損切りしてしまうべきでしたね・・・。ここまできたら次の決算を見て進退を考えたいと思います。


巴川製紙(3878)
665円→696円(22営業日保有 上昇率4.7%)

こちらは今年に入ってからは反発基調。半導体株が戻ったことに合わせて、同社も見直しの流れになりました。また足元円高に振れているのも紙パセクターにとっては追い風。PBRの割安感などから、もっと評価されて良い株だと思います。


トヨタ(7203)
1812.5円→1891.5円(22営業日保有 上昇率4.4%)

為替が円高進捗していることが重石でしたが、QUICKの調査で自動車セクターの投資判断が「弱気」と答えたアナリストが09年2月のリーマンショック以来の高水準と報じられた1/17辺りから自動車セクター全般的に戻りが見られています。決算を来週に控え、新社長の下、今後のトヨタの飛翔に期待です。


北陸電力(9505)
547円→518円(22営業日保有 下落率5.3%)

決算は案の定の大赤字。ただ十分織り込まれており、足元ではまた株価が落ち着いてきていますが、総合的には中立な感じ。ここからの値上げ効果を期待した形になっています。資源価格も落ち着きつつあり、為替も円高。原発再稼働の気運もあって、決算で下がらないならば電力株に死角がありません。高騰する電気代のヘッジに電力株を買うというのも一考なのでしょう。


一蔵(6186)
443円→453円(22営業日保有 上昇率2.3%)

成人の日は何事もなく通過。同社に関してはTOPIXウエイト低減銘柄のため1月末に売られましたが、そこから復調してきています。中国からのインバウンドが回復するような流れになれば、またテーマ性を帯びてくると思います。


Deere & Company(DE)
428.64ドル→406.06ドル 円換算56580円→53275円(22営業日保有 下落率5.8%)

昨年までかなり市場に逆行していた分、足元ではやや売りに押される動きになっています。ただ基本的にはドル安を背景にした穀物価格の上昇や同社の製品競争力の向上から、農機メーカーの強さは続くと見ています。


以上の結果から、1営業日当たりの騰落率を計算すると
▲0.05(%/営業日)という結果が出ました。

計算式は各銘柄の保有営業日日数√騰落率を合計し、出された数字を銘柄数の合計で割り、平均値を算出します。つまり全ての銘柄に同額投資したとして、一営業日当たりの平均上昇率を導き出し、そこから一営業日当たりのポートフォリオの平均上昇率を出すわけです。


ちなみにその間
日経平均 12/30終値 26904円→27509円(22営業日 上昇率5.4%) 0.24(%/営業日) 
TOPIX  12/30終値 1891→1970 (22営業日 上昇率4.2%) 0.19(%/営業日)

今月はTOPIXに敗北・・・。BlueMemeを早めに切っておけばプラスで終えられたのですが、今月何も入れ替えしなかったのが低パフォーマンスに繋がりました・・・。


そしてKA指数の発表です。KA指数とは、ブログで初めて銘柄を紹介した2005年8月23日の寄り付き前を100として、今は何ポイントになったかということです。

KA指数1282.4ポイント
あーあ、遠ざかる1300ポイント・・・。ちょっと決算を見て、売り銘柄などを入れてヘッジする必要がありそうですね。


市場の見通しとしては「中立」に戻して様子見とします。「節分天井」のアノマリーは信じていませんが、今年は案外そうなるかも知れません。

日本の方はハイテク系よりもバリューの方が買われています。TOPIXバリュー株指数は18年1月以来実に5年ぶりの高水準。元々1月はバリュー株に優位性がある月として知られてきましたが、今年は特に顕著でした。背景に金利上昇による銀行株買いや、中国ロックダウン解除期待感からの鉄鋼株の上昇も確かにあるのですが、それぞれに共通して言えることは市場による低PBR改革が底流にあると思います。

合わせて上場基準未達企業への猶予期間も3年後の区切りが提示され、事実上株価の底上げを企業に迫っています。この辺り香港が国際金融都市の地位を落としている今のうちに、東京の地位を高めておこうというある種の国策でもあるでしょう。

更に大袈裟に邪推すれば、中国に対して金融的な楔として、アメリカ政府なども日本の証券市場の地位向上に期待しているのだろうと思います。取引所側にしてみれば、企業退場を迫るとその分収入が減るので、本来余計なお世話ですからね。


・・・と、また好き勝手書いていたら文字数制限にかかってきたので今回はこの辺で。いつも長々とした駄文に貴重な時間を割いていただき、誠にありがとうございます。


その他有料メルマガの成績は下記「じょうしょうダルマ」URLから確認の上、お申込ください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html


※株式投資は自己責任でお願いします。文中の内容は現時点で予測できる範囲で想定されたものであり、正確性や投資成果を保証するものではありません。

kunisawa at 09:35コメント(0)

2023年02月02日

FOMC通過で安心感

★☆★☆【有料メルマガ】お申込受付中!!

