DSC_1024

プレミアムバンダイ限定『ウルトラマンティガ スカイタイプ&パワータイプ』の紹介です。
ね。
いつものプレバンダンボール。DSC_1021
これに直接SAGAWAの伝票貼られてきますね。

最近の佐川さんの伝票はがしやすくていいですけれどww

内箱はこんなかんじですね。


限定act定番の全面箱。








DSC_1024表面はいつもどおりのactフォーマットで、今回は2体セットということで、側面がそれぞれパワータイプとスカイタイプが単体写真が写ってます。

DSC_1023
表面はいつもどおりのactフォーマットで、今回は2体セットということで、側面がそれぞれパワータイプとスカイタイプが単体写真が写ってます。

裏面では同梱しないはずのマルチが堂々とどまんなか取ってますがこれはwww
この裏面見たら普通に三体同梱だと思っちゃいませんかね。いや、限定ですけど。


DSC_1025

内容はこんなかんじですね。
魂stage、ガッツウイング以外に関しては真ん中で綺麗に分かれています。
光線用手首以外は同じ手首、カラータイマー、プロテクター、スタンド用はそれぞれ入っています。

支柱嵌合パーツですが、
今回の二種類はマルチとは違うものになっていまして、
スカイは色が違い、
パワーは色が同じなのですが、
新規造形されているのか、マルチにははまりませんでした。
(個体差かもしれませんが)
DSC_1026
ブリスターに入ってても、
というか比較効果ですかね。
パワーふっとい……んで、スカイ細く見えますね。
特典的な扱いっぽいスタンドとガッツウイングですが、
スタンドはいつもの通りの魂stage.act4

個人的な意見ですが、バンダイさん、いい加減魂stage付ける時、ベース接続パーツおねがいします。

DSC_1034
DSC_1035
で、本チャンのガッツウイングですが、
この大きさで変形します。

翼を閉じるだけなんですが、
閉じてスライドしてピッタリ合うように作られています。

……個体差なのかクセなのか合わなかったんですけどね。

リニューアル前のactにサイズの合ったウイングの配布ありましたよねー、あれもう一度再販? 再配布? してほしいですねぇ、スノーホワイトはほしいです。

確か、ガッツウイング1号が旧ティガ、
スノーホワイトがティガダーク、
2号がweb限のゴルザだったっけ

では、本体です。
DSC_1027
前から。 こうして並べると、マルチとスカイはたんなる色替えなんですが、紫色が縮んで見えるせいか、細身に見えますね。そしてパワーは確実に太い。新規造形のせいか、中村さんに普通に見えてくる不思議。

DSC_1028
そして背面。膝の関節の裏もちゃんと塗装されています。
…………中村さんの尻おっきいな!

DSC_1029構え!
これがやりたかった………けれども写真の角度でスカイの右手が……もう少し引けばよかったかな。

DSC_1030
パワータイプ。 確実に太い(二度目)
太ももの造形が素晴らしい。……そしてお腹とかもしっかり太くなってますね。

DSC_1031
スカイタイプ。紫ってのはまた細く見えるんですねぇ。やっぱり右手引きたい……

DSC_1032
ついで。

そしてパワータイプの光線エフェクト、デラシウムです。
DSC_1036
DSC_1037右手に光球がくっついていて、それを支える左手は別パーツになっています。
actでは珍しい構成です。左手は別にも使えそうですね。
バスケットボールでもしましょうかww

DSC_1039
光球に力を集めて、
DSC_1040
デラシウム光流!

そしてスカイタイプの光線エフェクトは二種類
DSC_1041
ハンドスラッシュと、
DSC_1042
ランバルト光弾。このランバルト光弾の構成はちょっと面白いです。
ポーズをつけにくくはあるんですけども、うまく決まった時のかっこよさは素晴らしいです。

DSC_1043
そして、お約束のカラータイマーの赤も二人分付属します。

DSC_1044
んでもって、散々パワーを太い太いと言ってきましたが、逆に細く見えるスカイはマルチの色替えなので、
マルチにあった色分けの線が入ったままになってしまっています。
しかし、それくらいは個人的には無問題です。ネット上とかではめちゃくちゃ言われてたりしますけどね。

DSC_1045
個人的には、このへんの塗装の乱れのほうが気になりますけどもね。

DSC_1046
DSC_1047
TIGA004

PB限定ウルトラマンティガスカイタイプ&パワータイプでした。