鳥海の麓 「北村くらた農園」より愛を米て。 

こんにちは。山形県酒田市の農家「北村くらた農園」の北村です。我が家の「米」そして「茶豆」といった作物の生育状況や、日々の仕事、酒田の風景などを、このブログで紹介していきます。お米の袋に印刷している「くらた」とは、我が家の先祖の名前で屋号となっております。くらた→清太→淳治郎→繁→私と百姓を引き継いで、代々からの土地を耕しております。

長芋の直売始まりました!

こんばんは。
今日の鳥海山。
なぜ山を見ると気持ちが良いのかわかりませんが、惚れ惚れするほど綺麗だな〜と思いました。
OI000167
今夜はテニスの練習。
始めて参加してくれた方もいて、賑やかにテニスが出来ました。
あと数年でクラブ設立から20年になります。就農と同時に作ったクラブなので、農家を継いだ年数と同じ。

お初の参加者がまた来てくれるかは分かりませんが、何となく大丈夫そうな予感です。

若い頃は自分がテニスを出来れば良いと思ってましたが、歳を取るとそれだけでも無くなるもんですね。

テニスはあくまでも趣味なので、人が集まらなくても生活が困るとかはありませんが、困ると思って接する必要があるのかも。ただし重たい感じにならないように。

練習内容もポイント制にして、練習だけど勝ち負けを少しだけ意識するようにした方が良いのかもしれません。

練習は好きだけど、試合は嫌だとか言ってるメンバーもいますが、やっぱり勝てたら面白い訳なので、練習と試合の中間みたいな感じで行って、翌々は反省会でバカ騒ぎ!みたいなのが理想です(笑)

さて、趣味は置いといて本題。
毎年恒例の長芋の直売です。
午前中に遊佐町の長芋農家さんが持って来てくれました。
DSC_0633
何年も同じ農家さんから買ってます。はるか昔は我が家でも長芋を植えてました。今は枝豆に忙しくて、時間が取れず、長芋を植えても上手に管理できないでしょう。
収益のみを考えるのなら、自分で育てた方がもちろん良いです。問題は人手です。

野菜の品目によっては、このような仕組みに変えないと全部の質が落ちてしまう状況になりかねないので、知り合いの農家さんと一緒に生き残るすべを探してます。

頑張って売りますね〜!!と言ったら、
返品は効きませんよ〜!!との返事(笑)
OI000168
今年は5キロ箱のみ頼みました。4〜5本入ってます。
OI000169
毎年思いますが、丁寧な農家さんです。品の詰め方とかでわかります。

もみ殻で見えない部分の下の方も、質の良いのが入れられてます。
そこが大事かと勝手に思ってます(#^^#)。ありますよね?こういうの。

最後に。
昨日購入した文鳥も名前が決まりました。
DSC_0630
グレーのがマメ。白がココだそうです。娘達が決めました。ケンカしながら(笑)
学校帰りにも気にかけて餌を与えてました。

文鳥の平均寿命は5〜7年。色々経験して欲しいものです。

お休みなさい。










雪が降ったりしてます。

こんばんは。
最近は雪がチラホラ降って降っております。

今日の遊佐町から見た鳥海山。
DSC_0627

作業場から見える風景。
OI000166
OI000165

今日もお米や野菜の発送と機械の整備。
以前ベトナムからお客さんがいらした時に通訳してくれた方が、23日にこちらにいらっしゃいます。
我が家で使わなくなった機械がベトナムに旅立つことが決定しまして、その引き取りです。

福島からコンテナに入れられてベトナムに届けられるそうです。
新品の手押し播種機や苗を定植する道具も輸出。
腰を曲げて行う作業が減るので、かなり楽になるだろうと思います。

さて、特に話題もないのですが今日ホームセンターのペットコーナーで文鳥を買いました。
DSC_0629
一匹だと可哀そうなので、二匹。まだ飛べませんし、餌もスポイトみたいな道具で食べさせないといけません。
DSC_0628
10月に生まれたみたいで、オスかメスか不明。すごく慣れていて手を差し伸べると飛び乗って肩や頭まで登ってきます。これは癒されますね〜。

文鳥はインコと舌の構造が違うらしく、基本喋らないみたいですが、極たまにお喋りもいるそうです。

では、お休みなさい(#^^#)




枝豆交流会の視察先決定!!