「損を減らし、焦らず無理なく細かく儲ける」をコンセプトとした有料メルマガお申込受付中!
(注:ブログ本文で紹介している【ポートフォリオ銘柄】とは別のものです)

▼その他「じょうしょうダルマ」HPより有料メルマガの成績などご確認後、お申し込みください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html

1ヶ月当たり3,300円〜
(※春以降値上げを計画しています。現在であれば、旧料金体系でのご契約となります)

相場が続く限りチャンスは無限大!
是非一度お試しください。

※リスク・手数料などにつきましては以下の契約締結前交付書面を参照してください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/teiketumae.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経平均は本日続伸。前日のNYは注目のFOMCにおいて市場予想通り0.25%の利上げが決定され、インフレが緩和し始めているという発言を受けて3指数揃って上昇。ダウはギリギリプラスで終えましたが、長期金利が3.42%まで低下しNASDAQが2%の上昇に。半導体関連株指数のSOX指数が5.2%の上昇。VIX指数は17.9ポイントに低下。WTI原油先物は76ドル台に下落。

それらを受けた日経平均は朝方から買いが先行。また27500円に接近する流れになりました。ただドル円が128円に接近する程円高が進んだことで、一旦マイナス圏に沈む場面もありました。その後は値を戻して再度27500円に接近。中国株が始まったところでまた上値が重くなっています。売買代金は10時45分時点で1.3兆円台と活況。REIT指数は反落。


投資判断は「やや売り」。先週もアメリカ株はしっかりで、中でもNASDAQは4週連続の上昇。ようやく200日線も突破し、昨年9月以来の高値。今年に入ってからNASDAQの反撃が顕著です。アークイノベーションファンドも40ドルを回復し、やれやれという感じ。

先んじて売られ過ぎていたこともありますが、根っこにあるのはやはりアメリカの金利ピークアウト期待感です。長期金利は今年に入って低下基調で、その分割引率が小さくなることでハイテクグロース系は買いやすさがあります。ギガテック系にリストラが相次いでいることも、業績回復材料として捉えることができます。今アメリカはインフレを抑えるため失業率を高くしたいので(皮肉交じり)、政権のお墨付きがあるとも言えますね。

また他の景気敏感セクターは、アメリカのリセッション懸念を考えると買い辛く、消去法的な資金が入っているという解説も可能でしょう。VIX指数が落ち着いて安定的であるならば、リスク性の高いグロース株に資金を投じてみようという節もありそうです。

ただここでアメリカの恐怖と欲望指数を見ると、昨年末とは打って変わりだいぶ楽観が強まってきました。もう少し過熱できる余地があるとは思いますが、雇用統計などのビッグイベント前に「嵐の前の静けさ」と捉えるのは正常で一般的な考え方だろうと思います。
https://edition.cnn.com/markets/fear-and-greed

一方、最近はヨーロッパの強さが目立っています。代表的な株価指数ユーロ・ストックス50は今年に入って10.0%の上昇。NASDAQの12.9%の上昇に比べると劣りますが、S&Pの7.3%やダウの2.9%に比べると優位性が顕著です。

シティ銀行が出している「サプライズインデックス」とは、各指標が予想よりもどれだけ上回ったかを数値化しているものですが、直近ではヨーロッパが91.0に対してアメリカで▲5.4と好対照。これまで散々ウクライナ危機で打撃を受け厳しいとされてきたヨーロッパですが、暖冬という「神風」で天然ガス需給危機を何とか乗り切れそうです。
https://en.macromicro.me/charts/45866/global-citi-surprise-index

ただ逆に、アメリカでも極端に悪い経済指標ばかり出てきているわけでもありません。GDPはそれなりに良かったですし、中でも個人消費は比較的高水準なままで推移しています。問題はカード会社の決算が好調だったことの裏返しで、貯蓄率が随分下がって来ていること。「アメリカらしさ」が出ているような感じでもありますが、いよいよコロナ給付金を食い尽くして、真剣に賃金を求めて働いてくるターンになりそうです。

森よりも木の方の話としては、決算が少しずつ出てきました。内容はともかく株価反応は強弱マチマチ。例年、決算が出てくると「リビジョンインデックス」(業績予想に対して実際どうだったか)は高まってくるのですが、今回は微妙な感じがします。ただまだ決算発表の序盤段階ですから、これからどう転ぶかはわかりませんが。

