こんばんは。
先日、白菜を市場に出荷する事をブログで紹介しました。
DSC01804
今日、出荷した白菜の値段を知った訳なのですが、いくらだと思います??
白菜二つ梱包で350円の値段で取引されていました。
ビックリする値段です。200個出荷すれば1日35000円の収入です。
うーん、残念。植えている白菜を全部数えても200個ありません。
すでに来週から出荷する品がありません(笑)
自家用に何個か残しているだけ!

たまたま品薄で高値で取引された訳ですが、こんな年はめったにありません。

高齢がほとんどを占める農家は、大半が市場出荷です。

数百円の品物の純利益で家計を支えるとなると、量で勝負しないと話になりません。
かといって、機械が育てたり収穫してくれる訳でもありません。

沢山出荷する=労働時間で勝負する、の世界になります。

よくネットでその大変さをアピールしているサイトなどを見かけたりします。
確かに寒いし、楽かと聞かれればそうではないかもしれませんが
農家じゃなくても、そんな楽して稼げる職業はありません。

だけど百姓は精神的に楽な面な事が多いと思います。これは大きい要素です。

会社員より楽かもしれません。私は、肉体労働で疲れるより、精神的に疲れるほうが苦痛です。
朝起きて、頭がモヤモヤする疲労より、筋肉痛の方が楽です。

なんとなく、百姓も大変さをアピールするのはもう終わりにしないと
先が無いように感じてしまうのです。大変なのは当たり前だから。

話がめちゃくちゃになってきたのは、晩酌のお陰です(笑)

何が言いたかったのだろう(笑)

いろいろなご意見があるのは承知ですが、高齢のかたに、販路を開拓しろだとかは困難ですし、
そういう様な仕組みにならなかったのは、行政も個人にも責任があるでしょう。

なってしまった事に、どういっても仕方がないので、これからどうするかですね!

またいつも様に、難題にぶつかりましたね。

どうすべ??どう動いたらみんなよ良くなるんだろう??

明日は日曜日だし、もう少し飲んで考えないと!!

良いアイデアなどありましたら、教えて下さい!
ではまた。