2007年12月07日

イベント案内

イベントの御案内

クリスマス限定企画
12月21日(金)〜12月25日(日)
この期間中にカップル・御夫婦でお越しの御客様には
クリスマスらしい発泡清酒を1杯無料でサービス致します。

日本酒セミナー
12月23日(日)
テーマ:しぼりたてにまつわるエトセトラ
会費:1000円(予約制)
時間:15:00〜

蔵元屋忘年会
12月28日(金)
テーマ:しぼりたて VS 燗酒
会費:3000円(予約制)
時間:18:30
定員:25名程度

愛媛の最強燗酒決定戦
1月中旬〜2月中旬にかけて
御客様の人気投票で愛媛のベスト燗酒を
勝手に決定するイベントを開催予定です。
詳細はまたお知らせ致します。


kuramotoya at 15:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月05日

告知

皆様こんにちは

御陰様で10月1日をもちまして3周年を

迎えさせていただきました。

今週いっぱい7日(日)まで御来店の御客様すべてに

「え」か媛の愛を1杯無料でサービスしております。

みなさまの御来店を心よりお待ちしております。


さて、そして3周年記念イベントの

「杜氏を囲む会」まで後1週間となりました。

3名の杜氏さんが来店してお話を聞ける

絶好の機会です。まだ予約に余裕がございますので

皆様是非ご参加下さいませ。

「杜氏を囲む会」
10月12日(金) 18:30〜
会費:3000円
お酒:お茂ご、京ひなを中心に・・・




kuramotoya at 12:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月21日

御代栄と津軽三味線を楽しむ会

ac4c66b3.jpg皆様こんにちは

昨日行いました御代栄と津軽三味線を楽しむ会の模様を

お伝えします。

足下の悪い中多数の御客様に御来場いただきました。

誠に有り難うございました。m(__)m

当日提供されたお酒は

御代栄 大吟醸生原酒(金賞受賞酒)
御代栄 吟醸袋吊りうすにごり原酒
御代栄 古代米原酒 宵待媛
御代栄 蔵元の味 原酒
御代栄 梅酒

御代栄楽しむ会お酒


原酒を中心にお楽しみ頂きましたが

まだ発売されていない梅酒を特別に

お持ちいただき試飲させていただきました。

日本酒で漬け込んだだけあって1年の熟成の割に

非常にまろやかな味わいに仕上がっていました。


タイトルにあるとおり当日は津軽三味線の演奏者である

堀尾泰麻さんにお越しいただきライブで演奏いただきました。


三味線演奏者2















津軽三味線演者



非常に迫力満点の演奏で、皆様聞き入っておられました。

好評のためアンコールの声があがり予定より1曲多く演奏していただきました。



御代栄社長挨拶


最後に社長さんからご挨拶を頂き会を閉めさせていただきました。

御代栄蔵元の皆様、堀尾様、そして御来場の御客様

誠に有り難うございました。




最後に記念写真をパチリ



記念写真

kuramotoya at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月06日

日本心 槽口一番

皆様こんにちは

7月からの銘柄変更で35銘柄の変更があり

同時に季節限定商品が入荷したため

40種類ほどの新しいお酒が登場しました。

またこつこつと一つずつアップして行こうと思います。


では今回のお酒です。

武田酒造(株) 日本心 槽口一番 純米大吟醸

日本心 槽口一番

春に搾ったお酒を低温貯蔵し、先日発売になったばかりのお酒です。

ちなみに槽口とはお酒を搾る機械(槽・・・ふねと読みます)

からお酒がしたたり落ちてくる口のことをいいます。

つまりまさに搾り立てをそのまま瓶詰めしたってことですね。

ちなみに槽の写真がこちら・・・



八重垣写真



槽にも2種類あって横に広く敷き詰めるタイプと

このように縦に大きい袋で詰めるタイプ(八重垣といいます)

がありますね。


んでこちらが槽口の写真



槽口写真



搾られたお酒がこの口からぽたりぽたりと落ちてきます。

ちなみに圧力を掛ける前にドバっと落ちてくる最初の部分をあらばしりといいます。



さて、お酒のコメントです。

日本心 槽口一番外観2

まずは見た目・・・

透明度が高くやや黄がかっています。

大吟醸にしては少しとろみがかっていて

粘性はやや強めでしょうか。


立ち香・・・

しぼりたてを低温貯蔵しただけあって

この時期になってもまだ搾り立てのフレッシュ感たっぷりの

アルコールの若い香りがまず立ちのぼってきて

若干バナナの香り、後は爽やか系統の果物の様な香り(リンゴ、マスカットなど)

