日々妄想 -書籍と家電の個人的記録-

一介のサラリーマンの日々の読書記録と家電レビューの覚え書きです。 文庫本を中心に、時々家電の衝動買い、さらにはへっぽこ登山まで?

カテゴリ:著者別(さ行)

恋するあずさ号 (実業之日本社文庫)
坂井 希久子
実業之日本社
2015-04-04



名前が同じだというだけで新宿駅から夜8時発の特急あずさに飛び乗った介護士の梓。何も無い諏訪湖畔で自殺志願者に間違われ、連れて来られたのは高遠町の民宿。のんびりとした田舎に癒されつつも、東京に戻れば介護の仕事にあまり望まない恋人との結婚話…。東京と高遠を往復するにつれ、梓を救ってくれた陶芸家の桂に心惹かれていくが…。

一言では言い表せない本作ですが、筆者は題材についてよく調べ上げて書いているよなあというのがよく伝わってきます。桜の名所である長野県旧高遠町(現伊那市)の風景や季節毎の空気感、訪問介護という仕事の内容や働いている人、家族の心情。これらの描写が物語へと没頭していく良い脇役となっています。

しかし何と言っても本作最大の見所はこの頼りない、どこか抜けている主人公の梓でしょう。小学生からお婆ちゃんまで自然と友達になってしまう子供っぽさ、ここで?、と登場人物に言わしめる泣き虫ポイントの外れっぷり…。題名の通り、一応はラブストーリーではあるのですが、もうどちらかと言えば梓の抜けっぷりのほうを楽しんでしまうくらいで。

この抜けているという感覚、筆者はポイントにしているようで、良い記述があったので紹介します。"人は誰でも頼りない、抜けている部分があって、だからこそ他人を必要とし、抜けている部分にはまる人が相性が良いということだと思う"。うーむ、深いですね。

しかしいよいよ恋人と婚約か、という日に梓はやらかしてしまいます。その後は桂ともギクシャクし始め、とようやくラブストーリーに復帰、ラストを迎えます。そして文庫本に追記されたというエピローグで、幸せな結末を予感させてくれ、ある意味梓の保護者的感覚で読んでいた私はホッとしたものですw。

いや、しかしこれ読むと田舎に住みたくなっちゃうよね、上手いよねえ、書き方が。えっ、今でも充分田舎に住んでるんだけどww。

枕女優 (河出文庫)枕女優 (河出文庫)
著者:新堂 冬樹
出版:河出書房新社
(2010-06-04)



枕女優。役を獲得するために監督、プロデューサー等に性的接待を行う女優のこと。本作の主人公、鳥居水香が入った芸能プロダクションでは組織的に枕営業が行われていた…。水香も芸能界で有名になるために枕営業を行い、そしてトップ女優へと登りつめていく…。

タイトルからして刺激的な本作品、枕営業や芸能界の生々しい描写もさることながら、最も印象に残ったのは役作りに没頭していき、常に女優・鳥居水香に成り切ってゆく鈴木弘子(鳥居水香の本名)の精神が崩壊していく点でした。女優になるためには、全てを捨てなければならない、全てを捨て、常に女優を演じ続けられるものだけが生き残れる世界…。そして弘子は最終的には…。

どちらかと言えば下世話な内容かな、と読み始めた本作ですが、最終的には細かい心理描写に圧倒されました。新堂冬樹という作家は、"忘れ雪"のような純愛作品と、"悪の華"のような芸能・風俗界のエンターテイメント作品に大きく分かれるように思います。私個人では、前者の作風のものについて好んで読んでおり、後者の作風については今回初めて読んだのですが、高いエンターテイメント性に加えて、純愛路線に見られるようなきっちりとした心理描写も加わってかなり魅力的に感じました。これは別作品も読んでみなければ。

不思議列車がアジアを走る (双葉文庫)不思議列車がアジアを走る (双葉文庫) 
著者:下川 裕治
出版:双葉社
(2013-04-11)


貧乏旅ルポの得意な筆者がアジアの特徴あるローカル列車に乗車した様子を写真付きで紹介したweb連載を書籍にまとめたものです。取材日時が2011〜2013年と最近であるため比較的新しいアジアローカル列車事情がわかります。ただし成長著しいアジア各国、特徴あるローカル列車は減少傾向でいわゆる"濃い"列車旅を期待してしまうとちょっと期待外れです。

また最近ではブログ等でかなり"濃い"旅行記も読むことが出来ますので、情報源としてこの種の書籍の価値は下がりつつあると感じています。そんな中で、本書を読んで良かったなと感じた点は、長年アジア他貧乏旅をしてきた筆者が感じたアジアの変化をきっちりと記述している点です。

例えば中国ウイグル自治区の列車に乗車した際の"漢民族"と"ウイグル人"の違い、そして不気味なバブルの光景…。単純にボロ列車に乗ってお尻が痛いだの書いている訳ではありません。ここがブログ等との違い、書籍ならではの価値があるように思います。

筆者の作品は10年前くらいに"12万円で世界を旅する"を読んだのが最初で、当時はディープな情報そのものが面白く価値があるように感じましたが、年月を経て筆者の作風も徐々に変わってきているのかな?と思いました。個人的には年齢を重ねた筆者らしい、そして時代の変化に合った好ましい変化だと思います。

ここからは個人的な話です。私は昔いわゆる"鉄ヲタ"だったこともあって、鉄道に関する思い入れはかなりのものです(今は隠れヲタ、くらいですw)。

海外の列車についても、仕事で出かけた折に暇を見つけては可能な限りのるようにしています(本書に出てきた路線についても乗車したことがあったりします)。

仕事の関係からある程度の期間現地に滞在することが多く、それなりにディープな生活を送ることも多いのですが、趣味的におもしろいのは鉄道よりバスだと感じます。そんなバスも近年は綺麗になってだんだんつまらなくなって…って年寄りの愚痴ですねw。

筆者の作品にバスに関するものがたくさんありますので、本書に興味持たれた方はぜひ他の作品も読んでみるとさらに"濃い"世界が待っていると思います。

このページのトップヘ