日々妄想 -書籍と家電の個人的記録-

一介のサラリーマンの日々の読書記録と家電レビューの覚え書きです。 文庫本を中心に、時々家電の衝動買い、さらにはへっぽこ登山まで?

タグ:JBL

チューブ型のデザインが良く、私も未だに初代モデルを愛用しているJBLのBluetoothスピーカー、FLIPシリーズですが、そのクリアな中高音は未だに一線級ですが低音強調のトレンドの中ではやや見劣り感も否めませんでしたが、この度パッシブラジエターを搭載して新たにFLIP3として生まれ変わりました。これが実にバランスの良い、魅力的なモデルに仕上がっているように思います。モバイルバッテリー機能を不要とすれば、Bluetoothスピーカーの1台目として協力に推奨出来る出来栄えです。それでは詳しく見ていきたいと思います。



外観は、伝統のチューブ型デザイン。シンプルながら高品質なのですが、今回はフルモデルチェンジ。従来までのややクールな印象から、やや野暮ったい、良く言えば暖かみのある印象を受けました。基本は最近のJBLデザイン文法に則っているのですが、スピーカーメッシュ部がファブリックで出来ていることが影響しているのでしょうか。新たな試みとして悪くないと思います。少なくともCHARGEシリーズよりもスッキリしていて良いと思います。

JBLのロゴがオレンジ色に変わったため、個人的には本体色ブラックが、ロゴのオレンジとのコントラストが良くお気に入りです。USBケーブルもオレンジ色なのが気合入っていますね。サイズ、重量は従来までのFLIPシリーズ大差ない印象で、今となっては軽量モデルの部類に入ると思います。従来までの付属していたケースは無くなってしまいましたね。

FLIP3最大の特徴であるパッシブラジエターですが、CHARGEシリーズよりは一回り小さい印象です。ロゴが中央にあるものの、剥き出しでドロンコーンが振動する様が眼に見えるのはCHARGEと同様です。また、防滴仕様となったのもポイントが高いです。IPX5相当と、まあ一般的な使用には問題無いのではないでしょうか。操作ボタン類も大きくなって、一目で分かり易くなっており、よりアウトドアを意識した仕様となっています。何気にBluetoothの仕様もVer.4.1とアップデートされていますね。

では試聴してみます。あのクリアな中高音は保たれているのでしょうか。うん、悪くないです。パッシブラジエターにより低音に厚みが出ていますが、CHARGEやSony X33のように低音を強調した感じではなく、あくまで音に厚みを与えるレベルにとどまっています。あまり無理していないからか、ボワーンとした印象が無く、きっちりお腹に響く低音を出しているように感じました。

低音が強調されていないことにより、中高音が引っ込むことなくクリアに耳に届くことにより従来のFLIPシリーズの特徴は受け継がれているようです。とにかく、低音と中高音のバランスが良い、これに尽きます。ライバル機と比較すると、音の傾向が異なりますのであまり比較にならないと思います。オールマイティなのは本機でしょうね。後はお好みの世界です。

いやあ、発売当初ながらFLIPシリーズらしく売価は抑えめ。これが更に価格が下がれば、¥10,000クラスでは無敵でしょう。機能、音質全てにおいて実にバランスが取れた名機となる予感大です。うーん、買い換えたくなってきたww。

(Amazon) JBL FLIP3 

モノラル一発のBluetoothスピーカーと言えば、高価格ながら機能多彩、低音強めのSony SRS-X1,X11、低価格で防水のTDK Trek Micro A12、中高音クリアなJBL CLIPとある程度定番と言える機種が揃いつつあるわけですが、そんな中評価に苦しむ機種がJBLから出てきましたよ。それが今回レビューするJBL GOです。まあ、このクラスでは機種を乱発するJBLですので驚きは無いのですが。

