2017年03月23日

四月の教室の案内

image



















その都度お知らせ出来たら良いんですけど
なかなか…
次回の子供教室の案内です。

4月は16日に開催。
14時からです。



次回はちぎり絵を作ります。
変わった植物を用意しようと思っています。
それを良く見てちぎっては貼って、
ちぎっては貼って…
絵の具が紙になった、と思って描いて欲しいです。

それもハサミを使わずに手だけでちぎる。
思うように切れないけれど、偶然出来た形の面白さから発想できることも
たくさんあると思います。

ここのところ参加して下さる生徒さんは
下は5歳から上は新6年生まで。
これだけの年の差があっても
同じように楽しく2時間を過ごして貰うには…と毎回頭を悩ませます。

内容によって2時間じゃ足りないこともあれば
1時間で集中が切れちゃうこともある。
そこをいかに2時間じゃ足りない!方に持って行くか…

でもそれも楽しい。
年の差ある子が一緒に作業することも楽しい。
お互い良い刺激になって良い経験になります。
だから大人も参加して下さると、とても嬉しい。
私も子供達のアイデアにジェラシー!という事がたくさんあります。
良い刺激を貰ってます。

毎回3500円と決して安くはない教室ですが
ワークショップであってもいいけど
出来るだけ継続して来て貰って
そこで友達を作ったり、回を重ねることで
得られるものことのための値段設定になってます。
私も継続してして来てくれる子に関しては
段々得意不得意、クセや堪らない作風などが
やる毎にわかって来ました。

後は出来るだけ満足して、楽しかったなぁ、次も楽しみだなぁと思って頂けるよう
出来るだけたくさんの、変わった素材を用意したいという部分でも勿論。
素材として、選択の幅がない、物足りないということだけは
ないようにしたいと思っています。

教室を始めたのは
最初1人、絵画教室をやって欲しいという女の子がいるんだけど出来ないか
と、友人に声をかけて貰ったのがきっかけでした。

ただ1対1で何かを作り続けるには
やらせてあげられる事の幅は限られてしまう。
人を増やしてもいいかな?と友人に相談をして
一回、また一回とやっていくうちに
だいたい平均4〜5人の生徒さんが来てくれるようになりました。

もうちょっと来てくれたら嬉しいけど
やりたかったら来てくれるだろう、と
後回しにしてしまうのは私の悪いところですが…

通ってくれている子達がある程度大きくなったら
この教室を巣立っていくのかなぁとか
この先、教室はどうなっていくかなぁとか
その前に私のネタが枯渇しないか…汗

とか色々思う事はありますが
まずは あそこに行くと学校や家ではできない事、
やっても怒られない事ができる。
作れない物が作れるという場所で
いられるといいなぁと思ってます。

もうすぐ春、新学期を迎える前に。  
Posted by kuriharart0203 at 22:57Comments(0)TrackBack(0)子供造形教室

2017年03月17日

本でホクホク

image











久々に大量に本を買ってワクワク。
特に雑誌は久しぶり。
あ、ワールドサッカーダイジェストは買ってるか。

buonoの調理器具特集は
無くてもいいけどあったらタマランものばかりで
まさに雑誌を見るワクワク(モノを買ったつもりになれる)。

dancyuは数年ぶりに買ったけど
一冊全部たまご特集。
少年誌のグラビアみたいな感覚で
ずっと見ていられそう。

散歩の達人は遊び場がいっぱいありそうな
三鷹、武蔵境、小金井エリア。
こちらも何年ぶりだろ。
昔はよく買って、持ちながら町歩きしたなぁ。

そして ことりっぷは
近々また行く松本エリア。
安曇野も見所がいっぱいありそう。

文庫は湊かなえの「母性」。
ここのところ ずーっと貫井徳郎ばかり読んでたので
同じドロドロ系でもちょっと路線を変えて。

最後、ゼロからスタートスペイン語は
一回独学で覚えてみようかなと思って。
もしかしたら春からEテレもちょうど
語学系新シーズン始まる感じかしら。
マルセロが現役の間にスペインに行って
楽しく旅行が出来るくらいにはなりたいぞ。
とりあえずcervezaは覚えたぞ。

さささ、どれから読もう〜。

と思ったら、NHKでミュシャ特集始まって、中断。
ミュシャの絵は どーも半端な感じがして
あんまり興味ないんだけれど
久々に見た多部未華子が綺麗になっていたのと
出身地のチェコまで行くっていうのと
残っている制作過程の記録が見られるっていうので
ちと拝見。

ミュシャ本人は後半描くのが嫌になったそうだけど
正直ポスターの方が
油絵よりは面白い。と、思う。
んー、でも何でだろう?
同じポスター描いてたのでも
ロートレックの方がずっとずっとワクワクするし
あと、ミュシャよりエルテの方がよっぽどよっぽど面白いの。
バルビエとか。
あ、あれはアールデコでアールヌーボーじゃないからか。
いや、でもアールヌーボーでも
マッキントッシュなんかは面白い。
その違いは…?

