2015年12月06日

ゲオルギス・オソーキンス ピアノリサイタル

世界で最も権威のあるショパン国際ピアノコンクールのファイナリストが、2015年10月コンクールを終えてポーランド・ワルシャワの会場からくらび舎に直行!!

日時:2015年12月6日(日)  15:00開場  16:00開演
会費:5,000円(高校生以下 2,000円)
曲目:ピアノソナタ 第3番 ロ短調 作品58 
   ポロネーズ 第6番 変イ短調「英雄」作品53   他 Allショパン

プロフィール ゲオルギス・オソーキンス
若干20歳のラトビア出身のピアニスト。
2015年 第17回ショパンコンクールでは2次でマルタ・アルゲリッチから
25点中24点をもらいながら惜しくも入賞を逃したものの、
ポーランドではコンクール直後にコンサートやCD録音のオファーが殺到。
ポーランド国内はもとよりイギリス、スイス、アメリカ、ロシアをはじめとした
国々からコンサート依頼が入り、各地でファンクラブも出来て熱狂的なファン層を
獲得している。今後CDが2社から発売予定である。
東京ニューシティ管弦楽団からはコンクール以前から注目され、
コンクール直後の12月という早い段階でオソーキンスの来日公演が実現することとなった。
10歳でモーツァルトのピアノ協奏曲第20番をラトビア国立交響楽団と演奏し鮮烈なデビュー。
これまでに、ルヴィフ交響楽団、リエパーヤ・アンバー管弦楽団、アルメニア国立交響楽団、ヴラティスラフ室内管弦楽団、チェトホヴァ交響楽団などをはじめとする東欧のオーケストラとの共演。
数々の国際コンクールに参加し、第22回リエパーヤ・ピアノ・スターズ(ラトビア)、タチヤーナ・シェバノーヴァ記念フェスティバル(ポーランド)でオーディエンス賞を受賞。
また、2度ラトビア文化省賞を受賞。
2014年青少年のためのショパンコンクールで優勝を果たす。



要予約  

Posted by kurabiya at 12:08