人間に媚びる飼い犬も
落ちてる餌を食らう野良猫も
約束という絆を弄ぶ人間達も

変わりはない
今を生きるという事に・・・

服を着て
本性隠して
黒い部分を裏にして

人間とは何

服を着て
心を着飾って
自分を隠す愚かな種族 

猿とは違う部分探して
本当の反省とは自分を傷つけ
感情を鎮める事だって思ってた

見えない未来に怯え
見えない細菌に侵され
温室育ちの人間という種族

戦う相手はいつも
見えないものばかり・・・

子供の頃の夢は無限大
いつしかそれが儚き事を知る

それが大人だって
白かった心を黒く濁して・・・

それが人間
見てきた過去に怯え
見えない未来に怯え

今が見えない種族なのだろう・・・


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

<ランキングに参加しています>
 

 本日は詩を読んでいただきありがとうございます。もし詩の中に何か少しでも共鳴するものが感じられたなら下のバナーをクリックお願いします。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