こんばんは。
OI000157
今日も特別話題もありません(笑)お米や野菜を発送しておりました。

親父がしてくれましたが、車も全てスタッドレスタイヤに変更完了。

私はお米の仕事が終わってからは機械整備です。
来年まで使わない機械から整備して室内で保管します。
OI000161
井戸水を使っているからか、フィルターも汚れるものでした。
OI000162
エンジンオイル・ポンプのオイルの交換。フィルター掃除、ベルト類のテンション調節。
冬に内部の水が凍結すると機械が壊れるので、タンクにはLLCを入れて、ポンプ内に循環させてます。

さてタイトルの話。
27日28日と枝豆生産者と新潟県で交流しますが、見てみたかった視察先の承諾が得られたようです。

苗場高原生産組合様。
苗場高原生産組合

大きな栽培面積をこなすノウハウなどを聞いてみたいです。
でも、新潟は大きな県なので、宿泊先のコテージから結構な時間がかかるようです。
DSC_0626
片道二時間弱ですね。我が家からだと5時間以上かも。群馬や長野の県境に近いから仕方ありません。

枝豆交流会のご案内等はフェイスブックのグループで行ってます。
もし枝豆栽培に興味がある方で参加してくれる方は、ご連絡下さい。
このブログの左上にメールアドレスが載ってます。

宿泊場所は新潟県寺泊のコテージで一人3000円ほどです。多少メンバーが増えてもたぶん問題ないでしょう(笑)

堅苦しくなく面白い集まりですよ〜。

ではまた(#^^#)






寒いです。

お疲れさまです。
何だか最近天気が不安定。
昨日の昼頃の写真。
IMG_20171115_122606
今日の午前中。
鳥海山もすっかり雪化粧です。
DSC_0615
夕方から、雪が降り、しばらく畑が白くなりました。
DSC_0617
今日に限ってモモヒキを装着してなくて、とても寒かったです。

ここ最近はお米の大口のご注文なども頂きまして
精米中心の仕事が多かったです。
空いた時間は機械整備。
昨年から不具合に気が付いてましたが、時間が無くて今頃になりました。
フロントアイドラーの破損です。キャタの取り外し。
DSC_0611
コツがわからなかった時は難儀したのですが、慣れるとすごく簡単です。
DSC_0612

軸がダメで作り直し。
DSC_0613

簡単な図面を書いて、部品を作ってもらってます。
ネットで買えるものは注文中。
IMG_20171116_172243

部品が組めるまでは数日必要なようなので、掃除して塗装。
DSC_0618

こんな天候が続くとタイヤ交換も急がないといけませんね。
再来週は枝豆生産者との交流会で新潟に行くので、天気の良い日を狙ってスタッドレスに交換します。

最後に…。
除雪機の購入を考えてる方へ。
クボタの除雪機 玉簾の滝
DSC_0619
「はい!ありますよ!!!!」(笑)
我が家の担当営業部長がCMデビューしました。除雪してるのは遊佐町、玉簾の滝の駐車場。

ブログのネタを教えて頂いてありがとうございました。
僕は全く必要ありませんが(笑)除雪機をお探しの方は是非、南東北クボタへ!

