2017年09月24日

味噌汁すごい

昨日、突然の頭痛と吐き気に襲われ
友人達との食事の予定をパスさせて貰いました。
めちゃめちゃ楽しみにしてた会、
しかも食べたかったメキシカンだったので
どうしても行きたくて

一駅進んではトイレでお戻し
一駅進んではトイレで休み…
と頑張ってみたのですが
全然ダメ。

気持ちはメキシカン!でも体が受け付けない…って事で
泣く泣く断りの連絡を入れ家に帰りました。

そこで妙に体が欲していたので
ヘロヘロしたまま
具なしのお味噌汁を作って一杯飲んだら

これがやけに美味しくて
他の物だったら戻しそうだったんだけど
お味噌汁だけはいけて
一気に三杯飲んだら
体がかなり落ち着いて吐き気が無くなりました。

出かける直前まで、そこまで暑くないからと
エアコンつけないで
ずーっと下向いて首を酷使して絵を描いていたのがいけなかったのかな。
電車に乗った辺りから
体温調節出来ない違和感があって
ヤバいと途中下車したけど
いま考えると熱中症だったのかも。
塩分欲してたのかも。

二日酔いにも効くし、
お味噌汁って凄いわ。

ここ数年、熱中症がクセみたいになってるから気をつけないと。
絵もずーっと描いてると首やられるし
目も疲れるし肩も凝る。
思えば三連休、誰にも会わず家も出ずに
絵を描いてたところから
体調おかしいかも。
いくら好きなことでもほどほどにですね。
春の個展に向けて絵が全然思うように出来てないっていう焦りもあるし

脳も疲れてたのかなぁ。
珍しく温泉行きたいと思ってます。




  
Posted by kuriharart0203 at 21:40Comments(2)

2017年09月23日

ネオカラー

スケッチ、特に野外でのスケッチでとてもとても重宝してる
こちらカランダッシュのネオカラー兇84色入り。
当時3万円くらいした物を友人達が個展の祝いにと
贈ってくれたもの。
本当にありがたい。
発色、紙の乗り・滑り共に良しで
お値段以上の使い心地と使用頻度です。

ただ、84色だと中間色がどうしても足りなくて
今使ってる物もだいぶ減ってきたので
もうちょっと色数あるのが欲しいなぁと
amazon見てみたら
あるにはあった、126色ってのが。
プラス42色もあると、だいぶ助かりそう。

ところが。これが廃盤になってるものらしく
在庫についてる値段はなんと14万円!!
さすがにそこまでは手が出せない。

いったいこの値段でどんな人が買ってるのかと
評価している人のコメント読んだら

読まなきゃ良かった。
頭に血が上って鼻血が出そうになりましたわ。

何でも買ったその人は色の勉強をする為に
色数の多いその商品を購入したと。
色を見たいだけなので実際に使う事はなかったと。
使うと段差が生じるからと。
でもある日、入れ物ごと落としてしまったら
並びの順番が分からなくなり元に戻せなくなってしまったので
見る気が無くなって そのまま仕舞い込んでます、とのこと…

え、何それ。

むっちゃむっちゃむっちゃ、
腹立つんですけど!

買う目的は人それぞれ。
だけどせめて、順番が変わったからって
そこにある色は変わらないんだし
折れてもないようだから
毎日毎日眺めたり順番を変えたりして
14万円分愛でてくれていたら
まだガマン出来るけど

並び順が変わったってだけで
仕舞い込んで見てもいませんって
そんなんお前、色見本帳でも買っとけよ!
じゃなかったら元に戻す努力をもっとしろよ!
なんでネオカラーなんだってばよ!

ここに実用としてめちゃめちゃ欲してる人間がいるのに…
お前ー!この…!
ってあの議員が乗り移るわ。

もう1人コメントしてる人がいて、
その人は使ってはいるみたいだけれど
同じように126色という色数から
充分に満足感、所有感を得られるって書いてあって
クッソ、所有感ってなんだよ…
飾っとくもんじゃないんだよ…
ってやっぱりちょっとイラっとしました。

わかんないけどね、私が仕舞い込んでる物で
ある人にとっては価値のあるものが
もしかしたらあったりするのかもしれないけど
でもさ、わざわざレビューに書いて
買おうとしてる人をイラつかせるなよと思いました。