結局ミュシャは展覧会があるそうなんだけど
まぁいいか、で終わってしまいました。

やっぱり日本画がみたいなー。



お、なんとdancyuには知り合いのナタデクリスチアノのなっちゃんが載っていてびっくり。
こちらのエッグタルトは絶品なので
ぜひ皆様、代々木八幡方面による際は是非。

  
Posted by kuriharart0203 at 00:06Comments(0)TrackBack(0)読書

2017年03月08日

松本いいよ

image











最近、ご縁があって
長野の松本市に行くことがあります。

中3の修学旅行で行って以来。
当時はそれなりに楽しみつつも、
修学旅行と言ったら
普通、京都や大阪でしょ!
と思っていましたが

この年になって行くと
松本、面白い…程よい…。
こじんまりまとまっていて
しっかりとした文化があって
豊かな自然が近くにあって
民藝が息づいていて
適度に東京に近い。
高い建物がなくて空気が澄んでいて
古い低い建物を今も活かして暮らしている。

そして、ご飯が美味しい。
寒いけどね。
中坊みたいなお子ちゃまには
まだ早い、色々なお楽しみがありそうです。

そんな色々あるお楽しみの一つがワサビ。
東京にはまず無い、ワサビ専門店を紹介して頂いて
鮫皮のおろし器と
お土産に買って帰りました。

一人で食べるのは勿体無い…と思っていたら
友人がお刺身を用意してくれるというので
ワサビ掴んで友宅へ。

ゆっくりと回すようにおろした
クリーミーなワサビは
上品な辛味に
爽やかな香りが立って
用意してくれた春魚もとても美味しかったけど
断然主役になっちゃう存在感と旨味でした。

生ワサビ、癖になるわ。

と言うことで、無くなる前に描いといたスケッチです。

サインはおろした中に。

  
Posted by kuriharart0203 at 23:10Comments(0)TrackBack(0)旅・散歩・冒険

2017年03月03日

画像 幾つかアップしています

http://yuko-kurihara.com

HPのスケッチコーナーに画像をアップしています。
やっぱり蕪みたいな時間の経過が感じられるものは
描いていて凄く楽しいですね。飽きない。

いま椿を描きたいのですが、やはり
これも葉っぱに虫食いがあるとか、
もうすぐ落っこちちゃいそう〜!みたいなヤツを描きたいですね。

残念ながら花屋に置いてないので
どこかにスケッチに行くしかないですが。

早く花粉のない暖かい時期になれ〜…。


beets  
Posted by kuriharart0203 at 20:09Comments(0)TrackBack(0)アート

2017年02月02日

日常の大切さ

去年 後半からずっと落ち着かない感じで
なかなか更新ができません。
時間がないという訳ではないんだけれど
何だか心が落ち着かない。

そんな中 心を平穏に保つのに一役買ってくれてるのが
土井善晴さんの今日の料理。
あの口調と、ちょっとしたアドバイスがとても優しい気持ちになります。

それから、読後 言葉には出来ないけど
溢れてきた感情にポロポロ泣いて
少しすっきりしたのが
最近話題のエッセイ、
「夫のちんぽが入らない」。
タイトル衝撃的ですが名著です。
名言もいっぱい。
買って寝るのも惜しくて一晩で読みました。
身近にも日本にもアメリカにも思う、
人の生き方、選択になぜ寛容になれないのか
まず受け止めようとしないのかっていう
願い…みたいなものを作者に言葉にして貰った気がしました。


それから東海テレビのドキュメンタリー
「人生フルーツ」。
建築家の津端修一さん夫妻の話。
まだ劇場版はやってるのかな?
理想が現実に重石されてるような毎日ですが
こういうご夫婦の生き方を見ると
一つの希望のようなものを感じます。


後は魔法瓶。
作業中に常に熱いお茶を飲みたいので
カンカンに熱したゴボウ茶やほうじ茶を
準備して
小さい湯呑みで何度もお代わりしてます。
はー、落ち着く。

先が見えなくて不安ばかりですが
手前の1時間や明日くらいは
こんなもの達に頼って少しでも穏やかにいきたいですね。


image






  
Posted by kuriharart0203 at 21:14Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月03日

2017年もよろしくお願い致します。

すっかりご無沙汰しておりました。
気がついたら年も明けておりましたね。

遅くなりましたが今年もどうぞよろしくお願い致します。

酉年ということで今年は楽しく描いた年賀状です。

来年は犬…どうすりゃいいんだ。
今からどの犬種をどう描いたらいいのか今から悩ましいです。




image
















去年は個展後から色々とお声がけ頂いてデザインのお手伝いを色々させて頂きましたが
今年はもう絵に集中!
周りのノイズを消して絵に専念したいと思います。


後は皆さんが心身共に健康で穏やかで笑顔溢れる年でありますように…。



今年の紅白はやっぱりX JAPANが一番盛り上がったなぁ〜。
紅だあああぁあー!!!

