日々妄想 -書籍と家電の個人的記録-

一介のサラリーマンの日々の読書記録と家電レビューの覚え書きです。 文庫本を中心に、時々家電の衝動買い、さらにはへっぽこ登山まで?

¥10,000台前半のBluetoothスピーカーで一番のオススメはやはりJBL FLIP3な訳ですが上位機種にJBL CHARGEシリーズがあります。従来までのCHARGEシリーズ(CHARGE2+)では基本的にFLIP同等の性能にUSB給電機能が追加された仕様でした。音の味付けはFLIPシリーズに比べて若干低音重視の傾向は有りましたが、大きな差は有りません。それでいて価格はFLIPシリーズに比べて高めですので、余計にFLIPシリーズのコスパの高さが際立つ結果となっていました。

一方でCHARGEシリーズには先行して新機能を搭載する傾向が強く、より最新の機能を使いたい人にはオススメだった訳でして。過去には防水機能の付与、側面の目に見えるパッシブラジエーター等々。そんなJBL CHARGEシリーズですが最新のJBL CHARGE3へとモデルチェンジしておりまして、こちらはパッと見新機構は搭載していように見えるのですが実際にはどうなのでしょうか。それでは詳しく見て行きたい思います。
まずの第一印象ですが、大きくなったなあ、というものでした。従来モデルも手に持つとFLIP3より一回り太く、持ち運びはツラそうだなあと感じていましたが…。もう車での持ち運びしか考え難いかなあというレベルにまで来ています。重量は800g。また従来からの特徴であった円柱形のチューブデザインに変更があり、両端を少し絞ったような形状になったこと、土台の高さが増したことで同じJBLの上位機種XTREMEに近い印象となりました。

連続再生時間は20時間と大型モデルらしく圧巻。更に防水性もIPX7と水中で使用しない限りほぼ安心なレベルにまで上がってあり、着実な進化が感じられます。全体の質感としては従来のJBLの文法に則ったツヤ消しのラバー加工された樹脂であり良好ですが、持った時の剛性感が相当上がっている感覚を持ちました。樹脂ボディなのですが金属フレームでも入っているような感覚です。

視聴してみます。FLIP3との比較です。なるほど、低音、高音共にFLIP3から1段上がっているな。スピーカーユニットが一回り大きくなっていることから想像はしていたのですが、全体的に余裕のある音で音圧も高めです。サイズアップで重低音強化か、と勝手に想像していましたがむしろ中高音の改善効果が出ていることは嬉しいです。よりJBLらしい音に近づいたかなあ。

ライバルとしてはBOSE Soundlink MiniⅡでしょうか。うーん、サイズも違うし音についてもあのBOSEサウンドが好きな人以外はCHARGE3の圧勝かなあ。世代が大分違いますしね。Sony SRS-XB3ではどうでしょうか。まあブーミーな低音はXB3ですが、トータルな音質ではCHARGE3ですね。Sonyであれば更に上位機種との比較になりそうです。

こうして見てみると、JBLの旧世代のデザインだったCHARGE2+を一心すると共に、FLIPシリーズからの差別化を図るために大型化、JBL内の序列としてXTREME>CHARGE>FLIPとハッキリさせる狙いがあるように見えます。確かにFLIPシリーズの上位ゾーン、実売¥20,000前後で戦うには音質アップは欠かせませんし、この価格帯であれば据え置きメインも考慮されるためサイズアップも有りでしょう。そういった意味では、もはや付加価値として高くないUSB給電機能は必要なのか?とも思う訳ですが、名前がCHARGEである以上難しいのでしょうね…。

(Amazon) JBL CHARGE3

侠飯3 怒濤の賄い篇 (文春文庫)
福澤 徹三
文藝春秋
2016-08-04



深夜ドラマになっている福澤徹三さんの人気シリーズ、侠飯の第3弾。今度はホンマもんのヤクザの組が舞台?。安定の面白さがありますので迷わず購入です。

半グレ集団の1人、渋川卓磨はヤクザ組長自宅を地上げせよと命令されたが、実は何と卓磨の祖父の家。祖父で渋川組の組長、渋川伊ノ吉は弱ってはいるものの昔気質の任侠。決してうんとは首を振らず、卓磨は見習いとして渋川組に住み込みで働く事に。そこに現れたのが柳刃と火野の例の2人組。1人1食300円以内決められている中で侠飯が炸裂する!!

