こんばんは、くら。です。


140116_01-1

 本日もまた、モンスター捕獲作業をしばしば嗜んで来る事に。
 以前にも書いた通りにラストダンジョンそっちのけでこの作業を進めているのですが、キャラクターのスフィア盤も進んだことですしそろそろとそっちの方にも手を付け始めてもよさそうな頃合のような気もしてきました。

 結局の所はラスボス間際の道中モンスターまでシッカリと捕獲のリストに含まれているという事で、ひとまず先に「抜け」を埋める事に。最後まで残すのも面倒ですしね。

140116_00

 さて、本日は昨日の続きを。

 サヌビア砂漠擁するビーカネル島地域と盗まれた祈り子の洞窟近辺、谷底の洞窟地域のモンスターを収集する事に。
 いよいよもってで「終盤ダンジョン」といった具合にHP10,000付近の雑魚敵や、それすらも安々上回るモンスター。更には弱点を持たないモンスター達もちらほらと。強敵揃いと呼べるようにもなって来ました。


 その中でも特に面倒な敵というのが、なんといってもサヌビア砂漠後半に出現するサンドウォームですね。

 体力は45,000と雑魚敵にしては並外れて高いですし、バトルメンバー1人にバトル中離脱効果のある「吸い込み」の行動をしてくる事もあるので、コイツもまたターンを渡したくない敵と言えます。
 幸いな事に「硬い」「飛行」等の特殊な性質は持っていないので物理攻撃の通りはよろしい上、魔法防御もそこまで高くない様なので此方の攻撃はそこそこに有効です。

 弱点属性の「ブリザド」、「ウォータ」系を「連続魔法」だったり、高ダメージを期待出来る「グラビデ」、「ホーリー」なんかの魔法を駆使してさっさと削り落としてしまいたい所でしょうか。ここでもルールーが大活躍ですね。


140116_02-1

 ここいら辺ではトンベリ(上図)やサボテンダーだったりと、「これぞFF!」なモンスターも見かける様になってきました。
 同時に敵も強くなってきたという事で、上述のサンドウォーム以外にも厄介な敵がわんさと出てき始めてきております。細々とエンカウント率の乏しいレアモンスターの存在も増えてきてきた所でしょうか?


サボテンダー
 HP:800
 出現:ビーカネル・サヌビア砂漠
 特性:ワッカの攻撃がほぼ必中していたので外見に反して「飛行」特性?
 備考:HPは少ない変わりに回避率が非情に高い。
 敵の「たたかう」行動は弱いのですが、10,000ダメージ固定の「はりまんぼん」が脅威。
 1体頭からの取得AP(経験値)は12,000と膨大なのでスフィア盤の歩数稼ぎに。しかしながら数ターン経過で逃走する点は注意。

ダークエレメント
 HP:1,800
 出現:盗まれた祈り子の洞窟
 特性:物理ダメージ極小
 備考:「サイレスアタック」等の沈黙が有効。
 行動としては各属性の魔法と自分に「リフレク」を使用
 対策としてユウナの「デスペル」で剥がすか、此方も「リフレク」経由で魔法を当てるのが吉。反射した魔法が再び反射される事はない故。
 捕獲数を稼ぎたい場合には「ラ系」等の下位魔法でHPを調整した後に物理攻撃で止めを刺してやると効率が良い。

トンベリ
 HP:13,500
 出現:盗まれた祈り子の洞窟
 特性:特になし。
 備考:被害行動に対して確率で「みんなのうらみ」で反撃。
 行動ルーチンこそ用意されていますが、此方の総攻撃で沈めてしまうのが大半であるので割愛。
 反撃に使ってくる「みんなのうらみ」は(キャラクターの敵討伐数×10)の固定ダメージ。
 攻撃力や行動順の兼ね合いで数値が上がりやすいティーダ辺りが受けると即死は免れない事態に。大人しく蘇生させてやろう。


ビサイド島 clear!/
キーリカ島 clear!


/
ミヘン街道2 clear!
/
キノコ岩の街道 clear!
ジョゼ街道 clear!
/
雷平原2 clear!


/
マカラーニャ2 clear!
/
ビーカネル島 clear!
ナギ平原2 clear!
/
谷底の洞窟2 clear!

/
ガガゼト山
/
?????
?????
/



/

/


 とまあ毎度のことで出現の波に苦戦は強いらる訳ですが、リスト埋めの方はキッチリこなして。本日もまたclear!マークを新たに2つ付ける事に成功です。

 ラストと隠しダンジョンの2つを除けば、残るはいよいよガガゼト山を残すのみといった所まで収集出来ました。そんな事で「残るもう1つ」を埋めたらいい加減にと物語を進めようかといった所でもある訳ですが。
 「残る1マップ」に出現するモンスター種類、質というのがまた特濃なのでどうなるやらと言った所でしょうか。げに恐ろしいのはダークプリン...。


140116_04

 さて、本日の赴任先にはサヌビア砂漠も含まれていたと言う事で、昨日に引き続いてサブイベントの消化も少々。
 「家族探し」、「チョウ探し」に続いて今度は「サボテンダー探し」のイベントに手を出してくる事に。どうにもこうにも探してばかりですね。

 このイベントの概要としてはサヌビア砂漠・西部に存在するサボテンダーを模した石碑から出題されるヒントを頼りにサヌビア砂漠のあちこちに現れる全10名(?)の「門番のサボテンダー」達と接触していきます。

 接触に成功するとすぐさまエンカウント!という訳ではなく、「はりはりまんぼん」なるミニゲーム(ルール付き「だるまさんが転んだ」)に挑戦する事が出来ます。
 門番達との「はりはりまんぼん」に勝利出来れば各々の「門番のスフィア」を。負けてしまうと「敗者のスフィア」をそれぞれ獲得。
 それを繰り返して10名(?)全員からどちらかのスフィアを集めてくる事が出来れば見事イベント完了!といった流れですね。


140116_05-1

 とまあ内容はともかく、モンスター捕獲と同じくサヌビア砂漠をあちこち行ったり来たりしなければならないと言う事で、並行して進行しておりました。

 ...してもみた訳ですが、マップが広大だという事もあってでエンカウント数がとんでもない事になっていたのは否めない所でしょうか。
 捕獲作業と並行しない限りはやはり外評通りに大人しく「エンカウントなし」の防具アビリティを用意するのが無難といえそうです。


 ちなみにこのサブイベントの報酬宝箱と言うのは2つありまして、1つは決まってリュックの「七曜の武器」強化に必要な「金星の聖印」が入っています。
 もう一つには「得られた名前スフィア」の数に応じて「フレンドスフィア」、「ラストエリクサー」、「エリクサー」の中から1つ得られる事になっているのですが、筆者の得られた品は「ラストエリクサー」でした。

 当然、名前スフィアの総数が多くなる程貴重な品が得られるもので。
 最良品を求めて粘り続ける事も出来るのですが、相手によっては「はりはりまんぼん」に勝利するまでが面倒であるので早々に妥協してしまいました。

 1番位の高い報酬の「フレンドスフィア」は確かに貴重な品とはいえ増やせる品の範疇。
 ラストエリクサーは育成に必須な「AP2倍」の改造アイテムになってくれますし此方で満足しておくのも一興なのかと思いました。


-了-