こんばんは。
本日、稲の最後の大仕事「稲刈り」が完了致しました。
スタートから機械のトラブルもなく、順調に進んだ感じが致します。

だけど、やる事は沢山あります。雪が降るようになったら出来ない仕事を
沢山こなして、寒くなったら冬眠したいと思います(笑)

まずは親父の仕事。
DSC01039
米の配達です。といってもご注文ではありません。
我が家は専業農家ですが、他の方の田んぼをお借りしても稲を育てています。
小作人ですね!その土地代をお米で支払っております。

地主と小作人の関係で、一番多いのは農協を通して精算する仕組みだと思います。
田んぼを借したりする基本の金額みたいのがあって、農協の口座を通してお金が振り込まれたり、引き落としされたりする訳です。我が家が田んぼを借りている方は、親戚とご近所の方がほとんどなので、お米にしてます。沢山は食べきれないと言う方は、差額分をお金で支払うようにしてます。

親戚の田んぼといっても、畦で区切られていないのがほとんどなので、いったいどこが親戚の田んぼなのかは図面を見ないとハッキリわかりませんけども。

このお米の配達が終われば、なんだか気持も良いです。
今年も北村農園に田んぼを借して頂いて有難うございました。

稲刈り後の私の仕事。
DSC01040
畦の草刈りです。畦の上面と側面を同時に刈り取ることが出来る機械です。
往復して一本の畦の草刈りが完了します。
私が農家を継いだ時は、この機械が無くて、背負いの草刈り機械で刈り取っていました。
その当時、この機械が欲しくて欲しくて仕方がありませんでしたねー。懐かしいです。

この田んぼは自宅のすぐ近くですが、大半の農家の方の稲刈りも完了しているので
田んぼには人がいませんね。一人で黙々と草刈りしていると寂しい感じがします。

畦は冬の間、虫やネズミなどの住処となります。草を刈る事によって虫などが越冬しにくい
環境にしようと思います。普段春先に畦を歩くと、ネズミに穴をあけられた所が沢山あるのですが、その数も減る事でしょう。草が無いと、鳥などにネズミも狙われやすくなり、虫が少なければネズミの餌も少なくて困るでしょう。

明日もこの続きをしたいと思います。

数日前に、趣味で栽培しているキノコの写真を載せましたが、数日で変化がありました!
ちょっとビックリです。
DSC01043
1センチ位のシイタケが何倍にも大きくなってました。しかもシメジも出てきてます。
これだけじゃありません。↓
DSC01044
ナメコも沢山出てきてました。常に日陰になる裏っ側はもっと沢山出てきてます。
この原木、おととしにいろいろなキノコの菌糸を埋め込んだのですが、昨年変化がなくて
再度シイタケの菌糸を打ち込んだものです。そしたら今年ナメコが出てきました。
てことは来年はシイタケ??もしくはシイタケとナメコの両方??
全くキノコに関しての知識がないもので、良く解りませんが楽しいです。
キノコって生育スピードもかなり早いものなんですね。

昔、親父も自宅裏でシイタケを栽培した事があったらしく、「キノコの生育ってこんなに早いのかぁー」
って言ったら、自慢げに「そうなんだよ!キノコは…ブツブツ…」となにやら長話になりそうでしたので
すぐ退散してきました(笑)

楽しみながら生育を見守りたいと思います!

そういえば、明日お米のお客さんが我が家にいらっしゃるそうです。
酒田出身の方で、今は関東住まい。私は初めてお会いします。

床屋に行く時間が無かったなー!!せめて綺麗系のツナギを着たいと思います。

それでは。また!!