日々妄想 -書籍と家電の個人的記録-

一介のサラリーマンの日々の読書記録と家電レビューの覚え書きです。 文庫本を中心に、時々家電の衝動買い、さらにはへっぽこ登山まで?

カテゴリ:書評(ルポ)




東京都豊島区ですら消滅可能性都市(2040年に若年女性人口が半減する)に挙げられて話題となった本書(増田レポート)、賛否両論あるのは知っていましたがどう見ても消滅するであろうど田舎に住む身分としてはww読まない訳に行かないであろうと今更ながら読んでみました。いや、これかなり衝撃的であるとともに、私が肌で感じている地方の現実にかなり近いものを感じました。

実は私は大都市圏からクソがつくほどの田舎に引っ越して10年程度経ちます。途中、東京等に引っ越してはいるのですが基本は田舎住まいです。ある時、興味があって自分の住む街の人口分布を調べてみて、今までに見たことの無い人口分布図を見て驚いたことがありました。18歳を境に、人口がグッと減るんですね。特に女性が顕著で、これが18歳以下の水準に戻るには、40歳以上なんですよね。こんな若年世代だけいない街なんて有り得るのか!、と落胆した記憶があります(何故に落胆?)。

理由は簡単で、本書で述べられている通り、雇用が無いんですよね。雇用が無いから(特に女性)、大都市圏へ向かう。そして生活環境の厳しさから未婚化が進む、と。少子化対策というと、すぐに子育て支援、移民受け入れ、という話になりがちですが本書では一番の原因は未婚化、そして地方の生活環境が悪化していることと明言しています。そして東京への一極集中は更なる少子化を招くだけであると。私自身は、東京等の大都市に人口を集中させたほうが良いと考えていただけにこの点はちょっと意外でした。

そして地方では既に高齢者の減少すら始まっている事実(介護/福祉の雇用ですら失われつつあるという事実、年金総支給額も減少し、地方経済が縮小していくという事実)、そして東京ですらも後追いで同様の事象に見舞われるという予測、これらは結構強烈です。本書で印象的だったのは、出生率では少子化は語れないということ、大事なのは子供の総数であるということ、実に的を得ています。

もちろん、少子化に対する対応策も述べているのですが、語弊を招くような言い方をするとある水準以下の地方は切り捨てに近い状態とし、拠点都市までおいて人口流出を食い止めるという案、これももう日本はここまで追い込まれているのだなあ、と感じずにはいられません。

そして、切り捨てられる地方に住んでいる身としては、もう手遅れなんだろうなあとも感じずにはいられません。ボリュームゾーンであった第3次ベビーブーム世代は徐々に結婚出産適齢期を外れ始め、団塊の世代もここ数年で消費を減らしていくのは目に見えています。この10年で地方に増えたものは…、葬儀場とコンビニかなあ。両者ともにここ5年は頭打ちで、コンビニは数を減らしつつあるし。娯楽系は壊滅的ですね。ボウリング場は潰れ、カラオケも半減に近いし、パチンコも大手資本以外は全滅。これが現実です。なのに巨額を投じて新しいバイパス道路を建設していたりするし…。本書では、特色ある地方の産業活性化例を示しているけれど、大多数の地方都市にはそのような力があるとも思えないし…。

ホント、地方の雇用ってびっくりするくらい厳しいですよ。安月給とはいえ、東京基準で給与が支払われる企業の製造拠点で働いていますからまあまあな訳なのですが、現場のおばさんなんかに話を聞くと、旦那より給料が高いのは当たり前なんですよね。旦那の給料いくらなんだよ、とツッコミたくなる訳でして。ホント、公務員と年金生活者くらいしかお金を持っていないわけですよ、地方なんて。

とまあ、愚痴りたくなるくらい本書のデータは衝撃的で残酷なのです。少なくとも本書を手に取って、巻末にある全国の市町村の将来人口予測で自分の馴染みのある街の項目だけでも読んでほしいです。今後の選挙における投票基準等すらも変わりそう、それくらい自分にとって本書はインパクトがありました。






半ばニートであった筆者が一念発起、リヤカーにてユーラシア大陸を横断する予定が、最終的には4年半かけて世界を一周した記録。


私はこの種の紀行ものが結構好きで、大当たりはあまり無いのですが大外れも無いと感じていますので移動中の時間潰しによく読んだりしています。ただ最近ではブログ等で、かなりディープな海外B級グルメ等の情報が得られますし、世界一周ものなんかもありますので、書籍ならではの何かが有るのか? という視点で読むことが多いかなと思います。


