日々妄想 -書籍と家電の個人的記録-

一介のサラリーマンの日々の読書記録と家電レビューの覚え書きです。 文庫本を中心に、時々家電の衝動買い、さらにはへっぽこ登山まで?

カテゴリ:レビュー(家電)

Amazon Echoのレビュー4回目、今回は使い勝手編についてです。

先に結論を言ってしまうと、Amazon Echoならでは、という機能は現時点では少ないかもしれませんが将来性は十分に感じられます。また音楽の”ながら再生”という視点に立つとこれほど便利なデバイスは有りません。この点だけはもうスマホ等のデバイスを起動して、というスタイルが野暮ったく感じますね。それでは詳しく見ていきたいと思います。

Amazon Echo等のスマートスピーカーでまず試したくなるのは天気やニュースの読み上げでしょうw。まあこの辺りはそつなくこなす感じです。天気はAcuweather、ニュースはNHKラジオニュースなのかな。この辺りはスキルを追加することにより変更可能なのですがまあ可もなく不可もなくだと思います。AppleのSiriやGoogleのGooleアシスタントでも同様の機能が実装されていますので大差無いと思えば良いですが、ボタンを押す手間が無い分生活になじむ感じでしょうか。

よくCMなどに有る”〇〇について教えて”、これ使うのでしょうか? 試しに使ってみましたがあまり精度良くないというか、”すみません、今はわかりません”と返されることも多くどうかな?と思います。今後に期待でしょう。

タイマーやアラーム機能は優秀。この種のスマートスピーカーは定型文で支持を出すのがお約束ですが、アラームに関しては曖昧な表現でもしっかり認識してくれ実用性が高いです。”〇〇分後に再生オフにして” ”〇〇分後にストップして” ”〇〇分後に切って” いずれも正しく認識してくれ優秀です。アラーム音の選択についてはアプリ側で設定です。出来ればスキル(Radiko等)を起動できると助かるのですが、高機能な目覚まし時計として使用できます。もちろん時間も”いま何時?”と聞けば答えてくれますw。

そしてメインの音楽再生機能について。こちらは各種音楽配信サービスが必須でしょう。私はとりあえずPrime Musicを使用しています。”〇〇を再生して”と定型文で指示する必要がありますが、歌手名だけならその歌手の曲をシャッフル再生、曲名まで指示するとその曲のみ再生してくれます。また”ジャズ再生して”等の曖昧な表現であれば指示に合ったプレイリストを再生します。次曲に行くには”アレクサ、次”と言うだけです。これ、音楽をBGMとして別の作業を行っていると非常に快適です。音質がそこそこと言うのもながら聞きに良く合いますw。もうこの1点のみで本機を購入しても損はしません。Radikoも同様で、”Radikoで〇〇再生して”と定型で指示は必要ですが、まるで本物のラジオのスイッチを入れるだけで再生出来るのと同じ使い勝手です(何だ、この表現)。

全体を通して言えるのは、音声認識が非常に優秀です。私は活舌が悪いほうだと自負しているのですが、それでもほぼ正確に認識してくれます。音楽の再生中であっても正しく認識してくれますし、本体から数メートル離れた場所でも正しく認識します。これ結構驚きです。この音声認識の良さが使用感の良さ、満足度の高さにつながるように感じます。他メーカーからも同じAIを搭載したスピーカーが発売されると思いますが、音声認識技術は各社固有の技術かと思いますので注意が必要です。少なくとも本家Amazonは相当優秀です。

こうして2週間ほど、スマートスピーカーを使用してきた訳ですが個人的な使い方としては次のイメージでしょうか。
・音楽再生(BGMとして) 全体の80%
・アラーム機能 全体の15%
・天気やニュースの情報系 全体の5%

やはりスピーカー、音楽再生用途が圧倒的です。Amazon Echoでなきゃどうしても駄目なんだ、という場面は今のところ殆ど有りませんが、あれば確かに便利。そして今後の発展に期待、そんなところでしょうか。まだまだ我々の生活を大きく変えるまでには至らないですが、音声での操作とAIの組み合わせは大きなポテンシャルを秘めているのを強く感じられました。



(Amazon) Amazon Echo
(Amazon) Amazon Echo Dot
(Amazon) Amazon Echo Plus




Amazon Echoレビューの3回目は、Echoの音質ってどうなの、を確認したいと思います。

Amazon EchoやGoogle Homeに代表されるスマートスピーカーはその名の通り、スピーカーとして音楽再生に使用される割合が高いと思います。Google Homeは音質面で酷評されていますが、このAmazon Echoはどうでしょうか。

