September 20, 2009

秋晴れの連休♪

7ebbdb46.jpg
のんびりとした時間が流れています。
BGMは、高らかなイビキ 二重奏♪(笑)
    
Posted by kuribom at 14:36Comments(1)携帯より☆ 

August 15, 2009

イノシシさん撮影会〜

またまた、ぶらり撮影に行ってまいりました〜(^^ゞ

今回は「いのしし神社」なる場所へ。

境内にはイノシシさんの石造がいっぱいあって
なかなか可愛いヤツらでした♪
     続きを読む

July 26, 2009

京都散策

相変わらず大忙しな毎日ですが、少しずつ心のゆとりが出てきたので
カメラを持って京都へ遊びに行ってきました♪
美味しいもの食べて、お買い物して、街を散策して…。
とってもリフレッシュできましたよっ(^.^)

     続きを読む

July 20, 2009

連休のマログラさん

マログラ家周辺では、梅雨前線が最期のチカラを振り絞るかのように
これでもかっって、豪雨を落っことしてます( ;^^)ヘ..
みなさんの地域は大丈夫でしたでしょうか。。。

ぐずぐずお天気の3連休でしたがマログラさん、おうちの中でそれなりに(?)
楽しんでおります♪

しばらく眠っていたデジイチさんを引っ張り出し
シャッターを切りながら、マログラと遊びました(^.^)

まぁ、どれもこれも主観的オヤバカ写真ですが
久々なので、ちょいとアップしてみます(^^ゞ

m5
     続きを読む

June 28, 2009

マロン、頑張りました!

マロンにお見舞いと励ましのメッセージをくださったみなさま。。。
本当にありがとうございます!!

マロン、本当によく頑張りました!!
一度に沢山の病状を受け止めて、戦って、本当に偉かったです!

退院後しばらくは寝るだけの毎日でした。
ただただ、横たわって1点を見つめて大きくオナカで息をしていました。
3日ほどたった頃から、少しずつ起き上がるようになり
弱々しいながらも、自分の足で階段を上り下りするようにもなりました。

退院後の検査では、炎症の数値が6倍から3倍に下がっていて
白血球も正常値まではあと一歩ですが、増えてきています。
肺の水はもう少しかかりそう。。。

でも、本当に元気になりました!
退院後4日目からは、目に輝きが出てきて、まさに「生きてる!」って
嬉しそうな目をするんです。

きちんとお薬を飲んで、ムリをさせずに養生すればきっと回復する!
…そう確信できるようになりました。

そんな時なのに、なんだかマロンばっかりに負担がやってきます。
あと少しで回復…というときに2ヶ月ぶりのてんかん発作が起きました。

「なんで?」もうその言葉しか頭に浮かばなくて、悔しくて悔しくて。。。
座薬を入れて、身体をキレイに拭いてやって落ち着くまで撫でながら見守りましたが、その後も2度の発作が起きて、一晩中ツラかったと思います。

発作が終息した後は、すごく落ち着いています。
今回の病気で、ぐっと歳をとった様子になったマロンですが
とにかく、回復して穏やかに過ごしてくれてることが一番嬉しい。

やっと、落ち着いて1日を過ごせるようになりました。

この夏は特別なことはいりません。
ゆっくり、ゆっくり穏やかに過ごしたいと思っています。
また笑顔のマログラをココに載せますね。

皆さんからの励ましが、マロンに届きました!
本当にありがとうございました。
    
Posted by kuribom at 16:06Comments(9)病院・病気 

June 21, 2009

新たな病気…マロン、戦っています。

19日金曜日。帰宅すると、床一面に水便が。。。
元気なく伏せていたので、すぐにマロンだと分かりました。

大量の水便だったので、今日は絶食!と決めて、グラッセだけにご飯を
あげたのですが、あの食いしん坊マロンが、ご飯にまったく反応しないのです。
なんだか、帰宅時よりもぐったりしているようで床に沈み込むようにして
うずくまった状態です。

いつもよりもひどく咳き込んでいて、鼻から液体が出てきていました。
その液体を見て驚きました。
鼻から出ていたのが、床一面にあった茶色い水と同じだったんです。

え。。。もしかして、これは水便ではなく嘔吐した液体??
と思った瞬間から激しい嘔吐が始まり、延々と茶色の液体を戻し続けました。
口からも鼻からも、そして咳もひどくて。

時間は午前1時40分頃。かかりつけにも電話が繋がらず
ほんの10分くらいの間に、みるみるうちにぐったりと弱っていって。

もうこれはただ事ではない!!と、とにかく診てくれる病院をさがして
午前2時半ごろ、夜間救急病院へ駆け込みました。
この頃には自分では歩けずに、ぐったりと身体を預けて抱かれていました。

