鳥海の麓 「北村くらた農園」より愛を米て。 

こんにちは。山形県酒田市の農家「北村くらた農園」の北村です。我が家の「米」そして「茶豆」といった作物の生育状況や、日々の仕事、酒田の風景などを、このブログで紹介していきます。お米の袋に印刷している「くらた」とは、我が家の先祖の名前で屋号となっております。くらた→清太→淳治郎→繁→私と百姓を引き継いで、代々からの土地を耕しております。

いろいろな事

おはようございます。
昨日は色々な事がありました。それは最後に書くとして
短時間ですが今年初めて直売所を開きました。
10時ごろノボリを出して、12時頃完売しました<m(__)m>
DSC_2934
収穫適期を迎えた、トウモロコシを直売出来て良かったです。
そうしないと販売先がなかったから。
DSC_2936
先日までの豪雨で、軽トラックが畑に入れず、トラクターに荷台をセットして収穫した豆を集めてます。
とても手間がかかりました。
DSC_2938
短時間でしたが、いつもの近所のメンバーが来てくれました。
DSC_2939
午後からは、排水対策。
次に控える品種が水に浸かっていたので、いくらかでも被害を食い止めなくちゃいけません。
DSC_2944
エンジンポンプで畝間の水を排出してます。
この畑は排水溝がありません。土中の暗渠だけあります。
DSC_2945
所々の枝豆を抜き取り、畝を壊して数畝の水を抜きます。
DSC_2946
その水をあまおとめの圃場に流してます。
DSC_2942
あまおとめは不作確定で、今更どうにもできません。まだこの畑の並びに十数列残っていますが、次の品種を助ける方が優先事項。
おつなひめは我が家で一番栽培面積が多いので、これまで失敗したら目も当てられません。

普段と違う仕事を畑の状態を気にしながら作業するので、すごく疲れます。

夜はテニスの練習でした。正直、夜も体を動かす必要は全くないのですが、ボールとかクラブのお金を自分が持ってるので、参加。

開始早々に家から電話。
我が家の隣が火事。パニックになってるのが電話でわかりました。
落ち着いて家族を非難させててといい、猛スピードで帰宅。

写真などは控えますが、物凄かったです。
全焼で隣のお爺さんが亡くなりました。

これは鎮火宣言が出された23時ごろ。我が家の庭です。
DSC_2951
ちょっとイラっとしたのは、庭に出ただけでカメラをもったメディアの方がいきなり「お話いいですか??」だって。
お隣さんの不幸の事でヘラヘラ喋る訳ありませんが、その前に夜分すみません位言えないのかと思いました。
その前だって違うメディアの方がうちに来たりして、インタビューみたいのは全部断るけど、すごく疲れました。

今朝は、ご近所とかに車を置かせてもらってたので、回収。
親父の車はバッテリーあがり。みんなパニックになってたから仕方ありません。

消防職員が寝ないで作業にあたってくれてました。
ただ、夜通し人の声や無線の音がなってまして、あまり寝れません。
昨夜から停電で今朝復旧したけど、風呂にも入れず、親父は午前中医者に行く予定もあったので、みんな疲れてるから早朝の枝豆収穫は断念しました。

自宅そばに植えたサツマイモは焼けたので、今年は収穫ありません。
DSC_2953
普段から家に上がって酒とか飲む間柄なら、ご自宅の構造とかわかるのですが、80代の爺さんなのでそういう事もなく、消防署が来る前に近所のラーメン屋さん店主や親父が中に入ったそうですが、煙が凄くて奥では火柱が上がっていて助けられませんでした。残念です。

今日は枝豆以外の仕事がありますが、早めに切り上げようかと思います。
色々ありすぎて疲れました。

明日から枝豆収穫を再開します。

では。


豪雨

おはようございます。
枝豆ですが、契約栽培の発送が落ち着いたので
今日から直売を少し始めるつもりでした。県外の方への発送は先になるかと思います。

県外からご注文を頂いてるのに、発送もしないで地元で売る理由ですが、直売所の開店に合わせて収穫できるように野菜を植えてます。特にトウモロコシなどを昨年の何倍も植えてます。

