日々妄想 -書籍と家電の個人的記録-

一介のサラリーマンの日々の読書記録と家電レビューの覚え書きです。 文庫本を中心に、時々家電の衝動買い、さらにはへっぽこ登山まで?

タグ:レビュー

ここ最近、Bluetoothスピーカーのレビューを更新していませんでしたが、あまり新機種が登場していないということもあり、あまり心に惹かれる機種が無かったためです。スピーカーなんてのはアナログの世界ですから、そう頻繁に技術革新が起こるわけでもなく、ある意味正しい姿なのでしょうが…。

Bluetoothスピーカーの特徴として、音質そこそこ、圧倒的な利便性、手軽さがあると思います。Bluetoothスピーカーの黎明期には、この利便性から爆発的に人気が高まった訳でして。そこからが高音質化、重低音の強化、防水性と機能が向上していったのですが、ここ最近は行き着く所まで来た感が強く、各社従来機種のマイナーチェンジに留めているものが多くなってきています。


と、長い前振りを経て本題です。新機種不在のなか、Sonyより新機種の登場です。品番はSRS-XB3と、分かる人には分かるように、X33相当の重低音強化版なのだな、と容易く想像出来ますw。元々X33でも重低音はかなり強化されていたのですが、そこから更に重低音重視とは一体どんな仕上がりになっているのでしょうか。それでは詳しく見ていきたいと思います。

まずは外観から。基本路線はX33〜X77と同一テイストですが、X33より一回り大きいですね。重量930gは気軽に持ち運び、というレベルでは無いように感じました。また外観の質感についても、X33についてもデザインは上位機種譲りながらやや劣る印象が有りましたが、ツヤ消し処理が施されていないこともありさらにプラスチッキーな印象が高くなっていて、あまり好印象ではありません。でも操作ボタンも大きくて使いやすく、ヘビーデューティーな感があってこれも有りかな、とも思います。

本機はIP5X相当の防水性を持つこともあって、端子類にはパッキンのついたカバーが設けられています。流石にこのクラスとなるとUSB端子による充電は難しいですね、専用のACアダプタが必要です。連続再生時間は、まさかの公称24時間!。実使用上でもかなり良い線行くと思いますし、この辺りは着実な進化が感じられます。勿論USB端子からの給電機能有りです。

スピーカー径は48mmフルレンジ、とX33より大型化。ここは期待が持てます(X33は34mm)。対向式のデュアルパッシブラジエター方式による低音増強はX33と同等ですね。対応コーデックはSBC、AAC、ソニー独自のLDAC。しかしLDAC、音は良いのですがなかなか他社には普及しませんね。まあAACとLDACがあれば取り合えずはこのクラスに求められる音質は確保出来るでしょう。


それでは試聴してみます。うん、重低音!。これが第一印象でした。これは特徴有るというか、個性的で尖った音作りですねえ。特にお腹に響く極低音域が強いというより、耳に低音とはっきり分かる低音域に厚みがある印象です。特に低音のブースト機能であるExtra Bass機能オンにするとやりすぎっ!、と思わず言いたくなるレベルです。

ここまで低音重視ですと、どうも中高音域はイマイチかな、と思ってしまうのですがX33レベル以上の音質は確保されている印象を持ちました。う〜ん、意外に悪くないかも。X33から買い替えるということは無いでしょうが、新しく買うなら今更X33ではなくXB3だな、と感じます。あまりボーカルについては綺麗に聞こえる、といった印象は無く、ノリ良く聴かせる機種です。

競合機としては、BOSEのSoundlinkMiniⅡでしょうか。音の傾向はこのXB3になって更に似てきた感が有りますが、大きさ・機能・価格からあまり競合しないように感じます。やはり価格が高いだけあって、所有する喜びはBOSEのほうが高いように思います。JBL CHARGE2+は価格帯・機能共にバッティングしますね。低音の量感はXB3のほうが上ですが、音のトータルバランスはCHARGE2+に軍配が上がるかなあ。

こうして見てみると、前機種のSRS-X33からは着実に進化していますが、その尖った音作りにおいて好みが分かれる機種であるように思います。重低音重視、ノリ重視であれば非常に相性が良いと言えるでしょう。しかし汎用性を持った機種を選びたいのであれば、JBL ChARGE2+をオススメします。しかし最量販価格帯の機種に良くここまで個性的な音作りをしてきたなあ>Sony...。

(Amazon) Sony SRS-XB3(ブラック)
(Amazon) Sony SRS-XB3(レッド)

(Amazon) JBL CHARGE2+
 
(レビュー)ロングセラーになりそう(Sony SRS-X33)
(レビュー) 理想の1台か!?(JBL CHARGE2)

チューブ型のデザインが良く、私も未だに初代モデルを愛用しているJBLのBluetoothスピーカー、FLIPシリーズですが、そのクリアな中高音は未だに一線級ですが低音強調のトレンドの中ではやや見劣り感も否めませんでしたが、この度パッシブラジエターを搭載して新たにFLIP3として生まれ変わりました。これが実にバランスの良い、魅力的なモデルに仕上がっているように思います。モバイルバッテリー機能を不要とすれば、Bluetoothスピーカーの1台目として協力に推奨出来る出来栄えです。それでは詳しく見ていきたいと思います。



外観は、伝統のチューブ型デザイン。シンプルながら高品質なのですが、今回はフルモデルチェンジ。従来までのややクールな印象から、やや野暮ったい、良く言えば暖かみのある印象を受けました。基本は最近のJBLデザイン文法に則っているのですが、スピーカーメッシュ部がファブリックで出来ていることが影響しているのでしょうか。新たな試みとして悪くないと思います。少なくともCHARGEシリーズよりもスッキリしていて良いと思います。