いやあ、ストーリーはもう予定調和というか、3作目ともなるとプロットが固定化しちゃっており新鮮味は無くある意味水戸黄門的な流れであるのですが、舞台が本当の任侠である所が今回のミソ。任侠と言っても渋川組は暴力団指定すら受けられない弱小かつ、堅気には迷惑をかけない主義なのでまあ善良ww。柳刃が昔の任侠の流儀に則って渋川組に居候する流れがもう面白くって。今までで一番ツボにはまっている感じです。

そして相変わらずの美味そうな料理。今回一押しは鶏つくねピエンロー。ピエンローは妹尾河童さんのレシピで有名ですが、材料等に余分なものを入れてはいけない所がポイント。でも侠飯はアレンジしちゃうんですw。もうこの場面だけで福澤さん、分かってるなあとww。

まあストーリーは最後の一発逆転という流れは変わりませんし、ちょっとラブストーリーを絡めつつ、ダメ主人公が更生していく流れは変りませんので本作にサプライズを求めてはいけませんw。安心して読み進められる漢の料理小説であるとww。もちろんですが前作のキャラクターもちょっとだけ登場しますよ。

Bluetoothスピーカー、特に小型機の後継に悩んでいます。現在手元に残しているのはJBL Micro wirelessのみ。TDK Trek Microは音のバランスが良く、なおかつ防水・ステレオ化可能と使い勝手が良かったのですがニッケル水素電池のハンドリングの悪さはいかんともし難く、2台とも手放してしまいました。そのため手元に残ったのは3年以上前の機種のみ。音質的には不満は無いのですが、そろそろ新機種を、と物色を始めました。

 

まずは同じJBLから。CLIPが後継機、CLIP2となりました。これがもう小型機の最終形というか、これ買っときゃ間違い無いという仕上がりで非常に良かったのでここで紹介する次第です。もう少し価格がこ慣れれば買うしかないでしょう。では詳しく見ていきます。

ボディサイズはCLIPより一回り大きくなったのかな。JBL Micro Wirelessから続くデザインですが、質感等は最新のJBLシリーズにアップデートされておりかなり良好です。CLIPシリーズの特徴、カラビナはオレンジの金属製のものに変更です。色使いがオシャレですし、交換や取り外しも(強引に?)出来そうですので汎用性は高そうです。伝統のオーディオケーブル内蔵も健在。これ、高音質で使いたい時には意外に重宝しました。

CLIP2の目玉は、何と言っても防水性とパッシブラジエーターの搭載。防水性はIPX7とかなり高く何ら不満の出ないレベルだと思います。パッシブラジエーター搭載は、ようやくSony等のライバル機に追い付いたかな、という所。Bluetoothバージョンはver.4.2、TWSによる2台使用したステレオ化も搭載しており機能面で不足は有りません。伝統的に連続再生時間は短めですが、公称8時間は以前のモデルより伸びていますね。

では試聴してみます。おおっ、こりゃ良いわ!。小型のモノラル機ですので音質の絶対値はそれなりですし、解像度が高いとかも感じないのですがバランスが絶妙。過去の機種と比較し中高音抜けの良さは残しつつ、低音に厚みが増した印象です。無理に重低音を出していないことから実に自然な音質。もうこのサイズここまで出れば特に問題無いんじゃない?、という感じです。

いやあ、もうこれ買っておけばBluetoothスピーカー、特にアウトドアとか旅行に使用するような小型機は外れは無いですよ。それくらいまとまってはいるのですが、同時にBluetoothスピーカーの性能も行き着く所に来たなという感想を持ちました。もうこれ以上の性能の伸び代は少なそうだなあ、とも。防水、低音強化、ステレオ機能…。これに続く新機軸が生み出せていないねえ。そう言った意味では今買っておけば末長く使用出来そうでもあり、買い時なのかもしれないなあ…。

このページのトップヘ