ついに始まりましたね、新ウルトラマン番組ですよ!


何年ぶりでしょう!ギンガ、エックスはあくまで列伝内というわけで、直接番組名がヒーロー名ってのはやっぱりいいものです。

……それも2ヶ月後にはどうなるんだッて感じですよね?
今回の1話ですが、顔見せの意味合いが強いように思いましたが、であれば、顔見せとしては十分。

いきなりガッツリ隠す気もない伏線、マガゼットンとの戦い。
これは、本来のオーブの姿でしょうか?

剣のようなものが光線を出していくたびに短くなっていくように見えましたね。

この戦いで怒りにかられてマガゼットンを倒した際、甚大な被害を出してしまい、オーブは自分の力を封印してしまった、とかそんな感じでしょうか。

そして全体の印象としては田口監督らしい遊び心が全体に詰まって見えましたね。
SSPの三人の掛け合いですとか、変身シーンとか、変身シーンとか。



ちなみに、こちらプラザクリエイトの『ID PHOTO STUDIO』ですね。



でもこの証明写真のシーンが、変身の残り時間を示したりと、情報の提示の役割を果たすので
田口監督はやっぱり周辺情報の使い方がうまいと思います。


ん?坂本監督?

ナパーム爆発ふともも監督がどうしたって?

そして、明かされる変身制限でカラータイマーが鳴り始める。

今回は一般人視点を多く取り入れていく、とのことですので、これも視聴者には変身時間に制限があることが伝わり、劇中の一般人の知らない情報との差異、になるわけですかね。そこも楽しみですね。


本編撮影は、6月1日かぁ………

そして、最後にメビウスのカードを手に入れて、これは番組の引き継ぎなのかなぁ、とも思いますね。
オーブの前のウルトラマンのテレビシリーズは実に10年前、メビウスなので……。


そして、アクションですが、とても正統派なアクションでしたね。
今回のフォームがウルトラマンさんとティガさん(マルチ)だったので、基本らしい基本戦闘でした。

……それでも驚いたのが、ウルトラスラッシュに追いついて投げ返すアレですかね(笑
あと、時間制限時にウルトラマンさんとティガさんの姿が揺らめきましたが、あのカード、ひいてはオーブの借りている力は本人とはどういう関係なんですかね?

その辺が明かされることも望みつつ、一話としては十分すぎるほど引き込まれる第一話でした。