店を開かないと野菜の売り先がないのです。

ただ、最初の品種「あまおとめ」がまだ少し残ってますが、収穫量がものすごく少なくて
ノボリを掲げても、店に並べる作業が追い付かない可能性が大きいです。

特にナスなんかは、沢山採れるんですが店を開いてないので、近所に配ったりしてます。
なかなかやりくりが難しいです。

で、のぼりは出さずにFBだけで告知して、豆の販売をしようかと思いましたが断念。
昨夜から雨が降り続いてます。
IMG_20170723_103213

こちら直売所の駐車場です。
P7232241
P7232239

特にショックなのが、次に控える「おつな姫」。おつな姫の種まきは何回も行っていて、畑に植えてますが、特に前半は低温の為に背丈が低いです。その為こんな感じになTってます。
P7232238
↑朝の時点で、サヤが水に浸かっている状態(´;ω;`)

その周りの畑はこうです。
P7232236
P7232237


おつな姫の後半と茶豆は、低温も免れた為か背が大きくなってます。
その為、水に浸かる事にはなってません。

庄内5号の圃場。例年より遅れてるから9月上・中旬収穫予定。
ここはすごく水はけのよい圃場で、畝間に水が溜まっているのを見るのは今年初。


今、昼前ですがまだ降り続いてます。

先日の九州の大雨や、昨夜の秋田の大雨避難警報などと比べたら
うちなんかは、まだまだ全然です。

これだけ降られると明日も再開できないでしょう。

踏ん張り時です。

ではまた。

契約栽培の発送もう少し

こんばんは。
今日は2時に起きてしまいました(笑)。
やることが沢山あると、毎年こんな感じ。
当然、そんな時間から仕事しても、一日続かないので二度寝です。

5時前頃から枝豆の収穫をしてました。
DSC_2908
↑本来であれば、この位収穫すれば半日で契約栽培のご注文分すべて完了できます。
それが何日もかかるという事は、豆を載せてるというよりは、茎葉を積んでる感じです。

不作の時ほど収穫は大変になります。豊作年は軽トラ1台でも地元直売分を賄えたりします。

品物が少ないなりに作業時間が少なくなるなら、まだマシなんですが、反比例するもので困ったものです。

不作は天候によるものがありましたが、そうじゃない部分もあります。連作してるのに肥料配分は昨年同様だし、品種選びだってそうです。昨年マシだったから、品種を変えようとか考えもしてなくて、
危機感さえありませんでした。要するに知恵が無い訳なんですね(笑)

枝豆を植えだして十数年、昨年初めて全部直売出来て、正直嬉しかったです。
今年は、多少微調整はするものの、昨年同様の栽培方法にしてます。播種日とかほぼ一緒です。
昨年を標準化しようと思ってました。

今になって思えば、ある程度テスト品種の栽培面積を増やしておくだとか、リスクを分散させる方法もあったかもしれません。僕の場合、直売所で販売してるから品種の規制とかありません(一部はありますが)
もしかしたら、違う品種があったほうがお客さんから喜ばれたかもしれません。品種を増やすのは簡単なようでそうでもないのですが、面白みは増えるのかもしれませんね。

栽培契約の発送が完了してからは、これから控える品種の管理に没頭してました。
テスト栽培の味風香です。
DSC_2893
1反。直播。この品種は生育旺盛だから窒素分を控えるようにと言われてました。
前作で窒素分を割と使う野菜の栽培をしてたので、化学肥料はいれてません。
それでもこれです。発芽率も極めて良好。
こんな生育をしてくれて、しかも食味が良いのならまた植えたくなります。

ただ、種代は飛びぬけて高いです。

ここまで生育が良いのは土質や盆地みたいになってる土地柄があるのですが、栽培しやすい品種であるのは確かです。

中耕などの管理について書こうかと思って写真も少し撮りながら作業してたのですが、また明日にします。

もう寝ないと(笑)

お休みなさい。





不作

お疲れ様です。
今日から枝豆の直売予定でしたが、急きょ中止しました<m(__)m>。
軽トラック1.5台分ほど収穫しました。身の太り具合にバラつきがあり一粒豆も多すぎで、結局半分位は破棄してます。
DSC_2888
収穫する前から出来は良くないな〜と思ってましたが、一緒に植えていたテスト品種(昨日収穫した初ダルマ)がそこそこの収穫量なのでスタートした訳なんですが、歩留まりの悪さに愕然としました。

