MOUSOBI@ボーイズラブダイアリー

ボーイズラブ中心の萌え語りサイトです。ネタバレ・毒有り日記です。
BLなブログさまからのコメント・TB歓迎です。
スパム防止のため、コメント・TBは、承認後の公開となっています。

カテゴリ: おお振り

おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 7 【完全生産限定版】 [DVD]
おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 7 【完全生産限定版】 [DVD]
クチコミを見る


最終巻ですね。しんみり。
ジャケットは西浦メンバー総出演ですね。
アニメは阿部が怪我したところで終ってるので、みんなそろって元気に走ってるだけで感動しちゃいます。
中の絵は田島と三橋が阿部の家から帰るとことかな。
一色カラーの女子シリーズはモモカンでした。そういえばまだ出てなかったんだっけ。

■目標
DVDでだけ観られるお話です。
アニメ放送のときはこれが抜けてたので、がっかりしてたので、ちゃんと作品にしてくれて嬉しいです。
田島が帽子で花井の肘をつつくところ、野球やってるシーンはもちろんていねいで臨場感あって良いんですが、こういうさりげない動きが好きです。私のイメージではもっと、つんつん!ってしてると思ってたんだけど、こんな感じなんだーと。
花井が結構激しく田島を殴ってるのがおかしかったです。

病院での呂佳さんとタケシ。
声優さんお二人のかけあいが素晴らしかったです。
「おまえにそんな価値・・・」のニュアンスを原作では掴みかねていたんですが、すごく悪い意味で言ってるわけではなさそうだなと思いました。そこまで自分を追い詰める価値ないって感じの意味かなと思いました。
でも、タケシは悪い意味で受け取って、そのタケシの様子を見て失言だったと気付いたんでしょうか。
原作でもこのあとどうなったか不明なままです。しばらく忘れてたのに、また気になりだしました。このあとどうなったんだ。

阿部の口の中のハートマーク、すごいピンクだった。

■目標
阿部家ご訪問&弟シュンくん登場。
そして三橋の笑顔。
阿部は4ヶ月くらいつきあってようやく笑顔見たのに、シュンくんは出会ったその日に見たんですねー。ほんと苦労ねーなー。

一期の最終話は、阿部と田島が三橋の家を訪ねて二期の最終話は三橋と田島が阿部の家を訪ねる。これって狙ってやったのかな。
みんなの目標はまだ統一されてなくて、それぞれ考えているという終り方でしたが、阿部が「おれもそっち側にいきたい」みたいな発言をしたことで、他のメンバーたちも同じように考えてるのかなとうっすら伝えてくる終わり方でした。

■スペシャルボミック
DVD6でなんだ、ハマちゃんの話は入ってないのかーとがっかりしてたんですが、こっちに入ってました。嬉しい。
小さい三橋とイジワルハマちゃんが可愛かったです。

■DJCD
ゲストは西広役の木村良平さん。
おしゃべりが上手ですね。
芸歴は長いけど、アニメの現場にはあまり慣れてなかったという話は、高校から野球始めた西広くんにリンクするところがあるのかなーと思って聞きました。
彼も慣れてきたら、こんな感じ(どんな感じ?)になるんでしょうか。
夢で朝起きて支度終ったところで目が覚めるっていうの、私もよくみます。

■全巻購入特典DJCD
パーソナリティが谷山さんと下野くんでした。
すごくスムーズにまわってたので、安心感ありましたが、あの代永&中村コンビの妙な間が逆に恋しくなってしまったり。

好きな文房具も好きな女性のしぐさも言ってない人がいたんだけど。
代永くんはナース好きじゃないんですね。カテキョなんですねー。

谷山さんの尻と下野さんの胸の柔らかさが同じという新事実(?)も分かり、楽しいCDでした。

おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 6 【完全生産限定版】 [DVD]
おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 6 【完全生産限定版】 [DVD]
クチコミを見る

ジャケット絵はキャッチャー田島と三橋。
中のイラストはベンチへ戻る西浦っ子たち。
阿部不在だと、高校生だな〜感が高まります。
一色カラーの女子シリーズは、ルリちゃん??かな?

■エースだから
速いまっすぐは入らないと分かっていて、さらに阿部がそこまで計算してリードしてたと知ってたのに首を振らなかった三橋。
アニメで見ると三橋が本当にエースの役割をきちんと果たしていなかったんだなってことを実感しました。
三橋の妄信が心地よかったというモノローグは、なんだかドキドキしましたね。

■9回
座って1球受ければ三橋がどんな状態か全部分かるという阿部がすごすぎです。そんな捕手に投げたくないやと思ってしまいまふ。
ホームラン打たれたときの三橋が物凄く可愛かったので、そんな場合じゃないのに、うにゃーとなりました。
エースとしての役割をようやく気付いた三橋。
誰かに習ったわけではなく、自分で考えて出来るようになるって、すごいなーと思います。
「ワンナウトー!」は名場面ですね。
あ、どうでもいいんだけど、前にも書いたかもしれないけど、三橋ってモノローグでもオドオドした口調なのはどうなんでしょうか?
自信がないことを喋ると気の弱い人は、確かに三橋のようにオドオドしちゃいますが、心の中は普通に喋るんでないのかしら。
まあ、スラスラ喋ってたら、それはそれで違和感あると思いますが。

結果を知ってるのに、本当のリアルタイムを観ているような緊張感に、西広が奇跡を起こすんじゃないかと祈るような気持ちで観ました。
もちろん奇跡は起こりません。
何度も観たシーンなのに、泣けます。
泣き虫な三橋がマウンドでは泣かず、阿部の出迎えで初めて涙を流すというのが印象的です。
阿部の顔が母のような優しい表情なんですが、原作でもこんな顔だったでしょうか?

■映像特典 スペシャルボミック
コミックスのおまけまんがに声優んがアテレコしてます。
修ちゃんとの過去話が非常に萌えました。

■DJCD西浦高校放送室
ゲストは保村さん。
ボウズネタで失敗した(?)代永くんがずっとネチネチされてて面白かったです。代永君もオイシイと思ってたんじゃないでしょうか。
ところで、リスるってなんでしょうか?
オシャレなデビュー曲、面白かったです。
保村さんの笑い声はかっこえーです。




おおきく振りかぶって〜夏の大会編〜PASH! ANIMATION FILE 06
おおきく振りかぶって〜夏の大会編〜PASH! ANIMATION FILE 06
クチコミを見る

やっと読みました。
試合結果についての分析が面白かったです。
作画監督さんたちの対談が興味深かったです。
やっぱり、二期は意識的に一期よりも原作よりの絵に近づけて尚且つアニメ的に動かしやすいものに改良されたようですね。

キャラクター紹介で水谷は「篠岡に淡い恋心を抱いている」と書かれてちゃってました。
真正面から文にされると何となくテレますね。(何で?)