そんな晩。

マルセロ怪我して1ヶ月離脱ってのもあって
余計にピリついてます。
焼酎飲もう。



image  
Posted by kuriharart0203 at 00:49Comments(0)つぶやき

2017年08月23日

個展開催します

10月17日から27日まで、株式会社 安行庭苑さんプロデュースで
竹ノ塚の昭和の家で個展を開催できる事になりました。

昭和の家は登録有形文化財に指定されている古民家。
カフェ営業をされていて、日本家屋の素敵な空間でお茶を頂く事が出来ます。

お庭も安行庭苑さんにより、季節に合わせて丁寧に剪定されています。

縁側の席が贅沢で、ここはある意味魔の席です。ついつい時間を忘れてしまいます。

そんな素敵な空間を含めて楽しんで頂けると嬉しいです。

今回は珍しく「和」に寄った作品を数点、新作も含めて発表します。

こちらのサイト(あだち観光ネット)でも紹介して頂いています。

んー、楽しみです!!


http://adachikanko.net/event/

http://adachikanko.net/event/%E3%80%90%E4%BC%9D%E7%B5%B1%E3%83%BB%E6%96%87%E5%8C%96%E3%80%91%E7%B8%81%E5%81%B4%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E5%90%8C%E6%99%82%E9%96%8B%E5%82%AC%EF%BC%81%E3%80%8C%E6%A0%97%E5%8E%9F%E7%94%B1%E5%AD%90



image  
Posted by kuriharart0203 at 23:24Comments(0)アート

2017年07月21日

シンガポール、小学校時代の思い出

image












冷たいもの飲みたいわぁ〜となって
ふと、そういえば小学校の頃に
しょっちゅう飲んでたICEEが今まさに気分!と思って落書きしてみました。

毎週土曜、ひたすら50メートルプールを3時間泳ぎ続ける
スイミングスクールに通っていたのですが
その帰りに飲む グレープ味のICEEと脂でへたへたになったカップ入りのポテトが
それはそれは美味しいご褒美だったのです。
水着を着替えて、急いで買って、帰りのバスで飲み食べる至福。気がつくと弟と疲れて寝てるっていう…
懐かしいなぁ〜。

また飲みたいけど、日本で売ってないのかな。
この落書き、Instagramにも載せたらICEE公式からいいね!頂いてビックリです。
ありがとうございます。
日本でも売って下さい!

シンガポールの小学校の思い出と言えばもう1つ。
当時、レッシーと呼んでいた赤いマメ科の実が大量に近所に落ちていて
よく拾い集めていました。

それを思い出してネットで調べてみたけれど
レッシーという名前では全然出てこない。
ようやくたどり着いたのが
サガの実という名前のもの。
これこれ、これはまさにあのレッシーなんだけど。
サガの実…?と
母に聞いてみると

「あれ、多分RED SEEDが訛ってレッシーって聞こえてたのよ。」

だって。
ありえる。シングリッシュありえる。
ちょっとスッキリしました。

https://www.asiax.biz/kira/20254/
さんより

image
  
Posted by kuriharart0203 at 00:13Comments(2)日常

2017年07月08日

一日一本

最近ハマってる。
思ってたほど濃くはないけれど
美味しい。
この量がまたちょうどいい。

良いことはあっても悪いことはないはず。



image



















最近これとラム肉にハマってます。
そしてオイコス。
ラム肉はシーズニングを味わいたいために
買う感じ。

オイコスは先に出たパルテノより硬めで好み。
ギリシャ風ヨーグルトと
カスピ海風ヨーグルト、混ぜるとどうなるのかな。
どちらの食感も好きなので今度やってみよう。



  
Posted by kuriharart0203 at 23:48Comments(0)TrackBack(0)

2017年06月21日

そしてまた老松

image























昨日書いた開運老松、早く欲しくて
いても経ってもいられず
銀座の長野県アンテナショップへ。

http://www.ginza-nagano.jp/


今ちょうど、前のデザインとの入れ替えのタイミングで
積まれている中には旧デザインのものもあり
さらに箱が開運堂さんの包み紙で
デザインがギリギリ透けて見える状態。
少し不安だったので、お店の方に

