蔵元探検隊

目指せ男の黒帯!極めろ男の不摂生!

中本
これはシビレル!
そこそこの辛さとうま味が合体したスープ。
食べ応えのある麺。
それにしてもビリッと痺れる辛さだが美味い!
汗をかきながら完食。

中本

蝶名称/蝶ケ岳
原材料/米・米麹・醸造アルコール
度数/15
精米歩合/65%
容量/180ml
価格/39
評価/★★★★

今宵は蝶ケ岳。
北アルプスの山の名を冠した酒である。
プラスチック容器でお猪口付ってのがなかなか良し!
では呑んでみる。
冷やにて。ごくり。うむ。
心地よい喉越しとスッキリした味わい。
その中に甘味を感じる。
これは結構美味いではないか!

カツオとチーズ今宵のアテはカツオとチーズ。
食べる前から美味そうな雰囲気だ。
では食べてみる。
ガブリムシャ。
うむ。
間違いなし。
チーズの濃厚さとカツオが絶妙。
ビアがススムススム!
カツオ単体より絶対これが美味いわ!

雄町名称/おかやま雄町 麦焼酎
原材料/麦・麦麹
度数/25
容量/720ml
価格/1420円
評価/★★★★★

今宵は本格麦焼酎。
なんでもオーク樽とブランデー古樽で熟成させた古酒を雄町の名水で仕上げたらしい。
ではあ呑んでみる。
直球にて。
ごくり。うむ。
あぁ、違う!
普通の麦焼酎じゃない。
洋酒の味わいだ。
ブランデーより弱め、でも焼酎とは違う。
初めての味。
薄めのブランデーを呑んでいるような感じというのが適切か。
とにかく不思議なる味わい。
焼酎という名の薄口ブランデーという感じだが美味いぞ!

12月12日月曜日後半

豫園で偽ブランドのしつこい勧誘を断った後、外灘(バンド)と言われている場所へ行く。
ここは写真を撮れば、あぁ上海だとわかるほど有名な場所だ。

ここも有名な観光地なので観光客が多い。

外灘のトイレ


外灘トイレ

大 トイレに紙を流してはいけないためゴミ箱が置いてあるのに・・・。
外灘トイレ大

ティッシュ自販機
ティッシュ自販機

外灘


外灘1


外灘3


外灘2

写真を撮って散歩した後、南京東路という有名な通りへ

南京東路 1
南京東路1

南京東路 2
南京東路2

ここも観光客多し。
そして後ろから声をかけられる。

社長さん社長さん。
社長さん社長さん

かわいいこかわいいこ。
若いよ、マッサージマッサージ。

現地の男性が喰い付いてきた。

この手の勧誘はほぼ毎回の事だが、今までで一番しつこかった。
店の中に入っても出てくるまで待っていていつまでも着いてくる。
なんとか一人目を振り切った直後、同世代の綺麗な女性が声をかけてきた。

若い子ばっかり。
見るだけタダよ。
200元よ。
少しまけて180元でもいいよ。

いやぁ若い子イラン!
あんたのようなのがエエんじゃと言うと私はイケンという。
ほんならもういいわ。
すると、ご飯食べに行ったりデートしようという。
もちろんデート代はこっち持ち。
テイクは出来んと言って振り切った直後、若くてピチピチした女性が声をかけてきた。
胸をグイグイ押し付けて交渉してくるが、若いのは興味無いんじゃと断った。

いやぁ上海の勧誘はしつこかったわ。
見るだけタダなら観に行こうかと一瞬思ったが、その後断りきれんようになったらいけんので我慢我慢!?

さて、南京東路を歩いた後、人民広場駅から地下鉄でホテルのある老西門(ラオシーメン)へ。

老西門駅前のスーパーへ寄って買い物。
コンビニでもスーパーでもレジ袋は有料なのでリュックサックや袋が必須である。

スーパー
スーパー入口

手榴弾!?
手榴弾


スーパーの魚


スーパーの鶏

なまこ
なまこ

干物
干物

肉のつかみ取り
肉のつかみ取り

羊や豚の足
羊や豚の脚

スーパーでお土産などを買い込んでホテルへ戻る。
やはりホテルの近くは観光客もいない下町だが、落ち着くんよなぁ〜。
ホテルの近くは下町だ

一旦荷物を置いて晩飯を食べに。

上海料理の店へ
晩飯の店

当然中国語オンリーの店なのでどうやって頼もうかと思っていたら、メニューを持って来てくれた。
どうやらチェックを入れた物を持って来てくれるようだ。

メニュー1
晩飯メニュー1

メニュー2
メニュー2

牛肉炒飯にチェック。
これは牛肉の炒飯かなと考えた。

なんとか油牛肉にチェック。
これは牛を炒めた料理かなと考えていた。

ビール。
これはお店のお姉さんおすすめの三得利純生(サントリー純生)をチェック。

サントリー純生はさすがサントリー!美味い!
サントリー純生

ところが、牛肉炒飯
なんと肉と飯がセット。
しかもかなりのボリューム。
肉は上海独特の香辛料味でスパイシー。
牛肉と飯

なんとか油牛肉
牛肉とピーマンの炒め物。
これまたボリューミー!
これは油が多いので大量には食べられない感じ。
牛肉とピーマン炒め

両方とも熱々でメッチャ美味かったのだが多すぎて完食出来ず・・・。

コンビニへ寄ってからホテルへ戻る。
相変わらず色んな物が混ざり合った複雑な臭いのする部屋で晩酌。
部屋から飛び出したいけんので軽め。
小瓶の酒を炭酸で割って呑む。
二日目の晩酌