何故、 JBL CLIPという機種があるのに似たような機種を?とも思うわけですが、触ってみるとなるほど、こいつは日本円で¥4,000以下、US$30以下をターゲットにした、無名メーカー品とガチンコで勝負するための機種ですね。JBL CLIPでは高コストすぎるのでしょう。実際、アメリカでは30ドル以下での販売ですし。そういった視点から見ると、訳の分からないメーカーのものを買うくらいならJBLを、というのも理解出来ます。では詳しく見ていきたいと思います。
デザインは、ついに長方形となりましたね。日常使いでは円形より長方形のほうが圧倒的に使い易いのです。シンプルで好印象なのです。側面はCLIPと同等のラバー仕上げで触り心地は良いのですが、細部を見ていくとプラスチッキーな感も強く、全体の質感は決して高いとは思えません。デザインが良いのに救われている感じですね。

カラーは5色展開ですが、何故か定番のブラックが有りません。近い色としてはグレーですかね。このシンプルな形状でブラックって結構良いと思うんだけど…。

しかしこの前面と(背面にも!)あるJBLのデカいロゴ、何とかならないんですかねww。そんなにアピールしなくても、と個人的には思ってしまうのですが。

仕様的な面を確認していきますと、スピーカーユニットはCLIPと同じ40mmフルレンジです。連続再生時間も同じく5時間ですが、充電時間が2時間から1.5時間に減少していることから充電池の容量は減っているんじゃあないでしょうか。それに併せて最大出力も3.2wから3wに減っていますね。Bluetoothのバージョンは何気にver.4.1。その他、内蔵式のケーブルコードとカラビナが無くなったのがCLIPからの変更点でしょうか。CLIPから不要な機能を取り除いて、微妙にコストダウンを図った感じです。防水機能であるとか、TWSによるステレオスピーカー化といった付加機能はありません。

試聴してみます。パッと聴くと、おお、CLIPに近いなあ、と感じてしまいます。低音は弱め、というか現在の水準では皆無に等しいのですが、その分中高音が引き立つ設定で、中高音重視の私好みです。しかし聴き続けていくと、あれっ、CLIPってもう少し伸びやかというか、クリアな感じがあったような、と感じるようになりました。改めてCLIPの音を聞いてみると、やはりこちらのほうが心地良いです。差は小さいのですが、ちょっと音のクリアさに欠ける感じですかね。

ちょっと気になっていたのが、本体の剛性感があまり良くないなあということです。CLIPは、SonyやTDKの競合機種同等の剛性感があるのですが、このGOはやや劣る感じです。この辺り、スピーカーユニットは同等でも音の品質に差異が生じているのでは、と勝手に邪推してしまいます。

とまあ文句もいろいろ書いてきたのですが、こいつは何と言っても低価格機。登場直後でもJBL CLIPよりも低価格なプライスタグが掲げられているわけですから。もう少し経って、価格がこなれて来れば下手な無名メーカー品を買うよりもよっぽど良い選択になると思います。そう考えると、ややブランドネームに頼っている感もありますがデカデカとロゴを表記するという理由も理解出来るような気がします。

(Amazon) JBL GO 

 いや〜、もう少しで購入する所まで来ましたが店舗に在庫が無くて断念。欠点が無いわけではありませんが、デザインと音質のバランスを考えれば及第点でしょう。今でも買って後悔はしないと考えています。JBLは定期的にこの種のクロック機能を持ったスピーカーをリリースしています。最新版がこのJBL HORIZONになります。最新版では Lightning端子等のオーディオ入力端子は無くなり、Bluetooth入力のみに(AUX端子は残ります)。結果、より目覚まし時計に近い形状となりました。

私が本機種に強い興味を持ったのは、現在のベッドサイドの惨状にあります…。寝る際にラジオを聴く習慣がある私のベッドサイドには、目覚まし時計、ラジオ、Bluetoothスピーカー(JBL FLIP)、ランプ、iPad充電用ACアダプタが置かれており、お世辞にもスマートでは無いというか…。それが JBL HORIZONなら1台で全て代替出来るのは、とかなり期待大にて店頭へ確認に向かったのでした。それでは詳しく見ていきたいと思います。