吟醸香はどちらかというと控えめですね。


味わい・・・

なめらかな口当たり、搾り立ての若い荒々しさは無くなり

角が取れた丸い舌触り。

甘、酸、苦のバランスが非常に取れていて

とても良い熟成をさせたなぁという印象を受けます。

食中の酒としても非常に広い相性で受け入れられるでしょう。

きんきんに冷やすよりはやや冷やした状態か常温に近い方が良いでしょう。

最後にお酒のデータです。

日本心 槽口一番 純米大吟醸
日本酒度:+3.5 アルコール度数:16〜17
300ml 630円

なおこのブログのコメントはスタッフの主観的なコメントで
蔵元屋の公式なコメントでは御座いませんのでご了承願います


最後に蔵元屋ではこの夏ロックでのお酒をお勧めしています。

ロックグラス1

当然ロックグラスでの提供を致します。

今回の銘柄変更で入ったお酒に原酒が多かったこともありますが

味の濃い原酒に氷を入れて召し上がると、涼しげで

味わいもちょうど良く美味しく召し上がれます。

是非一度お試し下さい。
ロックグラス2

kuramotoya at 19:22|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年06月27日

栄光を楽しむ会

b821027e.jpg皆様こんにちは

今日は先週の金曜日に開催しました

栄光を楽しむ会の模様をお伝えします。

蔵からは杜氏さんを始め6名ほど蔵人が来店され

御客様にお酒や造りの説明を頂きました。

日本酒もたくさんの種類を出品いただいたのですが

梅酒もかなりの人気だったようです。


栄光を楽しむ会外国人

蔵元屋でやっている外国人セミナーの生徒さんに

お声がけをしたところ会に御来場下さいました。

後日蔵見学にもお伺いする約束をして

満足してお帰り頂きました。


7月も2,3件の蔵元を囲む会を予定しております。

是非ご参加下さいませ。

栄光を楽しむ会外観

kuramotoya at 15:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月23日

宮の舞を育てていただく会(松田さん誕生会?)

1fdbcdf2.jpg皆様こんにちは

そしてご無沙汰ですww(´・ω・`)

先週の日曜日6月17日に宮の舞の酒の会を開催致しました。

30名様弱の御客様に御来店いただきまして、

松田眞造お薦めのつまみと蔵元イチオシのお酒を楽しんでいただきました。

宮の舞浴衣写真

常連のMさんの着付けで3名浴衣をお召しでいらしていただき

店内が非常に華やかになりました。


ショットバーでバイトされているMくんのカクテルコーナーなどもあり

大変盛り上がった日曜の夕刻でした。(・∀・)

皆様御来店有り難うございました。m(_ _)m


そして松田さんお誕生日おめでとう

今年こそはお嫁さん見つけてねww



出品されたお酒
・大吟醸 鑑評会出品酒
・中取り大吟醸自然しぼり無濾過生原酒2006,2007
・大吟醸 15度生酒
・純米吟醸無濾過生原酒
・純米吟醸 15度
・上撰
・にごり酒
・上撰生原酒
・粕取り焼酎
・麦焼酎
・くり焼酎
・芋焼酎
・そば焼酎



宮の舞乾杯写真

kuramotoya at 19:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年05月03日

安くて旨い!?

1e4ce8f3.jpg皆様こんにちは (*・ω・)ノ

なんだかんだで前回更新から・・・

二ヶ月半も経ってしまいました。(´・ω・`)

新酒が続々と入荷しているんですが・・・

少しずつアップしていきますので宜しくお願いします。



さて、今回のお酒は砥部町の協和酒造(株)