時間は早いが就寝。

使用金額

紹興酒 38元 684円
人民広場〜老西門地下鉄 3元 54円
スーパー買い物 167元 3006円
晩飯 68元 1224円
コンビニ 31.1元 559円

合計 307.1元 5527円


続く

丸眞正宗名称/丸眞正宗 マルカップ
原材料/米・米麹・醸造アルコール
精米歩合/70&
度数/15
容量/180ml
価格/300円
評価/★★★★

今宵は赤羽の丸健水産で買ったカップ酒。
冷やにて。
ごくり。うむ。
ふぅ・・・美味いわこの酒。
絶妙な喉越しとコクがエエ感じ。
前回はおでんの汁と七味を入れて呑んだ。
ようわからんままゴクリと美味かったが、今回はこの酒単体で美味し!
普通の酒屋で買ったらもうちょい安いだろうがまぁよしとする。

きかんぼうまぜそば鬼金棒と書いてきかんぼう。
これは結構辛い!
そして花椒がかなり効いている。
ちなみに花椒は山椒と良くにた感じの痺れ。
名前の通り辛い!シビレル!
名前に恥じない味わいだ。
そしてパクチー強烈。
こりゃぁかなりクセの強い感じだが超美味し!


鬼金棒

燻製チーズ今宵のアテは燻製チーズ。
ガブリムシャ。
意外と普通じゃ。
オオッという美味さはなく普通じゃな。

肉韓国の缶詰である。
では食べてみる。
ガブリムシャ。
う〜む。
微妙。
肉質は良く食べ応えもあるが、風味が独特。
味付けも普段食べなれない味である。
レバキラーにも合うが、ガッツリ食べるにはもうちょい慣れが必要かも。

おすすめ満足コース5000円往年の名選手や往年の迷選手!?が集う飲み会だ!
酔い潰れないようにしなければ!
あー楽しみだ!

久しぶりにやってきた。
つねまつ

ビーフカツ定食1320円
ビーフカツ1320円
美味いわ〜。

12月12日 上海二日目の朝

下から聞こえるダン!ダン!という骨と肉を切る音で目が覚める。
しかしまだ早い時間なので再び寝る。
が、ゴミ収集の音や地元の人達の声が大きくなってきたので起床。

部屋の扉の下から入れたと思われる怪しい名刺がたくさん。
なになに、局部調理・精油按摩・扱品美女etc
デリバリサービスの名刺だ。
注文しようにも言葉がわからんので注文はせず(笑)
名刺裏

名刺表


さて、朝食はローカルフードが食べてみたかったので、道路脇でおばちゃんが焼いている
クレープみたいなのを注文。
4元。
ローカルフード

クレープ生地に野菜やら何やら乗せてソースかけて完成。
素朴な味の中に大腸面でも使っていた香辛料の味が上海っぽくて美味し!
4元でした

ホテルのまわりは下町らしさいっぱいだ。
下町です

みかん屋
朝の市場みかん

ホテル一階の肉屋ではお客さんが肉を見定めてます
肉を選んでます

老西門から地下鉄へ
切符購入
切符購入

七宝駅で下車
駅前はかなり都会だ。
七宝駅前

ここから七宝老街へ。
七宝老街へ

水郷が有名な観光地

水郷1
老街1

水郷2
七宝2

水郷3
七宝3

そしてグルメストリート

飴屋
飴

鴨の頭
鴨の頭

串焼き
串焼き

もう一つ串焼き屋
串焼き屋

鶏丸ごと串焼き
鶏丸串

蒸しパン
蒸しパン

煎餅
煎餅

団子
団子屋

豆屋
豆花

羊肉
羊肉屋

これは雀?
雀串?

一通り見終えて再び地下鉄へ乗り老西門へ。
ラオシーメン駅都会

ここから再び歩いて豫園という観光地へ向かう。

途中、公衆便所へ寄る
ニーハオトイレ

なんとニーハオトイレだ。
下に水路があるので跨いで座ってする。
扉はないので丸見えだ。
最初はドキッとするが慣れたら大丈夫。
一番下だと他の人のが流れてきますw

皇后路
皇后路

この通りにある紹興酒の量り売り屋へ寄る。
量り売りの店

呑み比べをさせてもらう。
安い紹興酒は薄い。
高いのは濃厚で美味い!
500ml38元の紹興酒を購入。
入れ物も持参なのでコカ・コーラのペットボトルへ。
外観は酒かコーラかわからんわ。
紹興酒お買い上げ

