brown01


ここ数年、電動歯ブラシを使用しています。歯並びが悪いため、手動でキレイに磨くのが難しいのと何よりも、あの電動歯ブラシを使った後の歯の表面のツルッと感がw一度使用すると忘れらなくなってしまったためです。

元々はオムロンの超音波歯ブラシの中級クラスを使用していました。歯や歯茎に軽く当てるだけでよい使用感は満足行くものでしたが、問題点は電池でした。内蔵の充電池は早くヘタるし(冬場は特に)、交換も不可ときている…。そのため、次は乾電池式のものを、とパナソニックのものを購入。しかし音波式の歯ブラシで乾電池式のものはどうも性能がイマイチで、歯の表面がツルツルになりにくい(通常の歯ブラシに近いプラッシングが必要)。そこで目をつけたのが、回転式の電動歯ブラシを発売しているブラウン。最も安価な乾電池式、オーラルB DB4510NEを購入しました。

(Amazon)  ブラウン 電動歯ブラシ オーラルB プラックコントロール DB4510NE

brown05
 

電源は単3乾電池2本。私はダイソーの100円充電池で運用していますが問題無く使用可能です。電池蓋の開閉がしづらいかな。根元を押さえて引っこ抜く方式で、結構固めです。まあそんなに頻繁に交換しないので問題にはなりません。

brown02


本体は乾電池2本仕様ということもあってかなりゴツいです。重量もあって、洗面台で立てておいても安定感バツグンですww。

brown03


ブラシ部は特徴的な円形のブラシ。意外に厚みがあり、口の中に入れると異物感が高いのですが、使い続けていくうちに慣れてくると思います。それでも口の中が小さい人には大きく感じるかも。

それではスイッチオン、使用してみます。おおっ、音はおおきめですね。そして独特の円運動を行うヘッド部が印象的です。歯を磨いてみます。おおっ、これは独特な…。超音波式のように、繊細で細部まで磨き上げている感覚は皆無です。なんと言うか、力技でゴリゴリと磨き上げていくというか…。超音波式に慣れた人には結構衝撃的かもしれません。

そんな訳で細部まで磨けるのかな、当初不安に思ったのですが、使用後確認するとキッチリ磨けています。歯の表面ももちろんツルツルですw。ああっ、こりゃ良いわ〜。この価格でここまで出来れば文句無いです。

最初は歯への攻撃性が強いかな、と思っていましたが、慣れてくると自分で自然と接圧を調整して磨くようになるので問題は無いと思います。便利だな、と思ったのはスタートから2分経つと振動モードが変わって時間を知らせてくれることです。この2分という時間、丁度口の中全体をくまなく磨くのに最適な時間で、よく分かっているなあという感じです。歯磨き粉のカス等がブラシの継ぎ目に溜まってしまうのは本機に限らず、まあこまめに掃除するしか無いですね。

brown06
 

そんな訳で特別な機能がある訳でも無いのですが、歯を磨く、という点だけ見れば充分すぎる性能を持つ本機種、価格も1,000円強で購入可能と驚異的で、電池の運用コストも激安と言うことが有りません。
と言いたいところなのですが、問題点は本体に匹敵する替ブラシの価格の高さ!。まあ互換品が安く売っているのでこちらを使用すれば良いのでしょうが…。ブラシの持ちは良いので、トータルで考えるとそんなにも高くないのかな。いやあ、これは良い買い物をしたなあ。

(Amazon)  ブラウン 電動歯ブラシ オーラルB プラックコントロール DB4510NE