日々妄想 -書籍と家電の個人的記録-

一介のサラリーマンの日々の読書記録と家電レビューの覚え書きです。 文庫本を中心に、時々家電の衝動買い、さらにはへっぽこ登山まで?

Blurtoothスピーカーも一般的なものになった今日、昔のような高級機というのは減ってきているように思います。著名なスピーカーメーカーが高価格で出したり、BOSEは強気な値段設定のままですが他メーカーは特に持ち運び可能な機種については低価格路線を強めているように感じます。

今回取り上げるHarman Kardonもその一つではないでしょうか。バラマキに近い売り方をしたOnyxシリーズはともかくとして、比較的高価格帯を維持してきており、モバイルスピーカーでもあるHarman Kardon Esquire miniであっても1万円オーバーという値付けでした。しかしHarman Kardon Neoは方向転換したのでしょうか、実売でも8,000円以下と他社のモバイルスピーカーと同等か、やや高い部類に収まっています。これで音質や使い勝手が満足出来るものであれば、良い選択肢になるかも。それでは詳しく見ていきたいと思います。

公式ページ(Harman Kardon Neo)



第一印象は、(値段が)高そうに見えるなあ、というものでした。何と言っても金属の外装ですっきりと仕上げられた本体は、他社ライバル機のアウトドアを意識した外観とは全く異なり、どちらかと言えば屋内使用を考えた仕上げに見えます。ボタンで取り付けるストラップの品質も高く、強度感も良い。どことなくBang & OlufsenのBeoplayシリーズを思わせる出来栄えですね。但し、本体はやや大きめ、重め。重量は250g有り、感覚としてはBose Soundlink Microに近いかなあ、と。操作ボタンが小さいのはデザイン優先だから?

(レビュー デザインだけでノックアウト B&O Beoplay P2)
(レビュー 価格以外は完璧 Bose Soundlink Micro)

どちからといえばモダンな外観でありながら、機能性はトップクラスです。IPX7の防水性はもちろん、充電端子はUSB TypeCのキャップレス防止タイプ。AUX端子も備え、こちらもキャップレスとなっているのもライバル機に無い部分。連続再生時間は10時間とこのクラスの水準を確保しています。出力3W はこのクラスとしては弱めですが実使用上は問題無いでしょう。Esquire miniシリーズと同様のエコーキャンセリング機能を持ったマイクも内蔵。TWS(True Wireless Stereo)機能を持ちませんが、1台使いを前提とするならクラストップの使い勝手の良さと思います。

では試聴します。スピーカーユニットとしては40㎜フルレンジ+パッシブラジエターの組み合わせ。JBL CLIP3に近いですね。という訳もあるのでしょうか、音の傾向としてはJBL CLIP3に近い印象を持ちました。強い重低音は出ませんが、それなりに低音域を感じさせつつ、やはり中高音が気持ち良い。CLIP3と音の傾向の違いは、うーん、あまり感じないか。やや高音を強調しているように感じる? と思えないでもないですが誤差の範囲でしょう。個人的には好みのタイプです。

ライバル機との比較ではSony SRS-XB12との比較では低音域はXB12の完勝。中高音域はお好みでどうぞ、といった所です(XB12は中高音もそれなりに伸びますので音のレベルが高いため)。JBL CLIP3との比較は、完全に外観の好みで選べば、という感じです。実はコンポーネント共有していない?とも思えるくらいですので。価格帯が下のクラス(JBL Go2、Sony SRS-XB01)に対してはHarman Kardon Neoのほうが音質は確実に1ランク上ですね。Bose Soundlink Microに対してはBoseの独特の味付けを除けばHarman Kardon Neoは同等レベルの水準確保しているように感じます。

(レビュー 完全にコモディティ化したかな? JBL CLIP3)
(レビュー 低音番長にするには勿体無い Sony SRS-XB10)

こうして見てくると、Harman Kardon Neoは小型モノラルスピーカー、8,000円前後の価格帯の中でも大きな魅力を持った1台になってくるのではないでしょうか。外装は圧倒的に高級感が有り、機能性についても充電端子を中心にライバル機に対するアドバンテージが有る。音質についてもクラス相応のものを備えている。やや大振りで重い本体を許容出来るなら、非常に満足度の高い選択になると思います。ちょっと不安なのは、JBL CLIP4が似たような機能、構成で出てくるか、更にガラッと中身を変えて出てこないかという点でしょうかww。まあ現時点で購入出来ないもののことを考えても仕方無いですねww。

(Amazon) Harman Kardon Neo
(Amazon) Harman Kardon Esquire mini2
(Amazon) JBL CLIP3
(Amazon) Sony SRS-XB12
(Amazon) B&O Beoplay P2
(Amazon) Bose Soundlink Micro

Bluetoothスピーカーのメーカーを語る上で、Ankerを外すことはもはや出来なくなりましたね。オーディオメーカーでは有りませんが幅広いラインナップを持ち、モデルチェンジもしっかり行うことで品質面でも一定の水準に達していると思います。Ankerならではのコストパフォーマンスの良さも有り、有力な選択肢の1つと言えるでしょう。今回はAnkerのBluetoothスピーカーから小型機のAnker Soundcore Mini2を紹介したいと思います。



Anker Soundcore Mini2はAnkerのSoundcoreシリーズの中でも最も小型な機種であり、ちょうど手のひらサイズ。重量も200g前後と軽量です。価格としては4,000円前後とBluetoothスピーカーの中では最も安い価格帯です。ライバル機としてはSony SRS-XB01やJBL Go2が挙げられるでしょうか。

(レビュー 詰めが甘いけどお手軽に Sony SRS-XB01)
(レビュー 初めての1台にこれ JBL Go2)

