鳥海の麓 「北村くらた農園」より愛を米て。 

こんにちは。山形県酒田市の農家「北村くらた農園」の北村です。我が家の「米」そして「茶豆」といった作物の生育状況や、日々の仕事、酒田の風景などを、このブログで紹介していきます。お米の袋に印刷している「くらた」とは、我が家の先祖の名前で屋号となっております。くらた→清太→淳治郎→繁→私と百姓を引き継いで、代々からの土地を耕しております。

学校の稲刈り

こんばんは。
先ほど一日の仕事が終わりました。
9時から小学校の行事に参加。稲刈りです。
DSC_2275
保育園の時から一緒の仲間です。みんな大きくなりました。
DSC_2276
長女は学校のイベントのがあると、近年は来なくていいよ!とか言うのですが、農業の事だけは違うようです。
自然乾燥はとても珍しくて、私も種取りをしてた時位しか経験がありません。
稲を鎌で刈る事すら近年してませんね。

このイベントを途中で抜け出して、自分の稲刈りをスタート。
もう遠方地の田んぼしか残ってないので移動時間が多く順調に仕事がすすみません。
DSC_2277

明日で稲刈りを完了させたくて、ライトをつけて後半は作業しました。
DSC_2278
紅葉もきれい。
DSC_2279

残業しなくても、稲刈りを一日延ばせば仕事の負担も少なくなるのですが、なんとなく早く終わらせたくなります。
このあたりの地域はゴールデンウイークに田植えをする方が多く、我が家より稲刈りが早いです。
もしかしたら、私の周辺より担い手が少ないので、人手の欲しい田植えはGWにしてるのかもしれません。

さて、明日で稲刈りが終われば、あとは里芋とサツマイモの収穫。

トウモロコシを収穫した畑も綺麗にしたいです。

もう少しですね!!

ではまた。


能代へ

こんばんは。
今日も可能なら稲刈りの予定でしたが、6時過ぎから雨が降りまして
日中も曇りの予報で断念しました。

今年の枝豆栽培では豪雨に悩まされました。
毎年泣き寝入りは御免なので、対策も必要。必要だと考える機械が出品されてたので、直接電話して急きょ買い物に出かけました。

秋田県能代市へ。
往復360km。

にかほ辺りから晴れてきまして、酒田も晴れてるのかな〜と、気になったけどそうではなかったみたい。
DSC_2245
無事に農機も引き取り、帰り道に寄り道。
以前から行ってみたかった場所です。
DSC_2246
大潟村干拓博物館へ。
DSC_2253
外には昔の機械が展示されてました。大型のものばかり。
DSC_2252
DSC_2250
DSC_2251
DSC_2248
DSC_2249
中の様子。
DSC_2258
入館料は300円でした。作業着を着た中年が単独で来るのは珍しいらしく「お一人ですか??」だって(笑)

誰もいないシアターで黙々と勉強してきましたm(__)m
DSC_2272
干拓前と後。
DSC_2256
日本最大の平坦な農地だそうです。
DSC_2257
農村で見られた風景。本当に見られたでしょうね!
DSC_2259

干拓直後に多発したであろう難儀した場面。
DSC_2262
DSC_2264
DSC_2263

その他の資料。興味深いものでした。
DSC_2271
DSC_2270
DSC_2269
DSC_2268
DSC_2267
DSC_2266
DSC_2265

夢を刈られて。というと言うドキュメンタリーがあります。
https://minpou-club.org/pdf/0103.pdf


八郎潟の歴史と減反政策との闘いが描かれてます。

干拓博物館では週末は特別な映像が上映されてるそうですが、今回は見れませんでした。
私が見たのは、先人の御苦労よりも最先端のモデルであると強調された感じがしました。
確かに最初はその通りでしょう。私が入館したときに、中学生が十数人が帰り際でした。
私と同じ映像を見たでしょうね。

入植者の当時の思いや戦いなどをしっかりと伝えて欲しいものです。

何かで今の食生活を大きく変えられるなんて思ってもいませんが、あの見せ方は当たり障りないというか…。

考えすぎかな?(笑)

あのドキュメンタリー見たら涙が出ますよ。

よ〜し!明日からは稲刈り再開だぁ!