為替に関してはドルインデックスが昨年9月には114ポイントだったものが、直近101ポイントまで下落。足元で少し金利の下げ止まり感が出ていますが、ドルインデックスは低位安定という感じです。上述のようにユーロ圏が復活してきていることでユーロ買いドル売りが進んでいることも要因と言えます。
https://jp.tradingview.com/symbols/TVC-DXY/

商品市況に関しては、そのドル安を背景にしっかりしているものが目立ちます。唯一と言っていい例外は天然ガスで、やはりヨーロッパの暖冬を受けて下げ続けています。ウクライナ戦争が終わったわけでもないのでどこまで下がるかは疑問ですが、異常値の解消過程にあります。

先週のビットコインに関しては大きな動きはありませんでしたが高止まりが続いています。ドル安が一段と進むようなら、この辺りはまた強含んでくるのかも知れません。

スケジュールとしては、本日はECB理事会が控えています。こちらはまだ0.5%の利上げが見込まれています。この欧米の金利差もユーロ買いの一端でしょう。アメリカではAppleやAmazonなどギガテック銘柄の決算集中日。


新興市場も「やや売り」。本日の東証グロース市場指数は続伸。アメリカNASDAQ高を受けて復調し、東証グロース指数も1000ポイント回復。特にCore指数の上昇が大きくなっていますが、Core指数の方は1000ポイントに届いておらず出遅れ感があります。


【ポートフォリオ銘柄】

トヨタ(7203)は反落。やはり為替の円高が重石に響いています。チャート的には一目均衡表の雲下限にキレイに押し戻される動き。来週の決算までは動き辛い展開でしょうか。


Deere & Company(DE)は続伸。(全然作っているものは違いますが)似たような製造業のキャタピラーが決算を受けて売られていますが、とりあえずこちらは安定的です。上述したように穀物価格が安定しているので、同社を巡る環境も良好。更にはドル安による競争力も出てきている感じです。


・・・と、また好き勝手書いていたら文字数制限にかかってきたので今回はこの辺で。いつも長々とした駄文をお読みいただき、誠にありがとうございます。


なお、上記内容は一部前日以前に既発の有料メルマガからの抜粋を含んでいます。


その他有料メルマガの成績は下記「じょうしょうダルマ」URLから確認の上、お申込ください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html

そして次回は1月の成績発表です。お楽しみに!


※株式投資は自己責任でお願いします。文中の内容は現時点で予測できる範囲で想定されたものであり、正確性や投資成果を保証するものではありません。

kunisawa at 10:50コメント(0)

2023年02月01日

ゲレンデが溶けるほど その3

娘のスキー話の続きです。

初日のレッスンが終わり、最後に講評を受けて帰り支度を整えます。初日は無難に通過しましたが、インストラクターの方からは「明日は一番きついので、例年泣く子供が出てくる」と脅しが入ります「ただ明日を乗り切れば、3日目は楽しく滑れる」ということで、翌日のレッスンを何とか切り抜けることが大事な模様

ともあれ、何とか娘も機嫌を損ねず、一日を終えることが出来て一安心帰路に就きます途中「牛岳温泉スキー場」という名前の通り、当然温泉があるわけで、ひとっ風呂浴びて帰ります特にこんな雪山の温泉で露天風呂なんてもう最高ですね

しかし子供を連れて温泉に入っても、子供はすぐに出たがりますし、ゆっくり風呂に入ることができません・・・結局程々に風呂から上がると、むしろ湯冷めしてしまって風邪ひきそうな感じに

まあ子供の体温と大人では差がありますし、私も子供の頃にはすぐに風呂から出る「カラスの行水」でしたから、気持ちはわかるのですがもう少し子供が大きければ、一人で上がって待っていてくれても良いのですが、如何せん初めての場所ですし、まだ幼稚園女児ですから難しいですね・・・

帰りは1時間弱程車を運転して帰らないといけません。家に着くと、自分がスキーをしたわけでもないのに体はくたくたその日は泥のように眠りました(つづく)

kunisawa at 08:08コメント(0)

2023年01月31日

FOMCを控え小動き続く

★☆★☆【有料メルマガ】お申込受付中!!

「損を減らし、焦らず無理なく細かく儲ける」をコンセプトとした有料メルマガお申込受付中!
(注:ブログ本文で紹介している【ポートフォリオ銘柄】とは別のものです)

▼その他「じょうしょうダルマ」HPより有料メルマガの成績などご確認後、お申し込みください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html

1ヶ月当たり3,300円〜
(※春以降値上げを計画しています。現在であれば、旧料金体系でのご契約となります)