直売所にも早朝に収穫したトウモロコシなども並べて準備していました。
DSC_2887
枝豆の収穫が始まったら連絡してと言われた方々に昨日連絡してたのですが、今朝直売延期の連絡です。

今回の品種「あまおとめ」は元々生育がばらつきまして、食味が早生では良い方だから植えてきました。
でも、今年限りにします。
近所でこの品種を植えてる方がいないので、我が家だけなのかわかりませんが、一緒に同じ畑で植えてる初ダルマが生育良好な所をみると、品種によるものも起因してるようです。

品種指定の契約栽培もしてまして、そこに送る分を確保しないと直売を出来ません。

正直、胃が痛くなりました。

我が家で栽培してる枝豆品種のうち、あまおとめは一番栽培面積が少ないです。
早く次の品種「おつなひめ」に取り掛かりたいです。

今日のおつな姫の様子。
DSC_2891

出来が悪くなってしまった枝豆はもうどうしようもありません。
次に控える枝豆などの管理作業をしてました。
DSC_2889
こういう時は頭を切り替えて作業しなくちゃダメだ!と自分に言い聞かせて作業してます。
でも、豆の管理をしてる訳なので、頭は豆だらけ(笑)。
今夜のビールは胃に染みそうです<m(__)m>。

ご迷惑をおかけしますが、もう少々お待ちください。

最後に。
ブログを書き終える直前、近所の農家の方が来ました。
「豆の出来はどうだ??」と。
最悪ですと答えたら、やっぱりか〜だって。
聞いた話だと秋田県本荘市場に出荷したら、枝豆キロ1400円で買い取ったみたいです。
普通の年だと300円位です。不作年だと1000円位の時もありました。近年出荷した事ないですけども。

本荘では20日頃に豆祭りとか行うらしいのですが、豆が集まらないみたい。

僕だけじゃないんだ〜と少し気が和らぎました。
春先の低温がここまで影響するなんて、怖い反面、タフな品種選びは必須なんだな〜と感じます。

枝豆を再開したらブログに書きますので、宜しくお願いします。

では。





枝豆の収穫・直売を開始致します。

お疲れ様です。
今日は枝豆の試運転。
色々な機械を使ったりもするので、順調に仕事が進むかテストしました。
DSC_2884
DSC_2882
機械でサヤを取った状態の枝豆。
P7172222

目視で選別。明日からパートさんが4人加わります。
P7172224

洗ってから脱水機にかけます。
P7172225
そして袋詰めが出来る状態になります。
P7172226
P7172227
作業場にもノボリを掲げました。
P7172228
直売所はまだガランとしてますが、根菜類などは準備完了。
P7172231
「とうや」と「きたあかり」があります。
P7172230
ニンニク。
P7172229
明日は枝豆の他に、上記の品と椎茸・ナメコ・キクラゲ・かぼちゃ・ゴボウ・ニンジン・葉物少々の予定です。

早朝に収穫するので、9時半頃から直売を行います。
昨年は約二か月間毎日営業してましたが、今年は品種の切り替わりなどで休みがあるかもしれませんのでご了承ください。

最後に。
勝手な事を言って申し訳ありませんが、今年から枝豆の取り置きはしない事にしました。
完売したら閉店となります。会社帰りのお客さんにもご購入頂けるようにと取り置きしてましたが、直売所に1名残る必要があって、中々大変でした。稲の管理や精米作業なども直売と同時にしなくてはいけないので、ご不便をおかけしますが宜しくお願い致します。

では、明日から頑張ります!

