高速道路で発生した交通事故。単なる交通事故かと思いきや、日本の核武装を計画したPCが何者かによって持ち去られる・・・。調査を命じられた防衛相の真名瀬。重工メーカー幹部、防衛相大物OBの関与が発覚する中、東シナ海尖閣諸島では海上自衛隊と中国海軍の衝突が発生し・・・。

いやあ、長編ですがあまりにリアル。日本の核武装論がリアル、というより核を持っているかもしれない、核を作る能力が有る、という疑心暗鬼のみで発生しうるパワーがリアル。まるでかの国と同じことを日本がもし行えば、という想定が怖すぎる。核物質の入手は別にして、日本の原子力技術があれば核爆弾の製造が可能となる可能性は非常に高いのは事実でしょう。もしかしたら我々の知らないところでこの物語のような事実が起きているかもしれない。そういった意味でも実にリアル。

ストーリー展開、長編なのに飽きさせない筆力、そして最後の落し所はさすがの高嶋哲夫さん。安定感がありその面では安心して読めました。もう序盤からこの本に外れは無いな、とw。脇を固めるのはっ米国留学時代の米中の友人。しかしいずれもそんなに政治中枢に近い所で働いている、という設定はなかなか苦しいですね。まあこの米中とのやりとり、あるいは恋人を介したジャーナリズムの関与が物語に厚みを加えているのは間違いないです。

核の是非、日本の核武装論については置いておいて、核っていうのは本当に不思議ですね。現代において核を使用すれば、その国・武装勢力は間違いなく壊滅に追いやられる。国同士の経済依存が高度に発達した現代において国同士の全面的な紛争は発生しずらく、まず核が使用される恐れは無い。それなのに核爆弾を開発している、あるいは持っているかもしれないというだけでこれほどまでに周囲に大きな影響を与えられるなんて。そういった意味では非常に費用対効果の高い軍事力なのかもしれないです。