初雪盃の上撰おりがらみ生原酒をご紹介します。

上撰とは一般的に普通酒と呼ばれる蔵元でも

一番お手頃な価格帯のお酒です。しかし近年

愛媛県内の蔵元も旨い普通酒!!を造っています。

安くて旨い!・・・これほど飲み手にとってありがたい物は

ありません。




ではまずは見た目・・・

おりがらみですのでw

白く濁った中にお米や麹の細かい粒が

ただよっていて涼しげな風貌です。

粘性はやや強めでトロッとした感じ。


立ち香・・・

桃のような甘い香りとアルコールスーッとする香り

がまず立ちのぼってきます。

後から若干クリーミーな乳酸系の香りと

木系の堅い香りが相まってします。


味わい・・・

口当たりは滑らかですが、

舌の上にお酒が乗ったとたん

どっか〜んとボリュームのある酸味が

まず下を包み込み米の旨味が口に広がり

刺激的な苦みが最後に訪れ

口中に永い余韻が訪れます。

口の中での味わいの変化が非常に早く

移ろいで行くのと長い余韻ながら

サラッと消えていく後口のおかげで

かなりのボリュームのお酒が

重さを感じさせないのが素敵です。

華やかな含み香は多くは有りませんが、

7号酵母らしい柔らかく優しい香りが

心地よく感じます。

日本酒度は±0(一般的には甘口?)ですが

アルコールが高い分それほど甘くは感じません。

かといって辛い訳でもなく・・・旨いってかんじですね。(・∀・)


では最後にお酒のデータを

協和酒造(株) 初雪盃 上撰おりがらみ生原酒
日本酒度:±0 酸度:1.7 アルコール度数:19〜20
原料米:愛媛県産松山三井 酵母:協会7号(701)
720ml ¥1160
限定50本のお酒ですのでどこにでも有るわけではありませんよ。 (´▽`)


なおこのブログのコメントはスタッフの主観的なコメントで
蔵元屋の公式なコメントでは御座いませんのでご了承願います
初雪盃上撰おりがらみグラス

kuramotoya at 18:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年02月17日

イベントの御案内

日本酒セミナー始めました!!
あなたにもっと日本酒のことを知って頂きたくて…
日本酒セミナーを毎月第4日曜日に開催致します。

第1回セミナー テーマ:燗酒
日時:2月25日(日) 15:00〜
会費:1000円

×鷦鬚硫奮
 顱盆鷦鬚瞭胆
 髻盆鷦鬚妨くお酒、向かないお酒
 鵝鵬硬拌咾砲茲詭わいの変化
∂鷦鬚亮賊
御予約受付中

第2回セミナー テーマ:利き酒
日時:3月25日(日)

第3回セミナー テーマ:日本酒初心者講習会
日時:4月22日(日)




東予の蔵元見学ツアー
日時:3月11日(日) 9:20〜17:00


昨年は中予の蔵元を回りましたが、今年は東予の西条市への見学ツアーを企画しました。
各蔵元造りの最中にもかかわらず快く引き受けてくれました。
蔵元を訪れる機会などなかなかありませんので、是非一度体験してみませんか?

会費:交通費実費 約3000円程度
(交通費は集客人数により変動します)
飲食費実費

定員:10名(予約制)
今回見学する蔵元の都合により10名に限らせて頂きます。
御予約受付中


9:20 蔵元屋集合
9:30 蔵元屋出発
10:30 成龍酒造(御代栄)到着→見学・お土産購入
11:30 成龍酒造(御代栄)出発
12:00 マルブン本店にて昼食
13:00 マルブン本店出発
13:30 石鎚酒造(石鎚)到着→見学・お土産購入
14:30 石鎚酒造(石鎚)出発
15:00 首藤酒造(寿喜心)到着→見学・お土産購入
16:00 首藤酒造(寿喜心)出発
17:00 蔵元屋到着→解散or店内にてお召し上がり

注意事項
・香りに敏感なお酒を取り扱っていますので、蔵内に香りがつかないよう香水・オーデコロンなどはお控え下さい。
・非常に清潔に保たれている蔵内に菌類を持ち込まないよう清潔で動きやすい格好でお越し下さい。
・菌類が入った食物→納豆、ヨーグルト、くさやなど発酵食品は前日・当日朝ともにお控え下さい。
・飲酒運転撲滅のため集合場所までは公共の交通機関をお使い下さい。




寿喜心のしぼりたてを楽しむ会
日時:3月23日(金) 19:00〜21:00


会費:お一人様 3000円(御料理・お酒代を含みます)
定員:20名 御予約受付中

蔵元を囲む会初登場の首藤酒造さんです。
今回は三男の首藤茂さんが来店し、御客様にお酒を御披露目致します。
「肴なしで飲める酒」 をモットーに酒造りに情熱を傾けている首藤酒造は
杜氏を雇わず若き蔵元を筆頭に家族だけで造っています。



kuramotoya at 17:08|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年02月10日

またまた雪雀のしぼりたてです。

8cff5e43.jpg皆様こんにちは

暖かい日が続いています。

蔵元にとって気候が厳しいときこそ

腕の見せ所ですね。愛媛の蔵元の皆様がんばってください!!