谷山さんと下野さんの対談を見て、ひょっとして花井って高校デビューを狙ってたのかなと思いました。
今までは、高校に入って田島という天才と同じチームになり、モモカンという指導者に出会い、反抗的(?)な態度を改めていったと考えてたんですが、実は、中学までそういう負けん気とかを抑えてチームをまとめていたのを高校からは自由にやるぞ!と思っての初登場の強気の態度だったのかもと考えました。
初めて振りに出会ってもう随分たつのに、何度も考えさせられてます。
すごい作品ですね。

本の感想に戻りまして、今更ながら三橋の部屋って広いな!と思いました。15畳だって!相当豪邸ですね。
阿部んちも改めて見たら結構豪邸。西浦っ子たちって意外にいいとこの子?

おおきく振りかぶって ポストカードBOOK (学研ムックアニメシリーズ)
おおきく振りかぶって ポストカードBOOK (学研ムックアニメシリーズ)
クチコミを見る

この本買うの忘れてたみたいです。
アニメ誌に載ったイラストが古いのから新しいのまでまとまった1冊です。
私はどうやら1期のころの微妙にふぉもくさい(失敬な)高田晃さんの描く阿部と三橋のツーショのイラストが好きみたいです。
ここに来てようやく原画さんの見分けと1期2期の変化が分かるようになりました。
1期は少し女子向け?に可愛らしいキャラでしたが、2期は原作により近付いて、あえて可愛さは封印してたような気がします。
それでも可愛いけど〜と思いつつ眺めてます。


おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 5 【完全生産限定版】 [DVD]
おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 5 【完全生産限定版】 [DVD]
クチコミを見る

ジャケットの阿部がかっこいい!と一瞬思ったんですが、ちょっとトイレで頑張ってる図に見えてしまったりもします。
中の後姿シリーズは田島と三橋に支えられてベンチへ行く阿部。
切ない場面ですが、酔っ払ったオヤジに見えてしまったりもします。
女の子シリーズは、え?お母さん達?と思ったら花井妹ちゃんたちが。可愛いです。

■研究されてる
和さんが呂佳さんに対してサディスティック風味でよい感じ。
と同時に自虐的にもなってる複雑な心情にキュンときます。

ナイバッチ水谷、もう泉のテク(?)に夢中なご様子で。
「くすぐったくないヤツはどーすっか」と言う阿部が予想外に気持ちわるかったです。
でも、この回の阿部、目が大きくて丸っこくて受くさく・・・じゃなくて幼くて可愛いかったです。
三橋に対してものすごい過保護で、それを泉にウザがられてるのがおかしいんだけど、この先の展開を思うと笑えないです。

■5回裏、2対5
とうとう阿部が・・・。
の前に、花井と三橋のハイタッチはこの回だったっけ?前の回だったかも。
とにかく恥ずかしがってる花井と嬉しそうな三橋が可愛かったです。
三橋の腕を握る阿部の表情は原作と同じように見えなかったのが残念。
アニメでは角度変えて見えたり、多少声の演技が入るかなと思ったんだけど。
三橋には阿部の表情見えてるんだよね。
そして、声で聴くと「ア、アイシング」が「アイシテル」にうっかり聴こえてしまいます。(きこえません)
どんよりな西浦メンバーに元気に声を掛ける田島は、やっぱりっこいーなーと思いました。
でも、そんな田島の手は緊張で三橋よりも冷たくなってるんだけど、そんなところもかっこいいと思います。
そして、三橋の「オレを頼ってくれ」男前です。

■特典DJCD
ゲストは角さんと雄大さん。
ゲストが二人でにぎやかで楽しかったです。
タイトルあてクイズの罰ゲーム、角さんのリアクションが面白かったです。


しばらく西浦っ子たちには会えないと思っていたので、たった1ページだけど嬉しかったです。
西浦一おしゃれさんと言う設定ながら、おしゃれっぷりがベールに包まれていた巣山くん。
私服カラーで見たいわ。
いや、でも、結構ライフスタイルがオシャレなんじゃないかと思います。
なんとなく。
次回は2ページくらいあると嬉しいなあ。

ところでアフタ、予想外にと言ったらあれだけど、なんたら列島(知らないわけではなく濁してます)が俄然面白くなってきました。
ちょっと、好きなアレです。うん。

もうすでにDVDに完全版(?)が収録されているので、今更感想でもないんですが、12回までしか書いてないのが自分的にモヤっとするのでざっと書いておきます。
色々ありまして、私はまだDVDの特典のほうは聴いてなかったりします。
今月から少し時間が出来る予定なので、オタク活動再開出来たら良いなと思っております。

12回からかなり間が空いてたので、木村くんの登場はないかと思ってました。
年齢は若いけど、芸歴が長い、でも声優としてはそんなにキャリアがないという立ち位地の木村くんとのパーソナリティ二人の接し方が、面白かったです。

DVDについてるCD聴いたら改めて感想書きます。


おお振り感想 アフタ2011 2月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。

もうそろそろ3月号の発売ですね。
オクターヴも終っちゃったし、もう買わなくていいかなあと思うんだけど、げんしけんも再開したし、単行本情報とかチェックしたいし、企画情報が載ってるなら見ておいたほうがいいんだよねとか。
あ、ところで、江古田ちゃんの実写化ってもうやってるのかな?そのへんも気になるし。
とりあえず以下2月号のネタバレ感想です。
続きを読む

おお振り感想 アフタ2011 1月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。


続きを読む

おお振り感想 アフタ2010 12月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。


続きを読む

DVD4のケースのイラストは応援団。小さい三橋も金網の向こうにちょこんといます。
中のジャケ絵は和さん。なんか切ない後姿です。
そして、さらに中はお母さんたちーの中に混じった栄口姉・・・かな?

