栗原地区まちづくり協議会ブログ

岐阜県不破郡垂井町栗原1075番地

栗原地区まちづくり協議会ブログ イメージ画像

垂井町栗原の神社

2016/04/03  桜の季節壬申の乱の際、天武天皇がこの地に立寄り、その際に冠を置いた石がある。社の下にある石です.最近、地元の有志の皆さんで案内板や環境整備がされた. 栗原には冠石が祭られています。    
『冠石』の画像

清御子神社 当社末社である清御子神社は、壬申の乱の際大海人皇子(天武天皇)が伊勢路より御進軍、当地を行在所とし、その時に美濃国従五位下、栗原の神に従五位上を賜った事により、天武天皇を祭神とする氏神社となり、栗原山麓に鎮座されました。  その後生活基盤が平地に
『清御子(きよみこ)神社』の画像

イチキシマヒメ(イツキシマヒメとも)は、日本神話に登場する水の神である。『古事記』では市寸島比売命、『日本書紀』では市杵嶋姫命と表記する 只今、調査中
『市杵島(いちきしま)神社』の画像

垂井町栗原の八幡神社〒503-2123 岐阜県不破郡垂井町栗原1868番地  主祭神        応神天皇(おうじんてんのう) 摂末社祭神           伊雑皇神社(いぞうこうじんじゃ)       清御子神社(きよみこじんじゃ)      中尾神社(なかおじ
『垂井町栗原の八幡神社』の画像

この栗原地区には、各自治会などが管理している秋葉神社がある。  只今、写真等調整中  秋葉山本宮秋葉神社(あきはさんほんぐうあきはじんじゃ) 静岡県浜松市天竜区春野町領家の赤石山脈の南端に位置する、標高866mの秋葉山の山頂付近にある神社。日本全国に存在する

↑このページのトップヘ