相場が続く限りチャンスは無限大!
是非一度お試しください。

※リスク・手数料などにつきましては以下の契約締結前交付書面を参照してください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/teiketumae.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経平均は本日反落。前日のNYは朝方こそダウがプラスに転じる場面があったものの、引けにかけて売られ3指数揃って軟調。Teslaが6%超の下落となるなどGAFAM系が売られた他、OPECプラスが原油生産を現状維持すると伝わったことでWTI原油先物が78ドル割れまで下落したことでエネルギー株が売られました。半導体関連株指数のSOX指数は2.7%の下落。VIX指数は20ポイントに上昇。

それらを受けた日経平均は朝方こそ買いが先行。その後は前日終値を挟んで一進一退。ドル円が次第に円高方向に振れる割にはしっかりの動きが続きました。アジア株も全般的に小動きに終始。売買代金は前引け時点で1.2兆円台と低調。REIT指数も反落。


投資判断は「やや売り」に。ドル円が130円を回復し、しっかりの展開になっています。ドル安は一時の「ドルしか買えない」リスクオフの状況からの脱却を示しており、ヨーロッパや新興国も含めた全世界的な復調とも繋がっていて、その一環(アメリカ株以外の相対的優位性)で日本株も買われている感じです。ドルインデックスは100ポイントに近づいてきており、この辺りは節目としてまた意識されそうな感じはあります。
https://jp.tradingview.com/symbols/TVC-DXY/

一方、ドル安が足元でアメリカの輸入物価高に繋がっているという指摘もあり、確かにアメリカの景気減速やエネルギー価格の下落によりインフレは一定の沈静化を見せていますけれど、今後は「需要が無くても物価が上がる」というスタグフレーション懸念が次第に高まってくると見られます。その場合、FRBは引き続き高金利政策を続けないといけません。つまり利下げのタイミングが先延ばしになります。

となると、そのうちドル安牽制発言がアメリカ側から出てくる可能性があり、そうなった場合はまた立場の弱い日本は円高を受け入れないといけません。というより、むしろ嬉々として受け入れるという言い方が妥当にも思われます。実際、12月の日銀金融政策決定会合は政府の関与により、日銀の決定に圧力が加わったような示唆がありました。

「悪い円安」「円安は日本に害」というマスコミが声高に叫んだせいで、政府はこれ以上の円安を看過できなくなっています。皮肉なことに、円高に振れても内閣支持率は下がり続けているのですが・・・。ともかく、来週にも明らかになる次期総裁人事は、やはりタカ派色の強いものになってくるのでしょう。その場合、やはり日本株には売り圧力が強まってくるのだろうと思います。

チャート的に指数は12月日銀金融政策決定会合前の水準を回復しましたが、日経平均は昨年12/19の、TOPIXは12/2の急落でそれぞれ空けた窓を埋めに行く動き。その分戻りやすかったと言えます。先導役となっているのがTOPIXコア30で、こちらは11月の戻り高値に迫る動き。時価総額の大きなところの戻りが大きくなっています。
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0090

ただ11月の戻り高値どころか昨年8月以来の高値になっているのはドル建て日経平均。210ドルを回復してきました。アメリカでVIX指数が低下しているように、日経VIも低下し、それに合わせて底堅さも出ています。
https://nikkei225jp.com/data/dollar.php

しかし円建ての日経平均に関しては一応、私が戻りのメドとした27500円に到達してきたことで達成感もあります。

売られた銘柄に関しては、先日下方修正を出した日本電産(6594)は案の定売られましたが、電気機器や機械といった業種への売り波及は限定的でした。永守会長は説明会で「うちのモーターは各社が使っているから、うちがダメなら他もダメ」と不吉な発言をしていたようですが果たして。

本日も引け後に最新のものが出ますが、先々週末時点の信用倍率は前週4.9倍→4.7倍に低下。大きな変化はありませんが、市場が強含んだことで逆張り的な動きが出た模様。先週もこのまま需給が改善してくれているでしょうか。

先々週末時点の裁定残高は買い残4,162億円に対して売り残5,519億円で差し引き1,357億円の売り長。前週に比べて1,110億円減りました。この解消による買い戻しが先々週の日銀金融政策決定会合を受けて出た感じで、相場の押し上げに繋がった模様。

1月第3週の投資主体別売買動向では外国人投資家は現物を987億円の買い越し。先物は3,590億円の買い越しということで、日銀金融政策決定会合を受けた外国人投資家の買い意欲が見られました。この先物買いで急いでまとめて日本株を買った分を、足元個別株に振り分ける形で上昇したという感じなのでしょうか。なお、信託銀行は先週同様に1,200億円規模の売り越しで、それとほぼ同額を事業法人の自社株買いが吸収。

グロース市場に関しては外国人投資家は61億円の売り越しということで、個人的にはちょっと意外でした。足元のグロースの強さは個人投資家の頑張りなんですね(個人は85億円の買い越し)。