しかしライバル機の違いは何と言っても多彩な機能と外観品質の良さが有ります。この2点だけは圧倒的だと思います。Sony SRS-XB01は音質面ではまずまずながらニッケル水素バッテリーの使用ややや安っぽい樹脂外装、JBL Go2は音質面のバランスの良さが光りますが低音域の弱さは否めません。また両機とも連続再生時間も短めです。

一方でAnker Soundcore Mini2は金属製の外装で高級感が有ります。連続再生時間も15時間と1ランク上の機種に肩を並べるほどです。IPX7の防水性を備えるのはライバル機と同等です。この価格帯でTWS(True Wireless Stereo)機能を備えるのは珍しいですね。AUX端子も備えています。機能的にはフル機能と言ってよいでしょう。惜しむらくは充電端子がMicroUSB端子であることでしょうか。USB TypeCであったなら死角無し、と言えたのですが。

肝心の音質は、このサイズの割に低音がしっかり協調されて良い感じです。Sony SRS-XB01と同レベル、SRS-XB12には負けるかな。JBL Go2よりは圧倒的に良く出ています。本体下方に向けて低音が出ますので、しっかりしたテーブル等に置いて再生すると良好な音質が得られると思います。一方で中高音はサイズなりの鳴り方、といった印象でした。SRS-XB01と比較ならXB01、SRS-XB12は圧倒的に良好です。JBL Go2との比較ではGo2のほうがバランス良く聞こえ、Go2に軍配が上がるかな。

こうして見てくるとAnker Soundcore Mini2は5,000円以下のクラスの中では頭一つ飛び出した外観品質と機能を持っており、特に低音の強さはクラストップの出来です。低音を強調した音作りが好きな人にとってはこの価格帯でベストの出来と言えると思います。一方で5,000円を超える価格帯の製品と比較すると音質面ではっきり差をつけられていることもあり、価格帯を超えた出来、とまで言えるものは無いと言えます。いずれにしてもこの価格帯の中でベストバイの1つに挙げることが出来ると思います。

※旧機種のSoundcore Miniも販売されており、2,500円と圧倒的に低価格ですが防水機能が無い等、差別化されています。Mini2のほうがおススメです。

(Amazon) Anker Soundcore Mini2
(Amazon) Sony SRS-XB01
(Amazon) Sony SRS-XB12
(Amazon) JBL Go2

人間、年を重ねる毎に自分の嗜好・好みがはっきりしてくると感じます。自分の場合、このブログの通りガジェット好きでは有りますが生活家電について言えば利便性や新機能には全く興味が無く、シンプルなものが好きであることが分かってきました。例えばアイロンであればコードレス不要、ただスチームのパワーが強くシワが取りやすいもの、等々。

掃除機が壊れました。電源を入れてもウンともスンとも言わなくなりました。うーん、買い替えですなあ。掃除機と言えばロボット掃除機、コードレスクリーナー等々色々選べるのですが、どうも興味が沸かない。。どうせなら一番安い、ただ掃除出来れば良いという機種を買ってみようか。という訳でアイリスオーヤマのクリーナーの中から最もシンプルで安価な機種(IC-S2)を購入、レビューしたいと思います。

アイリスオーヤマ  極細軽量スティッククリーナー アイリスオーヤマ IC-S2

IMG_2120

梱包は実にシンプル。掃除機の割に小型な梱包であることも良いですね。

IMG_2121

付属品等は基本、すきまノズルのみ。こちらもシンプル。基本はコードつきハンディクリーナーにスティッククリーナー用の取っ手が追加された感じです。取っ手を取り外せばハンディクリーナーとしても使用出来ます。

IMG_2122

掃除機のヘッドには自走クリーナーやブラシ等も無いシンプルなもの。メンテの手間が無く、ヘッドの故障が無いのは良いですが絨毯等には吸い込み性能的に不利かなあ。私は基本フローリングのみですので問題無しです。

IMG_2123

本体にはON/OFFのスイッチのみとシンプル。電源ONで吸えればそれで良いんですww。後はダストカップの取り外しレバーとスティック部の取り外しボタンのみ。説明書不要なレベル。

IMG_2124

IMG_2125

ごみはダストカップにたまる構造。実際にはフィルターにたまるという感じなので、フィルターにティッシュやキッチンタオル等巻いておくとごみ捨て、清掃が楽そう。いずれにしても掃除の度に都度メンテが必要。

IMG_2126

電源テーブルの巻取り機構も無し。ただ本体にグルグルと巻き付ける。ま、そんなに頻繁に作業しませんので特に不便さは感じません。本体が自立可能なのは良いです。

さて、実際に使用してみてなのですが、まあ掃除が出来るという点では特に不満無しです。ちょっと吸引力が低い気がしますが、安価なコードレス機よりは全然良い感じ。フローリングであれば充分です。本体が軽量ということもあり、スティック型ですが取り回しは非常に楽。あ、ダストカップの清掃は面倒。ここだけは紙パック式にすればと後悔ですが、そんなに大きな問題では無いです。1点後悔しているのは、ダストカップが吸引口(ヘッド)近くにあるという構造。ヘッド周辺のサイズが大きいですので、ベッド下などの隙間の清掃がしづらいです。ここだけは妥協せず、ノズル部が長く取り回しのしやすい機種を選べば良かったと感じています。

とは言っても、掃除をする、という点に絞れば必要充分。実は2年近く使用してのレビューになりますが、シンプルなだけ有って故障知らず、特に性能低下も有りません。安価な機種と割り切って使用する分には何ら問題無しです。うん、白物家電はシンプルが一番だなと改めて感じるのでした。

(Amazon) アイリスオーヤマ 極細軽量スティッククリーナー PIC-S2-S)

このページのトップヘ