おやすみなさい。







秋の収穫終盤

こんばんは。
仕事は稲刈りが中心です。雨が降ったりと中々順調に進んでませんが
来週中には完了予定です。

新米発送などと同時進行で稲刈りをしてるので、乾燥機1台分刈り取るのが精一杯。
DSC_2231
枝豆直売と新米発送と稲刈りを同時に進めるのは、なかなか大変なものでした。
今は枝豆も終わったので、少し楽です。
新米の出せる時期に直売をしたくて試してみたのですが、時間との戦いでしたね〜。
DSC_2230

稲刈りの時期でも、植えなくてはいけない作物もあります。
ニンニクの種植え。小雨でしたが稲刈りが出来ない日に行いました。
DSC_2234
畝は野菜定植機のタイヤ跡のみです。植え付け部のローラーを引きずってセンター跡を付けて、手作業で種を埋めます。
DSC_2235
キャベツなどは女性陣がコツコツ植えてます。
DSC_2244

稲刈りが出来ない時は、枝豆収穫が終わった圃場を耕したりもしてます。
本当は雑草の種が出来る前にする作業なんですが、仕事も遅れ気味。
line_1539071408097
DSC_2237
直売は再開とかをFBページ等でうたってませんが、サトイモなどはまだまだ沢山あります。
DSC_2241
少ないですが他の野菜も収穫出来てるので、お店には並べてます。
DSC_2239
誰かいない事もあるので、その際はこちらへ(*^_^*)
DSC_2240

時々、籾摺り(稲刈りしてお米を乾燥させて、玄米の殻を取る作業です)のバイトをお願いしてます。
親父も歳なので、体への負担も少なくなるように。
DSC_2242
バイトしてくれてる方も初めての作業ですが、すぐ覚えてくれて明日も来てくれるそうです。
DSC_2243
さて、肝心の天気ですが週末は良さそうですが、その後は曇りが多くて順調に進むか微妙。

仕事が一段落したら釣りとかバイクでツーリングとかしたいものです。

今しばらくがんばります!

ではお休みなさい。



枝豆の直売が終わりました。

こんばんは。
昨日をもちまして、7月中旬から行っていた枝豆の直売が終わりました。
色々と栽培に関しての事はありましたが、何よりもお越しいただいた皆様!ありがとうございました。

直売期間中にアンケート箱を置いたりして、お客さんの意見を反映させたいと思ったりもしたのですが、時間が無くて出来ませんでした。

もっと味が良くなるように色々と考えて植えますので、今後とも宜しくお願いします。

本当は直売期間中に沢山販売したかった里芋ですが、忙しくて品不足になりました。
来週からは、のぼり等は出しませんが、里芋等は販売してますのでお気軽にお越し下さい。
DSC_2221
line_1538541141726
明日は次女の行事で芋煮会。
稲刈りも枝豆もありません。しばらくぶりに朝仕事がありません。

台風の影響で日中は30℃を超える暑さでした。
自分の体調が変なのかと思えるくらい暑く感じましたが、ゆっくり休んで明後日から稲刈り再開です!