新興市場も「やや売り」に。本日の東証グロース市場指数は反落。ただグロースCore指数に関しては、ANYCOLOR(5032)が急反発したことでしっかり。売買代金は膨らんでおり、だいぶ熱を帯びています。本日もマザーズの売買代金は前引け段階で1154億円と活況で、この戻り高値圏で連日売買代金が膨らんでいます。


【ポートフォリオ銘柄】

北陸電力(9505)は続伸。昨日発表された決算は赤字拡大でしたが、アク抜け感から一時大幅高。昨日発表した中部電力(9502)が予想外の黒字転換上方修正したこともあり、電力株が業種別値上がりトップ。ここからの値上げ効果や、足元のエネルギー価格の落ち着きが収益好転期待感に繋がっています。


一蔵(6186)は続落。昨日はTOPIXウエイト低減銘柄のリバランスの日だったので、除外対象銘柄である同社は引けにかけて大きく売られた形。ただ中国が日本人へのビザ発給再開ということで、日中の緊張緩和からインバウンド関連に妙味が出てくると見られます。ただ、それはまずは決算を通過してから、ということでしょうか。


・・・と、また好き勝手書いていたら文字数制限にかかってきたので今回はこの辺で。いつも長々とした駄文をお読みいただき、誠にありがとうございます。


なお、上記内容は一部前日以前に既発の有料メルマガからの抜粋を含んでいます。


その他有料メルマガの成績は下記「じょうしょうダルマ」URLから確認の上、お申込ください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html


※株式投資は自己責任でお願いします。文中の内容は現時点で予測できる範囲で想定されたものであり、正確性や投資成果を保証するものではありません。

kunisawa at 12:25コメント(0)

2023年01月30日

ゲレンデが溶けるほど その2

前回の娘のスキー話の続きです。

お昼の時間になり、ロッジで昼食の時間となりましたしかしスキー場の食事って高いですね・・・カレーが1杯1000円とか、牛丼でも850円とかそれで味にこだわっているならわかりますけれど、小さなサイズでしかも味もレトルト感満載ご飯もごわごわそりゃまあ美食までは求めていないでしょうけれど、これでこの値段かー・・・となると、なかなか釈然としないものがあります

個人的には昔、長野のスキー場で食べたアイスクリーム乗せフレンチトーストがすごく美味しくして、しょっちゅう休憩して食べていた記憶があります美味しいところは美味しいはずですがジュースやお菓子なども、平地の2〜3割増しでインフレ更に加速まあ山の上だから仕方無いっちゃー仕方無いですけれど・・・

スキーもレンタルすると一日3500円かかり、リフト代も3000円前後かかります諸々で一日一人1万円は平気で飛んでいく金持ちのレジャーですね・・・

とか財布の中身ばかり気にしながら食事を済ませると、午後も娘のスキー教室の見学午後からはいよいよ緩やかな斜面を滑ってみることになりました子供の初心者向けということで、スキーの先にボーゲンヘルパーなるプラスチック製のパーツを付けます。誰でも簡単にボーゲンのハの字ができ、初心者でも簡単に滑れるようになる優れもの。今こんなのがあるんですね

というわけで、それを付けて滑れば鈍くさいうちの娘でも10mくらいは間も無く転ばずに滑られるようになりました(つづく)

kunisawa at 08:04コメント(0)

2023年01月29日

PCEデフレーターは無難に通過

★☆★☆【有料メルマガ】お申込受付中!!

「損を減らし、焦らず無理なく細かく儲ける」をコンセプトとした有料メルマガお申込受付中!
(注:ブログ本文で紹介している【ポートフォリオ銘柄】とは別のものです)

▼その他「じょうしょうダルマ」HPより有料メルマガの成績などご確認後、お申し込みください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html

1ヶ月当たり3,300円〜
(※春以降値上げを計画しています。現在であれば、旧料金体系でのご契約となります)

相場が続く限りチャンスは無限大!
是非一度お試しください。

※リスク・手数料などにつきましては以下の契約締結前交付書面を参照してください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/teiketumae.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経平均は金曜反発。前日のNYは10-12月期GDPが予想よりもやや良かったことや、Teslaの決算などが好感されて3指数揃って上昇。長期金利は3.51%と安定的。引け後に出たIntelの決算は市場予想を下回り、時間外では大きく売られました。

それらを受けた日経平均は朝方こそ買いが先行。ただ前日高値を上回れずに押し戻されてマイ転。その後中国株が始まったところで下げ止まり再度プラス圏に切り返しました。後場も閑散相場の中でヨコヨコ。またいつものパターンで前引け水準まで戻して引けました。売買代金は2.7兆円台と前日より膨らみました。REIT指数は1%を超える反発。