JBLのロゴがオレンジ色に変わったため、個人的には本体色ブラックが、ロゴのオレンジとのコントラストが良くお気に入りです。USBケーブルもオレンジ色なのが気合入っていますね。サイズ、重量は従来までのFLIPシリーズ大差ない印象で、今となっては軽量モデルの部類に入ると思います。従来までの付属していたケースは無くなってしまいましたね。

FLIP3最大の特徴であるパッシブラジエターですが、CHARGEシリーズよりは一回り小さい印象です。ロゴが中央にあるものの、剥き出しでドロンコーンが振動する様が眼に見えるのはCHARGEと同様です。また、防滴仕様となったのもポイントが高いです。IPX5相当と、まあ一般的な使用には問題無いのではないでしょうか。操作ボタン類も大きくなって、一目で分かり易くなっており、よりアウトドアを意識した仕様となっています。何気にBluetoothの仕様もVer.4.1とアップデートされていますね。

では試聴してみます。あのクリアな中高音は保たれているのでしょうか。うん、悪くないです。パッシブラジエターにより低音に厚みが出ていますが、CHARGEやSony X33のように低音を強調した感じではなく、あくまで音に厚みを与えるレベルにとどまっています。あまり無理していないからか、ボワーンとした印象が無く、きっちりお腹に響く低音を出しているように感じました。

低音が強調されていないことにより、中高音が引っ込むことなくクリアに耳に届くことにより従来のFLIPシリーズの特徴は受け継がれているようです。とにかく、低音と中高音のバランスが良い、これに尽きます。ライバル機と比較すると、音の傾向が異なりますのであまり比較にならないと思います。オールマイティなのは本機でしょうね。後はお好みの世界です。

いやあ、発売当初ながらFLIPシリーズらしく売価は抑えめ。これが更に価格が下がれば、¥10,000クラスでは無敵でしょう。機能、音質全てにおいて実にバランスが取れた名機となる予感大です。うーん、買い換えたくなってきたww。

(Amazon) JBL FLIP3 

TDKと言えば、コストパフォーマンスに優れて音質ソコソコなBluetoothスピーカーを連発してくれる良メーカーですが、TDKの新製品(って言っても大分経ってるけど…)が今回紹介するTrekFlex A28です。このA28、TDKらしくギミック満載で相変わらずの魅力的なスピーカーなのでした。それでは詳しく見ていきたいと思います。
本機の特徴は、何と言っても円筒形の形状に、デフューザー(スピーカーの音を拡散させる板)を取り付けた、360°無指向性のステレオスピーカーであるということです。無指向性のスピーカーというと、Sony X1が挙げられ、確かに音の広がりという面では非常に効果的なのですが音の伸びが(特に指向性のある高音部の)抑えられてしまうという欠点が出てきてしまいます。本機ではどのような音作りをしてくれるのでしょうか。

形状等の紹介は置いておいて、早速試聴です。おっ、低音の量感が豊かですねえ。パッと聴くと、低音がよく出ているように感じます。が、実際の所は本当の重低音はあまり出ていません。もう少し高い周波数の低音が前面に出てきている感じで、これが低音豊かに感じさせてくれる味付けなのでしょう。これは新機能の1つで、実際の低音お倍の周波数の音を強調することにより、錯覚で低音が出ているように感じさせるというものらしいです(MaxxBass、原理は良く分からん)。まずまず効果があると思いますが、ウーハーのついた機種には敵わないと思います。TDKで言えばA33には劣り、A26よりは良いかな、といったレベル。

対して中高音は、無指向性の割には頑張っているなあと感じます。A33に近い、決して気持ちが良い伸びがある訳では無いですが不満では無い、といった感じです。音の広がりは非常に良く、リスニングポイントを選びません。その代わりステレオ感は相当低めです。本体を縦置きでも、横置きでもどちらでも使えるのも良いです。どちらかと言うと縦置きのほうが使用感が良いです。

本体形状は、円柱の側面を2面、スパッと切った形状。質感はややプラスチッキーではあるのですがTDKの他機種同等レベルです。大きさは、UE BOOMより一回り大きく、Mega BOOMよりも小さいサイズ。500mlペットボトルよりは少し大きいかな。TDKらしく、防水防塵仕様です。IP65ということで、防水性は他機種より上がってますのでよりアウトドア指向が高いと言えます。さらに耐衝撃性も確保(IK07)。完全なアウトドア仕様ですね。

スイッチ類も例によってラバー仕様。使いやすいですが、メインの電源スイッチが防水カバーの中にあるのも相変わらずです。充電池がニッケル水素電池で使い勝手が良くないのも相変わらずの欠点ですね。連続再生時間が8時間と、こちらもアウトドアには充分。

こうして見てくると、アウトドアを強く指向したBluetoothスピーカーとしてはレベルが高く、欠点が少ないと感じます。直接的なライバルとしては、UE BOOMになるかと思いますが円安効果もあって価格が高く、比較になり辛いかと。本格的なアウトドアスピーカーとしては大本命と言えるでしょう。

ただし、音のレベルで考えれば、TDK A26プラスα相当でしか無いとも言えます。TDKらしい、音に対するコストパフォーマンスの良さというのはあまり感じにくいのも確かです。A28という品番からも言えるかと思いますが、A26のアウトドア仕様、くらいに考えておくと良いかもしれません。

(Amazon) Trek Flex A28

このページのトップヘ