JBLのBluetoothスピーカーの小型モノラルスピーカー機、JBL CLIP3のレビューです。現在ではJBL GOというボトムラインが出たためにJBLのエントリー機ながらギリギリJBLらしい音作りが、という特徴は薄れてきたかなあと思いますが相変わらず小型モノラル機ではイチ押しであることには変わりないです。

一方でここ数年でライバル機、特にAnker等の新興メーカーのBluetoothスピーカーもレベルアップしており、価格の割に大きな機能差を見出しにくくなっているのも事実。以前のような唯一無比、ということはなく価格に納得出来れば買い、という表現になるのでしょうか。それでは詳しく見ていきたいと思います。



JBL CLIP3はJBL Micro Wirelessから続くモノラルスピーカー1基の小型モデルです。伝統的にフックやカラビナを内蔵しており、様々な場所に引掛けてカジュアルに使うという姿を想定しているようです。

そのフックはモデル世代によって様々。前作CLIP2では一般的なカラビナでしたが本作ではビルトインタイプに変更となりました。比較的大型のタイプであり、シリコンゴムでの保護もされていることからフックを多用する人にとっては大きな改善だと思いますが、一方で折り畳みや取り外しが出来ないことからフックを使わない人には邪魔に感じるかもしれません。

サイズ感、質感は前作CLIP2から大きく変化は無いように思います。大きくて使いやすい操作スイッチがスピーカー前面に移動したのは良いですね。重量は220g。大分重くなってきたようにも感じますがまあライバル機も重くなって来ていますから仕方無いのでしょう。

仕様としては小型モノラル機として全部入り。IPX7の防水性、小型ながら40mmフルレンジスピーカーとFLIPシリーズと変わらないサイズのスピーカーユニットを搭載しなおかつパッシブラジエターを搭載し重低音を確保。連続再生時間が公称10時間と伸びていますね。仕様としては死角無しです。

では試聴してみます。うん、JBL CLIPシリーズだねえ、という音です。個人的には好みの音です。基本は良く伸びる中高音が心地良い。人によっては低音少ないのでは?と感じるかもしれませんが、低音も何とか頑張って出している印象。この控えめな低音が更に中高音を引き立てる感じはCLIPシリーズならではだと思います。BOSEやSonyの重低音強化モデルとは方向性が違いますが、オールマイティなのはJBL CLIPシリーズのように思います。



あまり書くこと無くなってきましたねw。まあ機能や音に殆ど不満は無い訳で、初めて小型Bluetoothスピーカーを買う人にとってはおススメでしょう。しかし買い替えを検討、という人にとってはワクワク感は低いかもしれません。CLIP2が安価に売っていればそちらのほうがおススメです。順当ではありますが目新しさは無い、かと。そういった意味ではAnkerあたりの安価な機種でも十分だったりします。Bluetoothスピーカーが世の中に広まって数年、当初は物凄い勢いで性能が向上していきましたがここ最近では進化のスピードがぐっと落ちたというか、コモデティ化著しいですね。まあスピーカーって音作りは基本アナログの世界ですので仕方無いことですね。本機に限って言えばJBLのブランドイメージであるクリアな中高音、これを大事に守ってっ差別化を図れているのは強みになるでしょうね。

(Amazon) JBL CLIP3
(Amazon) BOSE SouldlinkMicro

(レビュー) 小型機の最終形 JBL CLIP2