2007年10月21日

木村拓也

少し前に、なぜか木村拓哉が夢に出てきた。
女性なら男性タレントから求愛される夢ってだれでも一度は見るよね?


お願い、見ると言って!!


こんな年になって恥ずかしいカミングアウトではある。

彼がなんと言ってわたしに求愛したのか、それはよく覚えていないのだが、(覚えていても恥ずかしくて言えないと思うけど)彼に対する反応がなんとも私らしかった。


わたしは彼に必死に訴えていたのだ。


「それはおかしい!ぜったいおかしい!わたしは貴方より年上で、30過ぎてて!抱かれたい男NO.1を何年も独走しているあなたが、私を好きになるなんてありえない!理由がない!だいたいあなたの好きなタイプは、工藤静香みたいな『ちょいヤンキー』な女でしょう?わたしは全然違うじゃない!ってことはドッキリなんでしょう?素人にそんなの仕掛けていいの?」
 

木村拓哉は、わたしの訴えにひるむ様子もなく、あの飄々とした調子で口説いてくる。
そこで、わたしは彼の隙を見て、逃げ出した。
そして、彼のマネージャ(?)のような人を捕まえて、


「彼を連れて帰って!」


と頼むのである。

しかしそれが、木村拓哉にばれる。
彼は、あの独特の口調で



「・・・ねえ、なんでそういうこと言うの?あそう、俺ってそんなに信用できないわけ?俺のことが嫌いなの、答えてよ、ねえ」


ここで私の目は覚める。
夢から覚めても、彼の気配がまだどこかにある気がして、ひどく切なかった。
馬鹿だなあ、夢だってわかっていたらもっと楽しんだのに。
「嫌いなの?」って嫌いなわけない。
だって木村拓哉だよ?


この話を、友人のセーラ(仮名)にしたら、
「ん〜それは、クララさんに対する警告かもね」
と言われた。
「クララさんどんな人に好かれても疑いそうだもん」

ううむ、ごもっとも。

kurarabrog at 22:03│Comments(2)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Rickey   2007年10月23日 14:15
クララ
再スタートおめでとう。気楽に気長に仲良くやろうぜ!

まず最初に苦言から。
なぜ「負け犬・・」なんだい?「クララの日々の記録」でも十分だと思うけど。自分で負け犬と言うのは悪いけど好きではないね。

そうだ・・「泣き虫クララの日々の記録」では?
ははは ごめん!余計なこと書きました。

また寄らせてもらいますよ。頑張れ!
2. Posted by クララ   2007年10月27日 02:16
Rickeyさんへ


ん〜それがね、これが後退なようで、進歩なんですよ。わかりにくいでしょうけど。

な、泣き虫じゃないもん!

どうもありがとうです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