仕事が落ち着いたらまた改めて投稿します。

お休みなさい。


晩生枝豆直売初日。

こんばんは。
直売をしばらく休んだので久しぶりの開店でした。
DSC_2213
新米も並べました。
DSC_2214
もう10月なので、お客さんも多くないと予想してましたし、新米も米どころ庄内では珍しいものでもありませんので、そんなに簡単に売れないと思ってました。
…。予想通りでした(笑)

枝豆は通常1kg袋で販売してますが、急きょ800gにしてます。お値段は据え置き。
収穫量がものすごく少ないから、そういう対応をしてます。

でも仕事が落ち着いてから再度計算したのですが、来年植えるか微妙です。

早朝に野菜コンテナ15個分収穫しました。豆の選別が終わって破棄するコンテナを数えたら7コンテナ。
今年から枝豆の収穫機を導入してるので、コンテナに豆以外の枝や葉が入ります。約半分捨ててる感じではありませんけども、それにしても歩留りが悪いです。

800gだとか数百円値上げだとかで、どうこうなる品種ではなさそうです(-_-;)
※数年前に植えた時もそう思ったのですが、良い土の土の圃場で植えたら少し変わるかと思ってたけど、やはり同じ。

お客さんの意見を聞いて、来年植えるか検討します。
こんな感じですので、全品種ご注文の方に発送できるかわかりませんが、色々工面したいです。

最後に仕事の事。
非常に不安定な天候でしたが、昼前から稲刈りスタート!
DSC_2216
時折雨が降ったりもしたので、すぐ逃げられるように近くのトンネルにトラックを配置。
なんだかまた新たに台風が出来てるようで、いくらでも早く稲刈りを終わらせたいです。
DSC_2215
DSC_2217
トンネルが近くにあると安心感がありました。※稲作農家にしか伝わらないでしょうけど、いつもの癖でオーガの自動ボタンを押してしまい、天井にぶつかりました。

まだ半分も稲刈りが終わってませんが、在庫も増えてきました。
DSC_2208
今年から、米に田んぼの地番を付けてます。どこで採れたものがどんな品質なのか追えるように。
DSC_2209
我が家で作った米が一定の品質か言われれば、そうではありません。
転作から復帰した圃場もあれば、赤土みたいな地力の少ない田んぼもありますし、逆に良い土の田んぼもあります。
刈り取り時期の問題だって品質に影響するでしょう。

田んぼ一枚ですべての収穫が完了するなんて方は、ほぼいないでしょう。

品質を安定させたいのもありますし、地力がない圃場の対策も出来るので、ある程度は圃場ごとの収量を把握しておきたいです。

稲作農家はだいたい経験でわかっているのですが、やっぱり刈り取り時期は色々仕事があるので、落ち着いた時に対処出来るようにしておこうかと…。

最後に余談。
ヤフオクで見つけた機械のカタログ。
DSC_2211
畝を作る道具です。秋田県能代から出品されてる機械でした。
買いに行きたいけど、引き取りに行く時間があるかな〜。
個人じゃなくショップなので、電話して聞いてみようかと思います。

枝豆の水害対策として検討してた事なので、しなくちゃいけないのだけど稲刈りのさなかなので、仕事の段取りをして購入したいと思います。

能代の往復だと一日仕事が潰れますが、来年の事の対策なのでどうにかします。

では、明日からも稲刈りがんばります!
おやすみなさい。



10月2日から枝豆直売します

おはようございます。
酒田は雨になりましたが、風はありません。

さて、最後の枝豆直売ですが10月2日から開始します。
おそらく3日〜4日間位の収穫になろうかと思いますが、台風の影響もあるかもしれないので、なんとも言えないです。

本当は今日でも1日からでも直売したかったのですが、新米発送の準備やら1日は台風で大荒れの為、2日に決めました。

里芋や新米も準備して行いますので宜しくお願いします。

少し、仕事や別の話。
こちらは金曜日の事。
ハウスの遮光シートを取り外してます。台風対策ですね。
DSC_2200
どの程度の強風になるのかわかりませんが、ハウスが潰されてたら大損害です。

昨日は次女の運動会。
DSC_2205
徒競走で一等になれると自信満々だったのですが、結果は最下位。
スタートから出遅れて、途中追い付いたのですが前の人を押してました(笑)
ちょっとウケてしまいましたが、あの自信はどこからくるのだろう?(*^。^*)

