ブログネタ
ボーイズラブゲーム に参加中!
終わりました。
ラストスパートかけて、イッキに終わらせました。

全体の感想はまた後日にして。

以下西田&岸本と西田&小早川のとってもネタバレ感想。

■岸本X西田
他のカプに比べると、かなり暗くて重かったですが、面白かったです。
西田の性格からして、ウリやってみたいとか思うかなあ?という疑問はありましたが、お金をもうのに甘いというか、贅沢というか、そういうところがやはり西田らしいのかなと思いました。
岸本が西田の無邪気さにイラついていて、ウリやりたいと言ったのを利用して、貶めるようなことをして、面白いはずなのに、前よりもっとイラついてる様子がそれぞれの視点から見れるのが、恋愛心理学の良いところですね。
岸本のことは岸本本人の視点よりも西田視点のほうが分かるのが、面白い。
岸本は素直じゃないので、自分のことさえ素直に見られないのね〜と思いました。
西田は岸本と普通に話したいんだけど、意識してしまってて、何か嫌なこと言われたらどうしようって身構えてるんだけど、自分でそう仕向けたくせに、それが面白くない岸本のイラつきっぷりがツボでした。
告白シーンが滅茶苦茶好きです。
好きな子をいじめて興味ひきたかっただけって、まさかこんな可愛らしいストーリーになるとは!
「これ以上言わせるつもり?」って告白してるくせに逆ギレ、まさかの西田の「ゴメンナサイ」から咄嗟の機転(?)で、ハッピーエンドと、怒涛の展開でした。
エンディングのキスも可愛かったです。

■西田X岸本
西田って攻だと鬼畜です。
子供っぽいところがあるので、そっち方面も、思うままに振舞っちゃうとこがあるかもしれないなあとか思いました。
しかし、目隠しプレイは萌でした。
自分がお金もらう側なのに、いいの?それ?と思いました。
「男でも勃った」じゃなくて「岸本だから」的な言葉が欲しかったなあと思いました。
2回目のとき、まさか無理矢理やっちゃうとはまったくの予想外でした。
それこそいくら怒ってたからって、西田がそういうことするキャラだとは思わなかったんだけど、何で岸本がそこまで罪悪感感じてたんでしょうか。
西田が西田らしくなくなることが嫌で、そうさせたのが自分だってことに罪悪感を持ったっていう解釈でよいのかしら。
つまり、岸本が「イラつく」と思っていた西田の行動は実は「トキめく」だったってことでしょうか。
「友達だと思ったことはない」のは、そういう意味だと思っていいのかしら。
告白後のエッチがすっごい良かったです。
西田の言葉が素直で、それにいちいち応えてる岸本が、ああ、ほんとに西田が好きなのね〜と思えて、幸せな気持ちになれました。
最初が最初だったので、心のそこから良かった!と思いました。
エンド後のエピソードもすごく良かったですです。
一番岸本がイキイキしてると思いました。

■西田X小早川
やっぱり攻の西田は無邪気に鬼畜です。
小早川があっさりあたりまえのように受をとってるのは何故?と考え込みたくなるほど不自然でした。
告白も、ものすごく唐突で、ついていけませんでした。
食事に行くかどうかの選択で、ここまで話が動くとは思いませんでしたが、もうずっと両思いでまわりにはバレバレなんだけど、本人たちが分かってなくて、モジモジ(?)してるのが可愛かったです。
しかし、ぶっちゃけ、くっついたあとの小早川さんはちょっとキモかったです・・・。
私、オヤジ受は好きですが・・・何か違うんですよね・・・自然に小早川さんが受けることになってるのも、なんか・・・話の流れ的にどうなの?と。
なんか、こう、BLというよりも、オネエっぽいというか・・・。

■小早川X西田
私の本命カプだったんだけど、想像と違いました。
小早川さんが西田を可愛くてたまらないと思ってるのは、すごく好きなシュチュで萌えたんですが、西田が2回も寸前で「やっぱり嫌だ」とか言うのに、イライラしちゃいました。
自分から告白してきて自分から「いい」って言ったくせに、何だよ。それ。
小早川さんがそれを許すのは、西田を大事に思ってるからみたいだけど、滅茶苦茶拒まれて、BLの攻的にどうなの?みたいな疑問が。
あんまりかっこよくない気が・・・。
つか、小早川さん、思ったよりヘタレでした。
西田が怖がってるのを察して、言うより前に小早川のほうからやめるとかなら、萌えるんだけどなあ。このへんがビミョウな匙加減です。
それで、じゃあ西田がする側にまわれよみたいな展開だと、好きだったと思います。
受攻のルート、逆のほうが良かったような。
それでも、やっぱり「好きだ。ずっと好きだった」って台詞があったので、簡単にキュン!となりました。
一緒に暮らす前から、コンビニで会って話すだけのときから、小早川は無意識に西田を好きだったのかなと思うと、萌え萌えします。