投資判断は「やや買い」。金曜のNYはPCEデフレーターが市場予想通りの着地だったことで安心感から3指数揃って上昇。決算を受けてIntelが大幅安だったことからSOX指数はマイナスでしたが、NASDAQが1%近い上昇でしっかり。VIX指数は18.5ポイントとまた今年の最低水準に。WTI原油先物は79ドル台に下落。それらを受けた日経平均先物は27410円となっています。

アメリカではブラックアウト期間の間隙にFRB御用達のウォールストリートジャーナルで、ニック・ティミラオス記者がまたアドバルーン記事を挙げたことが好感されました。「次回2月のFOMCでは利上げペースを緩やかにし(=0.25%に)、今春には利上げを停止する」という見方を提示。
https://www.wsj.com/articles/fed-sets-course-for-milder-interest-rate-rise-in-february-11674362567?mod=Searchresults_pos5&page=1

このブラックアウト期間にニック記者を使って市場にメッセージを送るやり口、実は昨年10/21にも行われました。当時は「FRBが12月会合でこれまでより小幅な利上げを検討する公算」とし、実際12月FOMCはそれまで続いた0.75%→0.5%に引き下がりました。

というわけで今回もかなり信憑性が高いわけですが、まあ元々市場コンセンサスでも次回は0.25%の利上げであるという確率が90%を超えていたので、サプライズを呼ぶ程の記事でも無かったはず。ただ確信が更に上塗りされたことが好感されたという言い方ができそうです。

アジア株はここでまた「リオープン」がキーワードになって資金が入ってくるような期待があります。中国は春節という中国人にとっての正月を前にコロナへの警戒感を高めていました。

この民族大移動シーズンが終われば(一旦は感染者数が増えて混乱する場面があるかも知れませんが)その軛から解放され、後はこれまでの経済環境に戻るのではないか・・・という(市場の勝手ながら)期待感があります。日本製鉄(5401)を始めとする鉄鋼株関連株が足元で強いのも、この中国のリオープンを口実にしている節が強いです。

一方、日本の方も新型コロナに関して5類への移行がほぼ確実なものになってきました。ここまでくると完全にコロナの感染動向が経済に与える影響は終わったと言い切れるでしょう。日本人にしてみれば公にマスクを外したり過剰で建前的な感染症対策が終わることを意味します。

実態的には既に旅行支援策などを実施して以前のような生活にほぼ戻ってきていますが、非居住者である外国人投資家がこのニュースに触れることで、ようやく日本にも本格的なリオープンが訪れたことを示してくれると思います。

またそうなってくると水際対策の必要性も薄れてくるため、本格的なインバウンド需要回復も期待できます。むしろこの「期待」の部分が先行する今のタイミングが最も株価には効きやすいとも言えます。実際に数字になってきたら失望に変わりやすいですから。

話題としては公表された12月日銀金融政策決定会合の議事要旨において「異例の中断」があったという話。今回の実質利上げの背景にはやはり政治的な関与があったことを匂わせるものでした。つまり金利正常化にベクトルを向けることが政府の意思であり、次期総裁もそれに沿った考えを示す人になりそうですね。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2023-01-23/ROWY9ZT0G1KW01

個別では水戸証券(8622)が今週上昇。配当水準を高い位置に置くことを示し、大きく買われました。この傾向は今年の「低PBR解消」という市場テーマの一端を示しているようにも思われます。つまり「アベノミクス」で行われたコーポレートガバナンスコード再来のような動き。今後こういった資本的な動きが出やすいと見られ、そういう意味でバリュー株にも買い妙味があることを示しています。


新興市場は「中立」。金曜の東証グロース市場指数は続落。今年に入ってからはCore銘柄の方が強調。ビジョナル(4194)やそーせいG(4565)といったところが買われ、ANYCOLOR(5032)の弱さを補っています。また閑散相場の幕間的にマイクロ波化学(9227)やELEMENTS(5246)といった値動きの良い銘柄に売買が集中したことで売買代金は活況です。


【ポートフォリオ銘柄】

トヨタ(7203)は反発。突然発表された社長交代によるご祝儀買いは軽微でした。ただこのタイミングで若手社長に交代するということは、生産回復に一定のメドが立ったと見られること、またEV化に向けた展開加速を期待する向きもあります。ここからの反撃に期待です。

北陸電力(9505)は続伸。既に決算を出した北海道電力(9509)が赤字幅拡大でアク抜け上昇。明日に決算を控え、売り方の買い戻しの動きが出ています。電力各社は相次いで値上げを打ち出しており、ここが陰の極であることは重々承知。ここからの巻き返しに期待が持たれます。


・・・と、また好き勝手書いていたら文字数制限にかかってきたので今回はこの辺で。いつも長々とした駄文をお読みいただき、誠にありがとうございます。


なお、上記内容は一部前日以前に既発の有料メルマガからの抜粋を含んでいます。


その他有料メルマガの成績は下記「じょうしょうダルマ」URLから確認の上、お申込ください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html