■ゆるやかな変化
阿部父が三橋に接近。オイさん怖いです。
もちろん息子も怖い。
バットは買い換えられるけど、三橋は代わりがいないというさりげなくトキメク言葉も、キュンとくるけど怖いです。
そういえば、コミックスでは描きたされた阿部のスネ毛はアニメではなかったです。
友達いないの件、声がついて絵が動くと切なさ倍増でした。
三橋家は、めちゃくちゃほのぼのでした。
三橋父もアニメ初登場なのかな。
焼きまんじゅう焼いて〜な三橋が可愛かったです。アニメで観られて幸せ。

■5回戦
三橋が美丞に配球読まれてると気付くところ、アニメ的にはもう少し言うべきか言わないべきかの葛藤を長くして、見てる側にどうするのかな?というハラハラ感を引っ張ったほうが効果的だなーと思ったんですが、そうしないのがおお振りの良いところだと思いました。
そうしている間にも試合は動いているのだから、そうそう長くベンチにいるわけではないんですよね。
それだけに、そのあとの話す時間稼ぐために阿部が防具つけるの手伝わせたって言うのが繋がってきて、心理的な描写を引っ張ってハラハラさせるより、ほんとに対策練る時間がない、試合中なんだってことをリアルに感じられてよりハラハラします。

泉が田島が気付いていて自分が気付かなかったことに腹たててて、花井にちょっと八つあたりしているところが好きです。
泉は田島に対しても特別視していなくて、単純に田島は見抜けたのに自分は見抜けなかったことに悔しがってるんですね。
こういう感情はとてもリアルだと思いました。
おお振りの人間ドラマで楽しいのは、アニメでこういう八つ当たり的な場面があると、もともとそういう性格の人だとか、そうならざるを得ない特殊な状況だったとかいう前提があるんですが、そうじゃなく普通にこういう感情が出てくるという流れが素敵だなあと。

応援団もハマちゃんの盛り上げ方が楽しかったです。
最初から声が少し裏返ってるのも可愛かった。
三橋パパとの再会シーンも可愛い。おもにパパが。

美丞投手(名前覚えてな・・・!)の「チアのいる学校には負けねえ」はやっぱり笑えます。
そして、ヤノジュンがかっこよかったです。

■特典CD
西浦高校放送室の鈴木千尋さんゲスト分。
千尋さんは、本当になんて素晴らしい人なんだろう。
配信で聴いたときも思いましたが、あっぷあっぷな進行の代永さんと助ける気があるのかないのかよく分からない中村さんの二人の間にたって、ゲストなのにスムーズに進行する、その腕前の素晴らしさに涙が出そうでした。
今までの中で一番普通のラジオらしい内容でした。
古今東西は代永くん、ダメすぎでした。
でも、千尋さんの「わら半紙」も白くない・・・と思うんですけど・・・。白いのもあるのかな。
とにかく、鈴木千尋さんが好きだー!と思ったCDでした。

おお振り感想 アフタ2010 11月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。

今月号、ページ数少なかったような。
ひぐちさん、夏バテされたそうなんで、そのせいでしょうか。

以下少しネタバレ
続きを読む

ゲストは巣山役の保村さんでした。
代永くんは、だいぶ落ち着いてきたと思ってたんですが、やっぱりまだ緊張しているらしい。
緊張すればするほど、ぐるぐるしてるのに、フォローどことか、ますます緊張させそうな冷ややかな対応な中村さんが、時々するっと優しいところに、ちょっとキュンとする。

巣山のオシャレ番長ぶりは、ぜひとも漫画本編にも出てきてほしいですね。
きっと高級なぱんつ履いてたり、香りに気をつけてたりとか、するのでしょう。
見たところ、ひとつもオシャレなところを見つけられないので、きっと見えないところだなと予想してみた。

保村さんのオシャレっぷりも、素晴らしかったです。
結構こだわりあるのかな。

おおきく振りかぶって〜夏の大会編〜FANBOOK
おおきく振りかぶって〜夏の大会編〜FANBOOK
クチコミを見る


一話一話とても丁寧に解説されていて、客観的部分とライターさんの感想がバランスよくて、ほんとのスポーツ記事を読んでるみたいで楽しかったです。

小宮山さんへのインタビュー(?)が、とても興味深かったです。
おお振りには、魔球とか出てこないし、奇跡も起きないので、そこをリアルに感じているんだけど、あくまでフィクションであり、現実ではありえない、でも、ありえそうに描かれているということが、どんだけすごいかと改めて思いました。

他のインタビュー記事なども、楽しい内容なのに、浮ついた感がなくて、アニメなのに、なんかカタい感じが、逆に読みやすかったです。
しかし、各校の選手紹介で、迅のカットが慎吾さんになっていたことには、ちょっぴりガッカリでした。

VOiCE Newtype (ボイスニュータイプ) 2010年 07月号 [雑誌]VOiCE Newtype (ボイスニュータイプ) 2010年 07月号 [雑誌]
角川書店(2010-06-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


アマゾンがたびたび私にオススメしてくるので買ってみたら、西浦全員集合なインタビュー内容は、一緒に買った「熱闘グラフ」に収録されてました。
こっちには、写真がいっぱいなのですが、声優さんの表情がアニメのキャラの表情と非常に重なります。
演じてるうちにキャラに似てきたのか、監督さんがキャラを描くときに、声優さんの表情を参考にしているのか。
特に千尋さんは、栄口なオーラ(どんな)出てました。
そして、角さんも誰が見ても、この中で水谷は誰かって言われたら角さんを指すでしょうなくらい水谷だと思いました。

振り関係以外では、羽多野さんが男前だなーと。(?)
いつも羽多野さんの写真を拝見するたびに思います。

あ、あと、ものすごくどうでもいいけど、初めて田村ゆかりさんのお顔を真剣に見たんえすが、IZA○さんに似てませんか?メイクのせい?