そして豫園商城到着
豫園商城

豫園も一大観光地なので観光客多し。
豫園2

豫園
豫園3

昼飯は豫園のフードコートで。
豫園フードコート

冷たく冷えた黒い飯とキャベツ巻を食べる。
黒い飯は固く冷たいので不味い。
キャベツも冷たく中身も何か入ってるわけでもなく不味い・・・。
36元も払ったのが高く感じたわ・・・。
黒い飯とキャベツ巻

豫園を出て歩いていると偽ブランド品を買わないかと声をかけられる。
まったく興味ないので断る。
しつこいがバッサリ!
豫園偽ブランド勧められる


本日ここまでの使用金額

朝食 4元
老西門〜七宝往復 4元×2=8元
紹興酒500ml 38元
昼飯 36元
土産 30元

合計 116元 2088円

続く

ホルモン丼う〜む。
普通である。
540円という価格なら中身をもうちょっと増やしてほしい。
ちょっと少ないと感じる。
ちなみに、生卵に濃い口醤油と一味をバッサリ入れたやつを丼にかけたら素晴らしく美味くなった。
一つ良い所。
結構色んな内臓がゴロゴロ入っているのは良かった。
なので価格このままで量を増やしてほしいなと。

美味い物を食べに。

生ビアで白子
白子


サザエさん
さざえ


カツオの塩タタキ
カツオ


日本酒を挟んで
雪の茅舎


黒豚
黒豚


ハイボール
ハイボール


親鶏のかったいやつ
鶏


モツは追加で投入〆に麺!
鍋


ラストは獺祭
獺祭


腹一杯!

明神水産株式会社藁焼きカツオをヒマラヤ岩塩で。
旨いわ!
マスターズドリームに合いますわ!
ビールもこれは素晴らしく旨いわ!

新年会食べて呑んで腹一杯!

12月11日 日曜日 後半

ホテルのフロント
ホテルのフロント

ホテルの廊下
廊下

部屋のベッド
ベッド

エアコン
エアコン

窓のまわりはシミ多し
窓

ドライヤーは故障
ドライヤー

トイレは扉無し
えーー!
洗面所・トイレ・シャワーに扉がないって・・・まぁ誰も見る人おらんけど・・・扉無しって・・・。
シャワーも半分壊れかけ・・・。
石鹸や誰かの歯ブラシ放置・・・。
当然シャンプー&ボディソープ入れは空っぽ。
扉無しの洗面所

安いだけあって設備は文句言えず。
冷蔵庫や金庫は無し。
夜中はネズミが動き回る。
ビルの一階が市場のため、なんともいえない臭いが充満。
付近のゴミ捨て場の臭いも結構きつし。
朝4時頃から骨と肉を切る音がダンダン!っと響く。

まあこんな感じだが、荷物を置いて散歩がてら晩飯を食べに行く。

ホテル付近はバリバリの下町
ホテル付近

すぐ隣は市場、その奥は大都会である。
市場の奥は大都会

鶏屋
鶏屋


羊

肉屋
肉屋

晩飯は老上海と書いてある店に入る。
老上海

外では美味そうな餃子を焼いている。
餃子

メニュー
メニューと生餃子

英語や日本語は一切通じないので指差し注文。
大腸面とメニューの下にある餃子を指刺して注文。
すると大腸面と水餃子ラーメンが来た。
本当は焼き餃子が食べたかったのだが・・・。
まぁ仕方ないので両方食べる。
大腸面は上海独特の香辛料が効いており、合う合わないがありそうな味。
個人的にはこれがここの味なんだと思って食べるので美味し。
大腸面

水餃子ラーメンはあっさりと普通に美味い。
ちなみに量が多すぎて残してしまった。

その後、ファミマ(全家)で買い物
全家

部屋で缶ビールと中国の酒をコーラで割って呑む。
夜中に部屋を飛び出したらいけんので量は少なめ。
初日晩酌

Wi-Fiは使えるが、グーグル・ラインなど一部のサイトは繋がらない。

酒を飲んだらやることないので就寝。

晩飯代 36元 648円
全家買い物 52.5元 945円

使用金額 1593円

ひらまさブリやカンパチと似ているが、少しあっさりしているので食べやすい。
ワサビつけて醤油に浸し、ひっくり返して大好きな加茂緑をクイッ!
ヒラマサを再びひっくり返して大好きな加茂緑をクイッ!
酔っ払いますなぁ。
再び、刺身をひっくり返して酒をクイッ!
大晦日ですなぁ。
あ、ひっくり返すだけじゃなく、たまには食べる。
ヒラマサ旨いわ!
そして、またひっくり返す!
加茂緑を飲む!

価格300円
1

インスタントラーメン発明記念館にて購入。
スープ:普通のカップヌードル味
具材:コロチャー×2 チェダーチーズ×2
3

食べた感想。
美味い!
チーズがスープと混ざってまろやかな味わい。
コロチャーも量が多くて食べ応えあり。
満足のいく一杯であった。
2

このページのトップヘ