ブログネタ
★゜∴'☆。.:※*:・∴ ‡★ 乙女ゲー★ ‡∴・:*※:.。☆'∴゜★ に参加中!
進んでるんだか、進んでないんだか、自分では、よく分かりません。
今、やっと12月です。

念願の(?)皇くんに再びお会いすることが、出来ました。
会いたかったわ!!

以下ネタバレ
楽しく学生生活エンジョイしてた、むぎです、理事長から、今度は本気で「秘書になってほしい」と求愛されました。(求愛ではない)
一哉に相談してみたら、相手の動きを探るためにも、引き受けてほしいと言われました。
でも、別に断ってもいいんだって。
ちょっと考えさせてね。
てなわけで、松川さんに相談。
言い方は易しいけど、ぶっちゃけ「自分で考えろ」と。
そんなこと言われたら、私としては、「やりたくない」ですね〜。
次の日、キッパリと一哉に言ってやりましたよ!
NOと言えるむぎ!
が!
なんと、そしたら、ここで、エンドになりました。
断ってもいいって言ったくせに〜。
不本意ですが、仕方ないので、秘書やることにしました。
出勤一日目から、なんだか、モテモテ。
瀬伊と、松川さんで、むぎの取り合い(?)みたくなってます。
うーん…私、あまり女の子の主人公モテモテ状態、あまり好きではないんだよねー。
あ、でも、麻生が一哉にヤキモチやいて、自分が湿布を貼るって言ったのと、その隙に瀬伊が、絡んできたとこは、好き。
そうか、麻生、そんなに一哉の湿布を貼りたかったのか。
ついでに、アロママッサージもしてやるといいよ。
そんな麻生の献身的な(?)介護(でいいんだっけ?)が身を結び、一哉様復活。
元気になったんで、バリバリこき使ってくれるそうです。
嫌、元気になったんだから、やれることは自分でやろうよ。
そういえば、熱出してるとこのスチル、妙にエロくさかったです。

あ、しまった。
皇くんの話をしてませんでした。
麻生とらぶらびで、帰宅してきたら、皇くんがいたのです。
思わず、「この人はただの友達です!」と言い訳したくなりました。
が、まったく皇くんは、私のことなど眼中になく。

片想いって辛いわね…。

続く。