ブログネタ
あなたが「この部分だけ食べたい」と思う食品は? に参加中!


この本は2008年に発表された有栖川有栖先生の作家アリスシリーズの短編と掌編を合わせた本格ミステリの短編集です。

有栖川有栖さんの本は結構好きで読んでいるのですが、火村英生を探偵としたこのシリーズは面白いトリックが出てきて結構好きです。

という訳でこの本には
長い影
鸚鵡返し
あるいは四風荘殺人事件
殺意と善意の顛末
偽りのペア
火村英生に捧げる犯罪
殺風景な部屋
雷雨の庭で

の8編で構成されています、短編・掌編・短編の構成になっているためメリハリがきいて楽しめる短編集にように思います。

長い影は自殺を偽装した殺人トリックの話で、アリバイ作成のためのトリックがとても良くできた一編だと思います。

鸚鵡返しはオウムがしゃべる言葉を題材にした掌編の短編。

あるいは四風荘殺人事件は、珍しい作中作を探偵の火村が謎ときをするという話。

殺意と善意の顛末はすでに事件の最終局面の犯人を追いつめる所から始まる異色の話。

偽りのペアは酔った火村が女子大生殺人事件の顛末を説明する掌編。

表題にもなっている火村英生に捧げる犯罪は火村に対して送られてくる犯罪の予告状めいたFAX、時を同じくしてアリスの元にかかってくる不審な電話、これらの関係性は一体どういうことなのかみたいな話。

雷雨の庭では誰かが付近にいた形跡のない撲殺体、そして一番有力な容疑者にはほぼ鉄壁のアリバイがあってといった短編。

掌編は携帯会員向けに出されたものとのことで、とても短くかなり物足りないのですが創意工夫が凝らされてて短いながら面白くなっています。

短編は表題よりもあるいは四風荘殺人事件の方が変化球的な内容で面白いと思いました。

短編ではなく長編でもっと内容を詰めたのを読んでみたいなぁと感じました。

という訳でこの本はあっけにとられるほど一編は短いですがなかなか面白い本でした。

火村英生に捧げる犯罪 (文春文庫)
有栖川 有栖
文藝春秋
2011-06-10