企業研修での整体セッションを行う
ラーンネクスト栗原直道です



「比企起業塾」連続講座第一回がスタートしました@ときがわカンパニー
「比企起業塾」WEBページ
比企起業塾ポスターポジティブ
===
参加者5名(1名欠席)で第一回がスタート
■オープニングで起業塾に参加する今の気持ちを「漢字一文字」で表すと

「力」「気」「動」「知」「期」

〇私は「歩」
ときがわカンパニーとの出会いから、半年。
成長職場や人々との関わりを感じ、自分自身も成長を感じれた半年。
「比企起業塾」の運営に関わりながら
起業初期の
「初めの一歩」を忘れず
「一歩ずつ」歩み続け成長したい。
疲れても、めんどくさくても、考え続け、学び続け、歩みを止めない。

みつおみたいですが(笑)
とにかく歩み続ける事を「比企起業塾」の仲間とやっていきたいです。

想いの入った感じ一文字を皆さんから聞いたときは
皆さんからの「熱量」を感じとれました。
===
読書会「小さな会社の稼ぐ技術」

気になった1章を選び感想を共有します。
〇私は「第一章 頑張る=儲かるではない」
IMG_1990

野球もそうでした。
勝負は「勝ち」「負け」どちらか。
頑張っていてもレギュラーになれません。
「結果」を残さなければ試合に出れないし、勝負も勝てない。

起業一回目は、ただガムシャラに頑張っていました。
本の中でも野球に例えられ書かれていますが
ピッチャーやバッターの仕事は「戦術」
監督のチーム采配は「戦略」

投手はいかに相手の打者を打ち取るか、打者はいかにヒットを打つか。
監督はいかに試合に勝つか。

「二度目の起業は監督として戦略を考えて勝ちにいく」

野球小僧だった一度目の起業から「失敗」「経験」を学び
ラーンネクストでは監督を目指し、
ときがわカンパニー、比企起業塾で「戦略」を学んでいきたいと思います。

ラーンネクストの監督になれた時は
多くの経験や学びを子供たちに「これからの選択肢」を示せたらと思います。



そして起業家の日々は続く

小さな会社の稼ぐ技術
栢野 克己
日経BP社
2016-12-07