収穫中の野菜

おはようございます。
酒田は雨の予報なんですが、朝方パラッっと降って
今は曇り。もっと降って欲しいです(#^^#)

さて、枝豆も収穫も今週スタート予定ですが、他の野菜も試し取りしてみました。
こんな野菜が直売できると思います。まだ収穫はじめなので、量がとれませんが、これから増える見込み。
DSC_2871
DSC_2873
トマト(朝晩も夜間も気温が高いので、大した味ではありません。そんなに甘くない普通のトマトです)
ナス・空芯菜・かぼっちゃ・じゃがいも・サラダごぼう・ニンニク・ニンジン・ズッキーニなどです。

昨日の様子ですが、梅干し作りもはじまりました。
全部梅です。
DSC_2869
母親とパートさん2名で一気に仕込みます。
OI000064
我が家は水を使わないで焼酎で洗うのだそうです。
私は食べるのが専門なので(笑)作り方とか今までちゃんと見た事なかったです。
OI000063

昨日午後は仕事を一時中断。子供達を海に連れていきました。
BlogPaint
それはもう大喜び。夏は一瞬です。枝豆の収穫時期でも数回は連れて行きたいと思います。

枝豆の時期は精米する時間すら確保するのが難しくなるので、多めに在庫を作ります。
DSC_2881
精米中にブログを書いてたら、雨も大降りになってきました。
どんどん降ってくださいませ。

さて、ここからは余談です。
最初の写真に載せてた野菜などですが、少量品は大半栽培を辞めます。
フルタイムで来てくれる(外仕事も出来る方)を見つけられたら、栽培継続は可能ですが、採算があまり合いません。多品種少量栽培(まだそんなレベルではないけど)とはこんなもんです。
家族で育ててるから、少し手元にお金が残るかな〜って程度。

自分の直売所で自分で育てた作物を売るのが、ちょっと夢でもあったで進めてきてたのですが、栽培面積や種類が増えてきてるのに、労働力が低下してきてるので、無理が生じてきてます。

畑や作業場周辺が少しずつ荒れてきてるように見えます。作業場の整理整頓だったり、建屋周りの雑草とか、時間的ゆとりがなくなってきてるのが明らかです。

昔からそんなに忙しかったかな〜なんて最近振り返りますが、今ほど栽培はしてないのもあるけど、枝豆を植えだした頃なんて私はまだ20代後半だったので、まだ今より動けてたんですよね。親父だって50代だし。
それが気がついたら40代突入。

私くらいの年代か、更に若い方の手伝いをお願いしたいとはずっと前から思ってますが、そういう方は現れそうにありません。田んぼ仕事とかなんでもする方がいたら、すごく変わるのは目に見えておりますが、朝早かったり忙しい時は猛暑でも外で仕事する事もあります。自分の家の事だから出来るのであって、雇われて汗ジャージャーかきながら仕事させられたら、普通の人なら嫌になりますね。

この悩みというか危機感は私ばかりが持っているのではなく、親しくさせて頂いてる近所の専業農家さんみんなそうです。それでもそういう農家は少数で、大半は後継ぎする人がいない農家。私の親の世代ですね。
そういう方はすでに少量多品種とか出来ませんので、米と数種の野菜などで生計を立ててるはずです。

採算の合わない野菜は、そもそも最初から切り捨てるべきじゃないか?との意見もあるでしょうが、直売してる関係で、みんな繋がっているので(ある程度の品数があるから立ち寄ってくれる。と思ってます)こんなやり方にしてきました。

ここで更に無理すると、少量品だけじゃなくすべての作物に影響がでますので、来年からは方向修正です。

労働力の低下に合わせて、来年以降も更に方向修正していくかはまだ未定。

また違った流れも出てくるかもしれませんからね。

さて、精米も終わったので違う仕事します。

ではまた。








枝豆収穫の準備中

こんばんは。
毎日暑いですね!まだエアコンの世話にはなっておりませんが、寝苦しいです。
まず、最初に枝豆の事。
今年は例年より生育が遅れてます。新潟の枝豆農家さんから教えて頂いた枝豆「初ダルマ」の様子です。
DSC_2860
あともう少し。すごく急いでるときは収穫したりするレベルです。ただ、歩留まりは悪くなります。
この品種はテスト栽培なのでほんのちょっとしか植えてませんが、次に控える品種とのつながり方を見てます。

その次につながる「あまおとめ」「おつなひめ」との生育差も見ながら収穫しないといけないかな〜とも思ってますが、いつまでこういう収穫・販売方法を取れるものかと考えたりもします。
(その話はまた後で)