ではまた(#^^#)




丸餅の販売が始まりました。

おはうございます。
今日は雨になりました。
OI000149
毎年恒例の丸餅の販売がスタートです。
平日の午前中でしたら直売しております。
PB132603
PB132604
今朝も加工所にもち米を持って行きましたので、次々と出来上がります。
可能の限り在庫切れにならないようにしますが、年末に近づくにつれて加工所も混みあいます。

我が家ではこの袋に入ったまま冷凍して、一年中食べてます。
宜しくお願い致します。

大きめの里芋もまだ沢山ありますよ〜!
PB132605
PB132606

親父はユンボでコツコツと圃場整備。
DSC_0605
豆の茎を地中に埋めて客土してるようです。

精米が終わったので仕事の続きをします!

では!


趣味の事

こんばんは。
昨日は仕事を休みまして、今年最後のテニスの試合でした。
PB122593
準決勝敗退でしたが、私たちのクラブ員が優勝したので良かったと思います。
あとは来年の4月まで試合はありません。

今日は素晴らしい秋晴れ。
PB132594
今日は室内で精米作業中心でした。明日はお米の定期発送日だから(#^^#)

また趣味の話ですが、注文していた品が届きました。
PB132596
Arduinoとか呼ばれてるマイコンのキットです。冬の暇な時に電子工作の基礎の基礎を学びたいですね。
ダイオードを光らせてもみましたが、それだけで感動(笑)
PCでプログラムして色々な事が出来るみたいです。
PB132599
これは、枝豆で使う脱水機ですが、オン・オフボタンを一日に何度も押します。
しかも腰を曲げて。毎回同じ動作なんだから、本来ならオンだけ押して、あとはタイマーとかの設定で自動で止まるように出来るはずなんです。
PB132602
ただ、知識がなくて自分で出来ません。
いずれそう言う事も出来るようになりたいな〜との思いで、遊びながら学びたいです。

ごちゃごちゃしてた畑の一角の整地も完了。
作業前。
DSC_0596

作業後。
PB132601
来年はすっきりと作業が出来そうです。

今週もがんばりましょう!
ではまた。









後片付け

お疲れ様です。
今日は両親が新潟へ。親父の治療のお話しみたいです。
パートさんも午前中休みだったので、畑の片づけなどをしてました。

一年でガラッと大きくなる柳も伐採。
DSC_0594
全部枝を落とすと可哀そうだったので、数本残しました。
チェーンソーなので一瞬で作業完了。
DSC_0598

インゲン類の支柱や、台風で折れた生食用イチジクも倒します。
DSC_0596
マルチを剝がすのが大変でした。早くしてればもっと楽なのに今頃になりました(;^ω^)
DSC_0601
この後はユンボで天地返しをして整地します。
多年草の花とか、趣味のハーブ類が植えてあった場所も更地にします。

↑右側のハウスは育苗用で、200Vの電熱線が入ってます。芽出しが完了すると、露地の上記の場所で管理しますが、色々植えてあると散水ホースとかを取りまわすのも大変!
もう趣味のものは鉢とかにします(#^^#)

風は冷たかったですが、常に体を動かしてたので汗をかく位でした。

さて、特に話題はないのですが今月27日28日と枝豆栽培農家の集まりになりました。
とても楽しみです。滋賀県と新潟県と山形県(私)で昨年お会いしましたが、今年は他県の方が増えるかもしれません。

集合場所をどこにするか、これから検討します。

とても楽しみでウキウキしてます。

ではまた〜!



枝豆の種の事…その他いろいろ

こんばんは。
特別変わらない日々を過ごしております。
野菜セットの発送などの準備やお米の精米などをしてました。

我が家の物だけでは品数が少ないので、自宅隣のお婆ちゃんの品も頂いてます。
BlogPaint

ご要望に沿えない野菜の時は、近くの直売所で買ったりもします。
バーコードが付いてるのがそうです。
DSC_0573
DSC_0575
発送の準備が出来てからは、畑を起こしました。
来年初めて乾田直播をする予定の所。前作は左も、畔の右側も枝豆です。
DSC_0577