まずはAlexaの機能を使用した音楽配信サービス時から。SpotifyやAmazon Musicのように、wifi経由でのデータ再生になります。私の場合、まずはAmazon Prime Musicを使用しての試聴です。おおっ、低音強いねぇ。もはやブーミーと表現しても差し支えないと思います。音量を上げていくとちょっと近所迷惑では、と思えるレベルです。但し、俗に言う極低音域、お腹に響くような領域は苦手というか、もう少し周波数帯域が高い範囲で低音を強調しているように感じます。さすがウーハーを別体で搭載するだけありますね。

一方で高音域の伸びはいまいちです。音を360°拡散させるという構造上、指向性の高い高音域については仕方無い面があると思いますが、このサイズのスピーカーとしてはもう一伸び欲しいです。対してボーカルのような中音域は良く全面に出てきており、音声主体のスマートスピーカーによくマッチしていると思います。音の解像度は低めでしょうか、総じて音楽配信サービスをBGM代わりに使用するような使い方であれば十分な音質を確保していると言えます。

Amazon Echoの特徴として、Bluetooth接続により他のBluetoothスピーカーへ音楽を転送すること、あるいは逆にBluetoothスピーカーとして使用することも出来ます。

IMG_1337

IMG_1336


Bluetooth接続の設定はアプリを使用して行います。この際、Bluetoothスピーカーに接続すると音楽を転送、スマートホン等の端末に接続するとBluetoothスピーカーとして機能します。複数台の設定を行うことは可能ですが、音声操作"ペアリングして”で接続可能なのは1台のみとなり、接続先の切り替えはアプリで行うことになります。

さて、Bluetoothスピーカーとしての実力は、、、 基本的な音の傾向はwifi接続時と同様ですが、SBC接続に限定されることもあり一段劣るかな、と感じました。1万円前後のBluetoothスピーカーと比較すると、低音域では他の機種に負けていませんがその他の項目では少し劣る印象です。各社、DSPにより音に加工を入れていますのでこの部分に差が出ていることと、360°音を拡散させる機構が足を引っ張っているように感じます。

とは言え、本機はセール等では¥8,000程度で販売されると想定され、1万円以下クラスのスピーカーとして考えれば十分な音質と本体の質感があるとも言えます。据え置き型のBluetoothスピーカーが欲しいのであれば、プラスアルファの機能含めてAmazon Echoにしてしまうという選択肢も充分有りかと思います。

一方で持ち運びや防水性といった項目を重視するのであれば従来通りのBluetoothスピーカーを選択するのが望ましいと言えます。また音質最重視であればやはりBluetoothスピーカーの上位機種を選択するか、Amazon Echo dotを他のBluetoothスピーカーに接続するというのが良いように思います。

(Amazon) Amazon Echo
(Amazon) Amazon Echo Dot
(Amazon) Amazon Echo Plus



Amazon Echoのレビューその2、Wifiへの接続と設定編になります。スマートスピーカー、ネットワークに接続しないと何も出来ませんのでまずは初期設定から。

IMG_1322


準備としてAmazon Alexaアプリをダウンロードします(iOS、Android 今回はAndroidを使用)。アプリの準備が出来たら、スピーカー本体に電源コードを接続します。電源ON/OFFスイッチは有りませんので即起動します。初回起動時にはしばらくするとスピーカー上部のリングライトがオレンジ色に回転ながら点灯しますのでセットアップ準備OKとなります。早速Alexaアプリを起動します。

IMG_1334


まずはAmazonアカウントにログインが必要です。

IMG_1325

サインイン後の最初の起動画面です。ここからメニューの新しいデバイスのセットアップ→デバイスの種類を選択します。

IMG_1326


IMG_1327

すると、Alexaアプリを使用している端末のwifi接続をAmazon-xxxに変更するよう表記が出ますので、端末のwifi設定からAmazon-xxxにwifi接続を変更します(俗に言うアドホックモードですね)。

IMG_1328

すると、Echoに接続しましたとメッセージが出てきます。続行を押せば、アドホックモードが解除され後はEchoが端末と同じwifiに接続、となるはずなのですが…。うまく行きませんね。wifiを設定するよう促されますので手動で設定します。我が家のwifiはステルスSSIDですのでうまく認識しないのでしょうか。とは言え一般的なSSIDの入力とセキュリティ方式の選択、パスワードの入力だけですので何ら難しいことは無いはずです。

IMG_1329


wifiに接続されました、とメッセージが出てネットワークの設定はこれで完了です。アドホックモードへの移行が必要なためちょっと戸惑いますが、一般的なwifi接続の知識を持っていれば特に難しいことは無いように思います。

IMG_1324

Bluetoothやスキル(機能)の追加等、詳細設定は後日行うとして(Radikoだけは早速追加しましたが)、まずはAmazon Echo、どんなものなのか使ってみたいと思います。

(Amazon) Amazon Echo
(Amazon) Amazon Echo Dot
(Amazon) Amazon Echo Plus



このページのトップヘ