運動会は途中で退席し、稲刈り。
DSC_2207
どうしても台風前に刈り取りしたかった田んぼを終わらせました。
隣の方、中干し(田んぼを乾かす事)をしない爺様なもんで、水が染みてきて我が家の田んぼも非常に柔らかいです。コンバインがえらく傾いたりしながら、何とか完了。

鳥海山にも傘雲が出来てます。
これから天気は大きく崩れるけど、最後の枝豆が強風で倒れませんように。
DSC_2204

では最後の直売数日間、宜しくお願いします。


稲刈り少しずつ進んでます。

こんばんは。今夜は隣町でテニスの会議があり、20時頃から自分のクラブの練習に参加して帰宅です。
お米の発送、田んぼの草刈り、里芋収穫、趣味の集りとかで、忙しい一日でした。

稲刈りの休みに里芋を収穫して、10月初めの枝豆直売に備えようと思ってましたが、稲刈りの休みって雨なので、よくよく考えたら里芋も、収穫出来ないですね。
DSC_2195
稲刈りの合間に収穫してます。私はちょっとしか手伝えませんでした。

田んぼの草刈りも終わってなくて、夕方数時間ずつ仕事を進めているのですが、なにか方法を考えないといけないですね。

仕事が雑になってるなぁ〜と反省してます。

新米の販売ですが、玄米は明日からで白米は明後日から行いますので、宜しくお願い致します。

さて余談。
11月初めに農業者のサミットが山形であります。
DSC_2190
こんな、イベント自体知りませんでしたが毎年どこかの県で行われているみたいです。

認定農業者の役員を嫌々してまして、その三役が参加する事になりました。
全体回は山形市であって、研修会は山形のあちこちで翌日あるそうです。

研修先。
DSC_2192
DSC_2193
酒田・飽海地区の研修先をみてましたが、初孫(株)、山居倉庫、酒田米菓(株)、平田牧場、遊佐のカントリー、道の駅ふらっとなどでした。
平田の大きな農業法人のハウス栽培の事は知ってましたが、県外から来た農業者が視察して何を得るのだろう⁉️と考えます。

地元の企業や、知ってる経営体なので、それが悪いとか全く思いませんが、百姓にどう生かすのか疑問にも思います。

30人前後の枝豆栽培のFBグループの仲間に、このイベントの事を聞いたら全員知りませんでした。

これは旅行なんでしょうかね?もしくは企業の宣伝?

難しく考えすぎかもしれませんけども、なんだか自分の経営に生かせるイメージがわきません。

もう数年で百姓して20年になります。この商売で暮らして来れたのはうれしいですが、厳しさみたいのは、増えてる感じがします。


厳しいって言うか怖さですかね。雇用して栽培面積が増えれば増えるほど膨らむもの。栽培面積の上限も自分で決めれますが、なんだか自分の能力の上限も決めてしまうってのは、色々考えます。

あらっ、もうこんな時間。
お休みなさい。




















枝豆直売も一時中断…稲刈りスタート

長かったので、先ほどの続きです。
ブログを書いてたら外は雨になりました。今日は休憩なく頑張って良かったです。

お米の在庫が少なかったので、早めに稲刈りしないと大変な事になりそうで気になってました。

後は特別栽培米を一度収穫すれば、天気に合わせてマイペースで作業出来ます。

昼前頃。右はもち米で我が家の田んぼ。
DSC_2167
もちは栽培がやや大変ですが、まずまずの出来。
DSC_2168

10月1日〜新米と謳ってますが、それより早くなります。
もう昨年度の米の在庫が残り僅かなんです。

稲刈りしてたら長女が犬の散歩がてらきました。
DSC_2172
次女も来て、田んぼを走ってます(笑)DSC_2179
DSC_2181

職場(たんぼ)に娘がいるだけで、普段とは違うもんです。
やっぱり嬉しいですからね。
この切り藁の匂いは体に染みつくんだよ!中年になってみなさい。落ち着くんだよ!いずれは、ここが恋しくなって、嫁がずにお婿さんとか…。

では、明日の最終日がんばります!