乾田直播は一年生になります。ちゃんと育てられるか不安です。

来年、移植水稲にする場所。
小さい圃場なので乾田には適さないかな〜?とか、ノウハウがないのでいきなり沢山の圃場の栽培方法を変えるのは危険かな〜?との判断で移植にします。ここも前作枝豆。
line_1509954343772
その後もあちこち草退治をしていたのですが、暗くて断念。
陽が短いですね〜。
DSC_0579

その他の事。
来年の枝豆品種についてもカタログを見ながら検討中。
タキイ種苗のカタログ表紙。
DSC_0580
このお二人は夫婦なのか?と一番気になりました(笑)
このお嬢ちゃんの服装はいかにも農家っぽく仕上げており、ナスの持ち方も不自然だな〜と(#^^#)。

予想通り夫婦ではなく、モデルのようです。
DSC_0581
専業農家の心を揺さぶりやがって!!と思いました(笑)

枝豆の品種は、ほぼ頭の中では決まっていたのですが、新発売の品種とかがあると、気になります。
何しろ枝豆の品種は400種以上あるらしく、カタログをみれば大半が食味良好!!なんて書いてるので、実際には植えてみないとわかりません。
DSC_0588

私が一番好きな品種「おつなひめ」。好きと言うのは育てやすさや収量の要因が大きいです。味も好きですけど!(※好きな品種しか植えてません。幾ら量が採れても、味が嫌だったら植えません)
DSC_0589

新品種「とびきり」。おつなひめと茶豆の間に入れてみたいけど、味がわからないので突然沢山は植えられませんね。でも賞とか取ってるから気になります。
DSC_0590

サカタのタネは、ポップをダウンロード出来るのですね!
これは有難いです。
DSC_0587
抑制栽培も気になります。
それに向く向かないをハッキリ書いてもらえると嬉しいですね。
食味に関しても、ごく普通ですが多収ですとか、時期問わずそこそこ育つとか、収穫適期が長いとか、農家目線で書いて欲しいです。
一般消費者は、種苗カタログなんてまず見ないでしょうから。
DSC_0584

バターナッツ。かぼちゃです。
数名の方からまた植えて!と言われてます。目を引く作物ではありますが、なかなか売れません。
DSC_0582

昨年植えたトウモロコシ「おおもの」88日タイプ。
DSC_0586
83日タイプが新発売らしく、86日もあるそうです。
この組み合わせで、来年植えてみます。
DSC_0585
トウモロコシは一昨年テスト栽培をし、今年2反歩弱栽培。全部「おおもの」。
そもそもノウハウがなく、おおもの自体88日タイプと今日知りました(笑)

バイカラーとかホワイトとかも作ってみたいような気もしますが、まずはこちらを普通に作れるようになってからにしましょう。
知らないくせに色々植えても失敗するだけです。

明日は曇り、明後日からイマイチな天候が続くようなので、カラトリ芋を全部収穫しようかと思ってます。

ではお休みなさい。















種苗交換会へ…秋田県由利本荘市

おはようございます。
昨日は急きょ、秋田の種苗交換会に行ってきました。
種苗交換会とは、明治時代から続く秋田県最大のイベントで、元々は優れた種子や苗を交換する目的だったそうです。

時々小雨の天候でした。
PB042555
由利本荘市の農道も車でいっぱい。
PB042561
一番遠い駐車場だったので、シャトルバスに乗りました。
PB042577
本会場到着。
PB042578
種苗交換会本来の目的である展示。
今は交換とか行われていないでしょうね?
優れた品には表彰されてました。
PB042579
里芋。
PB042580
賞を取ってる品々は確かに素晴らしい形でした。
味はどうなんでしょう??
PB042581
一番賑わっている農業機械ブースへ。
PB042584
的屋もいっぱい。東北各地の物産も販売してます。
PB042583
広い展示場で多くの面積を占めてるのが、クボタ・イセキ・ヤンマー・三菱などが作るトラクターやコンバイン、田植え機械などです。
トラクターやコンバインは大型で、1000万を楽に超えるものもあります。

見学者のほとんどが必要としてない、というか買えない機械です(笑)