※株式投資は自己責任でお願いします。文中の内容は現時点で予測できる範囲で想定されたものであり、正確性や投資成果を保証するものではありません。


kunisawa at 22:19コメント(0)

2023年01月28日

ゲレンデが溶けるほど その1

先の連休で娘とスキーに行ってきました娘のスキー教室に付き合う傍ら、私も久しぶりにスキーをしようとというわけで地元富山の牛岳温泉スキー場に行きました9時〜15時まで、途中休憩を挟みながらトータル4時間くらいの教室ですが、3日連続ということで、新年早々なかなかハードスケジュールしかしその分、上達も早いのではないかと思われます

富山県はやはりそれなりに雪国なので、小学校でも(私の時は1、2回しかなかったですけれど)スキーの授業がありますそのうち県外に出て行けば「富山の人ならスキー得意でしょ?」と言われるのが「あるある」ですが、まあ確かに皆それなりに滑ることはできます。ただ学校の授業だけではさすがに時間が足りないので、小さいうちから慣れておいた方が良いかなと

総勢30名弱の生徒数で、インストラクターの方は4名。年長さん〜小学校4年生くらいまでの教室です。うちの娘は年長さんですが3月生まれで、このクラスの中では最年少。私の娘なので運動は得意な方では無いインドア派なのですが、一応「やってみたい」という本人の希望もあって参加しました。また同じ園のお友達が3人居るので、モチベーションも高まりやすいです

初日はまずスキーの履き方から始め、片足だけ履いて歩いてみる練習→逆側の足に履き替えてまた歩いてみる練習→次は両足で履いて歩き辛さの体験、というような段取り。個人的には色々と心配していましたが、さすがにこの段階では特に問題無くこなしています

特に問題のあるわけでもないですし、インストラクターの方も手慣れたもの。じゃあ私は一人でスキーでもしていよう・・・と思ったのですが、娘が「近くで見ていて」というので、結局他の親御さん達と一緒に見学していました(つづく)

kunisawa at 10:30コメント(0)

2023年01月26日

Teslaの決算は無難に通過

★☆★☆【有料メルマガ】お申込受付中!!

「損を減らし、焦らず無理なく細かく儲ける」をコンセプトとした有料メルマガお申込受付中!
(注:ブログ本文で紹介している【ポートフォリオ銘柄】とは別のものです)

▼その他「じょうしょうダルマ」HPより有料メルマガの成績などご確認後、お申し込みください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html

1ヶ月当たり3,300円〜
(※春以降値上げを計画しています。現在であれば、旧料金体系でのご契約となります)

相場が続く限りチャンスは無限大!
是非一度お試しください。

※リスク・手数料などにつきましては以下の契約締結前交付書面を参照してください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/teiketumae.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経平均は本日反落。前日のNYはMicrosoftの決算を受けて朝方こそ安く始まったものの、下値では買いが入り3指数それぞれ前日終値近辺で終了。長期金利は3.45%で横ばい。VIX指数は19.1ポイントに低下。WTI原油先物は80ドル台前半で横ばい。引け後に発表されたTeslaの決算は売上が市場予想を上回り時間外では買われました。

それらを受けた日経平均は朝方こそ買いが先行。いきなり27500円を回復しましたが、達成感も出てその後はドル円が129円手前まで円高が進むと同時にマイ転。香港市場の取引が再開されたこともあり、やや日本株から資金が分散された印象も。売買代金は11時時点で1.2兆円台とそこそこ。REIT指数は続落。


投資判断は「やや買い」。先週からNYダウとNASDAQの逆転現象が見られました。決算を受けてこれまで強かった銀行系が売られ、弱かったNASDAQ系が買われる流れ。昨年12/13には8月戻り高値を上回る程強かったNYダウですが、今年に入ってからは1.8%の上昇に止まり、NASDAQの8.1%に比べると大きく出遅れています。

GAFAM系で特にGoogleやTeslaが強かったことが牽引。お陰でアークイノベーションファンドも値を戻しつつあります。というわけで今年に入ってからは特に「物色対象の変化」がポイントになっています。市場全体にも資金がある程度入っているのは事実ですが、これまでの売り方の買い戻し中心、機関投資家のリバランス中心に株式市場内で資金が動いている色彩が強いです。

チャート的にNASDAQは昨年9月以降の上値抵抗線である100日線を、S&Pは200日線をそれぞれ今週明確に上抜けて終えられるかどうかがポイントです。FOMC前でFRB高官のコメントが出ないブラックアウト期間に入りましたし、今週は企業の決算でトレンドが決まる週になります。その場合、やはり昨年大きく売られたNASDAQ系が出尽くしの買いが出やすい環境にあると思います。