お休みなさい。









枝豆直売も一時中断…稲刈りスタート

お疲れ様です。
まず、枝豆直売の事。
明日をもちまして、枝豆の直売は一時終了となります。品種は庄内7号です。
BlogPaint
天気の事や品種あれこれなど、色々あった直売期間でした。
御購入して頂いた皆さま、本当にありがとうございました。
何年も発送させて頂いていた県外のお客さんにも、初めて会えた事も嬉しかったです。

さて、明日以降ですが午前中だけ里芋などはありますので直売してます。
のぼりは掲げません。悪天候が続くと里芋が掘れないので、無いときもあります。

こんなラフな感じですが、出来るだけ午前中は作業場に誰かいるようにしたいと思いますのでよろしくお願いします。

10月上旬には、久しぶりにトライする枝豆の収穫が数日あります。
数年前まで植えたりした品種ですが、食味が非常に良い反面、収穫量がとても少ないので県外発送は致しません(定期で御購入頂いてる方は除きます)

なぜ美味しいのに栽培を辞めたかと言うと販売価格です。価格を上げる事に抵抗がありました。
でも今年はあえてこの品種を値上げして販売するつもりでしたが、同じ値段でいきます。

私の勉強不足で、品種の違う枝豆を販売してしまったから(厳密に言うと違っていないのですが、求めていたものではありませんでした)お詫びの意味もありまして、ラストも同じで終わります。

来年は全品種100円値上げになります。ラスト飾る品種は200円値上げします。
この値上げによって、働き手を一人増員できます。最後の品種は味にとことん執着した管理にしたいと考えてます。今も気を付けてはいるのですが、時間があればもっと出来ると思います。

変な話ですが、人件費に働き手2名が計算されてません。両親です。
私も似たような感じではありますけども、その2名が現役で働ける年数は少ないでしょう。

作物を値上げしたから休んでいいよ!と言っても休むタイプじゃありませんが(笑)、作業の負荷は下げないといけません。
値上げによって売れなくリスクを承知で行う決断です。
枝豆を栽培してから値段を一度も変えないで今まで来てますので、迷ったけど、そう選択しました。

最後の枝豆品種の昨日の状態。この写真では収穫量までわかりませんね!
DSC_2160

では、いきますよ!
DSC_2159
DSC_2161
↑これがラスト品種です。
枝豆を栽培してる方ならすぐわかりますね。なんですか?このスカスカは!
一粒豆も多いです。とても良い土質の所に、この品種を植えるのは初めてなんですが、それでもこうです。
丹波黒豆の特性も継いでる品種なので、丈も出ます。
サヤが小さいだだちゃ豆の特性も持ってます。そういう特性ばかり引き継がないで!と思いたいですが(笑)仕方ないですね。

写真をよく見ると、サヤが膨らみ掛けてるのに花が咲き終わった所もあります。この品種を色々な土質だとか時期だとかで植えた経験はあるのですが、いつもこう(・・;)

この味の特性をもった早生品種で、おつな姫程度の収穫量があったなら、枝豆業界がひっくり返るくらいに思ってるのですが、そんな品種ないですね。

こんな事を書く必要はないのかもしれませんが、枝豆の栽培面積の2割弱を今年は破棄しました。
でも、大雨に合う前に収穫した多収品種がカバーしてくれたので、生産量自体は例年並でした。

これだけバラつくのが怖いです。変な天候でも量を確保できたのは圃場が分散してるからです。一か所にまとまっていて、条件も一緒だとモロに被害が大きかったです。

作業効率を考えると一か所にまとめたいですが、何かの条件でダメになるリスクを考えると、多少の移動ロスは
無駄では無いのかもしれません。

長くなったので△愨海ます。






里芋直売開始!