パッケージイラストの田島様が、ものっそい男前です。
後ろでぼんやり応援している三橋も、きっとトキメいてることでしょう。

中のチアちゃんイラストも可愛かったです。
ロカさんの後姿は、とても20そこそことは思えない哀愁漂ってました。

■第5話「野球やりたい」
何回も観なおしている回です。
花井と三橋の会話、動いているところを見ると原作以上に花井が三橋イジメてるように、確かに見える。
すぐさま「イジメてんな」って声かける田島も勇ましいけど、間髪いれず「イジメられてない」と反論する三橋も、普段言いたいことも言えないくせに、なんていうか、正義感強い子たちだよと思いました。
すぐに間違いを認めて謝れる田島さまのかっこよさは、改めて素晴らしいです。

三橋が、思いのほか冷静にピッチャーを見て活躍しちゃうという三橋ファンにとっては、嬉しい回です。

それにしても、栄口は心の底から阿部を性格悪いと思ってますね〜。

試合後、田島と花井がやりとりしてる後ろでマッサージ?の準備してる阿部と三橋が可愛い。

花井にどんどん田島を意識させていく!というちょっと腐なモーソーかきたてられるモモカンのモノローグ。それにしてもSっ気たっぷりでした。

■第6話「大事」
阿部、崎玉に対しては、これでもか!というほど真っ黒ですね。
花井を押しのけてまで「練習試合やりましょう」って言ったくせに「こっちの手のうちは見せずに〜」の顔と声が怖すぎ。高校生なのに。
でも、三橋は「阿部くんキゲンよさそうだ」
なんか、違うぞ〜。
「大事にされてる」と三橋が思うあたりは、見ててテレくさいです。
「柔軟もキャッチもオレと組め」ついでに結婚してくれ!くらいな勢いの阿部は、ウザイとかのレベルを超えてますが、三橋は嬉しそうです。

美丞の子たちもガタイはでかいけど、可愛いです。
ロカさんがおかーさんに見えます。
ロカさんの黒さは阿部の黒さとは違いますね。
ダークサイドに落ちそうな感じ?(どんなたとえだ)

モモカンの年齢知った西浦っ子の反応が楽しかったです。
花井が一生懸命自分との年齢差考えてるのがおかしい。
花井は、モモカンのことちょっと意識してるよね〜。

■特典DJCD
福山さんがゲストです。
中村さんも代永さんも、それぞれに福山さん好きだね〜と思えました。
9分割の質問、ラジオパートでは選んでなかった「織田」について答えてもらえて嬉しかったです。
何で織田?っていう疑問が解決したような、もっと謎が深まったような。
代永さんが福山さんのつっこみを「優しいつっこみ」と言ってましたが、聞いててそれは感じました。
毒吐いてるけど、気使ってるし、代永さんも福山さんに構われるの嬉しいんだなーと思いました。勘違い?

9回目と10回目は、ゲスト二人でした。
このペースで行くと、12回で終わりかあと思ってたら、11回目はまたゲスト一人でした。展開が読めないわ。

9回目と10回目のゲストは、角さんと雄大さんでした。
曲のタイトルあてがかなり面白かったです。

あ、あと、大宮球場のイベントの話が聞けて嬉しかったです。

月刊 アフタヌーン 2010年 10月号 [雑誌]
月刊 アフタヌーン 2010年 10月号 [雑誌]
クチコミを見る
おお振り感想 アフタ2010 10月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。

久しぶりの表紙です。
阿部が鬼コーチみたいです。(?)

以下ネタバレ


続きを読む

おお振り感想 アフタ2010 9月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。

とか言いつつも、ぼやーっとしてる間に、もう次の号出ちゃいましたね。
なので、簡単に。
一応記事たたみます。

続きを読む

おおきく振りかぶって ~夏の大会編~2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
おおきく振りかぶって ~夏の大会編~2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
クチコミを見る

はあ、おお振りって面白いな!
一回観終わったあと、間髪いれずにもう一回観ました。
そして、何度観てもオープニングが素晴らしい。
最初の三橋の投げた球が阿部のミットに納まると同時にタイトルが出るところが、たまらんです。(何が?)

ジャケットの裏の女の子誰だっけ??可愛い。
表は、花井とモモカン、モモカンの運動してる女性のケツが、うん、いいよ。(何が?)
でも、やっぱ花井の細いケツのほうが好きだ。
そんなケツ談義は置いておいて。
感想いきます。

■第三話「三回戦」
栄口、妄想激しくて笑う。でも、いい人。
阿部が三橋の言うことを怒らず聞こうと必死に耐えていても、三橋には「寝てる」としか思われてない。
「おまえ、色々考えてるんだな」って、阿部は三橋が何も考えてないと思ってるんだなあ。世の中のえらそーなダンナが奥さんは何も考えてないと思ってて、うっかり熟年離婚されたりするので気をつけろ!と誰に向かってるか分からない忠告を心の中に浮かべつつ。
試合中の動きが実にすんばらしい。
アニメ的に考えると、動いてる一人の人に焦点を当てた場合、見せたいところを見せる構図で動かすと思うんですね。球を追いかけて、捕って投げる、球の動きを追うみたいな。
もちろん、それもきとんと描かれているんですが、通常切れないところが切れていて、通常そこにいるはずなのに、あえて画面から消えているほかの選手がいるというリアルさに、胸がドキドキでした。

あ、阿部父アニメ登場〜。
怖いよ。
でも、息子のほうが怖い。
ヤジられたことを計算どおりだと悪い微笑みを浮かべる阿部さんの黒さに目眩がしました。
声がつくと、ほんっとに悪いな!おまえ!好きだ!と思いました。

■第四話「野球シンドイ」
タイさんのヘッドスライディングは、何度見ても感動します。
絵的にスピード感があるところも、アングルも素晴らしいんですが、タイさんの強い思いみたなものがね、伝わりました。
泣いちゃうイッちゃんにもキュンです。
芸が細かいと思ったのは、イッちゃんがアンダー?をノースリーブに着替えたときは、ユニフォームの袖からアンダーが出てなかったこと。
つか、男子のノースリーブって好きだな!と思いました。
どんなに逃げたくても、辞めたくても、ボロ負けでも、野球はアウトとれないと終れない。ほんとに「シンドイ」スポーツです。
この回、マックスに阿部真っ黒でした。
わざと押し出しさせるって、怖すぎです。
田島を意識しすぎて、三橋が田島を頼ってることにすら、自分が頼りないと落ち込んでしまう悩める花井キャプテンに、キュンときました。

■特典DJCD
下野さんがゲストだったWEBラジオ2回分を収録。
CDでだけ聞けるパートでは、下野さんからパーソナリティ二人に記憶力クイズ。
年下で後輩で、ツッコミどころ満載すぎな代永くんにまでイジられてる下野さんは、素敵でした。
顔の落書き事件の真相、面白かったです。

