スイフトのハンドルから出る雑音が気になり、

クオリティ自動車に持って行くと、呉のメバル師(社長)さんが

「今日 暇?」 と聞いてきましたので、

特にその日にやらなければならない用事はなかったので、

「うん 暇」 と答えましたら

「今から フクロウ(アオバズク)撮りに 行かん?」 と言われ、

フクロウを撮った事のないワタクシは 速攻返事で、

「行く!」 と いいお返事^^


その時は 鳥の撮影機材を持っていなかったので

いったん家に戻って機材を持って再びクオリティ自動車に行き、

メバル師さん運転のワゴンRの助手席に乗り込み、

フクロウさんのいる現場に案内してもらいました。

028

この日は湿度も低く 気温もちょうどよく、

現場の森には 心地よい風が通り抜けていました。


到着してすぐにメバル師さんはフクロウを発見し、

ワタクシに向かって 「わかる? 見つけて見んさい」

と言われたのですが いくら探しても見つかりません。

完全に木に擬態してわからんのです。


でも メバル師さんの見る目線を追い やっと発見できました。


アオバズク
DPP_00040a

フクロウさんは 夜勤をしておられるため

日中はほぼ動かず 寝たり起きたりを繰り返して

ほとんど動かずに休んでおられます。


時折 ワタクシらをチラ見されます。
DPP_00042a

全く 移動する様子もなく 昼時になった為

いったん機材を撤収して 昼食を食べに移動。


昼食を終えて またもどって来ても

フクロウさんは同じ場所におられました。


どうやら 右足が痒いようで くちばしでカキカキ
DPP_00043a

どうやら 肩が凝られたようで ちょいと背伸び
DPP_00045a

今度は 顔が痒いようで またカキカキ
DPP_00047a

これで落ち着き またおねむモード
DPP_00049a

すぐ近くに もみじの木があり、
DPP_00050

ここにとまってくれたなら さぞかしいい画になるだろうと

思っていましたが 移動する気配はなし。
DPP_00051a

また スヤスヤと眠りに入ってしまいました。
DPP_00052a


今日はこれまでじゃね、と 機材を撤収し

帰路につきました。


メバル師さんに誘ってもらったおかげで

初のフクロウ撮影ができて大満足でした。

サンキューベリマチョです。

メバル師さん 時間があったらまた行きましょー。







にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ 広島ブログ
いつも