枝豆収穫が始まると、半日以上はそれに時間を費やします。
その為、枝豆の品種の切り替わりとか、人員が多い時に他の作物の管理を重点的に行います。
我が家の収益の柱は米になります。この時期は水管理をしていれば良いのですが、雑草に休みはありません。
昨日も今日も草退治。最近暑いので、涼しい早朝や夕方に行うべき作業ではあるのですが、そうも行かず我武者羅に草刈りをしてます。
DSC_2861
お前には帰宅後のビールがあるだろ!と自分に言い聞かせて作業してます(笑)
気温自体は30℃位なんですが、湿度が高くてムシムシ。

昨日はさすがにバテまして21時前に寝てしまいました。でも遠方地の田んぼは綺麗さっぱり刈り終えました。
近くのどの田んぼより一番綺麗にしたつもりです。

本日の夕方は、枝豆の機械の最終確認。
DSC_2862
写真はこの一枚だけなんですが、他にも色々仕事がありまして、ごちゃごちゃっとした作業場を整理したり、機械の試運転や整備をしてます。

と言う事で、枝豆の収穫・発送まではもう少々お待ちくださいね。

お休みなさい。


枝豆の中耕

こんばんは。
最近猛暑ですね〜。陽に毎日炙られてます(#^^#)
来週後半には枝豆収穫がスタート出来そうなので、中盤戦の枝豆の中耕をしてます。
DSC_2854
この圃場は定植時のショックで立ち直れない感じで生育してたのですが
液肥を葉面散布したら、復活したようです。昔は単肥の液肥なんかを使っていたのですが、稲の育苗用の液肥でも十分のようです。もっと早くしてれば、もう少し違ったかも。
DSC_2856
お米のご注文も多く頂き、忙しく仕事をしてました。
ニンジンも収穫出来るようになってきました。まだ細めですけども。
DSC_2855
今夜はテニスの練習があったので、帰宅して晩酌しながらブログを書いてます。
しばらくの間、キャベツを市場に出荷してました。
その最近の伝票が届きました。
BlogPaint

7月6日なので最近ですね。安値になってると聞いてたので、少なめに後半は出してました。
6個入りが10箱。8個入りが7箱。合計116個のキャベツを出荷しました。
写真上側が代金の明細。17箱で2550円。
2550円/116個で一個あたり21.98円。
この出荷日の前日はもっと量を出してましたが一個24円位。

キャベツ一玉が25円以下で買い取られて、いったい幾らで販売するのでしょうね?

これは当然純利益ではありません。種も育苗用の土も買って管理して、防除もしてます。


こんな値段だと頭に来るとか通り越して、なんかポケ〜としますね。

もう二日間位出荷しようかと当初は考えてましたが、やめる事にします。
DSC_2844
↑こんな感じで家族数名で作業してるのに、黄色のコンテナ一箱10個位入れて250円にもなりません。
作業しただけ赤字になります。

こういう状況って何が原因なんでしょう?
物が悪くて安値なら仕方ありませんが、まずまずの品を出してるつもりです。悪いのは処分してますから。

集荷業者さんも、安値で申し訳ないと言ってました。
あちこちから物が集まるそうで、市場価格が下がってるそうです。

この業者さんが前に言ってましたが、出荷してる方が高齢者が多くて、この先商売が出来るのか不安だと言ってました。私の集落の親しい農家さんも、兼業ですがすべて市場出荷です。
野菜作りも長くて5年。10年したら無理です。
すでに70代ですから。

キャベツの収穫時期がもう一週間遅れて、枝豆の収穫が一週間早ければ、直売所で販売が出来たのですが、これは天候もあるので仕方ありません。

米と枝豆、ニンニクなど以外は収益の柱と考えていないで作付けしてまして、栽培面積も多くありません。その為、諦める選択もあると思っています。

でも、せめて利益が出る程度の価格で取引されるのが願いでもあります。

後継者が育つ訳ないです。

あら〜今日も長々と書いてしまいましたね(笑)

キャベツ数十個分のビールを飲んでしまいました(笑)

忘れて、寝よ〜!