JBL アクティブスピーカー Bluetooth対応 ホワイト JBLHORIZONWHTJN
第一印象は、 何てオシャレなんだろう、というものでしたwww。ちょっと自分の部屋では浮いてしまうというか、ホテルのベッドサイドによく置いてある多機能クロックのようだなあ、というものでした。LEDによる時刻表示部は大きくて読みやすく、高級感もあります。側面はラバーコーティングされており、質感も良いです。 よく見ていくと、前面メッシュは実は樹脂成型によるダミーでスピーカー部のみ穴が空いているだけですし、LED表示部周囲のリングも金属では無く樹脂に塗装を施したものと価格相応ではあるのですが、この種のクロックラジオでは群を抜いてデザインが良いと思います。

重量は850gですが、据え置きの機種だけに問題は無いでしょう。良いなあと思ったのが、電源ケーブルやFMアンテナ線が本体底面から出て、本体裏面へと引き出される仕様となっていることです。おかげで前面や側面から見ても配線が目立たず、スッキリとした見た目になっています。時刻合わせのスイッチも底面に配置されるなど、 徹底しています。

各種操作は上面のラバースイッチにて行います。 暗闇で操作できるのはスヌーズ/ライトスイッチのみで後は明るい部屋で無いと操作は難しいと思います。とにかく多機能ですので1つづつ機能を見ていきたいと思います。

まずは目覚まし機能から。2系統あり、平日と休日で使い分ける等行うことが出来ます。目覚まし音にはいわゆる目覚ましの音と、ラジオの音を設定することが出来ます。ここで注意してもらいたいのが、ラジオの音を選択した場合、音量の設定が任意に出来ないということです。USのJBLサイトで相当叩かれていますし、私がよく参考にしているiLoungeでもこのことに触れています。個人的には特に問題は無いのですが…。

また、背面に配置されたアンビエントライトがアラームに合わせてゆっくりと点灯し、目覚めをサポートしてくれます。ライト自体はスヌーズボタンを押すことによって任意に点灯可能です。この際にもライトはゆっくりと点灯し、消える際にもゆっくりと消灯します。なかなか便利ですね。ただ、明るさは相当暗く、例えば枕元で本を読む、なんてことは出来ないレベルです。

FMラジオは5chのプリセットが可能です。スリープ機能も持っており、5分、15分、30分、60分、90分と設定可能です(Bluetoothスピーカー機能使用時でもスリープ機能は有効です)。BluetoothのペアリングはBluetooth ボタンを長押しと一般的な仕様です。BluetoothのバージョンはVer.4.1と新しいのも好印象です。スピーカー仕様は45mmフルレンジ×2、出力は10WということでFLIP相当の実力はあるのかな、と考えていましたが、中高音のキレはFLIP2より若干劣る印象を持ちました。低音域についてはまあFLIP1レベル、CHARGE2には大きく劣るといった感じです。各種機能がついて、価格はFLIP2と同じなのですからまあ納得の範囲です、ちょっと音の良いクロックラジオと考えれば。

ただ、スピーカー機能をメインに考えている人には注意してもらいたいのが、最大音量があまり大きくないということです。スペック的には10Wと充分なはずなのですが、えっ?、と思うくらい音量が出ません。ベッドサイドでBGM的に使用する分には充分過ぎるのですが、広範囲に音を広げるのは苦手かもしれません。

便利そうなのが、側面に2つのUSB充電端子を持っているということです。調べてみると、出力は1AのようですのでiPadの充電には向いていませんが一般的には問題無いかと思います。

こうして見てくると、仕様的にややクセがある感は否めませんが、それを補うだけのデザインの良さ、現在のニーズに合わせた機能が満載、音質そこそこのスピーカーとクロックラジオとしては魅力的であることは確かです。クロックラジオと言えば、無名メーカーの?と思うような製品か、ミニコンポに近いような製品の2択でしたがようやくこの中間の、手軽なんだけど高品質な製品が出てきたように思います。何というか、ちょっとだけ高級なホテルチェーンに置いてありそうな感じなんですよね、デザインといい、機能といい。もうちょっと安くなったら買おうかなあ…。

※ホワイトは2月下旬の発売です

(Amazon) JBL HORIZON (Black)
(Amazon) JBL HORIZON (White)

このページのトップヘ