もう、何回目なのか、既に分からなくなりました。
ゲストは鈴木千尋さんでした。
千尋さんは大人だ〜。

三橋なみにキョドってる代永くんをフォローし、話題を広げてリードしてくれて、かっこよかったです。
ホレなおしました。

そして、そこまでフォローされてるにも関わらず、古今東西がまるっきりだめな代永君にエールを。

おおきく振りかぶって ~夏の大会編~1 【完全生産限定版】 [DVD]
おおきく振りかぶって ~夏の大会編~1 【完全生産限定版】 [DVD]
クチコミを見る

ポスターが色々もらえるので、メイトで予約してます。
しかし、ポスター貼らないし、わざわざ取り出してみたりもしないので、本当に必要なのだろうか。

■第一話「次は?」
利央が泣いてて可愛かった。
とか、そういう話じゃかくてですね。
推定身長2メートルはありそーな(ないらしい)兄に、玄関先で頭掴まれて負け犬呼ばわりされたら、まあ、そりゃ泣きたくもなるけど、これくらいで男の子が泣くもんかなーと最初は思ったんですけど、それだけ利央にとったら、悔しいことだったんだなと思いなおしました。
つか、アフタで和さんが練習見にきたところを見て思いました。

しかし、この呂佳さんの登場シーンは非常にインパクトがありました。
アニメ放送の第一回目のオープニングテーマが流れる前ですからねえ。
知らない人が見たら、あら、また深夜にBL始まったのねと思われそうです。(思わなねーよ)
下からのアングルが凄かったです。

がらっと変わってオープニングはサワヤカ。
コミックスの表紙絵を上手く使ってあって感動します。
ただ、三橋だけは、まだ振りかぶって投げてないから、ちょっと違うのが残念。
あ、二期は阿部のタレ目のタレっぷりが凄い気がします。
「今日もよくたれています」みたいな。

球技大会のサッカーの動きは、もちろん素晴らしかったですが、三橋のキョドりっぷりが、もっと素晴らしかったです。

阿部のチヨちゃんへの業務連絡、いきなり何の前振りもなく「しのーかー、三橋のおにぎり増やしてくれ」って始まって、あの口調。
こういう内容って、ちょっと言うのテレたりしませんか?
チア(あ、まだ志望)の二人は「仲いい〜」ことよりも、阿部の三橋への過保護っぷりにつっこんで欲しいです。

次回予告「阿部君って怖い」うん。激しく同意。

■第二話「崎玉」
この回は、作画が可愛いです。
髪の毛と白目黒目のバランスがポイントなんだ。(マニアック)
水分取りすぎの三橋のたぷたぷおなかも可愛いですが、「何かいいましたかね」のモノローグの顔が絶品です。
言い方も、三橋の高い声なのに、おっさんくさくて良いです。

それにしても、阿部は常にタレている。こんなにタレ目だったろうか。

阿部が三橋に大声を出さないでガマンした結果、ちゃんと通じたとき、動物番組を見ているときのような感動がありました。
しかし、阿部のモノローグの「試合のたびに痩せてたらあっという間になくなっちゃう」ドリーム発言、言い方が男前なので、かなりツボ入っておかしかったです。

大地は、アニメ向きのキャラだなーと思いました。
オーバーアクションが楽しいです。
野球シーンは、ほんとに凄い。
場外のところとか、細かい。

この回のモモカンのヘアスタイル、アニメ的にすごく時間かかりそうと思いました。
あ、田島のパンツにものすごく力が入ってたように思えました。
もう、田島が「チン○」って言っても、驚かなくなりました。

■特典DJCD
ゲストは谷山さん。
特典CDでだけ聴けるラジオではカットされていた質問ですが・・・。
「好きなのは何月」って、なかなかそんなこと聞かれることないよなあ。さすがキャプテン、目のつけどころが違う。
代永さんは分かりやすい人なんですねー。


おおきく振りかぶって(15) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって(15) (アフタヌーンKC)
クチコミを見る


キャンペーン中だったので、アニメイトで買いました。
今までの表紙のデザインが好きだったので、変わっちゃってちょっと寂しいっす。
久々の西浦ーぜ勢ぞろいなイラストは嬉しいんですけどね。
なんでか、チヨちゃんまで前のめりなのが可愛い。

表紙カバー下漫画、阿部メンテナンスって、どうも阿部父一人でやってる会社っぽいと思ったけど、自宅にくっついてたとは。

「うっかり」先に帰った栄口に置き去りにされて迷う三橋と田島が、まるでヘンゼルとグレーテルのよう。(どこが?)
「ヨユー」とか言って本当は迷っていたという田島が、可愛いよ。
三橋にお兄ちゃんぶりたいのかなー。
あんだけ食ってたくせに、より道でアイス食べたり、カレー食べたりしてたとは!恐るべし!

阿部の4キロ増量は、いったい何日で達成したのだろうか。
でも、若いうちは、一日で体重増減するからなー。

目標設定用紙、問題集2冊やるって書いたのは西広かな、大金持ちとか書きそうなのは、水谷と思うけど、どうだろ。
これ、全員の見たいなあ。

梓が、肉体的にも精神的にも痛めつけられてて(?)ドキドキでした。
西浦一、はあはあっぷりがエロいと思うんだ、花井は。(?)

二カッの三橋は、かわゆかった。何度見てもかわゆい。
阿部弟に一目ぼれされちゃったよ。(されてねーよ)

田島とは仲良しだけど、三橋の心のキャッチャーは阿部なので、それが分かってちょっと面白くない田島とか、こういう微妙な心の流れをさらりと書いちゃうところが、素敵だなーと思いました。

ロカさんと滝井の学生時代、よく見たらロカさん意外に細かったのね。
出来れば、学生時代は利央に似ていて欲しかったですが。
滝井も細くて小さくて可愛いです。

美丞は、その後どうなったのか、とっても気になってます。
もうひとつの気になってた事項、和さんのメール送信後については、ようやくアフタヌーン本誌で、出てきたので、ホッ!です。

試合やってたんですよね。
S武のHPに試合結果載ってたし。
S武ファン的には、あんまし盛り上がってないのかしら。
まあ、私もファンではないので、振り目的だけで観たがってたりするんで、かえってご迷惑だったり?
HPには、特にイベント報告的なもんは見当たらなかったんだけど、私が探せないだけでしょうか。