お疲れ様です。もう残り数日の枝豆直売ですが、里芋も明日から販売します。
本日午後から収穫作業をしました。
圃場は草だらけで載せられません(笑)
DSC_2153
書くと長くなりますが、色々な条件が重なりまして、まだ小さめです。
DSC_2154
DSC_2155
明日は枝豆作業があるので、急いで根をむしりとります。
DSC_2162
DSC_2163
こんな感じになります。
DSC_2165
大きなサイズと小さいのを分けて販売すると、小さいのが残ると思うので全部ミックスした袋にします。
販売する前に試食もしました。
DSC_2152
味付けはしてません。ガツガツしないか確認してます。
小さいサイズ(主に孫芋)ほどねっとりしてますが、子芋は微妙なのもありました。
でも、クレームになるレベルではないと判断し販売します。

一番大きくて重い親芋は、破棄します。これは皆さん知ってますね。
食べられるのですが、当地では売れません。

からとり芋は里芋の一種で我が家も植えてますが、里芋と逆になります。
親芋を食べます。子芋はかなり小さなサイズしかつかなくて、とても美味しいけど販売するのは難しいです。

品種改良とかしてほしいけど、難しいのでしょうね。
基本花が咲きませんし(私も見た事はありませんが、極々まれに里芋にも花が咲くことがあるそうです。そこからどうやって交配させるか知りませんが、難しいのでしょう)
芋類はきっちり管理された種イモを購入するのが基本でしょうから、個人であれこれできない分野になるのかも。

細かい話になりますが、来年はマルチ栽培にします。枝豆の早生もマルチにしてみます。
私は経費をあまりかけないで枝豆や里芋を栽培するようにしてきましたが、やはり家族経営では仕事量に限度があります。マルチを使うとなると経費もかかるし、それを張る機械も必要です。
当然人力でも出来ますけども、近い将来出来なくなります。

マルチなどを使って栽培してる仲間に聞きながら、コツなどを教わりたいです。

では、枝豆の話。
DSC_2156
↑左側の黄色っぽい葉が庄内7号。右側の濃い葉色が今年ラストを飾る品種です。
両方で45a程。
一畝何キロ良品が採れるかは大体わかるので、これを木曜から土曜日の三日間で販売します。
均等に収穫するか、最後だけ多くするか迷います。
天気で客足も変わるからです。

その日に収穫したものを、次の日に売るとかしてないので、その段取りが難しいです。
今日、市場の方から枝豆をだしてもらえるかと問い合わせがありましたが、断りました。

なんだか変な話ですが、残っている枝豆(庄内7号)を市場に出荷するとなると、ほぼ一日で収穫完了にも出来ます。収益はほぼ変わりません。
市場の買い取り価格をある程度わかってるので。

枝豆単体で見れば、市場に出したほうが収益はプラスでしょうね。そこが直売の難しさかと思います。
もうこちらは稲刈りの時期です。豆を早々に販売して、稲刈りに専念したくもなります。

親父の頭もすでに稲刈りモード。毎年の事ですが、色々あります。農家を継いだ方ならわかるでしょう。

次の枝豆品種の事も書こうかと思ったのですが、また改めて投稿します。

豆は終盤なんですが、稲刈りの準備だとかで疲れたので寝ます。

では!




ようこそ

kuratafarm

こんにちは。専業農家の二男に生まれ、農業をしています。趣味は硬式テニスなど。日々の農作業を中心にブログを書いています。

北村くらた農園について
鳥海山のふもと、
山形県酒田市北畑。
お米をメインに枝豆や
にんにく等を育てています。

お問合せ・ご注文はコチラへ。

住所:山形県酒田市藤塚字北畑75
電話(自宅):0234(33)8020
  (農園):0234(33)8021
FAX:0234(33)8020
メール spn32pt9@bridge.ocn.ne.jp



直売所までの地図
84b5be9a6584ff252abe706cabb54dc0





記事検索
QRコード
QRコード
kitaface170

78-1 (170x44)

ezolca170px