また逆転現象は日米の株価にも現れています。1/18の日銀金融政策決定会合以降、日本株は反発してきています。単に日本株が出遅れを取り戻すだけならばアメリカ株やヨーロッパ株が下落する必要は無いのですが、リバランスの動きが出るということは、一つキャリートレードの解消も背景にあるように思われます。

ただドル円は結果的に日銀金融政策決定会合後も水準を大きく変えていません。一時130円後半まで回復したものの、1円振り戻されて129円半ば。ドル安がまた進んだことで、結局日銀金融政策決定会合での円安ムーブは不発でしたが、一方でユーロ円では円安が進んだ形。そう考えると、為替の急変動による一定数のキャリートレード解消は確かにあったでしょうけれど、大きくは変化が無いのかも知れません。

原油に関してはドル安や限月交代の影響もあってしっかりですが、実はベイカーヒューズのシェール掘削リグ数が前週比10減少。昨年11月以来の低水準となっています。一時的なものかも知れませんから来週も確認しておく必要がありますが、中国の春節以降のリオープン期待もあり、現状原油市況は上昇しやすい環境にあるように思われます。
https://jp.investing.com/economic-calendar/baker-hughes-u.s.-rig-count-1652

ビットコインに関しては最近やたら強い動きが目立ちます。ここ2週間で30%の上昇となっていて、金価格の上昇と共にドル安、金利低下警戒の逃避資金が入ってきている感じ。FTXの破綻などありましたが、それでスッキリアク抜けした感じもありますね。
https://cc.minkabu.jp/pair/BTC_USDT

アメリカ経済に関してはISM非製造業景況感指数の50割れ以降、昨日のNY連銀製造業景況指数にせよ、予想以上に悪化しているものが目立ってリセッションやむなしの流れに見えます。

しかし最近のFRBのコメントを聞いていると、あたかも雇用環境が良いのが悪いことと言っているような感じに捉えられて「あなたたちの仕事は国民に幸せになってもらうことが最上段にあるんじゃないのか?」と思ったりします。どうも本筋を見失って本末転倒しているような。

先週は訪日外国人観光客数の発表があり、137万人増と2年ぶりの100万人超え。まだまだコロナ前には及ばず、特に中国人はほとんど入ってきていませんが(香港からはボチボチ来ていますけれど)、着実に復調してきています。
https://jp.reuters.com/article/jpn-foreign-visitors-idJPKBN2TX0DF

引け後にまた新しいものが出てきますが、1月第二週の投資主体別売買動向では外国人投資家が現物を1,705億円の買い。一方、先物は1,212億円の売り越しということで、一応上昇した週ではありましたが外国人買いは思ったより程々でした。他方、信託銀行が1,196億円の売り越しということで、また本格的に年金のリバランス売りが出て来ている感じ。なおグロース市場に関しては外国人投資家は25億円の売り越し。


新興市場は「中立」。本日の東証グロース市場指数は反落。特にグロース市場は主にCore指数が牽引する形で、Core指数の方は昨日終値ベースでの今年の高値となりました(ちなみにスタンダード指数も今年の高値)。ANYCOLORが海外POで売られた割には、ビジョナル(4194)やTKP(3479)、そーせい(4565)など他の銘柄で頑張った形です。


【ポートフォリオ銘柄】

ブロードメディア(4347)は続落。ただ昨日は1100円を回復する場面があり、今年の戻りは強い動きになっています。スタンダード市場は昨日まで7連騰と好調だったことも背景に。引き続き通信制高校の収益が安定しており、ここからアメリカが本当にリセッション入りするとしても、安定的な成長が期待できるところです。


巴川製紙所(3878)も反落。こちらもスタンダード市場が足元で好調だったこともあり、昨日から700円台回復。立会外分売後の高値を付けてきました。200日線が上値を押さえてくる日柄になってきましたが、足元で低PBR革命や東証の上場猶予期間に期限が決まったことなどで、これら超割安放置株は色々な株高施策などが出てくると思います。


・・・と、また好き勝手書いていたら文字数制限にかかってきたので今回はこの辺で。いつも長々とした駄文をお読みいただき、誠にありがとうございます。


なお、上記内容は一部前日以前に既発の有料メルマガからの抜粋を含んでいます。


その他有料メルマガの成績は下記「じょうしょうダルマ」URLから確認の上、お申込ください。
http://www.ric.hi-ho.ne.jp/joeshow/performance.html


※株式投資は自己責任でお願いします。文中の内容は現時点で予測できる範囲で想定されたものであり、正確性や投資成果を保証するものではありません。


kunisawa at 11:05コメント(0)
Profile

てけてけ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