アニメージュ 2010年 07月号 [雑誌]
アニメージュ 2010年 07月号 [雑誌]
クチコミを見る


とっても面白かったです。
織田について福山さんがどう思ってるのかも是非聞きたかったです。
何気にいつも中村さんと代永さんのテンションの違いとか、距離感とかに、ハラハラして聞いてるんですが(何故?)福山さんがそこに入ると、いい具合にまったりして良いと思います。

アニメもそろそろ終盤ですね。
コミックス14巻あたりなので、おお!この前復習したところだ!と思いつつ某所で観ております。
つか、アニメのヤノジュンが声も含めてかわゆすぎます。
中の人が出演してるアレなCDを、買おうかどうか悩んでましたが、買おうと思いました。

アニメ誌今月も買ってないけど、振りが表紙なので、記念に(?)リンク貼ってます。



ウェブラジオのゲストは前回に続いて下野さん。
目力ゲーム?面白そうでした。

ゲスト呼ぶ前の二人のトークも、ほんとの自分の身内を語るような感じで面白かったです。

アニメは某所で観てるんですが、第7回目後半の三橋が二期始まって以来の可愛らしさでした。
チアちゃんズがまた可愛い〜。
そんでもって、なんだか阿部まで可愛かったよ。
そうだ、二期阿部、黒すぎて忘れてたけど、本来阿部って基本可愛いんだよなあと思いました。
阿部より黒い人(呂佳さん)いるしな。
ところで、アニメ滝井が素敵すぎる。

2回目のゲストは1回目と同じく谷山さん。
谷山さんが出した質問に、パーソナリティ二人がどんな答えを書くか、谷山さんが予測するというゲーム。
ご本人たちが言うように、前振りを含めて面白かったです。
腕あげたわね!でした。

3回目のゲストは下野さん。
私、普段アニメ観ないし、声優さん関連のものに触れることがそんなにないので、はと胸な話、知らなかったです。
今度雑誌とか見て確認したいと思いました。

おお振り感想 アフタ2010 6月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。

久しぶりのアフタヌーン!!
でも、ページ数が少ないよ。
そして、次号もまたお休み・・・。
切なすぎます。

アニメの美丞のキャスト発表されてましたが、滝井、イトケンさんなんですね。イメージ通り!

以下ネタバレと腐った感想。続きを読む

おおきく振りかぶって(14) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって(14) (アフタヌーンKC)
クチコミを見る

ちょっ・・・!呂佳さんは身長2メートルじゃないんですか!?
体重も絶対90キロはあると思ってました。
ごめんなさい。

そんな呂佳さん、表紙のイラストがすっげーサワヤカです。
呂佳さん・・・よね?
帽子被ってると自信持てないす。
逆にプロ野球の選手は、帽子脱いでると誰だか分かんないす。

三橋パパ、普通に会社員だと思ってました。
職員ってことは、てんてーではないのかしら。
阿部父の名前が、なんかヤだ。
(ヤだっつっても名前なんだから仕方ないだろ)
そっか、阿部は社長の息子か。
パパの作業着に阿部メンテナンスって書いてあるもんな。
でも、社員一人な会社な気が。

西浦バッテリーの新たな一歩となった貴重な試合、美丞戦が終りました。
雑誌を読んでいたときには、守れなかった約束のこととか、三橋が投手としての役割について考え始めたり、阿部との今後のことを話さないとと思ったり、色々変化があって、そっちに気をとられていたのですが、落ち着いてコミックスで読み返すと、西広のことが気になりました。
10人しかいないチームって補欠が一人なのだから、常にコーチャーやってたり、伝令やってたりで忙しいので、自分が試合に出るというイメージを強く持てずにいたのかな。
打てなくても誰も責めないんだけど、三橋に「ごめんなあ」って誤ったり、「オレのアホ」って自分を責めてたり、こういう落ち込み方見ても、ああ、頭よくて責任感強い優しい子なんだなあってしみじみ思います。
最後の打席と涙に、すごく感動しました。
何年かたって野球をしなくなってるときがきても、彼はずっとこの試合を忘れないだろうと思いました。

カバー下の応援団さんたち、みんないい子だ〜。仲良しで嬉しい。
お疲れさま!

アニメ二期始まりましたね。
私の住んでる地域では、相変わらず放送がありません。
ガマンできずに某所で見てしまいました・・・。
オープニングアニメが良く出来てますね。うまくつなげたな〜。
アニメ感想はDVD出てからにします。
ブルーレイでも出るのかな。出るよね。アニプレはソニー系列だし。
プレステ3買うかな。やりたいゲームもないけども。

そんなこんな呟きながら、ウェブラジオの感想です。
思ったよりも長い時間でした。
ゲストは谷山さん。
9分割の質問面白いですね。
進行役の二人も答えればいいのにと思いました。
二人には別の質問が用意されてたけど、あの手(?)の阿部と三橋をなぞらえた質問、雑誌とかにも多いけど、それ聞いてどうなの?と思う私はひねくれているのでしょうか。ひねくれてるんだろうな。
3年前の二人の間の緊張感みたいなものが、少し薄れてるので、やはり嫌でも阿部と三橋の関係を意識せずにいられないのですが、そこに注目するのは嫌なんだ。
訳わかんないですね。すみません。

もう寝ます。





今月も、おお振りお休みなんだ・・・。
ビンボーなので、振りが載ってない月は立ち読みで済ませているのに、買ってしまったです。
でも、カレンダー付いてたから良かった。
補給補給。
アニメの絵なので、ぶっちゃけ、どの絵もアニメ誌とかに載ったのを持ってるのだけども、ああ、三橋かわいいなと。(着地点そこ?)

