2017年10月30日


DSC_0336_original


屋根瓦と外壁の取り合う部分には
「のし瓦」を積みます。
そして、「のし瓦」の上には
「雨押え」と呼ばれる板金を被せることにより
壁際の防水処理を行います。


今回の屋根は棟違いなので
棟違い部分の雨押え板金の加工は
大変気を使います。

板金の加工は現状の形状を考慮しながら
三次元の発想が必要なので
頭の中のアドレナリンはフル活動です。

秋晴れの強い日差しを浴びながら
その作業に真っ只中の職人さんです。




(11:28)

コメントする

名前
 
  絵文字