私が行きたかったブース。
枝豆の機械を作るメーカーです。以前そこの機械を実演しました。
http://blog.livedoor.jp/kuratafarm/archives/5263806.html

全国各地の枝豆をテスト収穫して回ったりもしてるので、そのデータを下さいとお願いしてきました。

了解して頂きましたが、メモを取っていなかったので忘れさられてしまわないか心配。

機械収穫に向く品種やそうでないものとか結構あるので、栽培する上で参考にしたいです。

こんな機械も販売するそうです。
PB042585
トラクターで装着して枝豆を収穫する機械だと、枝や葉っぱも結構入ります。それを取り除く機械。
う〜ん。どうなんでしょう?

農家から要望などがあったのかもしれませんが、元々の収穫機をもっと煮詰めて頂いて、この機械が不要になるようにしてもらいたいですね〜。

結局、現地には1時間ほど滞在。
おいしくないラーメンを食べて帰りました(笑)

個人的な印象ですが、あまりスキルアップに繋がるイベントじゃないですね。

では、良い週末を!












里芋収穫終盤

お疲れさまです。
田んぼと水はけの悪い畑に里芋を植えてますが
堆肥を多用した畑の里芋がすこぶる良好でした。
PB022548
こんなサイズがゴロゴロついてます。
全部こうだったら収穫も楽しくなりますね!
PB022549
さて、今日私は事務仕事中心。その内容は最後に書きますが
作業場の水道管から水が漏れだしました。
以前から少しだけ漏れてるのは知ってましたが、場所の特定が出来ませんでした。
大きく漏れ出し、コンクリの隙間から水が出てる場所を特定!修理開始です。
PB022550
塩ビの繋ぎから漏れてました。
PB022551
新しいソケットで修理。
メーターを見てみると、漏れが止まりました。
ほんの少しでも水が流れていると、丸のプラスチックが少し動きます。
PB022552

養鶏業をしてた頃、水道の配管は自分達でしていたので、大元からどんな風に配管されているか親父は把握してます。今日、どんな風に配管さてるか教わりました。
それを理解してれば、好きな場所に水道を持っていけます。来年の室内でする枝豆仕事を違う建屋で行う予定なので、水道の蛇口を新設しなくてはいけませんから、色々仕事があります。

最後に。
今日の事務仕事は特別栽培米の最終報告と免税軽油の申請でした。
ちょっと風邪気味でして、水道の工事もほとんど手伝ってません(;^ω^)

事務仕事の一つ、免税軽油の申請は手書きでしか出来ないのかと思ってましたが、今日提出した書類はエクセルで作り、元の種類には添付書類参照として提出してきました。
それでも大丈夫みたい。田畑の耕作面積の集計や、使用予定軽油量の計算とかは、PCで処理した方が確実なんですが、今まで手書きでした。

軽油自体は農協でも、どこにでもあるスタンド等でも購入可能です。免税軽油も同じ。
ただ、農協は農家の水田の耕作面積を把握してるので、それとリンクした書類を最初に作成して、不足部分は自分でってなれば嬉しいですね。

農家は高齢者が多いから難しいかな(#^^#)?

明日は小学校の文化祭。
私は文化生活部なので、子供達が遊ぶゴム鉄砲を割りばしで作る担当です。

風邪を子供達に感染させて、早く治したいと思います(笑)

ではまた!

















ようこそ
北村くらた農園について
鳥海山のふもと、
山形県酒田市北畑。
お米をメインに枝豆や
にんにく等を育てています。

お問合せ・ご注文はコチラへ。

住所:山形県酒田市藤塚字北畑75
電話(自宅):0234(33)8020
  (農園):0234(33)8021
FAX:0234(33)8020
メール spn32pt9@bridge.ocn.ne.jp



直売所までの地図
84b5be9a6584ff252abe706cabb54dc0





記事検索
QRコード
QRコード
kitaface170

78-1 (170x44)

ezolca170px