今年のお酒も期待してますよ〜!!



ではでは今回は松山市・北条の雪雀酒造の

大吟醸生酒”冬しずく”のご紹介です。


まずは見た目・・・

うすにごりやおりがらみと商品名を付けても良いぐらい

澱が絡んでいます。若干黄色がかった中に霞がかっている!?

粘性はやや弱めのようです。


次に立ち香・・・

新酒らしいアルコールの香りとリンゴ酸のあいまった香りが

主体となっています。ミント系のすーっとする香りや

若干バナナの様な香り、全体的にさわやかな香りがほとんどですね。


では味わいを・・・

口当たりはなめらかですが、舌の上に転がりだすと新酒らしく

ガスの刺激が有ります。若干の甘味を感じますが全体的には

ドライな辛口ですね。

酸味よりは苦みが勝っている印象で

もう少し経って落ち着いてくるとよりよいバランスになるのかなぁ

と思いました。アルコール感はそれほど強くないです。

大吟醸にしては後味は余韻がしっかりと残る感じ・・・

澱が絡んでいるからでしょうか。


では最後にお酒のデータです。

雪雀酒造 雪雀 冬しずく 大吟醸生酒
720ml ¥2548円

日本酒度:+6 アルコール度数:15.8


なおこのブログのコメントはスタッフの主観的なコメントで
蔵元屋の公式なコメントでは御座いませんのでご了承願います


蔵元屋では一昨日より酒粕の販売を始めました。

現在栄光酒造と亀岡酒造2蔵の純米吟醸粕を1kg400円で

販売しております。酒粕を使ったレシピなどもお渡ししておりますので

是非一度御利用下さい。




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ




kuramotoya at 17:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月09日

しぼりたてが続々入荷中

4d211851.jpg皆様こんにちは

今年の愛媛は特に暖かく特に

蔵元さん達には大変な冬となっております。

いくつかの蔵元さんとお話しましたが

やはり気温が高いため米の放冷が大変だとのこと。

留め仕込ではもろみの温度を8〜9度(位だったと思う)

程度まで下げなければいけないため蒸米を完全に冷やしてから

でないと仕込めないですねぇ。

特に今からは小さい蔵元は大吟醸の仕込が始まります。

寒いのは嫌ですが、お酒のためには気温が下がることを

祈るばかりです。



さて、今回は今治の八木酒造部

山丹正宗 吟醸しぼりたて無濾過生原酒

をご紹介します。・・・しかしお酒の名前って

長いよなぁ・・・お客さんがわかりにくいって言うのも

わかるわ。



ではまず見た目から・・・

無濾過というわりには透明感があり

しっかりと澱引きされていますね。

ほんのりと薄く黄色がかっています。

粘性はやや弱めかな。



次に立ち香・・・

立ちのぼるアルコール感と蜜のたっぷり入ったリンゴ、

若干の酸味のある柑橘系の香り、ミント系のスーっとする香り

など全体的に若々しく清涼感たっぷりの香りを感じ取れます。

去年の同じ商品と比べると香りのボリュームが

ワンランクアップしているような印象を受けました。



味わい・・・

口当たりはやや刺激的、炭酸ガスや若さからくるであろう

苦み・酸味などが相まってやや強めのアタックを感じます。

さらっとした甘味を少し感じた後に硬めの酸・苦が広がっていきます。

含みのアルコール燗はさほど強くなく

後口は苦みのドライ感の後はさっぱりすーっと消えます。

余韻は短め。



では最後にお酒のデータを

八木酒造部 山丹正宗

しぼりたて吟醸無濾過生原酒 720ml ¥1910

日本酒度:+3 酸度:1.4 アルコール度数:17〜18



なおこのブログのコメントはスタッフの主観的なコメントで
蔵元屋の公式なコメントでは御座いませんのでご了承願います


そうそう蔵元屋では昨日より酒粕の販売を始めました。

現在栄光酒造と亀岡酒造2蔵の純米吟醸粕を1kg400円で

販売しております。酒粕を使ったレシピなどもお渡ししておりますので

是非一度御利用下さい。



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ




kuramotoya at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
QRコード
QRコード
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました