2007年10月19日

亀田選手に思う

亀田選手は試合で反則をしたらしいが、わたしのようなボクシングのルールをよくしらない人間にとっては、「ふ〜ん、反則だったんだ」くらいにしか思わない。

はっきり言うが亀田選手は面白い!
「俺は強い」「勝って当たり前」「それだけの練習はしている」と断言する姿は、わたしにはまぶしかった。

いつもいつも、一緒に仕事をしている上司のAさんから
「俺はどうせダメだから」
「俺には無理ですよ」
「なにかあったらクララさん責任とってくださいね」
「自分はわからないので、クララさんお願いします」
なんて毎日毎日聞いている私だからよけいそう思うのかもしれない。

なんにしろ、ボクシングなんてまったく見ない私でも、亀田選手が出るなら「ちょっと観ようかな」と思うわけで。それは「ボクシング界に多大な貢献」をしていることにならないのか?

彼の反則がボクシング界において、どのくらい許せないものなのか、私にはわからないけど、1年も彼の試合が見れないと思うと、寂しい気がする。
あの不敵な彼のキャラクターが、こんなことで死んでしまうのが、もったいないと思うのである。

これが朝昇龍になると、また話が違ってくるんだけどね、相撲は「格闘技」である以前に、日本の文化であり、本来神様にささげる行事の一つだったわけですから。

ちなみに、エリカさまの「別に・・」発言を擁護する人がいるのがなんとも不思議である。「疲れていたから」という言い訳が通用するなら、大抵の社会人は一日中むすっとしてるだろう。「正直だからいい」も、「彼女だから許す」というのもどうにも納得できない!わたしが女だから?

kurarabrog at 22:41│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