新しいデザインのを下さいな。
新しいのだけ欲しいんです、という旨、強く伝えたところ
怪しまれかけたので
いや、実は箱のデザインをしましてね…と伝えたら

スタッフの方々が
「こちらのお客様、開運老松のデザインされたんですって!」
「あら〜、デザイナーさん!」
「まぁ〜、お疲れ様でしたねぇ〜」
と労って頂いたので
勢いでポイントカード作ってしまいました。
銀座nagano、アットホームです。
これからもお世話になります。

そして帰ってようやくのお茶タイム。
うん、やっぱり美味しい。

箱はいつもの平面デザインや日本画の制作と違って
立体になった時にどう見えるかを凄く考えました。
一番こだわったのは、糊代も含めて紙が巻かれた時のここの接続面。
ここね。



image

















うまく繋がるように何回も展開図作っては模型作って…と試しました。
分かりづらいけれど、松の枝の部分は箔を貼って焼いて描いたものをカメラマンさんに撮影して頂いて合成して

何より今回のお仕事をお声がけ頂いた印刷会社さんには
本当に色々と良くして頂きました。
紙もとても手触りの良い、風合いの優しい物を手配して頂きました。

色々な方の手を通って商品が出来ているんだなぁという当たり前の事を
今回とても思いました。

まずは松本の皆さんに愛されるパッケージになれば嬉しいです。
お味はもう確実ですからね。


  
Posted by kuriharart0203 at 00:44Comments(0)TrackBack(0)アート

2017年06月19日

開運老松リニューアル発売

52


















































開運堂さんの「開運老松」が
17日よりパッケージをリニューアルして発売開始となりました。

https://www.kaiundo.co.jp/products/detail/2478

今回、ご縁あってこちらのパッケージのデザインをさせて頂きました。
老舗の看板となる商品、しかも約50年同じパッケージで
これまで尾形光琳の松の絵を用いていたということもあって
お声がけ頂き 嬉しくもあり、
これまでの歴史があるので購入される方はどう思うかなという
プレッシャーも多いにあり…
そして私の定番のお持たせができる!と嬉しくもあり…
と気持ちが行ったり来たりです。

それに合わせて絵の展示をさせて頂いているのですが
沢山の有り難い機会をくださった
開運堂さん、足立区の株式会社エイジさんには本当に感謝しています。
なかなかこんな光栄なお仕事をさせて頂ける事はありません。

デザインの提案時、
数パターン提案をさせて頂きましたが
私の中では一番冒険したけれど やってみたかった方向性のデザインを
一番に社長様、常務様が選んで下さったときは本当に嬉しかったです。

皆さんにも是非 開運老松、味わって頂きたいです。
なんと!開運堂さんの携帯アプリもあるので
オンラインでスグ購入できますよ〜w

SPO
(最近友人に教えてもらった↑ 「すぐ」「ポチる」「女(男)」)になって是非w

  
Posted by kuriharart0203 at 17:17Comments(0)TrackBack(0)アート

2017年06月12日

ソール・ライター展

チケットを頂いてソール・ライター展へ。
見応えのある面白い展示でした。

時代の技術的な事も大いにあるでしょうが
今みたいな、どこ見ても超高解像度!
スタイルな写真ではないけれど

空気中の細かい水分を感じられるような
光と湿度をまとった写真という感じ。
しかも切り取り方が超浮世絵的で
写真というより絵を見ているような感覚で面白かったです。

…と思ったら、本人、元々ナビ派好きな画家志望だったらしい。
そりゃそうだわね!と納得。

それと、勝手な印象だけれど
どの写真もちょっと離れたところから
盗み撮りしているような感じがあって
この人、人には興味あるけれど
見つめていたいタイプなのかしらと。
あるいは、絵を作る上でのパーツの一つと捉えているだけなのかしらと。
でもそこには優しさが滲み出ていて
どちらにしても勝手にシンパシーを感じました。

私としては、人物写真ならではの
「迫る」感がなくてとても見やすかったです。

切り取り方の参考になるかなと
図録を買ったけれど
やっぱり会場で見た、
あの紙焼きの質感とは全く違って
ドキドキ度は半分以下ですね。

絵と同様に、写真もやっぱり実物見ないとダメなんだなぁ。

私はモノクロ作品よりカラー作品が圧倒的に面白く感じました。
より写真を使って絵を描いてる感があったからかな。

オススメの展示です。
かなり好みでした。


image  
Posted by kuriharart0203 at 01:18Comments(0)TrackBack(0)アート