Bluetoothスピーカー、特に小型機の後継に悩んでいます。現在手元に残しているのはJBL Micro wirelessのみ。TDK Trek Microは音のバランスが良く、なおかつ防水・ステレオ化可能と使い勝手が良かったのですがニッケル水素電池のハンドリングの悪さはいかんともし難く、2台とも手放してしまいました。そのため手元に残ったのは3年以上前の機種のみ。音質的には不満は無いのですが、そろそろ新機種を、と物色を始めました。

 

まずは同じJBLから。CLIPが後継機、CLIP2となりました。これがもう小型機の最終形というか、これ買っときゃ間違い無いという仕上がりで非常に良かったのでここで紹介する次第です。もう少し価格がこ慣れれば買うしかないでしょう。では詳しく見ていきます。

ボディサイズはCLIPより一回り大きくなったのかな。JBL Micro Wirelessから続くデザインですが、質感等は最新のJBLシリーズにアップデートされておりかなり良好です。CLIPシリーズの特徴、カラビナはオレンジの金属製のものに変更です。色使いがオシャレですし、交換や取り外しも(強引に?)出来そうですので汎用性は高そうです。伝統のオーディオケーブル内蔵も健在。これ、高音質で使いたい時には意外に重宝しました。

CLIP2の目玉は、何と言っても防水性とパッシブラジエーターの搭載。防水性はIPX7とかなり高く何ら不満の出ないレベルだと思います。パッシブラジエーター搭載は、ようやくSony等のライバル機に追い付いたかな、という所。Bluetoothバージョンはver.4.2、TWSによる2台使用したステレオ化も搭載しており機能面で不足は有りません。伝統的に連続再生時間は短めですが、公称8時間は以前のモデルより伸びていますね。

では試聴してみます。おおっ、こりゃ良いわ!。小型のモノラル機ですので音質の絶対値はそれなりですし、解像度が高いとかも感じないのですがバランスが絶妙。過去の機種と比較し中高音抜けの良さは残しつつ、低音に厚みが増した印象です。無理に重低音を出していないことから実に自然な音質。もうこのサイズここまで出れば特に問題無いんじゃない?、という感じです。

いやあ、もうこれ買っておけばBluetoothスピーカー、特にアウトドアとか旅行に使用するような小型機は外れは無いですよ。それくらいまとまってはいるのですが、同時にBluetoothスピーカーの性能も行き着く所に来たなという感想を持ちました。もうこれ以上の性能の伸び代は少なそうだなあ、とも。防水、低音強化、ステレオ機能…。これに続く新機軸が生み出せていないねえ。そう言った意味では今買っておけば末長く使用出来そうでもあり、買い時なのかもしれないなあ…。