今月もアニメ誌は買いませんでした。
今のところ、萌え心をくすぐるイラストが発表されてないのです。
ニュータイプロマンスも、表紙だったけど、二期はあんまり三橋が可愛くない・・・気がする・・・すみません。
動いてるのを観たらまた愛着わくかもしれないけど。
あ、でも、アフタに載ってたラフ画のロカさんは原作以上に美形だと思いました。楽しみです。

そういえば、コミックスも今月と勘違いしてました。
おバカさん。

NEWTYPE ROMANCE (ニュータイプロマンス) SPRING 2010年 04月号 [雑誌]
NEWTYPE ROMANCE (ニュータイプロマンス) SPRING 2010年 04月号 [雑誌]
クチコミを見る

ベスト・オブ・おおきく振りかぶって ~夏のスコアブック~ 【完全生産限定版】 [DVD]
ベスト・オブ・おおきく振りかぶって ~夏のスコアブック~ 【完全生産限定版】 [DVD]
クチコミを見る

別にいらないかなあと思っていたのに、DJCDが欲しくて予約しました。
メイトの特典はどうせ、ジャケ絵と同じポスターだろうから別にいらないかなと思って、アマゾーで予約してたのに、ポスターの絵がお着替えシーンだと分かり、速攻キャンセルして、メイトで買いました。
会社の昼休みにウキウキ取りに行きました。
うへへ。着替え着替え!
予約の伝票渡して〜お金払って〜商品受け取って〜
あれ?ポスターないの?
思わず
「あの!特典ポスターあるはずなんですけど!」
と超必死に訴えてしまいました。
普通に受け取るのも、ちょっとテレちゃう絵柄なのに、必死に訴えただけに余計に恥ずかしかったけど、聞くは一時の恥!(使い方違う気が)
三橋の美しい背中とか細腰とか堪能してます。

DJCDは、収録時間が20分くらいなんだけど、10人で喋ってるので、あっという間でした。
最後の掛け声は、ちょっと感動しました。

DVDのほうは、とりあえず三橋の誕生会だけ観ました。
ハッピバースディを歌ってる阿部が、やっぱりキモかったです。(失礼な)
他はねえ・・・総集編なんで、つなぎにチヨちゃんのナレーションが入ってるんですが・・・アニメチヨちゃんには、ちょっと苦手意識があるので、少しずつ観ていこうかなと思います。
原作のチヨちゃんに思い入れがなければ、普通にかわいいと思えるんだろうけど。

PASH ( パッシュ ) ! 2010年 03月号 [雑誌]
PASH ( パッシュ ) ! 2010年 03月号 [雑誌]
クチコミを見る

一応、上の画像のPASH!も含めて、全誌立ち読みでチェックしましたが、今のところ、じっくり持ち帰って読みたい情報はなかったので、買わずにガマンしました。
花井と田島のイラストは、手元に置きたい感じだったので、かなり悩みましたが、おお振りの公式サイトにちっさいけど、載ってたので、それを眺めてガマンします。
公式サイトといえば、総集編DVDについてくるDJCDのオープニングトークの視聴しました。
代永くんの声が、少し落ち着いてきた・・・かな?

ブログネタ
おおきく振りかぶって に参加中!
おお振り感想 アフタ2010 3月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。

今月は付録なしのアフタヌーンでしたが、付録付きかと見間違うほどの分厚さでした。
しかし、その中のおお振りのページ数はいつになく少なかった気が。
そして、来週は休載。あ、来月ね。汗
週刊じゃねーよ。
でも、早くもコミックス14巻が3月には出るらしいので、良い子にして待ってたいと思います。
ってコミックスは4月だったよ。
そして、休載も2ヶ月だった。

以下ネタバレ&腐った感想。
続きを読む

ブログネタ
おおきく振りかぶって に参加中!
おお振り感想 アフタ2010 2月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。

一ヶ月ぶりのアフタヌーンは重かったです。
でも、幸せの重みでございます。

アニメ第二期製作決定お祝いポストカード、ようやく開けてみました。
ああ、袋(?)と同じ絵なのね。そっか、うん。
わざわざ袋に入ってるから、どんなお宝画像が!と勝手にワクワクしてたんですが、うん、まあ、そうよね。

以下ネタバレと腐った感想。


続きを読む

ブログネタ
おおきく振りかぶって に参加中!
おおきく振りかぶって Vol.13 (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって Vol.13 (アフタヌーンKC)
クチコミを見る


楽しみにはしていたんだけど、ああ、とうとうコミックスでも阿部が!!と思うと、読むのが辛かったです。
今思うと、三橋は動揺してはいても、意外と冷静でした。
「阿部が約束を守れなかった」ことを、素早く理解して、自分がどうすべきかを考えていたので、学校の成績は悪いけど、結構賢いと思いました。
いや、自分が三橋ビイキだから何してもいいほうに受け取る傾向はあるんだけども。
阿部が「怪我をした」ことよりも、約束を守れなかったことで、かなり落ちてたので、「怪我をしてない」三橋が落ち込めなかったってこともあるでしょうけど。

そして、利央のメール、たったあれだけなんだけど、その中に、頭悪そうだったり、野球のこと色々真面目に考えてたり、でも自分で分からなくて引退した和さんを頼っちゃうところもあったり、でも、実はそのあたりはメールする口実で、実は最後の一文が1番言いたかったんじゃないかと思ったり。
萌えなおし(?)ました。

表紙めくったとこの西浦の部活以外の生活(?)も楽しかったです。
ハマちゃんは、野球部を応援してるんじゃなくて、ミハシを応援してるの?
泉や田島は体育祭の種目そのままにしてたのに、三橋の替わりには自分が出ようとしてるのは、何でなんだろう。
ハマちゃんの中では三橋はまだ子供のときのままなんかなあと、思ったんだけど、やっぱりエースの役割は大きいってことを、ハマちゃんがよく分かってるってことなんでしょうかね。

ボークについての解説、ふむふむと思ったけど、実際試合に出てたら分からんだろうなあ。嫌、登板予定は一生ないけど。

おおきく振りかぶって Vol.13 (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって Vol.13 (アフタヌーンKC)
クチコミを見る

13巻の表紙がアマゾンに載ってるんですね。
楽しみだな〜。

ブログネタ
おおきく振りかぶって に参加中!
おお振り感想 アフタ2009 12月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。

感想を書くのがすっかり遅くなってしまいました。
なんだか毎日眠くてね。

13巻は12月22日発売!!
うふふふふ〜。
そして、単行本作業のため、来月はおお振りお休み・・・。
うん。今までお休みされなかったのが不思議なくらいでした。
コミックスにあれだけ手が入れてあるのに、連載休んでなかったから。
ここ最近は西浦の出番が少なくて、今月やっと補給できた〜と思ってたので、寂しいです。
一ヶ月の辛抱だけど。
で、ですね。来月はアフタ買うかどうか悩みます。
「おお振り載ってないから買わない」という人が続出したら、次回からひぐちさんがお休みし辛くなってしまうんんではないかと、いらん心配をしたりとか。

以下ネタバレ感想
続きを読む

ブログネタ
おおきく振りかぶって に参加中!
今、ものすごく↓の輸入版DVDが欲しくてたまりません。
リージョンフリーのDVDプレイヤーを買ってしまいたいです。
英語版でも、三橋はああいう喋り方なんでしょうか。
阿部は、いやらしい喋り方なんでしょうか。
気になって夜も眠れません。


輸入DVD(アニメ) (北米版) / 新発売 おおきく振りかぶって 【DVD-BOX】 シーズン 1 Part 2 (14-...

