昔は良かった。


◎馬場はシンプル寄り◎

実力馬が素直に地力を発揮。
しかも、極端に内ラチが軽いインチートが定期的にあり、逃げ馬がお金を運んできてくれた。
(特に一時期、毎年12月初頭の開催はインチート出現が恒例)

ゴールデンウィークに毎年恒例行事もあっt


◎タフ馬場に変わるタイミングも明確◎

主に11月初頭開催。
差し馬バンザイ!競馬isパワー!
ロベルト!ティンバーカントリー!◯◯だ!と飛びついていた。




それが

どうしてこうなった





ちかごろのふなばし





〜宛緘召妊薀善茲い領匹薫しが替わる事がある。

馬場読んだ後も変わる恐怖、レート上げづらい


⊆召蟠餽腓如部分の軽さが替わる

「内外の差」

「直線」

「向正面」

「3,4角」

乾き途中の馬場は、前日の傾向馬場のままでいさせてくれない。
乾いて変わる、それぞれ変わる。
事前予想が徒労に終わる可能性(T_T)
どないせーっちゅの



B松譴卜爐鮓ないタイトなハイペー
        &
     長目の直線


これは船橋の基本ではあるけれど。
つまり、´△稜肋譴結果にストレートに影響。
川崎や浦和の様に小回りで内前でごまかせない。
カオス&カオス



これは船橋競馬場の極悪ポイントのほんの一部

今、南関で魔界大井と並んで難易度が高い競馬場

それが
「船橋」



(ミッキーヘネシーが総OP勝った激タフの頃よりクセが強い今の馬場)





閑話休題





ということで昨日までの振り返り。
適当な軽いノリで捉えてね



初日月曜

まず基本的に馬場は軽目寄り。
部分的な重たさの差は無い模様。
内外の差は前半はラチ沿いよりも外が良さげだったけど、後半になってラチ沿いと外の差はほぼなくなった。

個人的な注目としては、事前ツイートに書いといたケンブリッジアロー号の結果がどうなるかだった。

screenshotAtUploadCC_1541520107927









結果→外先行して圧勝、これで前開催との帳尻合わせおしまい。

個人的な馬券は最終のディゼトワール号
馬場に部分的に差も無かったので、きっとノシノシ頭には届かずとも(地力的に)来てくれると思った。3着ε-(´∀`*)


という初日の所感。



二日目火曜

昨日は降雨の影響もあってか馬場の軽さは加速。
前開催の高速馬場と同等か其れ以上。
内外の差はみてのまんまで。
基本先行有利、差し馬は機動力があるか無いかで取扱いは決まる。

軽さについては細かい所は省くけど
「オルキスリアンさん、あんた4月のキングガンズラングさんの時計より早いってそれどうなん?」という所で一つ。

後はトピックスとしては個人的に今後長く楽しませてくれそうなリュウノジャイアン号。

今回は距離長かった、これは仕方なし。
今後800m〜1400mでB級以上までは行けるポテンシャル見せてくれるのではないかと勝手に楽しみにしてる。
現状は、ジュンサザンクロスの後継者的立ち位置なイメージ。


んで今日

雨は降らなそうね、乾きそうね(゚∀゚)
△世諭∩鞍召麓蠅鮟个擦覆い諭


頭に入れておきたい事としては、この項の冒頭であげた「ケンブリッジアロー」号の様に、前開催の内外の上げ下げをしっかり抑えてるかがマストと考える。
これがないと、今開催何を頼って戦えばいいかわからないんじゃないかな。オッズの妙味もここから出てくる。




気にしたいポイント

個人的予想のものさし


まず持ち時計重視


・先行

有利。
まず1列目で追走出来ないなら評価下げ、特に下位クラス。
タイトなラップをこなせるか過去走はチェックしておきたい。特に1500m以上。


・差し

やや不利。機動力なければ更に評価下げ。
機動力があっても「動ける」騎手かもチェック。
機動力がなければ最後まで溜めれる覚悟があるかこれもまた騎手によるし、前が潰れるか展開読みも必要になる。


・前開催の上げ下げ

10/1~5の開催、内外の良し悪しの差は激しい。
ここで悪い所を走ってる馬は見ておく。


* * *


余談。 

今開催配当ガッチガチの決着というのは「下位クラス」においてはそう無く、「上位クラス」だと固くなりそう。
上位は先行力ある仔は大体末もありごまかせるしね、決着もズレなさそうだ。


下位クラス、楽しめると思うんだな(゚∀゚)ノ


おすまい。読んだ甲斐が1ミリでもあれば↓のクリックと馬券バイブル秋のG1号よろよろ(゚∀゚)アヒャ



最強競馬ブログランキングへ