椎名林檎は良いお着物なんだろうけど
せっかくのおめでたい舞台に
お葬式にしか見えなくて(狙いなんだろうけど)
私、彼女のそういうところはあんまり好きじゃないの。
そんな奇をてらった表現しなくても素敵な曲があるんだから。
レディーガガも今までは奇抜なファッションしてたけど
あれはあれで充分過ぎるほど楽しませるものだったけど
彼女のはメイクも含めてお葬式にしか見えないもの。そういうつもりじゃないかもしれないけど、そうしか見えないもの。

オリンピックではそういう表現は控えて欲しいな…演出することがあるのならね。  
Posted by kuriharart0203 at 20:07Comments(0)TrackBack(0)季節事

2016年12月10日

とある金曜の話

ご無沙汰です。

昨日は新しくお店をオープンされる方の
お話を伺いに草加へ。
ロゴ制作などのお手伝いをさせて頂ける事になりました。
好みの感覚が似ているようでとても応援したくなる女性。今後がとても楽しみです。
詳しい事が固まったらまたこちらでご案内します。

一昨日はまた別の有難いお仕事の打ち合わせで竹ノ塚へ。
やり甲斐のあるお仕事させて貰ってます。
デザインのお仕事としてはここに来てようやくやりたいお仕事に携われるようになってきた感じです。デザインでの自分のやりたい事もわかってきました。遅いですね。

少し前も大学の恩師を訪ねて川口安行に行ったり

北千住の紙ものフェスに参加させて貰ったりと

最近何かと東京・埼玉県境にご縁があります。
この辺り、これから何かと面白い地域になりそうな気がします。


そして草加での打ち合わせの後、夜の予定までぽかっと空いたので思い立って豊洲のユナイテッド・シネマへ「この世界の片隅に」を観に。

「夕凪の街 桜の国」も素晴らしい作品ですが
「この世界の〜」はとにかく皆さんに見てもらいたい。それも劇場で見てもらいたい。
のんさんの声も音楽もセリフも
説明し過ぎないシチュエーションも素晴らしい。久々にアニメーション映画を見て胸熱になりました。

人が人を思う気持ちに堪え切れなくなって
最後、お姉さんがドレスを出してくるシーンにドドドっと来て(見たら分かる)
頰が塩分で痛くなりました。
1人で見に行って良かった。

最近やたらと凝ったアニメが主流になってるので(だから「君の名は」にはさっぱり触手が伸びず)
こうの史代のフラットな、でも奥行きのある優しい絵にとてもホッとします。

とにかく色々私の語彙が足りませんが
一回見たからこそ またもう一度見たくなる映画でした。是非。

夜は銀座の黒猫夜へ。
ここは前から気になっていた中華。
変わったものばかり出すので一緒に行く人を選びますが
好きな人には堪らないと思います。
お酒の取り揃えも変わっていて
紹興酒だけでも何十種類。白酒だけでも20はあったかな。
コストパフォーマンスもいいので
また訪れたいお店です。

そんな充実の金曜でした。




  
Posted by kuriharart0203 at 10:47Comments(2)TrackBack(0)映画

2016年09月29日

10月の教室

うっかりしてるとすぐ忘れちゃうんですけど…
次回の教室は10月23日。
パズルを作ります。

こちらで受け付けてますよ。
https://www.manabook.me/lesson/214



サンプル無いと子供たちもよくわからんだろ…と作り始めたわけですが

日本画やスケッチみたいに先の展開考えなくて良かったので
気楽に手の動くままにやってたら
あら、意外と悪くないんじゃない?布にしてもいいんじゃない?
ってのが出来ました。


pazzlewhole





































しかも切り刻み方が適当なので市販のパズルに比べて難しい難しい。
自分作ってるのに混乱です。
つまり飽きずに遊べるってことで…。




pazzle


























































お時間ある方、ぜひ遊びに来て下さい。

こちらからも見られます。

http://www.office-kanae.com/studio_puzzle.html

  
Posted by kuriharart0203 at 18:56Comments(0)TrackBack(0)子供造形教室