日々妄想 -書籍と家電の個人的記録-

一介のサラリーマンの日々の読書記録と家電レビューの覚え書きです。 文庫本を中心に、時々家電の衝動買い、さらにはへっぽこ登山まで?

2014年11月




中国を始め周辺諸国が領有権を主張する南シナ海南沙諸島。海上にある石油掘削リグが何者かに攻撃されたことにより、中国軍が出動。利権を東南アジア諸国に取られるくらいなら中国と組んだほうが良いと判断した台湾中国連合に対し、国連は日本に事件処理を依頼、海上自衛隊が出動。武器商人の怪しげな行動の中、海上自衛隊と中国台湾連合軍の衝突の時が迫る…。


と、ここまで書くと近未来の仮想戦記もののように想像しますが(私自身も本文を読むまではそう思っていました!)、時は1990年代、原作が刊行されたのは1993年なのでした…。そうです、過去の近未来の仮想戦記なんですね。さらに言えば旧作のタイトル(南沙諸島作戦発令)って、子供の頃に読んでるし…。


いや〜、今読むと新鮮ですww。何と言っても中国海軍の戦力が無きに等しい設定です。台湾海軍にすら一蹴されるレベル。ですので設定上は海上自衛隊vs台湾海軍がメインとなります。対して海上自衛隊の戦力は、、、あれっ、あまり今と変わりませんね。原作当時から20年の歳月が経ち、現実世界の激動ぶりには目を見張るものが有りますね。


もちろん仮想戦記ですから、トンデモ兵器も登場しますww。でも、一部は現実に登場してきている機能なのかな?。こちらも時代を感じますね。


内容を細かく見て行くと、当時から絶大な力を持っていた米軍はどうした?、とか、十分なエアカバー無しに艦船だけで南シナ海まで海上自衛隊が進出するか?等、ツッコミどころは満載なのですが、そんなことはどうでも良いのです。作者もあとがきで触れているように、20年前の仮想戦記を今の時代に楽しむ、これは有る意味古典の世界なのです。過去を懐かしむも良し、当時の未来予想と現在との比較を楽しむも良し、そういった作品なのです


※現在は防水機能が付加されたCHARGE2+にマイナーチェンジしていますが、音の傾向は同じです。

Amazon) JBL CHARGE2+(ブラック) 

発売前から一部で話題となっていたJBL CHARGEのモデルチェンジ版、CHARGE2を試聴してきました。結論から言って、これは”買い!”です。発売直後ということでやや高価ですが、機能と音質を考慮すれば現在の価格でもコストパフォーマンスは決して悪くないと思います。もう少し時間が経って価格がこなれてくれば、理想の一台になるような気がします。それでは詳しく見ていきたいと思います。


外観上は従来モデルのCHARGEにほぼ準拠しており、好みの問題があるとは思いますがJBL FLIP2ほどにデザイン性は高くないと感じます。しかしCHARGE発売当初のグレー&ホワイトの配色から比べると多色展開されており、全身ブラックはかなりシックですし、逆にレッドは相当に派手に感じます。イチオシはブラックでしょうね。


表面にはツヤ消しの塗装が施されており、丁度JBL CLIPと同じ質感です。カラー展開も同じかな。手に持った感じは500mlの缶飲料よりも一回り大きく、重い印象です。従来モデルと比較してみましたが、殆ど同じか、わずかにサイズアップした感覚を持ちました(重量は540g)。


そして側面にもJBLのロゴが。そしてこの部分が本機種最大のポイント、パッシブラジエターになります。ドロンコーン(パッシブラジエターの音を出すスピーカー部のこと)が剥き出しに近い状態ですので、持ち運び時の破損が心配ですがこのロゴ部が硬いため保護面の役割を果たすのでしょう。

 


モバイルバッテリーとなる機能は従来通り。6,000mAhと容量十分ですし、これを活かして連続再生時間も12時間とクラストップレベルです。地味にBluetoothのバージョンもver2.1から ver3.0に変更となっていますし、最大出力も10wから15wへと増加、スピーカーユニット径も大口径化されており、大きく進化していることが伺えます。残念なのはキャリングケースが付属しなくなったことでしょうか。前述の側面のパッシブラジエターの問題がありますのでちょっと不安です。


試聴してみると…、うん、こりゃ前モデルとは別物です。一言で言えば、JBLらしい中高音のクリアさとキレの良さを残したまま、低音域の音の厚みをグッと増したものになります。もう個人的にはベストバランスの音です。


細かく聴いて行きますと、低音域はパッシブラジエターの効果が絶大で、ググッと低音の量感が増しています。ただし、BOSE SoundLINK MiniやSony X3のように重低音を強調した味付けではありません。重低音重視の方にはその点で物足りなく感じるかもしれませんが、私個人としては不自然さが少なく好印象です。量感はありますが、お腹にズンッと響くほどではなく、あくまで音の厚みを増すためといった感じでした。