この種の本の内容の定番と言えば、現地の人との交流、出会った旅人の話、変わった食事、パンク・盗難等のトラブルといった所でしょうか。本書もこの内容から大きく逸脱していることはありませんw。この辺りが大外れが無いと言える所以かもしれませんね。


一方で、特別面白いとか、感動したということは有りませんでした。世界一周したことはすごいと素直に思いますが、内容が総花的でいまいちうまくまとめ切れて無い印象を持ちました。特に後半、アメリカ大陸とオーストラリア大陸の項はほぼ不要なのでは?と感じてしまいました。題材が非常に良かっただけに惜しい気がします。


一方で前半のユーラシア大陸部分は読み応えがありました。初めての中国でお正月を一緒に過ごした家族の話、凍傷にかかり指を切断するかも、となった時の心の葛藤。いずれもある程度まとまった長い文章であるからこそ伝わってくるものがありました。それだけに後半、やや急ぎ足で進行していったのには不満が残りました。ポイント毎での最も印象に残った点をもっと深く掘り下げて記述してもらったほうが良かったのではと思います。


そんな訳で、冒頭で述べた通り本書も大当たりではないが、大外れでは無い、といった感想です。まあ、自分も同じことをやれ、と言われれば当然出来ない訳で、素直に世界一周を達成したことには素直に賞賛出来ますが、読み物として考えると?と思う点が多かったです。


東日本大震災に派遣された自衛隊、DMAT(災害派遣医療チーム)、国土交通省等。今まであまり報道に表れることのなかった災害派遣チームに焦点をあてたルポです。自衛隊等のレポートは見かけますが、国土交通省、DMATといった人々の記録を読めるのは貴重で白眉だと思います。


最初は福島原発に派遣された自衛隊のレポートです。こちらは本書に限ったレポートではないと思いますが、現場の戸惑い・決死の決意と指揮官の葛藤がうまく描かれており、思わず引き込まれてしまいます。中でも印象に残ったのが、原発に突入する際に、指揮官が自ら先頭を切って進んでいくシーンです。本来、指揮官は極力最後まで生存を図り大局を見るべきものであり…。一方で部隊の士気を考えるとそれもありで…。相当悩まれたでしょうね。日本の伝統でしょうか、現場レベルの指揮官の使命感の強さと優秀さは。


また、東京電力との意思疎通の悪さも露呈していきます。放水すべき場所の指示が、写真1枚でこの辺り、と示されたのみ…。もちろん東京電力側も、重要免震棟の現場レベルではとんでもない頑張りを見せていたのは周知のことであり、東電=悪という訳では無いと思います。やはり全体の指揮の問題と、全てをコーディネートする人材の欠如していたことが根本的な原因と改めて考えさせられるものがありました。


そして事態がヤマを越えた後も待機しつづけた、最悪の事態に決死の覚悟で投入し現場人員を救出する部隊の存在。まさの自衛隊=国を守る最後の砦であることを強く印象付けられます。


次に、個人的には本書のメインと言っても過言では無いと思う、国土交通省東北地方整備局のレポートです。こちらでは当時の国土交通相の下、損壊した道路を復旧させるのではなく、被災地へのルート確保を第一とした"啓開"を目指して奮闘していきます。少し驚いたのが、想定される災害に対して一瞬でモードを切り替えられる対策室があったことです。これまであまり取り上げられる機会は無かったのでしょうが、やるべきことはきっちりと備えていたんだな、と感じました。


しかし今回の災害は想定した規模をはるかに超えたものでした。整備局長は冒頭の通り道路の啓開を最優先に進めます。そしてそれに応えた現地の事務所。そして自主的に駆けつけた地元の建設業者たち。それぞれが強い使命感を持って復旧作業にあたる姿には感動すら覚えました。


そしてこれらは今まであまり表に出ることの無かった活動であり、現地では行政、各企業等がこうした行動を、今も大きく語られることなく行っていたのだなあということを改めて考えさせられます。


同時に、もし自分の身の回りに同様の事態が起こった時、同じような行動が取れるのだろうか、と自問自答せざるを得ませんでした。東日本大震災から3年、改めて震災を見つめ直し、自分自身の備えも再考する良い機会になったように思います。


もちろん、ここまで引き込まれる内容となっているのは題材もさることならが筆者の確かな取材と確かな表現力によるところも大きく、オススメ出来る1冊だと思います

このページのトップヘ