日々妄想 -書籍と家電の個人的記録-

一介のサラリーマンの日々の読書記録と家電レビューの覚え書きです。 文庫本を中心に、時々家電の衝動買い、さらにはへっぽこ登山まで?

カテゴリ:著者別(や・わ行)




主人公は護衛艦「ふぶき」の艦長となった結城武。その着任から離艦までを、習熟訓練、艦隊訓練、遭難救助、ドイツ海軍を迎えるホストシップ任務等々、各イベントを通して艦長任務とは何かを描いた作品です。

「ふぶき」という護衛艦は実際には存在しないのでしょうが、作中には「ゆき型護衛艦」とありますので、いわゆる「はつゆき型護衛艦」が舞台となっているようですね。この「はつゆき型護衛艦」、現在では退役が進みつつあるようですが、作中では最新鋭のシステム艦として描かれていますので、年代としては1980年代半ばくらいと推測されます。

このシステム艦という言葉、本作のキーワードになります。ちょっとウィキペディアから流用致しますと、この「はつゆき型護衛艦」、「本型は海上自衛隊のワークホースとして初めてセンサー・武器を戦術情報処理装置と連接し、戦闘システムを構築したシステム艦とされており、極めてエポックメイキングな艦である。」とのことで、簡単に言ってしまえば戦闘の主役が艦長の存在する艦橋から戦闘指揮室へと移ってしまっているということのようです。

本作でも、シーマンシップの基本である操艦などにこだわる艦長に対し、それに反発する副長の姿などが描かれており、新世代vs旧世代の対立、といった要素も冒頭には見て取れる場面が出てきます。それに対し艦長である武は、愚直に任務を遂行し、艦を纏め上げる、というのが全体の大きなあらすじになるかと思います。

そうです、舞台が1980年代ともなると、この世界ではもはや古典の話になるかと思うのですが、いかにコンピュータ化、システム化しようとも船は船、いったん海に出てしまえば艦長が全ての指揮と責任を持って任務を遂行するという、古来からのシーマンシップは不変なのです。いかにハイテク化しようとも、操作を行うのは所詮は人。その人材の大切さを示唆している本書は、決して古典では無く現代においても普遍的に通用する内容なのではないでしょうか。

こんな風に感じることが出来たのも、筆者の抑揚の効いた、しかし詳細で臨場感あふれる文体のおかげであるように思います。さすがに元艦長だけあって、感情に流されること無く、正確無比に文章をつづり、その上で人間味溢れる人柄まで行間ににじみ出ている、そんな印象を持ちました。さすが艦をまとめあげただけの人ですよね、と思わず感服です。

そしてそれは決して退屈な記録、というものではありません。初めて乗艦した際の不安、顔見知りに出会った安堵、艦長として徐々に自信をつけていく様子、これら喜怒哀楽を決して勢いで描写しているのではなく、言葉を吟味して使用しているのが読んでいるこちらにも伝わってくる点にも好感を持ちました。

筆者の作品は、ほかにも時系列的に2作品あるようですので、こちらも機会があればぜひ読んでみたいと思いました。






半ばニートであった筆者が一念発起、リヤカーにてユーラシア大陸を横断する予定が、最終的には4年半かけて世界を一周した記録。


私はこの種の紀行ものが結構好きで、大当たりはあまり無いのですが大外れも無いと感じていますので移動中の時間潰しによく読んだりしています。ただ最近ではブログ等で、かなりディープな海外B級グルメ等の情報が得られますし、世界一周ものなんかもありますので、書籍ならではの何かが有るのか? という視点で読むことが多いかなと思います。


この種の本の内容の定番と言えば、現地の人との交流、出会った旅人の話、変わった食事、パンク・盗難等のトラブルといった所でしょうか。本書もこの内容から大きく逸脱していることはありませんw。この辺りが大外れが無いと言える所以かもしれませんね。


一方で、特別面白いとか、感動したということは有りませんでした。世界一周したことはすごいと素直に思いますが、内容が総花的でいまいちうまくまとめ切れて無い印象を持ちました。特に後半、アメリカ大陸とオーストラリア大陸の項はほぼ不要なのでは?と感じてしまいました。題材が非常に良かっただけに惜しい気がします。


一方で前半のユーラシア大陸部分は読み応えがありました。初めての中国でお正月を一緒に過ごした家族の話、凍傷にかかり指を切断するかも、となった時の心の葛藤。いずれもある程度まとまった長い文章であるからこそ伝わってくるものがありました。それだけに後半、やや急ぎ足で進行していったのには不満が残りました。ポイント毎での最も印象に残った点をもっと深く掘り下げて記述してもらったほうが良かったのではと思います。


そんな訳で、冒頭で述べた通り本書も大当たりではないが、大外れでは無い、といった感想です。まあ、自分も同じことをやれ、と言われれば当然出来ない訳で、素直に世界一周を達成したことには素直に賞賛出来ますが、読み物として考えると?と思う点が多かったです。






時代は2016年。中国軍の南沙諸島の占領計画を発端として、日本・韓国・ベトナム・インドの4カ国が"沿岸同盟"を結成。長年の軍事力による恫喝に対抗し、石油備蓄の枯渇による経済崩壊を狙い石油タンカーを潜水艦により攻撃する通商戦を展開する。これに対抗する中国軍、そして日本・韓国という安保条約を抱え参戦の危機にあるアメリカの出方は…。


いわゆるトム・クランシーに代表される軍事スリラーものですね。ラリー・ボンド氏といえば、"ヨーロッパ最終戦争"に代表されるような長大で重厚な作品が印象に残る、軍事スリラー界の重鎮ですね。私も子供の頃読みました。しかし時代は変わり、東西冷戦の対決が題材の定番だったのが中国対アメリカへ変わり、そして中国対アジア諸国へとなるとは…、時代は変わったものです…。


今回の主役は潜水艦です。潜水艦ものの名作と言えば、"レッドオクトーバーを追え"な訳ですが、本作はあのような潜水艦同士の息詰まる攻防のようなものは描かれていません。あえて言えば、双方の戦いを監視、時には妨害するアメリカ軍の潜水艦の戦いが見所かと思います。総じて、大規模な軍事衝突は国際社会からの批判が高まる現代において、海の中で隠密に展開し、有効的に相手に打撃を与える潜水艦戦がきっちりと描かれており、読み応えがあります。たった数隻の潜水艦が大きな流れを作る、まさに現代の海戦の影の主役であることを強く認識させられます。また最新の作品らしく、潜水艦も最新型が登場し、また対弾道ミサイル防衛(BMD)による防衛も描かれるなど、新しい発想も多く織り込まれていると思います。


そしてこれも最近のトレンドなのでしょうか、アメリカは積極的に関与しようとしません。大規模紛争に発展するのを極力避けようとします。あ、不変なものもあります。最後は結局アメリカがおいしい所を全部かっさらっていくということですww。アメリカ万歳!、これだけは永遠に不滅なのですww、って言い過ぎでしょうか。内容については最後まで読んでのお楽しみということで。


それにしてもこの種の軍事スリラーもの、文庫なにに価格の高騰は何とかならないものなのでしょうか…。本作は上下巻のみですからまだ良いのですが、これが複数巻ともなるとちょっと手が出ないことも多く、高い→手が出ない→購入者が減る→ますます価格が上がる という悪循環に陥っているような気がしてなりません。

このページのトップヘ