問診と一通りの診察をしてもらい、応急処置だけの対応となりました。
(その辺はまた機会があったら書きますね)
処置は、脱水を緩和するための皮下点滴と吐き気止めの注射でした。
状態と処置をカルテに書いてくださり、間違いなく入院になる状態なので
それを持って朝一番にかかりつけに行くようにと言われました。

一旦帰宅し、マロンを静かに寝かせ、朝一番にかかりつけ病院に行ってきました。
細かな血液検査とレントゲンの結果、いくつもの病名を告げられました。

「麻痺性イレウス」「食道拡張症」「肺水腫」

見せられたレントゲンでは、素人が見ても分かるくらい
食道が広がっていて、胃はぐにゃぐにゃに変形した状態。
腸にはガスが溜まり、肺は白く濁っていました。
麻痺性イレウスとは、腸が麻痺する病気のようで、あの嘔吐は
腸に溜まった排泄物が逆流したものでした。

ただ、麻痺性イレウスと食道拡張、肺水腫は関連性のない病気だそうで
なぜ、いっぺんに発症したのかが分からないとのことでした。
あきらかに急性のもの…とのことで、確かにあの日の朝までは
普通に元気いっぱいだったんです。
ここのところ、てんかん発作も起こっていなかったので
安心すらしていたところでした。

処置をしても、腸がどの程度動くようになるかは分からず
決して安心できる病状ではありませんと告げられました。

酸素吸入をしながら、点滴治療をするICU(集中治療室)に
入院することになりました。
まるでテレビドラマのワンシーンのように、酸素や治療の道具が次々と準備され
大声の指示が飛び交って、本当に不安で。。。
とにかく、獣医さんにゆだねるしかありません。

そして今日、面会に行く準備をしていると病院から
「昨日より少し元気になっていますよ」との電話がありました。

病院に行くと、確かに昨日よりは元気。
でも、足つきはフラフラで、明らかに一回り小さくなっていました。

検査の結果、食道の拡張は半分くらいに戻っていて
腸はガスが抜けていました。
肺はまだ白いままですが、これは時間がかかるとのことでした。
炎症を示す血液の数値はまだ通常より6倍ほど高いままです。
反面、炎症すると増えるはずの白血球が異常に少なく
身体の抵抗力がすごく弱っていることも分かりました。

そんな状態ではありますが
今日は一旦おうちに帰って、普段どおりに食べさせてくださいとの指示。
でも、まだ油断はできないので、運動は絶対ダメで安静にして
お薬を毎回きちんと飲ませて3日後にまた診察です。

帰宅後は、疲れたように眠ってばかり。
ご飯も、いつものように催促せず、お皿を見せて何度も呼んで
ようやく食べる気になった様子。
ゆっくりゆっくり食べてましたが、何とか完食です。

トイレはトボトボと老犬の歩みで少し歩いて行きました。
腸が止まっていたので固いウン。血も混ざっていました。

今はまた、眠っています。
体力を回復するためにひたすら眠っているといった様子です。
点滴の後が痛々しい。。。

危険な状態から脱したので、帰れたんだと信じていますが
元気なマロンに戻れるのか、とっても心配です。
一度に沢山の病気が身体の中を駆け巡って、どんなにしんどかっただろう。
今も戦ってるマロンを見守るしかありません。

090621

    
Posted by kuribom at 21:30Comments(13)病院・病気 

June 06, 2009

SWEETでしたわ♪

先日、お友達に誘われて「ケーキバイキング」へ行ってきました♪
…てなかんじで(?)「♪」なんて書いておりますが
くりぼん、実は「甘いものがちょい苦手…」なのです( ;^^)ヘ..
って言ってもチーズケーキとか、チョコケーキとか好きなものはあるんですよ!
(え、好きなんやん!って突っ込みはナシよ〜(笑))

ただ、甘いものをおなか一杯がっつりってのが、ちょっと苦手でして…。

でもでも、すごい美味しいケーキ屋さんの大人気バイキングって「売り言葉」に
引かれて、というか友達のセールストークに乗せられて(笑)行ってみることに。

友達の気合の入れようってハンパないっ><
予約不可のお店で行列ができるから、朝一に並びに行かないといけない
とか言い出すし…。えーーっ!ケーキ食べに朝一から並ぶの?!

ってことで、9時過ぎに集合して、はるばる滋賀県にあるケーキ屋さんへ行ってまいりました。
     続きを読む