輸入DVD(アニメ) (北米版) おおきく振りかぶって 【DVD-BOX】 シーズン 1 Part 1 (01-13話 260...

ブログネタ
おおきく振りかぶって に参加中!
おお振り感想 アフタ2009 11月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。

三橋だ!三橋だ!ガツガツガツ!っていうくらいに、三橋に飢えていたんだなーと思えた11月号。
2ヶ月ぶりの三橋〜!

以下ネタバレ

続きを読む

ブログネタ
おおきく振りかぶって に参加中!
おお振り感想 アフタ2009 10月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。
月刊 アフタヌーン 2009年 10月号 [雑誌]
月刊 アフタヌーン 2009年 10月号 [雑誌]
クチコミを見る

表紙に初榛名!!です!!
初よね?私がアフタ買い始める前に出てたとかでないなら、初めてなはず。
三橋との体格差に萌え萌えです。
これはいったいどーゆーシュチュエーションなのか、ざっと50通りくらい咄嗟に妄想できます。ウソだけど。
テンションあがった!よ。
でも、付録の三橋タオルは、印刷具合がミビョウです。私のだけ?
阿部ストラップの悪夢が蘇ります。
数年前の付録の阿部のストラップ、私の買ったのは鼻水たれたたみたくなってた事件があったのです。
ためしにもう1冊買ってみたら、そっちはまともでした。
今回も、もう1冊買えとか、そういう神のお告げでしょうか。
以下ネタバレと腐った感想
続きを読む

ブログネタ
おおきく振りかぶって に参加中!
おお振り感想 アフタ2009 9月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。

今月も簡単な感想ですが、ネタバレなので記事たたみます。


続きを読む

おおきく振りかぶって Vol.12 (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって Vol.12 (アフタヌーンKC)
クチコミを見る


12巻の表紙は、てっきり監督&コーチかと思ってました。
美丞は、あんまり美形な子いないと思ってたんだけど、こうしてみると、あらあら意外に(失礼な)イケメンそろってましたね。
でも、ごめん奥の細い目の子が誰だか分からなかったです。
えっと、松下くん?とかいう人かな?違ってたらすみませんです。

美丞戦は西浦バッテリーにとって、転機となる一戦だったので、試合ももちろん楽しかったんですが、場外の(?)ロカさんと和さんの攻防も楽しいです。
部活での先輩は絶対!なはずなのに、なんでか常に和さんのほうがロカさんよか優位に立ってる気がするのは何でなんでしょうね。
つか、12巻に収録された話が雑誌に掲載されてたのって2年前!?
びっくり!オレも年とるはずだよ!

カバー裏漫画、西浦部室事情が楽しかったです。
みんなが「871」で盛り上がってるのに、一人「384」とか考えてる阿部がどんだけ!と思いました。

相変わらずチヨちゃんは男前でした。
いや、でも、気にならなくなったって言っても、約一名のことは気になってるよね??

ブログネタ
おおきく振りかぶって に参加中!
おお振り感想 アフタ2009 8月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。

そんなにネタバレでもないし、簡単な感想だけど、一応たたんでおきます。

続きを読む

ブログネタ
おおきく振りかぶって に参加中!
おお振り感想 アフタ2009 7月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。

絶賛榛名祭開催中でした。
忘れてたわけじゃないんだけど、三橋誕と榛名誕が過ぎてました。

以下ネタバレ感想続きを読む

ブログネタ
おおきく振りかぶって に参加中!
おお振り感想 アフタ2009 6月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。

毎日眠くて仕方がありません。
その昔「ネムタくん」という漫画があったと記憶してるのですが、内容は覚えてません。確かいつも寝てるか、眠そうにしてる男の子が主人公だったと思うのですが、ほんとにそんな漫画あったのだろうか。
まあ、別にすごく好きだったとか、そういうわけではなく、今ふいに思い出したので、書いてみただけです。

と、どうでもいい話題で心を落ち着けて、以下ネタバレ有りの腐女子的感想です。続きを読む

ブログネタ
おおきく振りかぶって に参加中!
おお振り感想 アフタ2009 5月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。

なんか今月、モモカンの胸が小さかったような気がしたのは気のせいでしょうか。

以下ネタバレ感想




続きを読む

ブログネタ
おおきく振りかぶって に参加中!
おお振り感想 アフタ2009 4月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。

どっかんどっかん来ました。色々と!
そうですね、例えるならば盛りだくさんのチャレンジパフェ?
甘くて冷たくて、たくさん入ってて美味しい!んだけど、お腹壊しそう的な・・・。
・・・無理に例える必要もないですね・・・。

以下ネタバレ感想。


続きを読む

ブログネタ
おおきく振りかぶって に参加中!
おお振り感想 アフタ2009 3月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。

最近のアフタでおお振り以外の作品で楽しみにしているのは「オクターヴ」「江古田ちゃん」「バーサス」「ハトヨメ」です。
そういえばアフタって女性が主人公の作品が多いですね。

綺麗なおねーさんも、頑張る可愛い男の子も大好きです。
そんなところで、以下今月のおお振りネタバレ感想。


続きを読む

ブログネタ
おおきく振りかぶって に参加中!
おお振り感想 アフタ2009 2月号
こちらは「おおきく振りかぶって」というマンガを偏った視点から見た感想です。
BL・ヤオイの意味がわからない方、お嫌いな方は読まないほうがいいかもしれません。
ネタバレがあります。
未読の方はご注意下さい。
場面の解釈や登場人物の感情については、あくまで「私が思ったこと」「感じたこと」ですので、「それは違う」という部分も多々あると思います。
ご了解頂いた上でお読みください。

感想書くの遅くなってしまいました。
西浦っ子が出てこなくて、イジけていたわけではありませんよ。
ずっと榛名の活躍を思う存分に見たいと思っていたので、榛名三昧で嬉しかったです。

以下ネタバレ感想。


続きを読む

このページのトップヘ