枝豆の生育状況と直売時期については、近々ブログに書きますね〜。
お休みなさい。




















じゃがいも堀り

おはようございます。
昨日はじゃがいも掘りでした。ちょっと離れた畑へ愛犬も連れていきました。
P7082196
掘り取りスタート。日よけを持って行きましたが、結局その都度の移動は面倒でやめました。
P7082197
P7082200
肥料配分を失敗しまして、今年は小さすぎます。ただ、肌は綺麗でした。
砂浜みたいな畑は初めてなんですが、全く地力がないですね。
P7082201
砂地は上からも下からも炙られて、きつい作業でした。
そろそろ収穫機械も導入したいです。
P7082199
P7082198
手作業だと一人一畝しか出来ませんでした。
人件費とか計算してませんが、時給にしたら幾らになるんだろう?(笑)

北海道の大産地で相場が決まってしまう野菜は、なかなか大変ですね〜。

親父は、枝豆の茎葉の置き場所を確保中。
P7082218
↑本来は昨年のものは畑に戻して鋤き込む予定でしたが、そんな時間も無かったです。

とうもろこしも、そこそこ順調のようです。
栽培経験がほとんどないので、勉強しながら栽培してます。
P7082219

よい日曜日を!!
ではまた。

キャベツ終盤戦

お疲れ様です。
今日は曇りで雨もさほど降らずに助かりました。
普段出荷してる所以外にもキャベツ出荷の依頼があったので、普段より少し多めに収穫しました。
DSC_2844
と言っても軽トラに2台分。コンテナに入れてるので重ねてません。
DSC_2842
キャベツ農家さんから見たら、笑われる量ですね。

明日の4時過ぎに集荷に来るので、冷房の効いた米の保管庫で作業し、箱入れします。
鮮度からしたら、当日収穫に勝るものはありませんが、集荷時間が早いので、仕方ありません。
日中の仕事が無いのなら、何時だって起きますがそうもいきません。
DSC_2845

次女はヨウレンキン?とかいう感染する風邪みたいな症状になりまして、先週からちょくちょく保育園を休んでます。今日も保育園は休みましたが、仕事があるので畑に連れていきました。
それが失敗。昼に39℃の高熱。
母親は子守で仕事は中断です。

母親の妹さんが毎日パートに来てくれてるから仕事は回りますが、これが枝豆の収穫中なら生産量がかなり減りますね。仕方ない事なんですが、親父や私が調子おかしくなったらと思うとゾッとします。

もっと助けられてるのは、パートさんの仕事が早い事。
もともと農家生まれですから、子供の頃から手伝いをしてます。
要領がわかってますから、これとこれお願いしますで、すべて終了。
ありがたいもんです。

お米の籾摺りも終盤戦です。
DSC_2837
籾の保管庫も4分の3は空になりました。ほうきで掃いて、綺麗にしました。
DSC_2839

さて、7月となるともう少しで枝豆収穫です。
最近、そろそろ収穫出来る??って電話がきます。
ラインや電話で、今日は10件ほど問い合わせがありました。
もう販売してるのかと思って、直接作業場に来てくれた方も昨日も今日もいらっしゃいました。

これはホントに嬉しいですね〜。
でも反面プレッシャーもあります。今年まずいね!なんて思われるかもとか。

この間、農家の仲間と話をした時に、連作をする事で健全に育たなくなる(見た目は育ちますが食味が落ちる事)って内容がありました。今年の圃場は全部連作です。

来年は新規で植える圃場が半数以上にしますが、仕事の効率化の関係で全部は難しいです。

変な品は出せないぞ〜と思う反面、労働力が低下してる訳なので
ここでどうするか、よ〜く考えないと失敗すると思います。

ではでは、また話が長くなったのでこの辺で。

お休みなさい。





ようこそ
北村くらた農園について
鳥海山のふもと、
山形県酒田市北畑。
お米をメインに枝豆や
にんにく等を育てています。

お問合せ・ご注文はコチラへ。

住所:山形県酒田市藤塚字北畑75
電話(自宅):0234(33)8020
  (農園):0234(33)8021
FAX:0234(33)8020
メール spn32pt9@bridge.ocn.ne.jp



直売所までの地図
84b5be9a6584ff252abe706cabb54dc0





記事検索
QRコード
QRコード
kitaface170

78-1 (170x44)

ezolca170px