こんばんは。
今週末までずっと天気が悪い予報です。
今日も雨が降ったり止んだりでした。
最低気温も週末から10℃位になる見込み。朝晩冷え込みますね〜。

以前ブログで紹介したサツマイモですが、いろいろ地元の直売価格など調べてから
家族やお客様と相談して価格が決まりました。
NCM_0379NCM_0031NCM_0441
左:安納芋:1キロ300円
中:黄金千貫:1キロ200円
右:紅あずま:1キロ200円

それぞれの特徴ですが、安納芋は別名蜜芋と呼ばれるもので、甘みが強いです。普通のサツマイモのようにホクホクしてません。グニャっと柔らかいです。子供にどれが一番おいしい??って聞いたら、この安納芋でした。

黄金千貫は、珍しい白いサツマイモです。特に日を置いた方が美味しくなる芋だよ!!って聞いております。

紅あずまは、定番のサツマイモって感じでしょうか。沢山植えられている品種ですね。

サツマイモ1キロは、だいたい中くらいのサイズが3本位でした。
サツマイモの苗は、知り合いの苗農家に育ててもらって、それを植えたのですが、安納芋だけ沢山芽が出ないそうです(その為植える量が少なくなりました)サツマイモを発芽させてた経験がないので、詳しく理由はわかりません。枝豆も茶豆は発芽しにくいですが、その他の豆はほとんど発芽するみたいな感じでしょうか?)

食べ方。
我が家では蒸かすか天ぷらにしてました。蒸かすにしても鍋と水は使いますね!お客さまに聞いた食べ方を紹介したいと思います。電子レンジだけで大丈夫だそうです。

サツマイモを新聞紙に包んで2分チン。その後、解凍で10分位チンして出来あがりだそうです!!
焦げ目を付けたければ、その後オーブンで!
これは簡単ですね〜!!

自分で育てて、販売もしているのにあれですが、サツマイモは一年生です。非常に美味しいサツマイモもあれば、普通のサツマイモも食べた事があります。我が家のサツマイモはどうでしょうか?その匠の境地には達していないと思いますが、頑張りますので長い目で見て頂ければと嬉しいです!

あとサツマイモは日を置いた方が熟成して甘くなります。全品種を収穫完了してますが、最低でも一カ月は置いておいた方が良いそうです。そうなると11月に入ってからの方が良いみたいですね。

ニンニク:Lサイズがほとんど在庫がありません。Mは少々ございます。
ジャガイモ:メークインは在庫少。きたあかりは年内大丈夫な位です。

梅干し:在庫が少なくなりました。

里芋:これから収穫ですので沢山あります。昨年購入して頂いたお客様には申し訳ないと思っている作物。ニンニクとかを長年植えてきて思うのは、種は一番大きくて質が良いものを選ぶ…。とずっと思ってました。その為里芋も一番大きなサイズは種用として保管し、中くらいのサイズを販売してました。ですが間違ってました。種用には中くらいのが一番適しているようです。これから収穫する里芋はそうしたもの。今年は一番大きなサイズを販売用にします。
農薬は生育初期に葉っぱを食べる青虫退治の為に一度使用しています。その為無農薬ではありません。

からとり芋:育て方は里芋と一緒です。里芋の一種なので。里芋と大きく違うのは、親芋をメインにしている事です。でも茎も小芋も食べられます。芋1個を150円〜200円で販売予定です。1個150円!!と驚くかも知れませんが、親芋は株一つに一個しかありません。一列100mの畑に植えても約30個しか出来ません。大きさは握りこぶし位が平均でしょうか。

かぼちゃ:坊ちゃんかぼちゃのような小さいサイズの物を植えてます。品種は栗坊です。値段は安価で(笑)それなりのお求め安い値段設定にしているつもりです。無農薬。

長々と字ばっかりのブログになってしまいましたが、今月販売出来る品はこの位です。

少ないですが、これでも一応増えてきてます。私が就農した時は、お米のみ。野菜はニンニクを植えてましたが、ほぼ全部市場出荷でした。普通に皆さんが食べている一般野菜(キャベツ、白菜、なす、ピーマン、トマト、オクラ、ジャガイモ、人参、ネギ)なども植えてはいましたが自家用です。ネギも市場出荷してましたね!一番多い時で1000坪くらいはネギでした。今は10坪以下ですね(笑)これまた非常に儲かりませんでした(笑)肥料も沢山使うし、病気の防除も大変。ネギの白い部分を伸ばすのも大変。ふと思います。なんで白い部分が数十センチないと規格外になったりするのかと。自分を含めて食べる人が好む状態がベストなんでしょうが、育てる方は大変です。年明けとか雪をかき分けて収穫するネギは柔らかくて甘くて好きですが、それだけを直売としての軸するのは困難と思い、なかば諦めた感じもしますが、日持ちする作物が多くなってきました。自家採種できる作物も多いですね。調子に乗っている訳ではありませんが、作り手によって味が変わる作物に挑戦していきたいです。

昔話。
祖父の代で始めた養鶏業。40年続け、やめたのは孫の私の代。
一番多い時で1万羽以上飼っておりました。1万羽(私が小学生の頃)というと驚く方も多いですが、専業で1万羽飼っていても、普通の生活は難しいです。お米と養鶏の副業だったのでやってこれたのだと思います。生き物飼いの最大のデメリットは休みがない事。家族経営なので。

百姓を継いで十数年経ちましたが、いろいろ変わりましたね〜。我が家も周りも。

自分で書いておいて、なんだか変ですが大変さをアピールするつもりはないのです。
私も会社員を経験したお陰で感じるのかと思いますが、会社員と百姓のどっちが大変??と聞かれれば会社員ですね。良いも悪いも全部自分。それ以外は天候っていうシンプルな構図が合っているのかもしれませんね。


直売状況と違う話が長くなって済みませんでした。ではこの辺で。


お休みなさい。