ランチに行ったお店で、イケメンのウェイターさんが「逆チョコのサービスです」って言って女性のお客さんに苺のチョコソースがけを配ってました。
そんなオサレなサービスよりも、狭い厨房の中にそのイケメンと男くさい系のシェフが二人だけという事実のほうによほど萌えました。

一応(?)腐女子のはしくれなんで、日常のものすべてに受攻を決めてしまいたくなります。
それで、なんとなくチョコは攻だなと思いました。
甘ったるい感じの2枚目なイメージですかね。(ですかね言われても)

カップリングとしては、やんちゃな(どこが?何が?)アーモンドとの相性がバッチリだと思いますが、ツンデレな(だからどこが?何が?)苺受も、味わい深いとか、まあ、客がそんなこと考えながらサービスのデザート食ってるとか、ウェイターさんも思わないだろうな。そんなバレンタインデーでした。