面白いなあと思ったのは、パッシブラジエターの動作が目で見て分かることです。パッシブラジエターが働くと、側面のJBLロゴが振動します。低音が多く出ると振動も大きくなり、視覚効果もバツグンです。


対して中高音は、低音域が増加したことにより伸びが無くなるかなと予想していましたが、従来通りのキレの良さを保っていました。これは良いです。厳密には中音がやや少ないというか、やや引っ込んで聞こえてしまうのですがライバル機ほど露骨でないように思います。そのライバル機種と比較しますと、BOSE SoundLink miniとでは本体の質感で劣りますが価格と汎用性でCHARGE2が圧勝でしょう。Sony X3とでは、本体の質感はほぼ互角、音質面では好みの問題でほぼ互角、持ち運びではCHARGE2が優れているように思います。


こうして見ますと、JBLらしさを残したまま、このクラスのトレンドである重低音強化もきっちりと対応したバランスの良いモデルに仕上がっています。このクラスでは軽量であることもポイントが高いです。これはJBL FLIPから買い替える価値が有りそうです。現時点ではこのクラスのベストバイ、と断言できます。

(Amazon) JBL CHARGE2+(ブラック) 


(Amazon) JBL CHARGE2(ブラック)

(JBL公式サイト) JBL CHARGE2

さて、寒い季節がやって参りました。ガジェットヲタは夏場であればUSB扇風機を物色、なのですが冬場はUSB電源では中々厳しいものがあって…(USBブランケットは愛用している訳なのだがw)。


ts300-01
 


どうしても暖房能力=消費電力に比例する面が避けられないのですが、そんな中でも小型軽量の暖房器具を探すのが我々ガジェットヲタの使命ww、そんな中で本命じゃね?と思うのがこのTEKNOSモバイルセラミックヒーターTS-300/310/320なのです(品番の違いは色違い。写真のものはTS-300相当です)。

ts300-02
 


個人的な事情なのですが、私の実家の部屋には暖房器具が一切無く、冬場に帰省する際には都度暖房器具を何かしら用意する必要が有りました。とは言ってもあまり大掛かりな器具を持ち込む訳にもいかず、大抵USBブランケットかカイロを使用していました。それに対して本機は(セラミックヒーターとしては)異例の小ささで、カバンに入れての持ち運びも全く苦になりません(外形:幅110mm×奥行100mm×高さ148mm、重量530g)。


そして何と言っても安価です。大抵の場合、セラミックヒーターの中では最安値ではないでしょうか。まあ、デザインは野暮ったいのですがこの価格帯のものに多くを求めても仕方有りませんので。色違いのTS-320(オレンジ) のほうが良い感じかなあ、と思います。

ts300-04
 


また、使い方、機能は至ってシンプル!。電源ON/OFFボタンが有るのみです。下手に機構が無い分、故障にも強そうです。温風吹き出し口の方向調整も有りません。但し暖房器具ですので、転倒OFFスイッチがこの価格帯でも有るのは有難いです。


肝心の性能ですが、 消費電力300wですので暖房効果は限定的です。部屋全体を暖めるのはちょっと無理です。私の場合、普段は風呂上がりのヒートショックを避けるために脱衣所に本機を置いて使用しているのですが、 1.5畳ほどの脱衣所で20分くらい使用して、部屋の温度が2℃上昇するかな、といったところです。ただ、個人に向けて使用している限りでは充分な能力があると思います。ずっと温風に当たっているとやけどしそうになるくらいです。また、机の下に置いて使用すると熱が足元に篭ってかなり良い感じになります。ファンは小型のものが高速回転しますので、やや騒々しいと思います。

ts300-03
 


欠点もあります。まずは温風にビニールが焦げたようなニオイが有るということです(個体差が有るかもしれません)。使用しているうちに気にならなくなるのですが、駄目な人は全くダメな気がします。次にファンにフィルター等全く有りませんので、どうしてもホコリがファンに溜まってきてしまうという点も気になります。まあそうは言ってもとにかく安価ですから細かいことを言ってもしょうがないです。


本機の長所はとにかく小型であること。そして安価な割りにそこそこ実用的であることが挙げられると思います。この点に納得出来れば補助暖房器具としては優秀な1台になると思います。ニトリでもOEM品が購入出来ますね。

(Amazon) TEKNOS TS-300 (ホワイト)
(Amazon) TEKNOS TS-310 (グリーン)
(Amazon) TEKNOS TS-320 (オレンジ)

このページのトップヘ